メニュー








ジャンプメニュー
どんな研修会か知りたい方は、受講した方の感想を参考にしてください。

心エコー
第3回の質問と答え
第3回の受講者の感想

第2回の質問と答え
第2回の受講者の感想

<初級者コース>
第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

頸動脈エコー
第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

腹部エコー
第19回の質問と答え
第19回の受講者の感想

<初心者コース>
第18回の質問と答え
第18回の受講者の感想

第17回の質問と答え
第17回の受講者の感想

第16回の質問と答え
第16回の受講者の感想

第15回の質問と答え
第15回の受講者の感想

<初心者コース>
第14回の質問と答え
第14回の受講者の感想

第13回の質問と答え
第13回の受講者の感想

<初心者コース>
第12回の質問と答え
第12回の受講者の感想

第11回の質問と答え
第11回の受講者の感想

第10回の質問と答え
第10回の受講者の感想

第6回の質問と答え
第6回の受講者の感想

第5回の質問と答え
第5回の受講者の感想

第4回の質問と答え
第4回の受講者の感想

第3回の質問と答え
第3回の受講者の感想

第2回の質問と答え
第2回の受講者の感想

第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

技術レクチャーの復習ページ



第20回 腹部エコー技術レクチャー
2018年7月16日(日)開催
中級者コースのテーマ
第1講 それでも知りたい肝区域
第2講 意外に見落とす胆嚢の端
第3講 ついでに見ようリンパ節
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

右葉の肝区域で肋間走査だけでしか描出できない方に病変があった場合は
肋間走査での肝区域を表記するしかないですか?

肝区域の判別は多くの場合肋間走査を使います。肝区域を判別するには、
まず肋間走査で肝臓をしっかり描出できるように練習してください。

肝の変形・萎縮などは区域が難しいとのことでしたがどのように病変部位
を決めればよいのですか?

そのような場合には門脈枝を追って判別するのが基本です。境界面と門脈
枝、双方を使いこなして判別するのは、変形の有無にかかわらず基本です。

初心者用の肝区域の分類方法の講義をしてほしいです。
肝区域の判別には、境界面の描出、門脈枝の走行を追う、肋間走査などの
技量が必要ですので、初心者には難しいです。まず技量を磨く方が先です。

胆嚢腺筋腫症で壁の厚みを測る時に結合織を避けて測定するのはわかって
いるのですが、結合織の見分け方がわかりません。肝臓に接している部分は
結合織だから測らないと先輩から言われてますが、そこ以外壁肥厚がギリギ
リな場合はどうするべきですか?

腺筋腫症の場合には厚い場所で測るでも良いように思います。通常、胆嚢
の壁の厚さは短軸で描出して結合織の目立たないところ(肝臓側でない方)
でで測ると良いでしょう。

女性(細い方)のときも左側臥位で見たほうがよいのか?(細長くなってしまい、それでもよい
のか)
これについては実演でも触れましたが、仰臥位のままの描出のほうが観察
がしやすいです。このようなケースでは、必ずしも基本走査法がベストでは
ありません。

第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
(第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想) 
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
受講して印象に残ったこと
去年もこの会に参加させていただいたのですが、前回より自分が成長して
いるなと感じられました。

実際にプローブを持った状態での説明だったのでわかりやすかったです。
ビデオ(手元とエコー画像)とても見やすくて良かったです。
レーザーポインタ、指し棒を使って「ここ」と示すのが分かりやすかった
です。

最後のプローブの持ち方も見れて参考になりました。

■肝区域
肝区域の考え方が変わった。境界面で見るやり方はわかりやすくて良かっ
た。門脈枝をモールで作成するのは面白くてわかりやすくて良かったので帰
ってからもやってみようと思います。

肝区域のS1?S8区域よりそれ以外の表現、肝縁は付近などで表現した方が
わかりやすいですね。医師からはs区域で前回所見があったと所見の記入が
あるのでちょっと困っていましたが、別の表現を使ってみます。

肝臓の各区域の境目が今回、この断面!という目安が分かって良かったで
す。門脈と病変が同時に描出できなくても、プローブ走査から調べられるよ
うになれそうです。後輩に聞かれても答えられそうです。

肝区域の境界の見方、表現の仕方が勉強になりました。
動画で病変かクイノー分類のどこにあるかなどの提示が何例かほしかっ
た。

肝区域、いつもあいまいでしたが今日の内容を踏まえて明日からやってみ
ます。

肝区域がわかりにくいと思っていたので勉強になりました。件数が少ない
ので症例等参考になりました。


モールを使った門脈走行がわかりやすかった。S2,S3を外側区域上、
下と、外側区域前、後と書いてあるエコー本がありあまりよくわからずいた
が、モールのおかげで前後、上下の位置がなんとなく理解できるようになっ
た気がしました。

モールで門脈を作ると立体的な位置が分かり良かったです。
モール使って立体的に門脈を作って見てみるのはわかりやすかった。
門脈をモールを使って実際に作ってみることで肋間からどうみえるかがわ
かりやすかった。また境界面を教えていただけるのでそこが区域を考える上
でわかりやすなるポイントになった。

門脈を自分で作って見たことがとても役に立ちました。
モール使って立体的に門脈を作って見てみるのはわかりやすかった。
左葉外側区域の境界断面の走査がよく分かった。(今まで勘違いをしてまし
た)

普段、本でしか門脈の走行、構造を知ることがなかったのでモールを使っ
て実際に作ったことで平面でイメージしていたものが立体でイメージできて
よかったです。

モールを使って脈管を作ったことで解剖が少し理解できた。
門脈をモールで作ったのは門脈の走行を知るのに役立ちました。立体的に
想像できて良かったと思います。

門脈を自分で作って見たことがとても役に立ちました。
モール使って立体的に門脈を作って見てみるのはわかりやすかった。
モールで門脈を作る作業。なかなか立体的に捉える事ができなかったので
参考になりました。よくわからなかった肝区域がわかったような気がしま
す。

モールを使って血管走行を確認したこと。現場のスタッフとも確認を兼ね
て作ってみたい。

肝区域を立体的に作ることで平面でみるよりもわかりやすかったです。
門脈をモールで作ってみるといかになんとなくしか理解できていないかが
よくわかった。区域同定が出来るように境界面をきちんと描出出来るように
心がかけたい。

門脈をモールで作って、走行がよくわかって良かったと思います。一緒に
胆管もあると良かったと思います。

肝区域の同定"境界面を出す"教科書等でわかったつもりになっていました
が、実演していただき、実感として理解できました。モールの脈管作成は前
回実技は枝の比率がよく聞き取れなくて不格好だったのですが、今回はスム
ーズでした。

■胆嚢
今まで胆嚢頸部と思っていた部分は全然頸部ではないとわかった。明日の
検査から意識を変えて見ていこうと思う。

改めて肋間走査の大切さを学んだ。
胆嚢頚部が腫瘍で胆嚢に見えなかった写真が、実際自分で見つけられるか
なと思い、明日から気を付けて見ようと思った。

ハルトマンポーチについて、門脈本幹やミッキーマウスが目安となること
を初めて知りました。

胆嚢頸部は今までハルトマンポーチまで意識してみていなかった。門脈本
幹と同じ位置ということを教えていただけたので今度からはきちんと観察し
ようと思う。

ランドマークを意識して検査しようと思います。多重反射は仕方ないと思
っていましたが、軽減することで病変が見えることがあるのでできるだけベ
ストなアプローチで取り組みたいと思います。

胆嚢のスキャニングでは他の人の質問も聞けて勉強になった。
胆嚢を見るときの注意する点、見落としがちなところを説明していただ
き、次から気をつけようと思いました。


前に胆嚢の講義を聞いたことがあったので復習となりました。頸部を見る
ポイントなど、忘れていた点もあり、やはり勉強会に参加することは大切だ
と思いました。

胆嚢での多重反射を減らす方法、最後の実演で行なった肋間走査、肋弓下
走査、肋間走査は苦手意識が高かったので、明日からしっかり練習をしてい
かなければならないとおもいました。

腹壁に対し斜めにビームをあてる。即実践します。体位変換の重要性もよ
く理解できました。

すぐに役立たせることができそうなランドマークからのハルトマンポーチ
は明日からすぐに取り入れたいと思います。

リンパ節
リンパ節は、正常では観察しにくいとのこともあり、少しわかりにくかっ
たです。

リンパ節を意識してみることがあまりなかったので、次からきちんとゲイ
ンを調整して検査したいです。

リンパ節の腫れていると見えてくる場所を説明してもらえたので血管とは
別のエコー像が見えたときに気をつけようと思いました。



第19回 腹部エコー技術レクチャー
2018年4月15日(日)開催
中級者コースのテーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

高齢者の座位は腕が痛いなどで厳しい方が多いのですが、良い方法はあり
ますか。

手を後ろにつく半座位は、人間ドック受診者などの場合には問題なく行え
ますが、高齢の方や肩や腕、腰に障害がある方ではこの姿勢は辛い体位です
ね。その場合には、ベッドに検者の方を向いて腰掛けるようにして(端座位
といいます)検査します。また、検査台の対側に壁がある場合には、そこに
寄りかかるようにしてもよいと思います。座位をするために工夫してみてく
ださい。

体位を変えるのが大変な年齢の人はついはしょってしまいます。時間が
かかりすぎると先輩に色々言われるのでどうしようかと思っています。やは
り座位は必須でしょうか?

座位まですれば検査はできるとことまで行ったことになるのですが、必須
かどうかはその施設や検者自身の考え方で判断されます。しかし、座位がで
きる患者さんの座位を時間がかかるからとの理由で省略するのは、お勧めし
ません。もちろん患者さんに無理を強いてはいけませんが。

膵臓について、すごく痩せている方や腹筋がある方、ガス以外で膵臓が
見づらい人の見方を教えてください。

研修でお話ししたのは、通常の場合の基本走査法です。体型や腹筋の状況
は、呼吸や体位で変わりますので、ガスと合わせてどのように映すことがで
きるかいろいろ試してみてください。おそらく対処方法が見つかると思いま
す。(ここではひとつひとつ説明できません)

膵臓の前回所見に輝度が高いので脂肪化あり、との記載があることがあ
りますが、脂肪化の基準があれば教えてください。

膵臓の実質の輝度が高くなる理由のひとつに、実質が脂肪に置換すること
があります。しかし、これについて組織学的な裏付け(エビデンス)を示し
た研究はありません。高齢者や糖尿病の方で輝度の高い膵臓となる傾向はあ
るようですが、因果関係が立証されていませんので、輝度が高いことを「脂
肪化」と断定できませんし、その輝度に臨床的な意義は言えないのが実情で
す。(これは私の認識です。もし、ちゃんとした知見があれば教えてくださ
い)

医師からアミラーゼ高値のため膵臓チェックとのエコーのオーダーが出
るのですが、そういう場合は何に注目すればよいのでしょうか。

アミラーゼが高値になる場合、それが膵臓由来のアミラーゼだとすると、
膵炎(急性・慢性)、膵腫瘍などの発見の糸口となることがあります。アミ
ラーゼ高値なだけでは、医師もその原因が特定できていないと思われますの
で、これらの変化の有無を画像診断で確認するのが検査の目的です。

膵臓の厚さを計測する場所はどこですか? 厚さの評価は施設によって
違うので・・・

通常は膵臓の厚みは計測しても意味がありません。従って計測して「評
価」することはしません。膵臓に腫大(もしくは萎縮)がある場合には計測
することがありますが、これは経過観察のためですので、次回に比較しやす
い断面で計測すれば良いと思います。

胆管拡張の計で8mm以上が拡張と先輩に教わったのですが、7.5mmを四捨
五入すると8mmなるから、7.5mmでも拡張と言われました。本当でしょか?

どこから異常とするかは、施設の考え方もあると思いますので、その施設
の基準でも良いとは思いますが、私どもの施設では、8mmは疑診域ですの
で、「拡張」としません。肝門部でmm単位の判断をするよりも、拡張気味に
見えたら、肝内胆管の拡張や胆嚢の腫大が有るかを見ることの方が大切で
す。

先日明らかな肝腫大のある方で、きっと脾臓も腫大があると思って見た
のですが脾臓が見つかりませんでした。必死に探して、腎臓の上にある脂肪
組織だと思っていたものがかなり腫大した脾臓であるということに気付きま
した。脾門も確認しました。全体に白くキラキラしていたので、本で見たガ
ムナ・ガンディ結節疑いにして、他の検査でも確認してください、としまし
た。特発性門脈亢進症などの診断のためにもう少し何かやっておくことはあ
りましたでしょうか。門脈の血流を測った方が良かったのでしょうか。

質問の文章からは、私も経験のない症例だと思いますのでコメントは差し
控えます。門脈血流の計測については、脾腫があるわけですから計測した方
が良かったように思いますが、たとえ門脈血流に異常があっても、それだけ
ではこの症例の正体は分からないように思います。つまり他の検査を踏まえ
た精査が必要です。

脾門部付近に副脾のような低エコー腫瘤が4〜5個あった時は全てドプラ
をあてるのですか?

初回なら全て当てた方が良いと思いますが、少なくとも大きめのものはパ
ルスドプラで副脾か否かを確認することは意味があります。もし多発するリ
ンパ節ならばリンパ腫の可能性があります。一方で副脾も多発することがあ
ります。

側副血行路が脾門部に見えたことがあり追えませんでした。それ以上が
わかりにくかったので、どう進めれば良かったでしょうか?

側副血行路は、超音波で存在診断することはできますが、その全貌を描出
することは難しいことがほとんどです。初めて指摘する患者さんであれば、
あとは、他のモダリティに委ねた方が良いでしょう。

検診で腹部エコーをやっております。いずれ認定をとりたいと考えてお
ります。どのような画像を提出したらよいのかお聞きできる場がありませ
ん。なにか参考になるアドバイスを頂けたら嬉しいです。

これについては、文章では適切にお答えできません。研修会の折に聞いて
ください。

先日、CTで脾腫、肝機能精査とあったのですが、年齢も若く(21歳)肝
臓も急性肝炎のようなものもなかったので(脾臓:108o、SI:21)エコー
では明らかな有意所見ないと返却したのですが、他のモダリティとの整合
性、どれくらい意識すべきでしょうか?

たとえば感染症や薬剤による肝障害では、明らかな肝腫大などの形態の変
化が指摘できないこともあります。体格にもよりますが、脾臓の長径が脾
臓:108oであれば脾腫の可能性も疑っても良いように思いますが、いずれに
しても肝臓や胆道に病変がないことを確認できれば、除外診断として良いよ
うに思います。

胆嚢炎による壁の肥厚と、腹水の為に壁がむくんでいる時があると思う
のですが、結石が認められない場合、鑑別とか必要ですか?

腹水が溜まっていて胆嚢壁が肥厚しているのは、胆嚢に原因があると考え
なくても良いと思います。

可動性の確認でゆすっても動かないけれど、輝度高く結石様の時は可動
性なしの結石でよいですか?

「輝度高く結石様」でも音響陰影がはっきりせず、可動性が確認できない
場合には「胆石」とは診断できません。

ガスと結石の音響陰影の違いがわからない状態で自身がありません。
これはBモードの画像だけでなく、そもそも胆嚢の中にガスがあることは
通常はないわけですから、スキャニングでの確認方法の問題かと考えます。
そういう判断に難しい症例の経験をひとつひとつ積み上げて判断できるよう
になりましょうね。


第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
(第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
受講して印象に残ったこと
ランドマークの大切さを改めて感じました。またプローブの向きや角度な
ど細かく丁寧な内容でよかったです。ガスの移動時間も初めて知りました。
日常業務に活かせると思いました。

今まで観察していた膵臓は全然見ていなかったのではと考えさせられまし
た。今回教わった描出方法を実行していきたいと思います。

十二指腸のガスをどけるには少し待つということ、ビームを当てる方向、
解剖が大事ということ。

ガスの種類(胃、十二指腸、大腸)によって対処方法が異なることや体位
変換の順番の意味が理解できた。

膵臓の描出が今までは全然工夫していないことがわかった。2回のプロー
ブ走査で見えないとしていましたがこれではダメだと思います。明日からは
今日学んだことを確認していきたいと思います。

膵臓の描出はランドマークの理解と消化管ガスを操ることがポイントです
ね。

膵臓の走査や胆管の走査方法がよくわかった。
膵臓の描出はどこまで出せば描出した事になるのではなく、1cmでもその
先を見るようにするというお話しになるほどと思いました。明日から今まで
よりも少しでも長く描出できるように努力したいと思いました。膵尾部の飲
水法の実演は素晴らしかったです。副脾にパルスドプラは目から鱗でした。

膵臓をより良く描出するための胃のガスを移動させる解説がとても勉強に
なりました。今までは尾部がガスでよく見えないときは半座位にさせて試み
るだけでしたが、ガスをきちんと移動させたり十二指腸に排出させたりして
から右側臥位にしたいと思いました。明日出勤したらすぐにでも実践してみ
たいです。飲水法のデモンストレーションも面白かったです。

膵臓をいつも長軸で見つけていました。まずは短軸で見てから目星を付け
てやれば時間短縮になりますね。

胆管を短軸でまず評価するところ。短軸でずっと追って描出することはし
てこなかったので一緒に解剖も学べて良かったです。膵の長軸アプローチに
ついても。

拡張のない胆管も長軸で見ようとしていた。
早く正確に判断するためには、まず手技を見直してそれまでの誤解に気付
くことは大切です。

ブランクあるので復習になった。体位変換でガスの動きが再確認できて、
とても良かった。飲水法を初めてみた、尾部がキレイに描出できるのがわか
りました。

膵臓において、描出範囲を頭部〜尾部と書くなと言われたことが理解でき
ました。頭部といっても一部しか見ておらず、今後、今日習った事を活かし
きっちりと頭部を観察します。

飲水法の実演が見られて良かった。
飲水法は初めて見ました。興味深かったです。
膵臓について、講習会を沢山受けてもきれいに描出、観察することは毎回
完全にはできないので、何年目になっても努力が必要なのだと感じました。

ランドマークを押さえることでこんなにも描出しやすくなることに感動し
ました。プローブをどういう向きにすればいいかも詳しく教えて頂けて今後
の練習の参考になります。

膵尾部の描出方法を詳しく知ることができて、研修を受けてよかったで
す。

解剖の大切さを始めて知った。自分で出している画像がガスで見えにくい
と諦めていたので追って想像していけるような知識を増やしたいと思う。と
ても勉強になった。もう1回聞きたいと思うぐらい良かった。腸管の追い方
が分からなかったので今日とても理解できた。

膵臓を観る時に尾部を追ってまで観察していなかったので参考になり、練
習してみようと思った。

副脾はなかなか詳しくないので見つけた時にパルスとカラーをかけてみよ
うと思った。

臨床現場にすぐに使える技術なのですぐに実践したいと思います。
飲水を実際には見たことがなく、とても勉強になった。今度練習してみよ
うと思った。

ランドマークの重要性。
飲水法のやり方が分かってよかったです。
飲水法について細かく教えて頂けて良かったです。今までずっと知りたい
思ってたので。

飲水法については文献を見ても簡単に書いてあることが多く、いざやって
みても効果が得られないことが多いと思います。私なりに工夫し、確実性の
ある手技を実演しました。

以前にも聞いた講義でしたが聞いていると、あ、そうだったと忘れている
ことが再確認できて良かったです。一度受けただけで抜けてしまうと実感出
来ました。

細かいポイントを解説していただいたので大変勉強になりました。
今までガスを避けるために圧迫していなかった(体位は座位くらい)
ガスがどこからのガスで減らすための方法を組み合わせて行くことを実践
していきたいと思います。

肝外胆管の走行をプローブでの位置でわかりやすかった。説明してもらっ
たので施設に帰って練習して早く検査が終わるようにしたい。

spleen indexの意味をまちがえていた事や、副脾の確認の仕方がわかって
よかった。

計測はすればよいのではなく、その意味や有効性を理解しないと、スクリ
ーニングで無駄なことをすることになりますね。

最初は、いつでもチャンスがあれば出来るようにと勉強会に参加していま
したが、昨年、エコー担当者が2人抜けて当然自分が全ての領域を行わざる
を得なくなりました。それでも、勉強の仕方や色々な症例を見ていたおかげ
でなんとかルーチンを回すことも出来たし、後輩の確認も出来るのは、スタ
ッフの皆さんのおかげだと思います。今年は、検査士を取得できたら少しは
恩返しになるかなと頑張っています。


第18回 腹部エコー技術レクチャー
2018年4月15日(日)開催
初心者コースのテーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
第18回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
寝たきりの方や高齢者を検査することがほとんどで、4つ体位で検査する
ことが難しいです。見えるところで撮るしかないでしょうか?何か良い方法
はありますか?

無理な場合には、見えるところで見るのですが、その時のためにも肋間走
査の技術を磨いてください。体位も、必要であれば可能な範囲で側臥位まで
は実施できると思います。

画像の調整を本体で自動的にボタン一つで出来る機能がありますが、それ
に関するご意見を伺いたいです。私は使わないようにしていますが、職場で
は勧められます。

ゲインのツマミを触らずに(ゲイン調整無しに)検査するよりは、よっぽ
ど有効な機能だと思います。要は、表示されている画像のゲインが適切かを
感じながら検査することがまず大切なわけで、ボタンひとつで調整してもゲ
インのツマミで調整しても良いわけですから。私は、ツマミで微調整します
けどね。

次のステップの講座開講時にメールでお知らせがあると嬉しいです。
一番確実にお知らせが届くのは、私どものfacebookページ「超音波検査が
上達したい」に「いいね」すればお知らせが届きます。

https://www.facebook.com/stepup.us/
あるいはパスポート会員になればメールを会員に配信しております。
スクリーニングは問題ないのですが、ルーチン検査で部位指定をして検査
をすることになりました。メタとか見落としがないか不安ですが、長年検査
をされている方々にとってはどう考えられますのでしょうか。

私は、スクリーニング検査の方が難易度が高いと思っています。スクリー
ニング、臨床での検査、それぞれに目的(使命)がありますので、まずそれ
を意識して検査に臨むことですね。

肝臓の区域が理解しづらいです。血管の全体像がいまいちよくわからない
です。

文章では説明できませんので、次回の「肝区域」の回に参加してみてくだ
さい。

第18回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
(第18回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです
受講して印象に残ったこと

全体
先生が初心者レベルに合わせて下さり、専門用語も少なめに説明して頂い
たので理解しやすかったです。ありがとうございました。次のレベルにステ
ップアップ出来るように今日の講演を大切にしたいです。

自分の今のレベルを知れる機会になりました。ありがとうございました。
先生方の熱意が感じられ、とてもよかったです。
全く勉強していない私でも少し分かってきました。ただ予習してくるべき
だったと反省しました。次回くるときは解剖図くらいはせめて覚えて挑もう
と思います。本日は貴重なお時間をありがとうございました。

技術者はずっと勉強が必要である。
自己流で検査をしていることが多かったので、今回の研修を活かしていき
たいと思いました。

ありがとうございました。自院で行っている検査法とかなり違っていたの
で参考にしようと思います。

勉強法や練習法が分かったのは、これからの練習や勉強に役立てられてよ
かった。 検査の仕方を一連で実演してくれるのはよかった。

エコーの勉強を始めたばかりなので、自分のレベルに合っていて分かりや
すっかったです。

検査フローとプローブの正しい持ち方など勉強になりました。
最高でした。また来たいです。

解剖・スケッチ
プローブを持つ前の解剖等の知識が大切だということ。
解剖の実習(スケッチ)は良かったです。時間があれば全画面でやってほ
しかったです。

解剖のスケッチでは位置を理解していると思い込んでいたようで、実際に
書いてみると微妙にずれていたり、サイズが違っていることに気が付けまし
た。

解剖の勉強が足りていない事がわかり、解剖の勉強をしようと思いまし
た。

解剖を自分で書いて覚えるのはすごく勉強になりました。
実際にスケッチする事で自分が理解できていないことが明確になったので
改めて勉強しなおしたいと思いました。

エコー画像で見えるものを全てスケッチして調べることは実施していきた
いです。

解剖でまだまだ不安なところがあるとわかった。解剖をしっかりと理解す
るようにしたい。

細かく注意点を知ることができて良かったです。シェーマを描きながら解
剖の位置を理解していきたいと思います

実際の解剖と、エコー描出像が異なるため、解剖の勉強のやり方がわかっ
た。

胆嚢内腔の多重反射がいつも注意されるため、少なくする方法がわかって
よかった。

まず解剖を理解する事が大切だとよくわかりました。
本を見て理解しているつもりでしたが、スケッチして書く、というのを練
習していきます。

解剖描いて見ると思いのほか、まだまだ未熟なのを実感しました。

プローブ・装置
プローブは高価なものとわかっていましたが、(教えて頂いている方と)
手渡しをしていたので、プローブの受け渡しは気を付けたいと思います。

プローブの拭き方は特に意識していなかったので調べてみたいと思いま
す。(消毒シート等についても)

プローブの持ち方、話し方など実演で分かりやすかったです。
ゲインとフォーカスの調節、多重反射の外し方がわかり良かったです。
教えてもらえる環境にないのでほとんど触らず検査をしていました。(情
けないです)とても実のある時間でした。

ゲインで画像がかなりかわったのは驚きました。
プローブ走査の手元が見えたのでわかりやすかった
検査フロー
スクリーニング(走査)を見せてもらえた事やその際のポイントを手元と
画面の両方で確認でき、とても勉強になりました。ありがとうございまし
た。

脾臓は座位で見る事が印象に残りました
肋間走査で今まで座位で横隔膜をみていくことはしなかった。明日からと
りいれたいと思います。

「腹壁に垂直にあてると多重反射が起きるからななめにプローブをあて
る」ということが。今まで反射が多くて見えづらくてプローブをやたら動か
していた気がします。プローブの持ち方、走査の練習法など分かりやすかっ
たです。体位でのアプローチが大切なこと。始めたばかりですが、よく考え
て走査の練習を行っていきます。

検査フローについては、現在先輩が実施している内容と違う点(体位変更
あまりしない)があるので改善できたらと思う。


初心者の皆さまへ
今一度、テキストの前書きと最後のページをご覧ください。
私からの、これから検査にとり組む方へのメッセージです。
                         鶴岡尚志

第3回 心エコー技術レクチャー
2017年12月10日(日)開催
あなたが知りたい中級者へのステップのテーマ
第1講 中級者ならできる描出技術
第2講 中級者はこのように計測する
第3講 検査結果を総括する技術
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

●左室流出路径、計測時の時相はどこがいいのでしょうか?
大動脈弁が最も開いた収縮中期で計測するといいでしょう
●右心系の計測が難しいなと感じました。
初めてのことは難しいと感じますが、20例以上続けることで慣れを生じて
きます。。

●短軸でいつも右側に肺のガスがかかってしまいます。自分の走査の癖があ
るのかと思うのですが、コツを教えてください。

左側臥位を強めてさらに息を吐きださせてみるとうまくいく場合もありま
す。

●5腔像の描出が難しく(特に仰臥位で)連続波をとることが困難であり、
コツがあれば教えてください。

半仰臥位から仰臥位に近くしてプローブをさらに傾けるといいと思いま
す。完全な仰臥位だと描出は困難と思います。

●人工呼吸器を装着していて、IVCが拡張し、呼吸性の変動も無い時のR
VSPはどのように評価すれば良いですか?

これまで信頼できる報告はないと思います。判別しにくい時は右房圧
10mmHgとしてみてはいかがでしょうか?少なくとも脱水はないと考えてもよ
いと思いますが、心のう液貯留がない場合でしょうか?

●E波の左にある小さな波形は何波になるのでしょうか。
名前はついていないと思います。左室流入血流のE波の前の波は、僧帽弁
が開くときに生じるといわれているようです。

●今回は若い被験者ですがS状中隔の人のEFはどこで計測するのがより正
しいのか。

S状中隔の場合、トレースでは特に変わることはないですが、内径計測
は、S状中隔よりも心尖部側の左室内径が最大のところが推奨されます。

●若い人(16歳)で右室が少し大きいと感じたが、明きらかなシャントは認
められなかった。どう結果で報告すべきなのか。

右室が大きめで明らかなシャントがみられない場合では、心電図や胸部X
線なども参考にして、経食道心エコーも検討してくださいとすればいいと思
われます。

●先天性心疾患を見落とさないためにはどこを見ないといけないか。
これは、セミナーなどで学習してください。ここで回答できる範囲を超え
ています。今回は、技術セミナーであるので描出などの技術をお伝えさせて
いただきました。

ただ、形態が正常心とは異なる事や異常血流があれば、その原因として先天
性心疾患を念頭に置くとよいでしょう。

●QP/QSを計測するときの注意点。
実際にお示ししましたが、内径は画面を拡大して計測することと血管の中
央部を描出して血流に平行になるようにパルスドプラで計測してください。

●RV●T径を正しく計測するにはどうしたらよいか。
血流が層流で最も大きく描出されるところで、パルスドプラの波形がレク
チャーでご説明したように適切な波形である場所で拡大して計測してくださ
い。

●心腔内で1m/sを超えないというのは、右室内のことでしょうか?
右室も左室も両方です。
●Sigm●id septumの人の計測が難しい。EFも、左室流出路、PD,CDなど計測
が本当にこの位置で測ってよいのか迷うときがあります。

誰もがそう思うことがあると思います。同じ症例を何度も計測することを
繰り返すとある数値に落ち着いてきます。画像を保管して何度も計測してみ
てください。

●e’計測において有効でない時があると思いますが、施設で計測する決ま
りで測定する人もいると思います。その辺りの説明も頂ければと思います。

絶対的な評価方法はなく、いくつかの指標を総合的に判断することが重要
です。計測の意味は、総合的に判断することが必要ですが、少なくとも計測
部位や方法がばらつかないようにするとよいと思います。

弁の狭窄の際、前回値のバラツキと正確さの確認方法。
前負荷の状況や血圧によって影響されるので体重や血圧の値も参考にしな
いと判断が難しいことがあります。正確さは、ある程度の範囲内で評価でき
るといいと思われます。ただ、これらのばらつきを補正する方法がないので
形態と血流を的確に描出したうえで評価することを心がけてください。

第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです 
第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想)
この研修会に満足いただけましたか
いただいた講義についての感想は選別せずに全て掲載しております。

とてもわかりやすかった。(×14)
描出の仕方、計測のポイントなどわかりやすかったです。
わかりやすく、倫理的で楽しく聞けました。資料の多さも適切だと思いま
す。

とてもわかりやすかったし、細かい点まで詳しく知ることが出来ました。
計測のポイントの見えにくさが残念でしたが、先生がポインターで示して
くださったので理解はできました。

とても良かった。なかなかネットや本で調べても出てこない事も聞けた。
ルーチンで行う事をとても丁寧に実演して頂き、とてもよかったです。
手元も写しながらの解説はわかりやすかったです。
プローブの動きについて実演があり、大変よくわかりました。
今回は先生の手元が良く見えたのでわかりやすかったです。
細かいプローブ操作も見やすかったので、かかりやすかったです。
前回も心エコー技術レクチャーに参加させて頂きましたが、先生の手元も
見れて、とても参考に勉強になります。

プロ―ブの動きとてもわかりやすかったです。
セミナーでは具体的な数字の解説がほとんどないのですが、画面も見なが
ら説明して頂けてイメージがわきました。計測しなくとも目安がつき、役に
立ちました。

少しでも仕事に活かせたらいいと思った。
一つ一つ丁寧でわかりやすかったです。
実演があるとわかりやすいが、資料の流れと違うと何を話しているか分か
らなくなる。

もう少しプローブの手元が見えるようにした方が良い
実演しながらの解説は大変分かりやすく、良かったです。
とても良かった。。
技術的な話や、解剖に関する話がよかった。
とてもわかりやすかった。普段困っていると感じている内容がたくさん入
っていて良かった。

大変勉強になりました。何度も読み返してしっかり身につくように頑張り
ます。

こまかく説明して頂いて良かったです。
テキストと描出が一致して進んでいったのでわかりやすかったと思いま
す。

とても丁寧でわかりやすい実演でした。次回の検査でぜひ実践したいで
す。

普段きれいに出せないと思うところが先生のプローブの動かし方と画像を
一緒に見ることができたので、やってみたいと思いました。

描出しながら細かな注意点を聞けて良かった。
実際あてている位置や角度があっているか確認できて良かったです。
わかりやすかたですが、時間が短いと感じたくらいです。とても参考にな
りました。

ちょっとしたコツがわかってよかった。

印象に残ったこと
中級者といえど基本的な事が大切だということがよくわかりました。
心エコーは「見た目」で決める事が多いのですが根拠になるお話がいくつ
も聞けて役に立ちました。

盛りだくさんの内容を3時間でまとめて頂きとても良かったです。
臨床的な事はセミナーのお話で勉強させて頂いているので、それと組み合
わせで勉強できて良かったです。ありがとうございました。

少し参加費が高いと思ったが、スライドも見やすかったし、資料も豊富だ
ったので大変満足。

基本断面以外にも、見なければいけない断面がたくさんあり、とても勉強
になりました。

計測の細かい注意点、プロ―ブ操作わかりやすかったです。
教科書にはないポイントがたくさんあり、勉強になりました。特に膜様部
(A弁短軸のふくろ状の見え方、base stepの低下に見える部分)これから
迷わなくてすみそうです。

実演と解説はとても勉強になりました。
e'の計測について
年齢別によるデータの違いの見方などあまり本には載っていない値を聞け
て勉強になり、参考になります。

右心系の計測のことを知りたかったので、勉強になりました。
かなり細かい話が多く、一度だけでは見逃してしまう点もあるのでビデオで
販売して頂けると嬉しいです。

右心系の計測について聞くことができて良かったです。
手元を見ながら学べるのでわかりやすかったです。
初級者向けの部分が長い印象でした。
なるほどー!と思う事があり、良かった( 大動脈弁の膜様とか)
何か所見がある場合は基本断面からより見やすい断面に動かさないといけ
ない

やはり計測は一番難しいと感じた。でもポイントがわかったので明日から
実践していきたいと思った。

自分がいかにいい加減に測定していたのかわかりました。しっかり画像を
出してから測定するように気を付けます。

講師の先生がとても親しみやすく、レクチャーの内容も入りやすかった。
解剖から説明して頂いたので自分がエコーするときも考えられるようにな
ると思う。

施設ではあまり心エコーに関して詳しい人がおらず、聞くことが出来ず、
間違った計測をしていたことに気づかされました。また疾患にあった計測が
できていないことも気づきました。

右心系が大きい、TRが大きいと判断したときはTAPSEを測る習慣をつけた
いと思います。e'とるのに迷うことがあり、ECGを目安に判断することがわ
かりました。

何度か受講させていただいていますが、毎回勉強になります。ありがとう
ございました。

細かい計測値
実際に手元が見れて、画像とあわせて教えて頂けたので良かったです。な
かなか見れないので。

日常の復習と再確認する事ができてよかったです。

第17回 腹部エコー技術レクチャー
2017年12月10日(日)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 スクリーニングを速く正確に
第2講 肝臓の死角と攻略法
第3講 肋間走査をマスターする
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第17回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
講師から
受講していただきありがとうございました。
日々直面するスクリーニング走査法がテーマでしたので、時間配分を多めに
取りました。そのためか質問が少なめ・・・。また他の領域で参加してくだ
さいね。もっと詳細にスキャニングの「技」を解説いたします。

鶴岡 尚志

●スキャニングしながら残す写真、所見を撮るにはどうしたらよいか?
撮り方を簡単に文章で説明することはできませんが、残す写真は施設内で
統一しておくことが大切です。異常がない場合の基本的な枚数を決めておく
と良いでしょう。私の施設では8-9枚で基本画像を決めています。

●体位変換ができない人に関してのコツを教えて下さい。
本当にできないのであれば、仰臥位で行ってください。でも、少し右側を
上げたり左側を上げて体を傾けることはできるのではないでしょうか?もし
それをしないのなら「体位変換ができない人」はあなたができない人です。

●Dr.より高齢者でだから食事止めはしない欲しいと言われることも多く、
胆嚢や膵臓肝臓部分もガスで観察しにくい事も多いです。コメントで書く時
もありますが、何か観察するコツ等あれば教えて欲しいです。

「食事をすると映らない」というのは誤解が含まれています。肝臓は食餌
の影響はほぼ受けません。摂食が描出に影響するのは、まず胆嚢、次に膵臓
で、膵臓は食後でもそこそこ映る場合が多いと思います。それより、依頼す
る医師が食事をしてでも何を見てもらいたいと考えているのかを、症例ごと
に理解して検査することが必要です。これは妥協ではなく、検査の目的を持
った検査にすることです。

●時間短縮のために「多発嚢胞」等は計測しない。最大のものだけを計測す
る等、計測も捨てる部分がありそうですが、何かこれはという捨てるものが
ありますか?

それはご自分で考えてください。スキャニング以外の捨てる方法は資料に
も書きましたので参考にしてください。

●自分のルーチンスキャンのチェックを一人一人マンツーマンで見てもらえ
る講座を作って下さい。

それはセミナーを探すよりも、できる方を呼ぶか、自分できる人の所に行
く研修がよいと思います。

●太ったひと、フローチャート通り行って見えない時は「描出不良」と自信
もって良いのでしょうか。

いえいえフローチャートは「基本とするフロー」と考えてください。それ
で映れば(多くの場合映りますが)検査は終わりますが、これを基本として
映りにくい部位には付加走査を加えたり、逆に十分に映ったときには省略す
ることも行います。今回お話しした「肝臓の死角への走査」は、付加走査と
して行うことも多いです。太った人への対処は、肋間走査と適切な体位で攻
める走査を行い、それでもダメなら検査の限界です。あなたの限界が検査の
限界となってしまうのは、超音波の場合仕方がないことです。だからこそ映
りにくい部位の描出や映りにくい体型の方への対応する技量を磨いてくださ
い。

●各腹部臓器の大きさ等計測方法も聞いてみたいです。
質問してくだされば答えたのですが、文章で回答するのは難しいです。す
みません。

●消化管などのレクチャーもお願いします。
すみません、消化管の技術レクチャーは前回でした。また採り上げます
ね。

第17回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです 
(第17回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
受講して印象に残ったこと
スクリーニング走査法について
現場が行う検査、学会で発表される検査、ガイドラインにのる検査、やっ
ぱり現場が一番(病気を見つける事)と思います。

その通りですね。限られた時間で正確にスクリーニングすることが求めら
れる現場を知らない方が示す検査法は、現場ではちょっと受け入れられませ
ん。

同じ施設内で複数の検査師の誰が行っても、同じ結果が得られるよう、標
準化は大事だと思いました。

今まで仰臥位でみられるところまでみて、と思っていましたが、明日から
はそれはやめます。

体位変換を積極的に行っていこうと思います。
講義でも述べましたが「仰臥位で見えるとことまで見る」のは時間効率か
ら考えるとスクリーニングでは好ましくありません。時間のある施設やルチ
ンでの精査では良いのかも知れませんが。

短縮するべき走査を見極めて、必要な検査を増やし、適した結果を臨床に
戻せるようにしたいと思いました。また、忘れていた点などあり、復讐にな
りました。

毎回、来るたびに色々は発見があり参考になります。
走査のコツがわかった。時間の短縮(ムダな部分を整理する)
「捨てないといけない」ということがよくわかりました。
同じところをついつい何度も見たくなり、余分な時間を使ってしまう自分
のスキャニングを考えさせられました。

実演してもらうことでよりわかりやかった。
体位変換が時間掛かるので省くことが多かった。自分のなまけが感じられ
た。


座位は今までは膵臓の時だけだったので勉強になった。走査法のポイント
を教えてもらったので手に覚えさせたいです。

体位変換を出来ない患者さんというのではなく、する努力をしていないと
いう事が勉強になりました。

今働いてる病院は高齢者が多く、入院患者さんは特に体位変換するのは難
しく、どうなのだろうと思っていました。でも、少し傾けたり、いろんなコ
ツがあると知りました。また参加したいと思います。

肥満の方でも実演して欲しい。
もう一度検査フローを考え直したいと強く思った。
スクリーニングを繰り返して見れたのは良かった。
体位変換やスキャンの仕方など今まで違った方法が知れて良かった。
検査短縮がどうやればうまくできるか少しずつわかったような気がする。

私の施設では「標準化」が全くなされておらず、各々の走査でやっていて
計測などまちまちになっていたり、「描出できず」という様に思います。

走査法だけでなく、検査スピードを上げるために、出来る事が沢山あると知
ることができました。他の技師にも提案して標準化をしていこうと思いま
す。

「捨てる事」難しいですが、自分で普段いかに無駄な走査が多いか...と
思いました。

当院でのやり方を改めて見直し、改善すべき点がたくさんあることに気づ
きました。明日から少しずつ取り入れていきます。

明日から体位変換・肋間走査・丁寧にやっていこうと思いました。
ルール化していくことの重要性が良くわかりました
「肋間に重きをおく」心にささりました。肋弓下に時間をかけていた様に
思います。できるだけ「体位変換」をしつつ、周りにも「標準化」をすりこ
んでいきたいと思います。

体位を順番に行うことで、胃のガスをうまく移動させることができる。正
常の画像を残すより、しっかりしたスキャニングを行うことが大切。

すごい勉強になりました。
体位変換の大切さがわかりました。

写真を撮るための検査にならないように
「写真を撮ることが検査の目的ではない」当たり前のようで実践できてい
ないかもしれないと反省しています。

「癌を写さないように撮ろうとしなければ写らない」のは印象的でした。
写真を撮るだけのスクリーニングはこわいですね。
肝に銘じて明日から頑張ります。
死角のないスキャニングをしてからの写真をとる意識を持とうと強く思っ
た。


肝臓の死角
肝臓の死角の攻略 特に肋間走査が理解できた
端から端まで見る方法が学べてよかった。
肝臓の死角について見落としのないようにしていきたい。
横隔膜下が見えにくいと思ってましたが、座位にする事や肋間走査での主
義を加えることで、見えやすくなっていたので、明日からスキャニング方法
を見直したいと思います。何回も見てしまい、時間がかかってしまうので
「捨てる」ことも大切だと実感しました。肋間走査での支点を意識するよう
にします。


肋間走査
スクリーニングの大事さがわかった。肋間走査がわかりやすかった。
肋間走査でヘッドを支点にして走査することがわかった。
体位変換による見え方の違い、肋間走査のコツなどわかりやすかったで
す。

明日からさっそく肋間走査の練習をしてみようと思います。
肋間走査の解説よかったです。
肋間走査について、ただよく見えないなと思うばかりで支点をどこにや、
傾け方を改めて教えていただけて目からうろこな気持ちです。

肋間走査の支点について再確認できた。
肋間走査のプローブの傾け方、自分のやり方はズレていたとわかった。
肋間走査のプローブのあて方について、よくわかりました。明日から練習
していきたいと思います。

始めて技術レクチャーに参加させてもらいました。肋間走査が目から鱗な情
報でした。


膵尾部のアプローチ方法が良くわかりました
肋間走査もよくわかりました。
胆嚢底部の観察する部位(プローブの位置)は目からウロコでとても勉強に
なり明日からの検査にいかしていきたと思います。


スキャニングの大切さをあらためて認識しました。

実演が見られたので良かったです。また参加したいと思いました。これか
らの検査に生かしたいです。

今までの検査で見落としてはなかったのか心配になります。
心臓も腹部も細かい話でとても勉強になります。
一度だけでなく何度も受講したいと思います。
スマホで見れる映像授業お願いします。
どうしてそのようにするのがよいのかをきちんと説明、解説がのあるので
理解が深まった。スクリーニングにおいてエコー所見のレポートの書き方や
症例の観察方法などの講義もしてほしいです。

そちらの講義は、「超音波からのメッセージ」に是非ご参加ください。
技術だけでなく、検査に対するモチベーションも上がることが出来ました。
技術の向上を頑張りたいと思います。
スキャニングが早くてビックリしました。
今の病院では早さばかり求められ、スキャニングを3分で終わらせるよう
に上司から指示がでているので。もう少し丁寧に検査できる環境になればい
いのですが。

少しのコツで見る事のできる範囲があんなにも変わるものだということが
一番勉強になりました。


全体を通しての感想
明日から改善できるプローブ走査をありがとうございます。実際にできる
ようになるのはもう少し時間が必要と感じた。

とても良かった。
スマホを使った実技指導が良かった。体位変換の必要性が感じられた。
どう動かすのが見れてわかりやかった。仰臥位と左側臥位とて両方みていた
が、見やすい方を見て、残りを捨てることを実践してみたいと思う。

難しい言葉を使ってなかったのが初心者には良かった。
ルーチンの一通りの流れが見れて、とても勉強になりました。
わかりやすい言葉と言い回しで初心者な私でもわかりやすかったです。
解説の後に実演があったのでわかりやすかったです。
繰り返し実演して下さったので、見逃す事の無く見ることができました。
疑問に思っていた事を質問することなく解説して下さるので、大変満足で
きました。

先生の勉強会でいつも自分の検査はまだまだだと思い知らされます。
解説良かったです。こんなに細かく教えてくれる先輩はなかなかいませ
ん。

とてもわかりやすく、講義の時間が短く感じました。
また参加したいと思います。

自分の足りないところを再認識できてよかった。

実際のスクリーニングの流れをわかり易く教えていただいて良かったで
す。

順番や目的が体系的にとてもよく分かった。
自分が何が分からないのか、何ができていないのがよく分かった。
わかりやすかった。
スキャニングのやり方について今一度考え直すきっかけになりました。
ある程度のレベルの方は、今の自分の問題点に気付くことが、次のステッ
プに上がることにつながります。

実際にエコーをあてながら説明してくれたのでわかりやすかった。
いつもわかりやすい講義で、すぐにやってみようと思います。
とてもわかりやすく、基本を見直すことができました。
スクリーニング、スキャニングの手順がわかって良かったです。捨てられ
る所を探すのは自信の無さと相対しますが、頑張ってみます。

手元の動きが確認できて良かったです。
手元が良く見えてよかった。
最初の講義で多少聞きづらい時があった。
とてもわかりやすかったです。
モデルの方が細身の方だったので、メタボの方など見づらいモデルの方を
使って実演を含め解説してほしい。

手元が見えたので、スキャニング方法がよりわかりやすかったです。
太っている人でも行ってほしい。
肋間の描出が難しかった事を思い出しました。
教える場合の参考になります。
プローブの動かし方による画像の変化、スキャニングの方法がよくわかり
ました。

毎回この研修会には、後輩の指導をするために受講している方も参加され
ています。良い技術を後輩に引き継げるように頑張ってください。


第2回 心エコー技術レクチャー
2017年9月23日(祝)開催
ルーチンを一人で行えるための技術セミナーのテーマ
第1講 計測の為の描出の技術と再現性良く計測するためのポイント
第2講 壁運動と弁の評価に必要な描出と計測の技術
第3講 ルーチン検査を行うための技術的なポイントと評価方法について
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第2回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
講師から
熱心に聴講していただきありがとうございました。
ただ、ご質問時間を十分とれなくて申し訳ありませんでした。
野間 充

●長軸像時の軸がぶれてしまい、左室が押しつぶれてしまいます。どのよう
にすれば綺麗に描出できるようになりますか?

まず、右室が大きいかどうかを確認してください。
 また、自身のプローブがどのようになっているか?目視で確認してみてく
ださい。画像が適切に出ない時は、プローブの向きや傾き、位置が適切なポ
イントからずれている事が多いので手元とプローブを目で確認するとよいで
しょう(私は、このような方法で乗り越えたので参考になればうれしいで
す)

@右室が、左室よりも大きく見える時
 プローブが胸壁に垂直ではなく傾いている。
⇒プローブが患者さんの左側に傾いているのでプローブを右側に傾ける。
 (胸壁に垂直になるように扇型操作を行う)
A右室が大きくない時
 プローブのマーカーと心臓の長軸が一致していない(適切な回転が必要)
⇒プローブのマーカーが右肩よりも足側に向いている。
 時計回転して左室内腔が大きくなると推測されます。
⇒プローブのマーカーが右肩よりも右顎の方を向いている。
 反時計回転させると左室内腔が大きくなると推測されます。
⇒プローブの固定が不十分な時に生じやすいです。古くて廃棄処分されたプ
ローブで持ち方と固定の仕方を試してみてください。


●高齢者がどう頑張っても描出出来ない人がいる場合、自分の技術が駄目な
のか、本当に描出出来ない人なのか難しいと感じます。最低限とらなければ
ならない項目があったら教えてほしいと思います。

心尖部4腔像や2腔像が困難な人がいらっしゃいます。ベテランの人に描
出してもらって比較できるといいのですが、できない時は、それ以上は無理
な症例と割り切ってもいいと思います。

私の経験では、以下の計測はほぼ可能とだと思います。
左室内径(拡張期・収縮期)、左室壁厚、左房径、大動脈径、下大静脈径
三尖弁逆流の最大流速は、逆流量が少ないと計測できないこともあります。

●LAの容量も計測(M●D)で行う方が良いのでしょうか?
初心者から初級者には、求められることが少ないと思います。正常範囲の
幅も大きいので、今回ご説明した左房径を適切に計測することを目指した方
がいいでしょう。容積は、M●D法とArea-Length法の2つの方法があります。
M●D法の方が推奨されることが多いようです。

左房容積は、施設によっても異なりますが、必須の施設の方が少ないと思い
ます。ばらつきが多いのは、4腔像と2腔像を適切に描出できる中級クラスの
描出力が必要と思います。


●四腔像で右心系が上手に出せない(高齢者)時があります。ポイントはあ
りますか?

大動脈が拡大して屈曲していると右室はうまく描出できないことが多いと
思います。プローブをさらに傾ける、もしくは傾きを少なくしてプローブを
立てるようにすると右心系を描出することができることもあります。これ
も、初級者には難しい描出になると思います。私もあきらめることが少なく
ないです。


●MモードとBモードではBモードの方がEFが良く出る気がしますが、講
習の内では同じくらいとおっしゃっていたので、どのような点について注意
するべきか。

後壁側の肉柱を含んでいるとMモードよりもBモードの方が左室収縮末期内
径を小さく計測しているのではないかと推測します。

もしくは、左室のセンターラインに対して垂直ではなく斜めにMモードを記
録しているかもしれません。


●年寄りで心臓が寝ている(横に向いている)人がいます。その時の計測す
る時に気をつけるところがあったら教えて下さい。

プローブのマーカーの方向をいつもよりも半時計回転にして左室長軸断面
の描出に注意するといいと思います。内腔が適切に描出されていれば、信頼
できる計測値になると思います。


●eye ball法について・・・asynergyがある場合はどんな風に捉えれば良い
のでしょうか?eye ball法を用いるのは3CVだけですか?心尖部だけとかだ
と理解しやすいのですが・・・

説明が速かったのかもしれず、申し訳ないです。配布資料を再度見ていた
だけますでしょうか?(スライド49です)

心尖3腔像の断面で評価するのは、左室造影の右前斜位と同等になるからで
す。左室造影では、右前斜位と左前斜位の2方向から左室駆出率を計測する
のですが、右前斜位だけでもかなり正確に推測できるという論文や検証があ
ります。4腔像と2腔像の両方が適切に描出できなくても心尖3腔像もしく
は、左室長軸断面でプローブを心尖部方法にスライドして心尖部まで描出し
た断面(講義でご説明したスライド76を参照してください)は、描出でき
ることが多いので推測に役立つと思います。


●Simps●nの計測誤差が10%以上ある時はどのようにしたらいいでしょう
か?

1.真の心尖部に近い断面を描出できるようになることを目指しましょ
う。

2.同じ症例の保管された画像を別の日に計測することを繰り返すと誤差が
小さくなっていきます。ここは、あきらめない頑張りが必要です。


●計測はLA、AO、LV、すべてBモードが今は主流なのでしょうか?全
ての人にBモード、Mモード、シンプソン、E/A、E/e',組織ドプラ―を
行っているのでしょうか?

最近のガイドラインでは、Bモードでの計測が推奨されています。しか
し、所属されている施設でMモードがメインであれば、Mモードでもいいと思
います。また、小児科では、Mモードでの計測がメインのところも少なくな
いようです。

⇒BモードとMモードの両方で計測している施設は少ないと思います。ただ、
レクチャーでもお話ししましたが、正常例で時間がある時に自分の実力向上
を目的として両方計測してみるといいと思います。

⇒心筋梗塞など局所壁運動がある人は、左室駆出率の計算にはシンプソンで
の計測が推奨されています。局所壁運動異常はない場合は、行っておらず、
左室内径からのTeichh●lz法で報告しています。施設によっては必須のとこ
ろもあるかもしれません。ガイドラインでの左室駆出率の計測は、シンプソ
ンでの計測となっていますが、描出が十分できない人で計測しても真の左室
駆出率を反映しないので左室内径を適切に計測する方が大事と考えていま
す。

⇒E/Aは、かなりの施設で行われていると推測します。また、E/e',組織ド
プラ―も実施されていることが多いと思いますが、行っていない施設もあり
ます。ただ、超音波検査士を目指すようであれば、できるようになっておい
てほしい計測だと思います。


以上です。これからも頑張って独り立ちを目指してください。
第2回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです 

第2回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想)
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

分かりやすかった。 (他1名)
とても理解しやすかった。
良かった。
比較的わかりやすかったが、少し実演と解説のタイムラグがあるところが
気になった。

やっと計測のポイント・コツが理解できました。明日から少し自信を持っ
て検査できるようなきがします。また、同僚の計測方法も間違っているよう
なきがしたので、今日の勉強会の内容を伝えたいと思いました。

基本の描出について具体的でわかりやすかった。
計測方法や描出のコツなど今まで聞いた事がないものもあり、とてもために
なりました。

実際にエコーを当てて頂いての説明だったので分かりやすくてよかったで
す。


IVC、LVDdなどの基本的なものでも具体的な計測の値をしらなかっ
たのでとても勉強になりました。

計測が本当によくわからないし、他の人との誤差が違いすぎてどうしたら
良いのかわからなかったが、今日は本当に来て良かったと心から思いまし
た。教科書を読んでもよくわからない事が、ライブ講義ならではだと思いま
した。

エコー画面と操作の手元が同時に見られてみやすかった。(去年は手元走
査を見ているとエコー画面が見えなくて残念な感じだったので)計測につい
て今回ほど詳しい研修は初めてでした。早く試したいです。

LAサイズの肺静脈流入部を避けて測定する。 Mモードで主に計測していた
ので2Dでも確認したいです。

今まで自身のもてなかった壁厚や内腔の計測の仕方がとてもよくわかり、
今日、受講できてよかったです。

まずは基本となる像をきちんと出し、きちんとしたところで計測を行うこ
とでブレが少なくなることが分かりました。

全体の流れが少しわかってきました。
左側臥位にできない人や、すごく痩せた人などで画像がどうしても出なか
ったらどうすれば良いのかと不安になった。

基本を再確認出来ました。
二腔像の出し方。先生の描出が早い。
参考書にはいろいろなことが書かれてますが、なぜこうしなければいけな
いのかについては詳しく書かれていないことが多かったので今回のお話で理
由を知ることが出来て良かったです。 また先生のお話をこってりと聞かせ
て頂きたいと思います。

二腔像を描出するのがとても苦手なので今日得た描出法を早速試してみた
いと思います。

計測のコツが分かって良かったです。
計測はLA、AO、LV、すべてBモードが今は主流なのでしょうか?全
ての人にBモード、Mモード、シンプソン、E/A、E/e',組織ドプラ―を
行っているのでしょうか?

Simps●nでEFを測定する時に肉柱を測定してました。 実際に検査してい
てどこを計測していいか迷ったことが何度もあるので勉強になりました。参
加して良かったです。


とても具体的でわかりやすかったです。
分かりやすかったが最後の方が速くてわからないところがあった。
手元と画面を同時に見ることができて分かりやすかったです。
とても細やかに計測について解説いただいたので勉強になりました。二腔像
の出し方について早く実践して自分の技術にしたい。

お話も資料もとても分かりやすかったです。
とても分かりやすかったです。特に二腔像をぜひやってみたいです。
とても細かく説明して頂けたので分からなかった部分がよく分かりまし
た。

計測について本にはここまで細く書いていなかったりするが知りたかった
ことが学べて良かった。

とても良かったです。また聞きたいです。

きちんと出すこと、そして出なかった時の対策など教科書にない学びをた
くさんありがとうございました。

実際の検査で間違っていたことに気がつきました。
資料も分かりやすく野間先生の説明も非常に分かりやすかったです。 早
速実践してみたいことがたくさんあり、今後のエコー検査が楽しみです。

本でみても分からない細かいところが分かり良かったです。 連続して心エ
コー検査に入れないため一進一退ですがこの講義を基に頑張ります。


第16回 腹部エコー技術レクチャー
2017年9月23日(祝)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 近づいて広く見る消化管
第2講 本当はこわい腎臓の描出
第3講 見れば分かる副腎の描出
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第16回を受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
講師から
第16回はここでお答えできる質問があまり寄せられませんでした。
鶴岡尚志

肝臓のS8は、肺が被る事が多いのですが、その対処法が知りたいです。
次回教えてください。

次回は肝臓の走査がテーマです。S8の描出は、半座位(もしくは座位)
で肋間走査でアプローチするのが原則です。これにより肺の被りが少なくな
ります。他にももう少しコツがありますが、これについては次回で採り上げ
ます。またよろしくお願いします。

第16回腹部スタンダードコースを受講した方の感想 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた講義についての感想は選別せずに全て掲載しております。

は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
解説をしながらスキャニングをみれたのでわかりやすかったです。
スキャン走査が良く見えて良かったです。
手元と画像が同時に見えるのでとてもわかりやすく、教科書に書いていな
い事が勉強できて良かったと思います。

体位により見やすくなったり見えにくくなったり、「おおっなるほどー」
と思いました。

わかりやすかったです。わからない所すらわからない状況で受講したので
すが、わかっていなかった所もきちんとおしえていただけてよかったです。

消化管エコーに苦手意識が強く、経験も乏しかったため、実演で何度も繰
り返しやって頂いたので大変わかりやすかった。

レーザーポイントがちょっとまぶしかったです。
説明が早くてわかりづらかった。
手元をもっとズームにした方が良い。
実際のスキャニングを見られてよかったです。
すごくわかりやすかったです。ただ、チカラ加減が分かるといいかなって
思いました。鶴岡さんはベテランなので未熟な人かある程度のスキャンがで
きる人と比較が見られると参考になるかと…。比べられる技師にはコクです
が…。

このご提案をさっそく第17回では使わせていただきました。ありがとうご
ざいました。

とてもわかりやすかったです。
解説していただいたあとに実演していただくとより分かりやすくて良かっ
たです。

まだプローブを当ててないので難しかった。
私の病院では15分で腹部エコー(上腹部、下腹部、消化管)をみてレポ
ートまで書かなくてはいけません。いつも時間におわれて検査しているの
で、勉強会などで色々な事を習っても、なかなか時間をかけてじっく
り・・・とはいきませんが・・・

時間の配分を考えて、出来る事からやってみようと思いました。
自分で同じように描出できるかは、心配ですが、やってみたいと思いま
す。

みえていたけど、みてなかった部分や、みえてなかった所が自覚できてよ
かった。

虫垂の描出の仕方や、副腎描出など大変わかりやすく勉強になりました。
腎臓を甘く見てたなと思いました。側臥位、半坐位で腎臓を観察するよう
にします。副腎を出すランドマーク、始めて聞きました。早く帰って今日の
実演を復習したくなりました。

消化管のスキャニングがとてもよくわかった。虫垂の見つけ方も急性腹症
の場合、まず腹水のチェックからというのを実践してみようと思いました。
腎の描出で、側臥位の角度にも注意が必要な事がよくわかった。

腎の怖さも、みえてなかった副腎も勉強になりました。

消化管
消化管の走査方法がとてもわかりやすかったです。
自分でできるかはわかりませんが。誤解がとてもわかりやすかったです。
腹部エコー担当の日にはルーチンワークの後にさっと消化管をふってみよう
か思いました。浮腫像に慣れとくように言われましたが、浮腫像には当たら
ず(オーダーもなく)浮腫像の画像をもう少し見たかったです。(当院では
虫垂炎のオーダーがほとんどです)あと、憩室炎ももう少し見たかったで
す。

ポイントが分かれば虫垂炎も憩室炎も(複雑な場合を除けば)さほどハー
ドルは高くありません。ぜひ講義型研修会の「超音波からのメッセージ」に
お越しください。

消化管のシャドウの幅を見るというポイントがとてもわかりやすかったで
す。練習してみます。

消化管の描出方法、画像の調整について。
今度消化管の描出にチャレンジしてみたいと思いました。
個人的には消化管のレベルが高かった。
普段していない検査は、聴いて見ただけでは難しいかも知れませんが、ぜ
ひ明日からチャレンジしてください。

消化管エコーについてじっくりと学べて良かったです。
自分が救急で病院に運ばれたとき、虫垂の見方をそこのドクターに教えて
もらったのですが、「ガスを追う」が今一つわからなかったのが本音。今日
の解説でわかった気がします。明日、自分のお腹で見てみます。

消化管のスキャンニングは流してみるのが必要だということ。体位変換の
大切さ。

消化管を見るポイント、特に大腸の壁ではなく後方のシャドーを見るとい
うのが印象に残った。これによって見方が変わった。横隔膜は白いと思って
いました。横隔膜脚のことは知っていたが、実際どのように写るか知らなか
ったので知れて良かった。

消化管走査と観察について詳しく教えて頂けたので良かったです。
虫垂の出し方がわからなかったけどわかりやすかった。腎臓も普段は1〜2
枚しか撮らなかったけどよくみないといけないことがわかった。副腎も出し
わからなかったが覚えられた。
虫垂の描出の手順、消化管のスキャニングの方法が今まで聞いたどの講義
よりもわかりやすかった。自分でも出せるようにしたい。


腎臓
腎臓を2方向から見る事、上極と下極で見る事、外まで見る。今まで見え
ていない部分があったと反省しました。

普段腎臓を細かくスキャンしていないので、こんなに大切にスキャンを行
わなくてはいけない事だったのかと、勉強になりました。次回からやってい
こうと思います。

腎臓癌は超音波スクリーニングでもっとも多く見つかる悪性腫瘍です。決
してめずらしい癌ではありません。そして腎臓癌は隠れるように潜んでいる
ことが多いです。

腎の体位変換が重要だと再認識した。
腎臓の見づらさについて改めて気を付けなければいけないと思った。
腎臓についても上極、下極をしっかりと見ないといけないと改めて感じま
した。

まだ要ダブルチェックで練習中のエコーですが、やはり腎は見逃しが多い
です。描出もきれいではなく(体位変換しても)、これでは困ると思っていま
した。今回のレクチャーで側臥位も程度の使い分けが必要であること、腎の
外まで見る事の重要さを再認識しました。また、左腎の上極の見づらい部分
への認識がなかったことに気がつき、今後もっと気を引き締めようと思いま
した。

体位変換は普段からするようにしていますが、左腎をみるときは甘い気が
しました。観察する時、体からプローブを離すことが多いので、連続してみ
ることで見落としも減ると思いました。


副腎
副腎の描出と副腎領域の描出が大変勉強になった。
副腎、目から鱗でした。しっかりみることができそうです。
スキャニングの手順、ポイントなど手元も見ながらなのですごくわかりや
すかったです。


副腎がながい、そして薄いものだと今日知りました。
副腎は病変がないと見れないと思い込んでいましたが、正常でも見える事
を知りました。ランドマークを意識してスキャニングします。

副腎領域さえ覚えておけば、簡単にスキャン出来る事がかなり勉強になり
ました。

副腎が線上のように見える事、横隔膜脚がランドマークにいれる事。
これまで行っていた腎臓の検査が不安になった。
正常副腎があんなにはっきり描出できていたとは思わなかった。
副腎の描出はとても分かりやすかった。
副腎について、知らないことだらけだったのでびっくりしました。
副腎について今まで全然わかっていなかったので、大変わかりやす講義を
していただけて良かった。副腎の出し方が勉強になりました。


第15回 腹部エコー技術レクチャー
2017年7月9日(日)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 意外に見落とす胆嚢の端
第2講 それでも知りたい肝区域
第3講 ついでに見ようリンパ節
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第15回を受講した方の感想はこちらです
質問と答え        
下欄のが質問、が答えです。
講師から
いろいろ説明したつもりでも、説明が足らなかったことは多いです。ぜひ会
場かアンケートの欄に質問をください。今回も追加質問をありがとうござい
ました。ひとつひとつ興味深く拝見し、コメントさせていただきました。

鶴岡尚志

肝区域の境界面を出した後の見方がよくわからない。
境界面が出せたら(きれいに描出できなくても、境界面が同定できれば問
題ありません)、その面から外側・内側どちらかに断面を変えて区域を同定
します。亜区域については、門脈枝をたどって同定します。したがって亜区
域については区域ほど明確に同定できない場合があります。


門脈異常のパターンがなかなか本では載っていないので知りたい。
今回は門脈については採り上げませんでした。
門脈分岐の主なバリエーションについては、ネット上でも調べることができ
ます。下記の文献には、形態と頻度について書かれています。参考にしてく
ださい。

肝の解剖とその診断(著:山中潤一)
http://www.jsgs.●r.jp/cgi-html/edudb/pdf/20061027.pdf

胆嚢壁の計測方法で粘膜部分を計測する場合と、壁全体を計測する場合は
どちらが正しいでしょうか。

「粘膜部分を計測」の意味が分かりませんが、通常は、肥厚があっても、
なくても全体、つまり粘膜から漿膜までを測るものだと思います。


健診でエコー実施時、肝の部分切除(肝癌の為)をされた方の胆嚢が描出
出来ませんでした。ご本人に確認したところ摘出はしていないと言われたの
ですが。どのように確認したら良いのか、または「このような所見があれば
胆摘しているはずだ」というものはありますか?

まず、肝臓の手術を受けているときには、胆嚢を合わせて摘出する場合が
多いです。しかしごく一部を切除した場合には胆嚢を残すこともあります。
確認の仕方は、「胆嚢床を確実に映す方法」が理解できれば確認が可能で
す。肋骨弓下からののぞき上げ走査で、門脈本幹の位置から右前方に立ち上
がる胆嚢床の構造を確認します。この構造はちょうどミッキーマウス・サイ
ンの位置から立ち上がります。これは正常の人でも胆嚢が映る直前に映る画
像ですので、普段から慣れておくと良いでしょう。またもう一つの方法は、
胆摘後の方の場合、肝門部を注意して見ると、門脈の付近に手術用クリップ
がありますので、これが小さなStr●ng ech●として認識できます。クリッ
プは2箇所使いますので、どちらか1つでも確認できれば、胆摘後だと分かり
ます。


痩せた人の胆嚢の描出が上手くいかないときがあります。
胆嚢の描出は左側臥位で、と教えましたが、痩せた方の場合は、仰臥位の
方が描出しやすいことが多いです。痩せた方の検査をするときには例外的に
仰臥位でも試してください。手順は、肝門部で頸部を見つけて、体底部の方
向を確認します。(頸部の描出は通常と同じ手技です)この時の注意は、圧
迫しないこと、痩せた方では胆嚢底部が腎臓の上極の方向にある人が多いの
で注意することなどです。


胆嚢底部をリニアで見る時の設定などがわからない。
設定は装置によって異なるので、一概に言えませんが、多重反射が描出の
妨げになっていることが多いです。多重反射を軽減する手技は、コンベック
スト同様ですので、レクチャーで教えた方法をいくつか試してください。


急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎の所見の大きな違いについて。
一番の違いは、急性胆嚢炎は強い痛みを伴うことです。基本的な画像上の
特徴は、急性胆嚢炎は腫大と浮腫状(層構造のある)肥厚を示します。あ
と、レクチャーで述べたように、頸部に嵌頓した結石が証明できれば、急性
胆嚢炎と診断するのに確実な所見です。


病変が、内膜の上からか、さらに深部からか…の観察が難しいです。観察
のコツがありますか?

まずは、通常から胆嚢は拡大表示し、粘膜の観察に慣れることが必要で
す。


モールを作ってみて、解剖がまだ理解していないと思いました。右肋弓下
走査で描出される画像がなぜそのようにうつるのか、よく患者さんを下から
見上げた画像だと言われますが、想像しやすくするにはどのように考えれば
よいですか?

今回作った門脈のモデルを下から眺めた画像が、肋骨弓下からののぞき上
げ断面に近い画像です。このように、せっかく作った門脈モデルですから、
いろいろな方向から見て、実際の超音波断面と合わせて理解するように活用
してください。


膵頭部の腫瘤とリンパ節の腫大を迷ったことがあります。鑑別方法があれ
ば教えてください。

たしかに膵実質の近傍のの腫大リンパ節は、膵腫瘤と紛らわしいときがあ
りますね。その腫瘤(リンパ節)と膵実質の間に白い線状の境界があれば、
膵外のもの(つまりリンパ節)と考えられます。とはいえ、超音波では確実
に見分けることが難しいケースもあります。
            第15回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第15回腹部スタンダードコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

目からうろこな情報がたくさんありました。
スキャニングを実際に見る事で、走査方法や角度等、とてもわかりやすか
ったです。

今までの疑問がいくつも解けました。具体的な説明ばかりでとても勉強に
なりました。

席にいたまま、実演がみられてとても良かったです。機械のまわりに集まる
のは見やすい人と見えにくい人の差が激しいので。

いつもながらとても勉強になりました。普段見ているつもりになっている
場所にいかにもっと深めて見るべきポイントが詰まっているかを気づかせて
頂けて恐くなったような、身が引き締まる思いになりました。特に、胆嚢の
腫大やst●neが無くても胆嚢腫大を疑える「胆嚢頸部の落ち込み」は明日か
らすぐに活かします。


胆嚢描出の基本体位が、院内で仰臥位でしたので、今後は検査体位を見直
し、左側臥位にしたい。

胆嚢頸部を見ていたつもりでいましたが、ハントルマンポーチを必ず見る
ようにします。

ハルトマンポーチの腫大、しっかり見ていませんでした。
胆嚢頸と門脈本幹の位置関係。腫大すると背側に拡大していくこと。右肋
間からの前後区域の見方の理解。

胆嚢のアプローチ方法;ハルトマンポーチの場所がわかりやすかったで
す。

胆嚢頸部の描出がとてもわかりやすかった。いかに胆嚢の描出が不十分で
あったか痛感しました。

胆嚢を描出できている気がしていたが、底部、頸部の観察が全く今の自分
自身の走査ではできてていないと気付いた。

見ているつもりな部分がとても多い事にショックを受けました。

モールで実際に門脈を作り、立体的に把握でき感動しました。
立体的にとらえるのが難しかったが実際にモデルを作ってわかりやすかっ
たです。早く帰ってエコーをしたくなりました。

モールを使用しての講義で、いかに自分が立体的な血管の走行を理解して
いなかったかを知り、もっとそこの所を頭に描きながら検査をしていきたい
と思いました。そして、できるだけ、左側臥位にて胆嚢を見るように心がけ
ようと思います。

モールで門脈枝を作ることによって立体的に理解できてよかったです。
門脈の位置を3Dで考えられたり、面白かったです。
肝区域のふりかえりもモールを使ってできて良かった。
門脈のモール作りは立体的にみる事ができた。肝区域が理解できるように
なった。

モールで門脈枝をつくり、門脈の走行などよくわかった。
モールで門脈の枝を作って解剖の知識がイマイチだと思いました。これを
機にもっと勉強します。

門脈を立体的に見られたこと。ただしモールはアドバイスをもらわないと
組み立てられなかった。

モールを使った内容が面白くてわかりやすかった。
門脈のモールは7本別の色にしたら良いと思いました。
モールは手芸店や文房具屋さんで手に入りますので、ぜひ色で区分しての
制作にチャレンジしてください。

肝区域をもう少し詳しく知りたかったです。
肝区域がまだよく理解できなかった。門脈はわかりやすかった。
肝区域で書くことより、どこの近くなど場所で表現した方が良いというこ
とを初めて知りました。

大切なのはそちらの方ですね。

リンパ節など動画も使っての解説がわかりやすかったです。

とてもわかりやすかったです。
またしっかり復習をして、それでも足りなかったら確認する意味で受講し
たいです。教えてもらう人もいないので大変ですが、こういうレクチャーは
ありがたいです。


第1回 頸動脈エコー技術レクチャー
2017年7月9日(祝)開催
テーマ
第1講 検査の基本とスクリーニングの流れ
第2講 ガイドラインから評価法を学ぶ
第3講 頸動脈エコー時に押さえておきたい甲状腺の見方
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか

頸動脈エコー技術レクチャーの第1回を受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
首の太く深い部分についていつも悩んでいます。
超音波の特性として、周波数を低くすると減衰が小さくなり深部の観察に
向くため首が太く深部に血管がある場合はリニア型プローブの周波数を下げ
ることやコンベックス型プローブ、セクタ型プローブに変更することが有効
になります。


圧迫による流速の影響はありますか?
圧迫の仕方と患者さんの条件によっては影響が出ると考えます。
リニアプローブを平面的に(動脈を)圧迫する場合には、ほとんど流速に変
化がありませんが、血管を斜めに描出する際にリニアプローブの角を押し当
てると流速に変化が生じます(角を当てると圧が集中するために少ない力で
も血管は変化します)。そのため「プローブの片側にゼリーを多めに付けて
片側を浮かすようにして角度を付ける」もしくは、「ゼリーや圧迫に頼らず
に角度の付く画角を探す」といった走査をするといいと思います。

圧縮しにくい動脈を流速に影響が出るほど圧迫したら流速よりも迷走神経反
射の影響が先に出ると思います。目安としては頸静脈を潰さない程度に圧着
させて検査すれば、動脈にも影響は出ないと考えます。


感覚ですが、患者様の右側の方が近いだけでなく画写しやすいように感じ
てます。アーチファクトで血流がのらなくなっているのか疑問に思うことが
あります。血流を下げる、角度をつける以外でアーチファクトかどうかを判
別する方法はありますでしょうか。

カラードプラで色つきを良くするには「血流とカラードプラビームの角度
を平行に近づける」工夫が必要になります。具体的には血管を斜めに描出し
スラント機能を使い平行に近づけます。また流速レンジを下げたり、カラー
ドプラゲインを上げる、Bモードゲインを下げることでカラードプラの色つ
きが良くなります。


FFTの波形で出ている波形が正しいものかどうかの判断基準はあります
か?

明確な判断基準はありません。「プローブの傾けやカラーステアリングを
用い超音波ビームと血管走行が近くなるようにする」、「ドプラアングルを
血管走行と平行にする」、「サンプルボリューム幅を適切に調整する」、ド
プラ入射角度を60°以内にし左右で同じ角度にする」といった調整を適切に
行えば表示されたFFT波形は正しいと判断していいと思います。


最後の実演でVAはC3〜C4くらいの位置のみ観察でしたが、実際は見える範
囲を全て観察していらっしゃるのでしょうか?

椎骨動脈観察の主な目的は「逆流の有無」と「FFT波形による中枢側、末
梢側の狭窄・閉塞の推測」のため当院ではカラードプラで逆流の有無を観察
しFFT波形で明らかな異常所見を認めなければ、見える範囲全ての観察は行
っておりません。ただ、時間に余裕があるならば観察したほうがいいと思い
ます。


頸動脈エコーの報告書では、甲状腺に所見があった際に、どの程度の記載
をしていらっしゃるのでしょうか?

甲状腺の所見の報告は、のう胞性病変で内部エコーを認めない場合は腫瘤
径だけの報告、充実性病変の場合は「形状」「境界」「内部エコー」「境界
部低エコー帯」「微細高エコーの有無」「内部血流の増加」など観察できた
範囲で所見を報告しています。

またガイドラインによる「甲状腺結節(腫瘤)診断基準」に照らし合わせ悪
性を疑う所見を1つでも認めた場合(明らかでなく判断に迷う場合も含め)
は後日、精査(甲状腺エコー)を依頼してもらえるように医師に相談してい
ます。


大動脈弁逆流等、弁膜症はPSV、EDVなどに影響ありますか?
大動脈弁狭窄症(AS)により収縮期加速時間(accelerati●n time:
AcT)が延長することが一般的に知られています。

また、大動脈弁閉鎖不全(AR)ではPI、RIが高値を示します。

VAが深く描出不良時、カラーが乗らない時と閉塞している時の鑑別のコツ
はありますか?

椎骨動脈が深く描出不良で周波数を下げたり、カラードプラ流速レンジを
下げる工夫をしても描出出来ない、カラーが乗らない場合は「描出不良」と
し無理に報告はしないほうがいいと思います。

血管内腔は描出出来ていてカラーが乗らない場合は「十分にカラードプラ流
速レンジを下げる」「カラードプラノイズが観察される程度にカラードプラ
ゲインを上げる」といった方法を試してもカラーが乗らないと閉塞の可能性
が高いです。閉塞部直前の血流波形でearly syst●lic spikeやt● and fr
●の波形が記録される場合も診断の参考になります。


高齢者の頸動脈エコー検査を行う際の注意点を教えて下さい。首が痛いと
かいびきをかいて眠ってしまうなど。

私の施設でも高齢者の方の検査が多いためいつも悩まされます。
頸椎の湾曲した高齢者では枕を外して検査をすると無理な姿勢となり痛がっ
てしまうので枕などを使用し負担のかからない体勢に適宜調整します。

いびきをかいてしまう方はドプラ計測時などに起こしながら短時間で検査を
終えれるようにします。

高齢者は長時間の検査が負担となってしまうため必要な観察・計測にポイン
トを絞り短時間で検査を終えれるように心掛けています。


ADF(東芝)の特徴、どういった場面で使用すべきかを知りたいです。
東芝メディカルシステムズ株式会社ホームページより
「Advanced Dynamic Fl●w(ADF)は,高分解能,高フレームレート,低ブ
ルーミングな血流イメージングを可能にする東芝メディカルシステムズ社独
自の血流表示技術である。ADFでは,Apli●の先進アーキテクチャと広帯域
特性により,分解能が大幅に向上し,微細な血流を分離して観察することが
できる。また,血流のカラー表示や血流方向による色分けができるために,
伴走する動脈と静脈の分離も容易で,血管エコーにおいてきわめて有用な手
法である。」


カラードプラは血流の方向を表示するため逆流や狭窄の評価に適する、パワ
ードプラは角度依存性が少ないことや、低速の血流に対しても感度が良いこ
とが特徴で低輝度プラーク、狭窄の評価に適しますがADFは双方の良いとこ
取りをしているのでADFを主に使う人が多いようです。どれを使うかは検者
の好みによるところが大きいように思います。

頸動脈エコー技術レクチャーを受講した方からの質問と回答はこちらです

(第1回頸動脈エコー技靴レクチャーを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

健康診断のオプションで検査をしているので件数が少なく、計測する部分
も少なく、基本流速も計測しなくて良いとなっていたのですが、独学で勉強
してFFTで波形を見ていました。自信がなくやっていたのですが、今後は自
信を持って検査が出来ます。

次回のお知らせは有用ですが受講者の割合などは必要が無く早く本題に入
って頂きたかったです。スライドの内容をただ読み上げるだけの講義は退屈
です。理解がしにくいです。(厳しいこと言ってすみません)

頸動脈の解剖やスキャニングを改めて確認が出来て良かったと思います。
血流ののせ方のコツが良くわかりました。(特に短軸で見ていくとき)
基本的な事が多く、再確認になりました。できたらもう一歩進んだ実際の症
例と評価なども今後お願いしたいと思います。

新しいガイドラインを知らなかったのでちゃんと情報の更新をしなければ
と思った。左側から検査するのが新鮮だった。

PC接続やトラブルで講義の中断が多い印象でした。ガイドラインの話が多
かったので事前に確認しておきたかった。

ありがとうございました。
総頸動脈は短軸、長軸でチェックしていましたが、側方から描出してなか
ったので参考になりました。

検査の流れを通してみることが出来て、とても参考になりました。
テキストを読んでいることが多かった。緩急をつけて話して欲しい。テキ
ストは自分で読めるのでもっと実践に必要なものを教えてほしい。どう実践
に結び付ければよいのか?どこを重点として見るのか?VA起始部をどう見る
のか?VAを出すだけでも大変な人はどうするのか。

有料とはいえ、毎回赤字にならぬよう運営するのは大変だと思います。教
育、研修は実績とそて評価されにくく、本来は学会が担う点かもしれません
が。NP●として活動続ける熱意に頭が下がります。

基礎が学べて良かった。異常データの例題も比べられたら良いと思いまし
た。

頸動脈や甲状腺の症例が見たかったです。
施設内での決まりごとが曖昧なところが多く、不安な事も多かったが実際
の検査が見られたので良かった。観察と計測で設定を変えることがわかって
良かった。

内容が少し基本的なことが多く、若干物足りなかった。が、基本の復習が
できて良かった。

基本的な部分がおさらいできて良かった。 もっと実際に検査する際のコ
ツ的なものをもっと教えてほしかったと感じた。

技術レクチャーがやはり印象に残った。実際の手先と画像の関係が分かり
やすかったです。

頸動脈の勉強会に参加できたのは初めてだったのでとても勉強になりまし
た。

1番聞きたい所が速くて、あっという間に終わってしまった。
今後の検査に役立てていきたいと思います。ありがとうございました。
声がすごく聞き取りやすかった。テキストが簡潔でみやすい。内容はわか
らない部分が半分あった。教科書を聞いているようだった。

頸動脈のガイドラインを見直してまとめたいと思いました。所見のあった
実例もあれば、検査時に参考にしたかった 。

頸動脈の技術レクチャーを待ち望んでいました。実演で最後にルーチンの
検査の流れを見ることが出来て良かった。短軸の時、カラーの乗りを良くす
るためにプローブを傾けることをやっていなかったので知ることが出来て良
かった。

頸動脈エコー時に見る甲状腺エコーの見方がとても気になっていたのでと
ても良かったです。頸動脈エコー時に甲状腺も評価するとは施設では決まっ
ていないのですが、報酬法を疑問に思っていたので。

頸動脈エコーの基本と進め方の確認が出来たのが良かったです。2016ガイ
ドラインの新旧対応まとめ等が欲しかったです。

基本的部分の分かりやすい研修だったので、しっかり再確認できた。
検査の手順が良く分かりました。
症例の画像がもう少しあれば良かった。基本的な事は学べたので良かっ
た。

プローブを持つ手元をビデオで映して見られるのでとても参考になりまし
た。

ドプラや甲状腺までお話しを聞くことが出来て今後の参考になりました。
また、先生が実際に病院で実施している検査の流れを実技で知ることが出
来、とても分かりやすかったです、ありがとうございました。

スライドの文字数が多くて書きとりも聞くのも大変だった。ガイドライン
(新しい)ものを聞きたかったので良かった。

ビギナーの方たちにはとても分かりやすい内容だったと思います。 2016
ガイドラインの解説を受け、今後のルーチン業務を見直すきっかけとなりま
した。ありがとうございました。

PC操作に慣れていないのか、スムーズに進まないのが残念でした。 お話
がちょっと早口言葉で聞き逃す時がありました。内容は基本的で良かったで
す。 今度は症例を取り上げて欲しいです。貴重な時間をありがとうござい
ました。

頸動脈エコーの基礎を再確認できた。 3DでのCCA,ICA,ECAの走行があった
が、少し見づらかった。

基礎的な所から、すごく分かりやすかったです。 ありがとうございまし
た。

未経験者のため話が早く、メモを取ろうと思うとスライドが進んでしまい
ました。できればスライドを全部参考資料に載せて欲しいです。復習の際に
使いたいです。 スライドのポイントや注意点などが資料に入っていないの
はなぜでしょう。 未経験者はまだ技術レクチャーの受講は早かったのかな
と感じました。

頸動脈エコーは研修中なので基本的な描出方法やポイントなどわかりやす
く、参考になりました。

カラーをのせて観察するときのコツ(短軸スキャンでの) 今までなかなか
のらなくて意味があるのかと思っていたので、すっきりしました。 教科書
的な講義より実際のコツを聞きたかったです。 潰瘍の2mmという決まりはな
くなったと思います。

未経験なのもありますが、もう少し基礎に時間、内容がほしかった。

第14回 腹部エコー技術レクチャー
2017年4月29日(祝)開催
スタートアップコースのテーマ<初心者コース>
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか

質問と答え        第14回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
たくさんの質問と疑問をいただき、ありがとうございました。
初心者がはじめの頃いだく質問が多いように思いました。
ひとつひとつ興味深く拝見し、コメントさせていただきました。
鶴岡尚志
どんな体型でも、またガスが多くて描出しづらい人でも6?7分で全体を
きっちりスキャニングすることができますか?

観察が難しい体型や条件では、多少時間がかかるのは仕方がないことで
す。(この検査の特性です)しかし「どんな条件でも全部映せるわけではな
い」のもこの検査の特性ですので、時間をかけても必ず映るわけではありま
せん。要は、どこで諦めるべきかを知れば、映るまでいつまでもトライする
というスキャニングからは脱することができます。ただしこの判断力は、経
験で身につくので、初心者には難しいですね。


プローブを持ち始めての練習は毎日できる方が良いですか?(業務上、他
の検査をしていることが多いので時間はなかなか取れません)

たしかにプローブを持っての練習は多い方が良いとは思いますが、それほ
ど時間が取れない事情も分かります。皆さんに実習していただいた解剖の絵
や超音波像をスケッチすることは、プローブを持つ前に理解しておくと上達
が早くなります。ですから、プローブを持つよりも基礎固めを行うことをお
勧めします。


膵臓の出し方や肝区域の覚え方が知りたいです。
それは文字では答えられませんので、技術レクチャーのスタンダードコー
スを受講してください。必ず分かるようになります。


腹部大動脈はうちでは臍の上まで観察することになっていますが下まで見
た方が良いですか?

腹部大動脈は臍の辺りで総腸骨動脈に分岐しますので、大動脈はその辺り
までなのと、大動脈瘤の好発部位がここですので、スクリーニングとしての
観察は、そこまででも良いと思います。


所見書きで、str●ng ech●=高輝度エコーととらえて良いのでしょうか?
強エコーと正した方が良いでしょうか?

str●ng ech●、高輝度エコー、強エコーは、いずれも同じ意味の言葉で
すのでどれを使っても構いませんが、報告書に書くには、施設内で統一して
おくべきだと思います。


腹部エコー検査は所見書きを含め、何分くらいで行うことを目指したら良
いですか?

スクリーニングでの目標は、スキャニングの時間(プローブを持ってか
ら、検査が終わりプローブを置くまでの時間)で10分以内としてください。
所見書きについては、施設によってどの程度書くのかや報告書形式が異なり
ますので、それは一般論ではお答えできません。


所見書きの順序を臨床の依頼に合わせて変えているのですが、検査室内で
統一すべき所見書きのポイントがあれば教えていただきたいです。

「検査室内で統一」してあることが大切です。その内容については、私の
アドバイスよりも、報告を受ける側の先生の意見を取り入れてください。


正常の写真は撮らなくてもよいですか?(うちは写真を撮りすぎる気がし
ます。所見を撮るだけではダメですか?)

正常の場合でも記録する画像は「基本画像」などと呼びますが、これにつ
いてのオーソライズされた考え方がありません。私個人としては、正常の場
合の記録画像は極力少なくすべきだと思います。もちろん記録として残す画
像についても(前の質問と同様に)報告を受ける側の先生の意見を取り入れ
る必要があります。


脾臓は右に写すのか左に写すのか(うちは右ですが、プローブ走査からし
たら左に出したほうが良いと思います)

超音波検査医学会のルールでは、縦断層像では画面左が頭側、横断層像で
は画面右が患者の左側になるように表示すると決められています。脾臓のよ
うに肋間走査で斜めの断面の場合には、どちらでも正しいことになります。
学会などでは画面左に横隔膜側が来るように表示することが多いように思い
ます。


息を止めている間に観察して写真をとるのが長くなります、どうしたらよ
いですか?

患者さんの負担を考えると、息止めはあまり長くしない方が良いと思いま
す。もう少しあなたが上達するまでは、こまめに息止めするしかありませ
ん。また、全ての部位を息止めで観察するわけではありませんので、その点
も留意してください。たとえば肋間走査は、通常は息止めせずに観察した方
が死角が減らせます。


STCの調整がわかりません。深部エコーの減衰も所見の1つだと思います
が、そういった場合にSTCの調整をすることを教わっていないので疑問に思
っていました。教えてください。

脂肪肝などで見られる「深部減衰」は超音波の所見です。所見ですのでそ
れは画像に記録する必要があります。しかし一方で、音波はさまざまな影響
で減衰や散乱という作用を受けて、得たい所見を妨げることがあります。こ
の場合には、STCやゲインで調整して(補って)所見を記録してください。
つまり、減衰が所見か否かで、STCやゲインによる対応を判断します。


最初の体位で見えない部位は体位を変えて見ていきますが、その最初の諦
め時(本当にすぐに次で見ようと体位を変えてしまってよいのか?粘る必要
はないか?)や、それでも見えない時は描出不明瞭としてよいのか、知りた
いです。

その検査手順は、私の推奨する手順の考え方と明らかに違います。私が推
奨するのは、「はじめの体位で、見えるところまで見る」のではなく、「体
位ごとによく見える部分を知り、それを組み合わせて検査する」ということ
です。これについて習得したい方は、ぜひスタンダートコースに参加してく
ださい。


短時間での病変の発見が非常に難しい。
私も難しいと思います。どこまで自分の検査の精度を上げられるかに掛か
っています。


胆嚢を見るときにゲインをやや暗くして見ていますが、正しいことでしょ
うか。

とても正しい観察方法です。さらに「拡大して観察する」ことも併用して
ください。


プローブを当てるとくすぐったがる人が時々いますが、どう対応していま
すか。(健診時)そういう人は呼吸の調整が難しいので、描出しづらい部分
が出てしまいます。

たしかにそういう患者さんは困りますね。そういう場合には、「真面目に
ちょっと怖い顔をして検査する」ようにしています。つまり緊張感を与える
ことですね。緊張しているとくすぐったくは感じないはずです。


日常検査で私の上司(ベテラン)は「体位変換は時間の無駄。仰臥位です
べて見なさい。(肋間走査すれば良い)」と言うのですが、私自身は見にく
いところは体位変換した方が良いと考えます。見落としをしないようにする
にはやはり、色々な角度から確認した方が良いですよね?

今度その先輩もごいっしょに受講すると良いと思います。先輩のように考
えるのは無理もないですが、受講すれば、その手順は検査精度も時間もメリ
ットがないことが分かると思います。それに、体位変換せずにあなたが見落
としても、その先輩は責任をとってはくれませんので、あなた自身が責任を
持てる検査をしてください。本当は施設内で検査手順が不統一なのは避けた
いですが・・しかたありません。体位変換を使った精度の良い検査を行うこ
とは、あなたのためでも先輩のためでもなく、受診者のためですから。


画像を何枚も撮るのは無駄だからと、やたらと2画面にしろと言われ、困
っています。

私も必要のない画像は撮らない方の考えですので、正常の記録画像は少な
くすべきだと思っています。あなたが「困っている」のは、どうしてでしょ
う?


呼吸と圧迫の使いこなしには経験が必要なのは十分理解していますが、呼
吸の調整と圧迫の加減が難しいと思っています。

それは多分あなたが検査を始めたばかりだからだと思います。呼吸と圧迫
は、比較的はじめの頃に習得できますので、もう少し辛抱して経験を積んで
ください。きっと難しくなくなります。


           第14回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第14回腹部スタートアップコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

エコーの体位を変えたりして見える部位が色々変わるのがわかりやすくて
よかったです。

走査の練習法がよくわかり明日からやってみようと思います。
プローブの持ち方や自分でうまく出来なかったわけが納得できました"
解剖の勉強法に悩んでいたので「実際に描いてみる」と教えてもらえてよ
かったです。もっと勉強しようと思いました。

まずは解剖をしっかり頭に叩き込むことが重要だと言うことがわかりとて
も良かったです。実際に腹部エコーを行うのは先になりそうなので解剖の勉
強から頑張りたいと思います。

経験者には当たり前のことでも全くの初心者には??の部分があると思
う・・・難しいが・・・

改めて解剖の勉強の大切さが理解できもう一度きちんと勉強しようと思い
ました。またスキャニングデモはとても参考になりました。

解剖がよく分かってなかったので分かり易かった。
解剖だけでなくエコー像も書いて覚えること。
しっかりやっていきたいし、やってもらいたいと思いました。
やはりしっかり書けない自分もまだまだだったとわかりました。"
何から勉強を始めて良いか分からなかったので、とても助かりました。解
剖をこんなに忘れているとは思わなかったです。

解剖のことや、どこから勉強したら良いか、分かりやすかったです。
まだなにも勉強を始めていない状態でしたが、それでもわかりやすかっ
た。

ゲインの使い方や、体位変換の必要性など再度確認した。
解剖を一から見直そうと思いました。
初歩の教科書に載っていない細かなところまでレクチャーしていただき、
とても勉強になりました。

プローブの持ち方などのちょっとしたコツを教えていただけて、今まで検
査中窮屈に感じていたことが解消されたと思う。

勉強の仕方や走査の基本が詳しくわかりました。
これから勉強をはじめるにあたって、とっかかりの部分をしっかり学べま
した。実際にエコーをとるようになるのはもう少し先ですが、それまでに基
礎をしっかり押さえておこうと思います。

受けて良かったです。もやもやとしていた事(疑問としてはっきりと聞け
なかったこと)を説明してもらえてすっきりしました。練習の目標が立てら
れて良かったです。

描出ポイント等を何度も繰り返し話をして下さり実演もみることができ、
講義の中でしっかりと覚えることができました。

持ち帰って指導に役立てたいです。
特に基本走査法のレクチャー、半座位走査の有用性がよくわかりました。
ゲインやフォーカスの調整や体位変換など実演がわかりやすかったです。
半座位で脾臓を出したことが無かったので、きれいに脾臓が出ている事に
驚きました。

先生の手元を見ながらエコー画像を見ることができたので非常にイメージ
しやすかったです。また解剖の勉強の仕方、参考になりました。今後に活用
したいと思います。

なかなか教えてもらえない走査方法やスキャニングの練習方法、アーチフ
ァクトについてなど自分がまだ知らなかったことを勉強できたので良かった
です。今後の検査に役立てようと思います。

勉強の仕方が初めからまるで違ったので驚きました。初めにプローブをも
ってはいけない等・・。

解剖がわかってないことが良くわかりました。誰も教えてくれないので、
全てが興味ありました。理解できたかはわかりませんが・・。

解剖の勉強のやり方がわかって良かった。教科書を読むだけでなくスケッ
チをして理解していこうと思いました。

講師の先生の説明の仕方がとても分かりやすくて、他の講義も参加したい
と思いました。

初心者の私でもわかりやすい言葉で工夫して頂いたので、理解しやすく前
よりエコーが身近に感じました。"

プローブの持ち方やスクリーニングの仕方、脾臓の出し方が非常にために
なりました。

実際にエコー画像と手元も同時に見れる所が分かりやすかったです。勉強
方法をレクチャーしていただいたので、これから何をしていけばいいのかが
分かり今日来て良かったと思いました。絵や図を描き、各部の名称を覚える
ところから始めてみます。

今まで技術面に対してのアプローチ法の分からなかった事、悩んだ事を分
かりやすく講義してもらえて不安が少し減った。座学での学習法について
も、もっと手を動かして頭にいれることが大切だと理解できてよかった。

解剖の勉強法など非常にわかりやすかった。
解剖の勉強が全くの不十分であることがわかったので参加してよかった。
走査法について(体位変換した時のあてかたとか)
勉強の道筋が立ちました。この研修会をきっかけに今後の技術に繋げていき
たいと思います。

「座学の知識が無い状態でプローブを握っても習得が遅い」まさに自分の
ことだと感じました。解剖の知識も、本を眺めるだけだったので「書いて覚
える」ことを実践したいと思います。

ゲイン調整をする頻度が少なかったので、臓器ごとに調整したいと思いま
す。ルーチンを実演で見られたので良かったです。(プローブの当てる位置
など)

スキャニングの手順が自施設と全く違い、驚きました。(体位は見えづら
い時以外基本は仰臥位のため)まだ描出すら満足にできませんが、プローブ
を当てるようになったらぜひ試してみようと思います。また、そもそもの勉
強の仕方やプローブ操作の練習など、普段は教わらない基礎を教えていただ
き、大変参考になりました。ありがとうございました。

ゲインの効果、フォーカスの効果について理解できた。
解剖が意外にあやふやなのが再認識できて、スケッチは大事だと感じまし
た。プローブの持ち方のポイントが詳しく聞けて良かったです。教え方でこ
れほど理解や納得できる度合いが違うことに感動です。

まだ全く勉強していない身だったが、それでもわかりやすく超音波検査に
興味を持つことができて良かった。

実際の走査を見ることができて良かった。
解剖と基本走査:座位、半座位の有効性を感じました
先生の走査は無駄がなく、きちんと見えているのに10分以内で終わるとい
うことに驚きでした。脾臓は座位、半座位で一番よく見えるということを初
めて知りました。

私は遠回りの勉強をしていたなと感じました。今日学んだことを次の検査に
活かしていきます。

これから検査を担当する自分にとっては基礎から学ぶことができて良い勉
強会となった。まずは解剖を覚えてから検査に向かいたい。

エコーを始めて何年か経験し、最近は研修医への指導を行ったりもしてい
ますが、解剖などわかっているつもりで、あまりよくわかっていないことが
発覚し、もう一度解剖をしっかりと理解しなくてはと思いました。もう一
度、初心に戻って検査を意識して行いたいと思いました。

基本的な事を丁寧に教えていただけて満足です。このタイミングで受講し
て良かったと思います。ありがとうございました。

解剖の勉強の方法がわかった。自分が理解できてないことがよくわかっ
た。今後、後輩に教える為にとても勉強になった。

基礎からの説明だったので分かりやすかった。どういう理由かを説明して
くれるので次からの検査に生かしていきたいと思いました。

何から勉強を始めたらいいかわからなかったのですが、今回の研修会でま
ずやるべきことが定まりました。ありがとうございました。

4時間があっという間でした。とても楽しかった!勉強がんばろうと思い
をあらたにしました。

勉強している中で解剖の勉強法がわからず、理解ができていなかったこと
を実感することができた。

第13回 腹部エコー技術レクチャー
2016年11月23日(祝)開催
テーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか

質問と答え        第13回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
第13回腹部のスタンダードコースに参加していただきありがとうございまし
た。

参加した方からアンケートで記入いただいた質問にコメントさせていただき
ます。

講師:鶴岡尚志
胆管拡張があり、胆管内部に低エコーで見えるものがある時、アーチファ
クトなのか、癌なのか迷ってしまう時の解決方法はありますか?

超音波でも造影すれば(造影超音波)判別はできますが、Bモードの超音
波では確実な判別方法はありません。そういうケースでは、躊躇せずに造影
超音波、造影CTなどの精査をしてください。

膵臓内の嚢胞を判定する際、ドプラをいつもあてていますが、血管が周り
に多いので

ドプラが入る時があります。嚢胞判定が迷います。
このケースも前の質問と同様で、Bモード超音波(カラードプラを含め
て)で判別は難しいので、無理に超音波だけで判別しないでください。超音
波の診断力を適切に認識する必要があります。

膵頭部などの嚢胞と、結石(膵頭部の入るところ)により胆管が拡張して
いる場合の見分け方。拡張が部分的だと類円形に見えたりしそうで。

短軸での連続描出と長軸での観察を組み合わせれば、大概は判別可能で
す。

坐位で観察を行っていません。やはり実施した方がよいですね。どうやっ
て施設の方に伝えたらよいのでしょうか。老人の患者さんが多いのでなかな
かできないのですが。

プローブの走査の練習は自分の体では難しいとお話ししました。検査の隙
間時間で練習するか、練習のボランティアをお願いして練習してください。
練習方法は基本的な5つの方法をお教えしましたので資料を参考にしてくだ
さい。

           第13回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第13回腹部スタンダードコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
全体についての感想
わかりやすく、明日から実践できる内容で良かったです。
とても分かりやすく、勉強になりました。
少しでも身につけられるよう、明日から実践していきたいと思います。
自分のみたいたよりも、まだ先まで見えることがわかり、とても勉強にな
りました。今日、教えて頂いたことをやってみたいと思います。

ランドマークなど描出のコツがよくわかった。
(出来るか否かは別ですが)無駄のない検査手順、大変勉強になりまし
た。後半は難しかったです。

今回は2回目の参加でしたので前回より理解度が上がりました。
描出出来るまで、自分のやり方が悪いのか、とても時間がかかってしまし
た。ランドマークを探しながら、早く描出できるようになりたいと思いま
す。

膵臓、脾臓、胆管を観察する際にランドマークについて理解を深めること
ができました。特に、膵頭部を観察する際、指標となる十二指腸の見え方が
よくわからなく、画像に映した時に迷っていたのですが、今日の実演で見方
がわかり、良かったです。

健診の仕事なのでどうしても短い時間の中でやっているので今までは膵の
描出に対しての妥協が多かったです。でも、今日の講義レクチャーで映そう
と思わなければ絶対に映らない、映す方法を使わなければ映らないというこ
とを聞き、そしてその方法を学ぶことができてとても勉強になりました。胆
管のスキャニングもこれからは短軸でやってみようと思いました。

不安に思っていたことが解決した。他の技師も同じように思っていること
が知られて良かった。スライドがわかりやすいが、どこを指しているのかよ
くわからない時があったので、マウスよりもポインターとかがあると良いか
な。

手技があやふやだった所が再認識でき、正しい方法を教われてよかった。
ベットがみやすい位置でよかった。
実践はほとんど無いに等しいので、今後患者さんの検査に携わり、今日聞
いたことを役立てていきたい。画像を出しながらその場で説明して下さるの
でとても分かりやすい。

経脾走査、右側臥位での脾の観察がランドマークを理解することでこんな
に十分わかりやすくなるとは思いませんでした。今回のレクチャーで覚えた
ことをこれからの検査に活かしていきたいです。ありがとうございました。

胆管、膵管の拡張有無の判断と短軸でみるというコツを知ることができま
した。飲水法を実施し、実際に見ることができてよかったと思います。実践
してみたいと思います。

難しかったけれど、これからも勉強して技術を習得したりと意欲がわきま
した。ありがとうございました。

苦手が克服できそうです。

膵臓の走査法について
半座位でやっていないので、次回からチャレンジしてみます。膵臓の描出
も仰臥位ですませているので、右側臥位でもやってみます。飲水はまず自分
で飲んで練習してみます。ありがとうございました。

膵臓はとてもよく理解できました。右側臥位もやると良いと、以前フォー
ラムの勉強会でも開いてあてているつもりでしたが、よくわからなかった。
でも、明日からは出来そうです。1pでも2pでも先まで見ようと努力しま
す。諦めるタイミングの答えがもらえました。飲水法はぜひチャレンジして
みようと思います。1つ階段をのぼります。

飲水法をやったことがないので、職員で練習していざというときに使える
ようにしたい。


肝外胆管の走査法について
総胆管が8o以上あるのに、その下部に何も見つけられないことがあり、
悩んでいました。上手く描出出来ず、全体が見られなかったので、今日教え
ていただいた方法で頑張ってみたいと思います。11o以上が拡張というお話
を聞いて少し安心しました。

肝外胆管は拡張していなければそこで終了して良いということがわかっ
た。

描出のコツがよくわかりました。
胆管の描出の仕方が今までわからなかったけど、知れてよかったです。

脾臓の評価と走査について
脾臓は肋間は1つだけで満足しないようにします。
第12回 腹部エコー技術レクチャー(ビギナーコース)
2016年11月23日(祝)開催
テーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
質問と答え        第12回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
第12回腹部のビギナーコースに参加していただきありがとうございました。
参加した方からアンケートで記入いただいた質問にコメントさせていただき
ます。

講師:鶴岡尚志

実際にプローブを持つことが重要だと思うが隙間時間などプローブを持つ
以外で練習方法はありますか?

プローブの走査の練習は自分の体では難しいとお話ししました。検査の隙
間時間で練習するか、練習のボランティアをお願いして練習してください。
練習方法は基本的な5つの方法をお教えしましたので資料を参考にしてくだ
さい。

職場のルーチンで無駄なことがあることに気づきましたがそれをやらない
で飛ばしていいのかと・・・。できれば効率よくしていきたいと思っていま
す。

ルーチンでの走査を整理するのは、無駄をなくすだけでなく、見るべき走
査をどれだけ正確に精度よく行うかに掛かっています。今回は
その前の段階
に必要な解剖やプローブの操作などの内容でしたので、次回は是非、次レベ
ルのスタンダードコースのスクリーニングリーニング走査の受講をお薦めし
ます。

胆管の描出方法を教えてください。
今回は描出よりもその前の段階に必要な解剖やプローブの操作などの内容
でしたので、胆管の描出はあまり説明しませんでした。少し経験を積んだら
ビギナーコースの次レベルのスタンダードコースに是非ご参加ください。胆
管の描出も集中して勉強できます。

           第12回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第12回腹部ビギナーコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
本当に基礎的なプローブの持ち方から教えてもらいためになりました。
たいへんわかりやすく、勉強になりました。練習に取り入れて頑張りたい
と思います。

解剖の実習で考えたことで、今後の勉強方法が少し分かって良かった。
プローブの走査法を近くで見る事ができ、良かったです。
とてもわかりやすく自分の質問に答えて下さっていて悩みが解決されまし
た。

テキストも写真入りで見やすいです。"
解剖のイメージから走査法を分かりやすく見ることができました。
解剖の勉強法(特にエコーとして)がわからなかったので復習して身に付
けようと思います。
ゲインやSTCなど説明のみの講習はあったが実際に調
整した画像を見れてよかった。調整の悪い画像を見比べられてよかった。

解剖でそれぞれの臓器を取り出して描かれている図ばかりスケッチしてい
ましたが、全体像を理解していませんでした。

プローブの走査の練習法@〜Dを自然にできるように意識して練習したい
と思います。

プローブを持っているところを見ることが少ないのでとても参考になりま
した。

プローブの持ち方や装置の調節のやり方まで解説して頂いたいたので分か
りやすかった。

勉強の仕方がわからなくなっていたので、勉強の仕方がわかって良かった
です。

プロ―ブの使い方の再認識もできてよかったです。
体位変換での見方、プローブの走査法が勉強になりました。職場でしか研
修を受けていないので他のアプローチで見え方が変わりルーチンを変えてみ
ようと思います。

初心者に丁寧に教えてもらえてありがたかったです。
解剖の勉強の仕方がとてもよくわかった。
プローブの動かし方もとても丁寧に教えて下さったので施設に帰って練習
します。

今までのスキャンが不十分だと痛感しました。
肋間走査などまた1から勉強し直します。
基本の見直しが十分できました。基本の精度を上げて次は病変についても
勉強していきたいです。

基礎的な走査手順を学べて良かったです。
実際にエコーをやりながらレクチャーをしてもらえて、わかりやすかっ
た。

非常に分かりやすく疑問に思っていたことが解決されました。ただPCでポ
インターで指している際、スクリーンに反映されておらず分かりにくかった
のが残念でした。

わかりやすかったが、実演の際の配慮(見えない人への)が欠けていると
思った。

わかりやすく手を動かす講義だったので楽しく学べて良かった。
勉強の仕方がわからなくなっていたので、勉強の仕方がわかって良かった
です。

プロ―ブの使い方の再認識もできてよかったです。
体位変換での見方、プローブの走査法が勉強になりました。
第1回 心エコー技術レクチャー
2016年9月11日(日)開催
テーマ
第1講 検査の流れと装置の操作
第2講 心機能を評価する計測
第3講 壁運動と弁の評価法
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度

質問と答え           第1回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
第1回心エコー技術レクチャーに参加していただきありがとうございまし
た。

会場でご質問いただければ実際にお見せできたのですが、十分な時間がなか
ったためもあると思いますのでこちらでコメントさせていただきます。

講師:野間 充(超音波専門医・指導医)

煙草や肺気腫の人は見えづらいと言われているが、なぜそうなるのか、原
理がわかりません。

タバコは肺気腫になりやすいので肺気腫の場合とご理解ください。肺気腫
になると胸壁と心臓の間に肺が過膨張して張り出してくるので超音波ビーム
が入りにくくなることと心臓が滴状心になるために傍胸骨左縁から胸骨背部
に移動してビームが入りにくくなるためと考えています。


pr●lapseを見るときの2ch viewと壁運動を見るときの2ch viewは異なる
と思うのですが、pr●lapseを見るときの2ch viewの出し方のコツは?

壁運動やM●DでEFを出すときに比べて僧帽弁を観察するときのほうが時計
回転させてやや外側に向けるとよいでしょう。


いつもモデルさんは男性の方のため、女性をとる時の注意について教えて
ほしい。

乳房も持ち上げるようにしなければならない場合があることやできるだけ
接触を避けることなどに気を付けています。プローブの持ち方もできるだけ
ケーブルに近いほうをもって検者の手が体に振らないように気を付けていま
す。


IVC、呼吸性変動はあっても、呼気時に23oとかになってしまうのはどう
なのか?

▲若年者やスポーツをしていると23mmぐらいになることがあります。短
軸断面で円形かどうかを確認してパンパンに張っていなければ正常範囲内と
考えてよいだろうと思います。


PEの描出は心窩部と書いてありますが、4chでエコーフリー様、PEか
FATか迷うときはどうしますか。

拡大することで、脂肪の場合には何らかの構造を確認するとよいでしょ
う。


左側臥位になれない方、ベッド上でしか(思い通りの描出ができない人)に
対しての評価、特にオペ前の時どうしたら良いでしょうか。 EF等、参考値
とした方が良いのでしょうか。整形DrにはEFだけでもと言われます。

描出できた情報を最大限生かせるように左室内径と壁運動や弁の病変の有
無を確認するようにしたいところです。実演でもご説明しましたが、仰臥位
でも評価できることもあります。


心エコーを勉強するにあたり、読んでおいた方が良い参考書などがあった
ら教えて欲しいです。

最初は、なるべく全体をつかむには、できるだけページ数が少ないほうが
いいでしょう。私は、研修医の時に最初に「心エコー法テクニカルガイド」
から始めました。英語ですが、米国の超音波技師のバイブルである「The
Ech●cardi●grapher's P●cket Reference」が最も良いと思います。

(第1回心エコーを受講した方の感想) この研修会に満足いただけましたか
講演だけではわからないところも実際に実技を見せてもらいながらでよく
わかりました。壁運動評価はとても苦手なのですが、今日学んだことをいか
して検査技術の向上につとめたいと思います。

描出の基本から説明して頂けてとてもわかりやすかったです。
計測のお話は時々難しい部分もありましたが、今回の資料を見直して復習し
たいと思います。"

初心者にもとてもわかりやすかった。
他、研修に行ったときは、難しすぎました。

実際にルーチン検査をまだやっていないので、描出の仕方、計測の仕方の
コツを教えていただいて大変勉強になりました。

もっと勉強して検査に役立てたいです。
まだ勉強不足だったので少し難しかったです。
非常にわかりやすく、内容も豊富だったために時間が足りなく感じてしま
いましたが、とても満足のいく研修会でした。

たくさんの知識を教えていただきありがとうございました。
今日は正しい描出が出来るようになりたくて参加しました。
断面の軸を意識してプローブをあてる事、4腔像が綺麗に描出出来ない場合
のプローブの動かし方etcと、実演して頂けたのでわかりやすかった。

もう少し実演が見やすくして頂けると良かったです。
心エコーを初めて数か月。Mモードでの計測時にどこまでカーソルを当て
ればよいかとかわからずで困っていた。今日、そういった事も聞けて良かっ
た。

聞きたいことがすごく聞けて良かったです。
すごくためになりました。"
とても勉強になりました、ありがとうございました。
思ったより盛りだくさんでした。なかなかこのような形式は無いので、達
人の描出が見られてよかったです。"

細かい計測部分まで聞くことが出来て満足です。
大変わかりやすかったです。本日講義して頂いたところは理解できまし
た。


基礎の部分がよくわかった。心エコーの実演もスライドにうつっていたの
でわかりやすかった。

実際まだやっていないですが、考え方など大変参考になりました。
とても細かいところまで説明していただきよく理解ができました。
初心者でもよくわかる様に説明して頂きほぼ理解できた。
なかなか中心の軸をとらえる事が難しく、でも参考になりました。今ま
で、ちょっとしたコツに悩んでいたけれどまたチャレンジしたいです。基礎
から学べることで、知らないこと、初めて知ったことがわかりました。でも
少し頭がいっぱいです、、、

描出のポイントを教えていただけてよかったと思います。
なかなか微妙なプローブの扱いですが、体位での心臓の位置や向きをイメー
ジしてアプローチすることが近道と感じました。

心エコーを勉強し始めてとても勉強になりました。とてもボリュームがあ
って家で復習しなければと思います。今後も心エコーの技術レクチャーをお
願いします。

事前質問の答えをとてもとても丁寧にしていただけて感動でした。
pr●lapseのポイント、実際の画像の「おちこみ」ありがとうございまし
た。

すごく細かくてわかりやすく大変勉強になりました。かなり細かかったと
ころで悩んでいる所がわかりました。あとはうまく臨床でできると嬉しいで
す。


立ったままモニターを見続けるのはきつかったです。手技が見えないなら
座ったままモニターを見させてほしかったです。

ほとんどわからなかったので、勉強しなおしてまた学びます。
非常にわかりやすい内容でした。未経験の私ですが心エコーというものを
少し理解できたような気がします。特に計測はどこをどのように計測してい
いのか本を読んでもいまいち理解できなかったので、計測のポイントがわか
ってよか
ったです。
第11回 腹部エコー技術レクチャー
2016年9月11日(日)開催
テーマ
@ スクリーニングを速く正確に
A 肝臓の死角とその攻略法
B 肋間走査をマスターする
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
質問と答え           第11回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
膵頭部の端や膵尾部の端が出しきれているかわからないので、コツがあっ
たら教えてください。

今回は膵臓の講義ではありませんでしたので、詳しくお話しすることがで
きませんでした。膵臓の外側にある臓器が目安になります。頭部ならば十二
指腸や下大静脈、尾部でしたら脾門部や左腎上極、胃などが膵臓の端や縁を
認識する目印になります。(次回は膵臓ですので、ぜひ受講してください)


脾臓は左端に描出するのがふつうなのでしょうか?
日本超音波医学会の表示の取り決めによれば、縦断層は画面の左が頭側、
横断層では画面の左が右側に表示します。脾臓の場合に問題なのは、脾臓は
多くの場合、肋間走査で描出するので「斜め」の断面です。斜めなだけに縦
と横の間ですから、どちらの表示ルールでもOKということになります。た
だし、学会などでの発表では、画面の左に表示している施設が多いです。つ
まり「縦」と見なしているわけです。


女性の方の下着が汚れないかコツが知りたいです。
当院では、上半身は全て(下着も)脱衣の上で、検査衣に着替えていただ
いて検査を行います。男性にせよ女性にせよ、上半身の下着を着けての検査
は、体位変換の妨げになります。


写真を撮るタイミングを聞けばよかったです。観察してから撮るのか、撮
り終えてから観察するのか教えてください。

なるほど〜。確かにどちらの方法もありですね。観察してから病変がなけ
れば基本断面を、病変があれば病変を撮るのが原則のような気がします。ど
ちらでも精度や時間にはあまり影響しないと思います。


検診部にいるのですが、描出不良の判定が難しく、一部でも見えてない場
合も描出不良にしてしまうと評価としては精度が低くなってしまうので、ど
の程度見えない(描出出来ない場合)を描出不良としているのでしょうか。

たとえば脾臓は全体を映すことは通常はできません。一方で、肝臓、胆
嚢、腎臓、膵臓はほぼ全体を映すことができる臓器です。ほぼ全体を映すこ
とができるはずの臓器の一部が映せない場合が「描出不良」といいます。
「描出不良」と記載するときには、どこが映らなかったかを記載することが
大切です。


左下側臥位で肋弓下走査をして見ています。かなり、胆嚢、肝臓でもきれ
いに見えていると思っていましたが...(その時肋間走査もしています)余
計な走査になっていたのでしょうか?

ひとつの体位やアプローチでひとつの臓器を見るわけではありませんの
で、どんな走査であっても複数の臓器を同時に映すことになります。ベスト
アプローチの考え方は、複数のアプローチで映せても、その臓器を重点的に
見るアプローチを意識して使うことです。もちろん、最もよく映るアプロー
チで見るようにします。肋間走査の場合も、肋間走査の方がよく映る領域が
ありますので、その領域は肋間走査で重点的に見た方が精度は上がります。

(第11回腹部エコーを受講した方の感想) この研修会に満足いただけましたか
レクチャーと実演があったのでとても勉強になりました。
スキャンのコツがよく分かりました。(プローブの角度や傾き方等) 早速
明日から実践しようと思います。

細かいプローブの動きについてよく理解できました。検査時間を短くする
コツがよく理解できました。解剖、プローブ走査、位置を確認し、検査して
いきたいと思います。

健診のエコーを始め、時間を短縮してもちゃんと見落としがないようにす
るにはどうしたらいいのか悩んでいたため、とてもためになりました。業務
に活かせるようしっかり復習し、自分のものにしていきたいです。


やってみるしかないと思った。

今日までスクリーニングに多くの見落としがあったと思うことに気づい
た。

膵臓を全て観察するには体位変換してガスを動かす事がとても重要だとわ
かりました。

無駄なプローブ走査が多かったのが実感できました。 右側臥位での検査
体位はやっていなかったので、ぜひ取り入れたいです。 明日から、また頑
張ります。

半坐位とかをとりいれて膵尾部の描出をしていきたいと思いました。
体位変換によって見やすさが変わることを学びました。
ふだん体位変換をあまりしていなかったので勉強になりました。
とってもよくわかりました。が、自分ができるかどうかわからない。
ベストアプローチの方法については、実践的でわかりやすかったです。明
日からのスキャンニングにつなげていきたいと思います。


スキャニングであれだけ死角を減らせるということを実感しました。 明
日からの業務で実践していきたいと思います。

肋間走査のポイントがよくわかった。
尾状葉を肋間で見るのは目からうろこでした。
肋間走査のコツがとても分かりやすくて良かったです。検査フローが決ま
っていないので、手順も分からず見ていましたが、効率よく見やすい描出方
法を学べました。

副脾のパルスドプラ法を初めて知りました。今後活かしたいです。
肝S1の右肋間からの描出は行ったことが無かったので大変勉強になりまし
た。 半座位、右側臥位は仰臥位で描出不良の方に行ってきましたが、スク
リーニング検査で不可欠な事がわかったので明日からの検査に取り入れま
す。


4回目の技術レクチャーの受講になります。今回もとてもわかりやすく気
づきをたくさんもらえた講義となりました。前回受講し、忘れかけていた所
もあるのでしっかり復習したいと思います。

以前も参加しましたが、また再確認できました。今後は職場の人間にも勧
めたいと思いました。

疑問に思ってた肋間のコツや肝外胆管のポイントをたくさん教えて頂い
て、とても面白かったです。

以前から鶴岡先生の講義がわかりやすく、1度先生のスキャニングを拝見
したいと思っていました。無駄なく、くまなく、今まで教わってなかったこ
とを知ることができました。

自分は新人に教える立場でもあり、新人の子たちの疑問にどう答えるべき
か、どうやったら、分かりやすく説明できるか日々悩んでいました。今回の
研修会に参加したことで、自分の苦手を克服できただけでなくわかりやすい
説明の仕方も学ぶことができました。

基本的なことに戻って再認識できた。既に分かっていると思っていたが、
新しい発見もあった。新人に教えるためにも参加して良かった。

とてもわかりやすく、大変参考になりました。 もう少し精度をあげて日
常のルーチン業務を行いたいと思います。

死角をいかに少なくするか、コツを学べて良かった。スキャンニングに時
間がかかる理由がわかりました。捨てることの大切さを学べてよかった。

いろいろ無駄な走査で時間を使っていたと思いました。少しずつ捨てるこ
とで考えながら実施していきたいと思います。

これまで同じ所を何度も見ていましたが、一度で●Kにできそうです。
第10回 エキスパート編
2016年2月11日(祝)開催
テーマ
@ 装置の能力を引き出す
A ドプラ法の使いこなす
B 診断力をステップアップ
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
質問と答え           第10回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
小児科の腸管のスキルアップをしたいのですが、どのように勉強するとい
いのかアドバイスをお願いします。

申し訳ありません。小児科の経験があまりありませんので具体的にはお答
えできませんが、自分の身の周りにそういう患者さんがいて依頼があるのな
ら、先生から情報を得て検査をしていれば、スキルは身について行けると思
います。中級者以上にとっては、プローブを当てている患者さんから学ぶこ
と、臨床医から学ぶことが大きいです。

検診のカテゴリー分類について、なぜD?にするのか、Cで経過観察で良
いのか、細かい説明(解説)があると、どう描出に気を付ければ良いのか、
分かるのに・・・と思う事があります。 ex、debrisについてとか、胆嚢癌
初期はうっ滞するからdebrisが出るから、初回はD?とか

たしかにその通りかも知れません。ただ、健診のカテゴリーというのはそ
ういう事が理解できなくてもある程度の精度でスクリーニング(篩い分け)
ができることを目標としていますので、カテゴリーの根拠が気になるあなた
のレベルですと、自分で調べるかそれを知っている人に聞くしかないと思い
ます。

プローブの使用期限はどのくらいか(古いため見えにくくなってきている
ような・・・)

使用時間や使い方にもよりますので一概に言えませんが、破損させない限
り5年以上は性能が極端に劣化することはありません.プローブの劣化を知る
には、メーカーの方に依頼して新品のプローブを借りて比べてみるのもひと
つの方法です。

臓器描出、具合の悪い方の呼吸、荒い呼吸の方を検査しますが協力が得ら
れず描出が難しく手間取ることもしばしば・・・力を入れてプローブを押し
込んでしまいそうです。 このような方を素早く検査できるようになれるで
しょうか

具合の悪い方を手早く検査することは大切ですが、描出に手間取る方に時
間がかかってしまうのは仕方が無いことです。どんな場合でも素早く検査し
ようと思わずに、そういう手間取る方には時間をかけてでも検査するように
してください。

CT、MRIで指摘されたHCCでUSでは見つけられないものはありま
すか?今回画質の調整で見えてくることを教わり、実際に試せたら良かった
と思うのですが、慢性肝炎の背景もあって、はっきりと見えない患者さんが
いたので知りたいです。

CTやMRIで映っているものが、超音波で映らないことは、もちろんありま
す。その逆もあります。それぞれの検査の特性によるものですが、超音波の
場合、スキャニングや画像の調整の不備で映らない(見落とし)は避けたい
ですね。

所見記載の際にシェーマを書くように求められることがあるのですが、全
てについて描くわけにもいかず、他院でもどのようにしているのかわかりま
せん。先生の病変ではどうしていらっしゃいますか?またどのような場合に
必要だとお考えになりますでしょうか?

それは、必要に応じて描くということですね。どのような場合に必要とす
るかは、シェーマを書くように求めているひとに聞かないと分かりません。
(私が答えるわけにいきません)
(第10回エキスパート編を受講した方の感想) 研修会に満足いただけましたか
目からウロコがたくさん落ちました! まだ難しい部分もありましたが意
識していくべきポイントがよくわかりました。

装置の設定、調節のしかたは目的によってどのように使い分けるのかわか
りやすかった。ドップラはあまり使用していないので少し難しく感じたが、
使いこなせると有用であると思った。

職場では教えてもらえない、超音波の基礎的な設定から、ドプラの使い
方、診断法まで詳しく教えていただいて、明日からの検査で早速実践してい
きたいです。

装置の設定やドプラの使い方など、苦手と思っていたところが大変わかり
やすく説明していただいてとても勉強になりました。

カラードプラ止まりだったので、他のボタンにもトライしてみます。ビー
ムと見たい対象物の角度がつくようになど、考えたことがなかったので良い
お話しがたくさん聞けて満足です。まだまだ勉強不足なので、また機会があ
れば参加したいです。

細かな装置の設定を教えて頂き、また機械の特性やピットフォールの対処
の仕方が良くわかりました。

鶴岡さんの講義に伺う度に自分の画像の悪さを実感します。 明日からの
画像にすぐに取り入れたいと思います。

装置の設定方法など、難しいと感じていたので、とてもわかりやすく、す
ぐ検査に役立てると思いました。ドプラも苦手意識があったのですが、わか
りやすかったです。

講義だけでなく実技もあり分かりやすい講習会でした。初歩的な質問にも
答えてくださりました。人数も少なかったので先生の手元も見えやすかった
です。 今までドプラを血流のあるなしだけでしか使用していなかったので
今後はFFTも使っていきたい。

全体的に大変勉強になりました。ただライブデモがやはり後方からでは見
えずらかったので、後方に踏み台のようなものが欲しいなあと思いました。
先生の手もとも見せて頂きたかったので。

腹部であまりドプラを活用できていなかったので、今回の研修会で得たも
のを普段から使えるようにしていきたいです。

とてもためになる講義ありがとうございました。普段ドプラを使うことが
なかったのですが、これからは積極的に機器調整をして使いこなしていきた
いと思います。

ドプラの部分が少し難しかったです。
GAIN、拡大で「描出しやすく」ではなく見やすくなることに納得しまし
た。所見部分を描出する事に集中してしまって、きちんと見やすく描出する
ことができていなかった事を反省します。

とても満足しました。普段のドプラの使い方が、あいまいで未熟だったと
わかりました。今後は、目的に合わせて調整し、判断していきます。初めて
の参加でしたが、次回も申し込みたいと思います。とても勉強になりまし
た。

ドプラを使うことに自信がありませんでしたが、今日のレクチャーを参考
にして積極的に使いたいと思います。

機器設定の微妙な所の表現の仕方でメーカーさんに頼めること、頼み方がわ
かったので早速やってみようと思います。

基礎的なところがわからなかったので、今回、わかりやすく説明してもら
えて勉強になりました。 話すスピードが速いのが、少し残念でした。

画像の調整では、改めて検査においての大切さを実感しました。とてもわ
かりやすい研修でした。

少し高度でしたが分かりやすく納得するまで説明をしてくれました。
とても満足です。 普段ルーチンで機械をいろいろいじる時間もなくこのボ
タンはいつ使うんだろうといった悩みが晴れました。

とても分かりやすく勉強になりました。 明日からの検査に役立てようと
思います。 ありがとうございました。
第6回
2015年3月15日(日)開催
テーマ
@ 意外に見落とす胆嚢の端
A 近づいて広く見る消化管
B できるか?!尿管描出のポイント

質問と答え           第6回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
@意外に見落とす胆嚢の端
結石とガスでいっぱいの胆嚢をみたときに、どこまで検査すべきか迷いま
した。体位変換しても石が詰まっている状態の場合、描出できる範囲とすべ
きでしょうか?

まず、胆嚢にガスが入ることは(通常は)ありません。「結石が充満し、
消化管ガスで隠れてしまっている胆嚢」ということですよね。この場合(結
石が充満しているという時点で)、胆嚢の観察は不十分となりますので、
「胆嚢に結石充満、胆嚢壁の観察は不十分」と報告書に書いてください。も
っとはっきり言うなら、不十分ではなく評価不能です。無理に積極的な診断
をすることは危険です。

胆嚢底部のガスで見えていない部分が多くある事がよくわかりました。胆
嚢床の肥厚は脂肪肝と関係ありますか?

関係があるという文献は見たことはありませんが、私の感覚では、体腔内
脂肪の多い人に目立つように思います。

胆嚢壁を見ようと拡大すると、解像度が悪くなるのかぼやけてみずらくな
ります。周波数など変えたりしてはみるのですが、いまいちです。何かいい
方法はありますか?

装置の特性や性能に依存するのは事実ですが、一つ誤解しないようにして
もらいたいのは、拡大することで解像度が悪くなるのではなく、画素が拡大
されて粗くなるのです。それを加味して観察することも忘れないでくださ
い。

飲水では胆嚢は収縮しないことが多いとの話を聞いて・・喫煙により胆嚢
壁は肥厚(食後胆嚢)近くなると聞いたことがあり何度か経験があります。
喫煙の制限はされていますか?

喫煙の影響は以前から言われています。しかし当院では、喫煙は制限して
いません。それで描出に失敗するケースは少ないと思います。

胆嚢ポリープや胆石など胆嚢病変のフォローアップ目的の方が誤って食事
をしてきてしまった場合どのように対処されてますか?私の施設では食事し
た旨を記載し見える範囲で検査を施行しています。

検査目的にもよりますが、患者さんがすでに来院しているケースでは、検
査をしてみて胆嚢の描出の状況で、そのまま検査するか予約の取り直しをす
るかを決めます。自宅からの連絡で食事をしたというのであれば、予約の取
り直しをしてもらいます。質問の場合、検査目的が胆嚢ですので、「見える
範囲で」判定をするのは、好ましくない場合があります。


A近づいて広く見る消化管
上行結腸より下行結腸の方が見つけにくい印象があるのですが、何か理由
はありますか? また見つけるためのコツなどあれば知りたいです。

私はあまりそういう印象はありません。小さい臓器ではありませんから、
見つけることは難しくないと思います。上行結腸と下行結腸は、腹腔の最も
外側を走行することが多いので、それで見つけることができます。

大腸で璧の肥厚は1cm以上ですか?
大腸の厚さの正常域は3mm以内、3〜4mmが境界域、4mm以上が病的肥厚とい
われています。ただし、私の場合、計測して肥厚しているかを判断すること
はありません。

勉強不足だとは思いますが、動きの鈍い消化管で潰瘍が疑われる時、ガス
による高輝度なのか潰瘍による高輝度なのか判断に困るときがあります。見
分けるのに良い方法はありますか?脱気水を飲んでも高輝度な部分が残っ
て、潰瘍との区別がつきません。

胃潰瘍のことについてでよろしいでしょうか?画像を見ないと分かりませ
んが、飲水しても動かないのであれば潰瘍かも知れません。胃の潰瘍性病変
を診断するには、潰瘍部の周囲の限局性壁肥厚も同時に確認して判定してく
ださい。


Bできるか?!尿管描出のポイント
生理的な腎盂拡張は、どのくらいまででしょうか?
腎盂尿管移行部まで(つまり腎盂のみが)拡張しているように見えて、尿
管に拡張がなければ、生理的腎盂拡張の可能性を考えます。

膀胱三角部はエコーでどのように見えるか?
左右の尿管口の間に(横方向に)尿管口間靭帯という土手のような構造が
あります。横に長さのある土手ですので、縦断層では隆起のような見え方に
なります。その足側に外尿道口があります。


第6回を受講した方の感想 (選別はせずに、すべて掲載しています)
●全体の感想
自分の疑問点は解決されました。明日からの検査に役立てます。とてもわ
かりやすかった。

技術以外にも鶴岡さんのワンポイント的なレクチャーは勉強になります。
初心者を教えているので間違った技術を教えないように勉強し続けようと思
います。

描出法を細かく解説していただきありがとうございました。
講義を聞いてすぐ、レクチャーがあり、手元と画像を見れるところがよか
った。

教科書には載っていないテクニックがたくさんうかがえて勉強になりまし
た。解剖の話とエコー動画を合わせて説明していただけて良かったです。自
分で本みながらやってもよくわからないこと多いから。

手もとがもう少しくわしく見たかったです。
経験年数1年未満ではわからないことだらけでしたが、わかりやすく聞け
て良かったです。タイムスケジュールも満足しています。次回も参加したい
と思います。

日ごろより不安ばかりで結果を書くのがつらい状況ですが、こうして1つ
ずつ確かめながら疑問点を解決できる場所を作っていただき感謝していま
す。これからは腹痛精査と言われたら消化管も見ていくよう努力します。


@ 意外に見落とす胆嚢の端
胆嚢の底部だけでなく、頸部にも落とし穴があることを知りました。胆嚢
は壁に注意しながら観察していきたいと思いました。尿管の追い方も少し理
解できたので帰って実践したいと思います。

胆嚢のランドマークで頸部がよく観察できることが分かり、勉強になりま
した。

胆嚢を見るときに不安に思うことが、本日の解説でかなり解消できそうで
す。

胆嚢のハルトマンポーチまで意識してみる。その見方が良くわかりまし
た。実践してみます。

胆嚢を拡大して見ることがなかったので、明日から拡大してみます。胆嚢
の肥大目安、肥厚と結合組織の違いなどわからないことを聞けて疑問が解決
しました。


A 近づいて広く見る消化管
最近、消化管エコーを行うようになり今回参加しました。参考書みても実
際画像みても、わからない!ばかりで一人でできるようになるか不安しかな
かったが今回実演をみて、出来るかもと思えた。虫垂、憩室疑いが多いの
で、まずは虫垂の位置から出せるように、明日から実践していきたいと思
う。

消化管の説明が少し手早く感じて、理解が追いつきませんでした。復習し
たいと思います。

消化管は見慣れないため、よくわかりませんでした。
消化管の描出は難しく考えていてなかなか手をだしていませんでしたが、
これからはどんどんやって馴れていこうと思います。消化管、尿感と普段は
なかなかやってくれないテーマなので、非常に役にたちました。

消化管の苦手意識が強かったのですが今回の研修会でとても勉強になりま
した。自分の施設で練習し描出できるようにしたいです。

ハウストラの話がとてもためになった。

B できるか?!尿管描出のポイント
これからは水腎や尿管拡張が見られたら尿管を追ってみます。
尿管の追い方も少し理解できたので帰って実践したいと思います。


第5回
2015年1月12日(祝)開催
テーマ
@ スクリーニングを速く正確に
A 肝臓の死角とその攻略法
B そうだったのか!脾臓の描出と評価
質問と答え           第5回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
@ スクリーニングを速く正確に
以前にフォーラムで教えていただいた基本走査法を、その通りにやっているつもりでし
たが、今日の実演を見て自分の走査法の不備な点に気づきました。ただ、膵臓は、まず
最初に見た方が良く見える人もいますが(それまで立位だったから、ガスが上方にあるう
ちに見る)、それでも最後に見た方が良いですか?

基本走査法は、体位変換を胃内のガスを減らす順番にしてあります。したがって、最初
の仰臥位でよく見えたとしても、その後のガスの減量によって、半座位や右側臥位でさら
によく見えるようになります。ベストアプローチの考え方は、「見えることもあるスキャニン
グ」で努力するのではなく、「最も条件が良くなるはずのアプローチ」で描出するのが、基
本的な考え方です。

自分の病院は写真をとりすぎだと思いました。Spleen Indexも腎の長径も全員測ってい
ます。私は1番新人なので、先輩に言いにくいです。S.Iで脾腫も判断しています。どうした
らいいですか?

目安にして測っているのであれば、測ること自体は間違いではありませんが、講義で
述べたようにそれは必要のないことです。腎の長径も同様です。とはいえ、なかなか新人
のあなたから言い出すのは難しいですね。お察しいたします。たとえば、「先日、研修会で
講師がこんな事を言っていた」というような話題を提供してはいかがでしょう?ついでに「S.
Iや腎の長径をルチンで測っている施設はほとんど無いと言っていた」と添えてください。

検査室内でスクリーニング手順が統一されておらず、先輩からは十人十色の意見で指
導をされます。脈管と区別しにくいような小さな嚢胞など、細かな見落としを減らすにはど
うしたらよいですか?

十人十色なのは困りましたね。統一したくても後輩のあなたからは言い出せませんも
のね。しかしそれでは、検査室全体の実力も進歩しません。さて、質問ですが、見落とし
のないスキャニングの基本は「端から端まで映す」ことです。まずはここから入ってくださ
い。ただしあなたが例に挙げている「脈管と区別しにくいような小さな嚢胞」というのは、格
別に区別する必要もない所見です。

スクリーニングをしていたときに、どうしても急ぐあまり息止め等が早くなってしまいま
す。また、検査前に患者さんに説明をしてから検査をしているのですが必要でしょうか?

検査前の患者さんへの説明は必要です。手早く分かりやすく説明するノウハウを検討
してください。また「急ぐあまり息止め等が早くなってしまいます」とのことですが、一回の
息止めで長く見るっていうのはいかがでしょうか。

過去に手術された方で、お腹の中がどうなっているのか全然わからなくなってしまうこと
がありました。どう対応していけば良いのでしょうか?

手術の方法(術式)の知識も必要です。外科の先生に聞いたりして理解する必要があ
ります。

息止め。体位変換ができない患者のガス、肺に苦しんでいます。今回受講して体位の
重要性を知ると余計に何とかできないか悩んでしまいます。

体位変換ができないというのが、どの程度できないのかが分かりませんが、「可能な範
囲」で実施することは必要です。もちろんそれでも「できない」患者さんはいます。その場
合には、テクニックで越えて行くしかありませんが、まず検査目的を踏まえて、必要な情
報(描出)を得ることを目指すことが大切だと思います。


A 肝臓の死角とその攻略法
肝臓が挙上していて、かつ、呼吸調整できない人は、少しでも見やすくするにはどうす
ればいいですか?

体位変換が可能であれば、左側臥位と半座位を組み合わせれば、ほぼ死角はなくな
ります。

外側区域の見落としや、肝円索付近、門脈付近の見落としを減らすにはどうしたらいい
ですか?

この両者は「意識して見ること」につきます。
左葉の委縮やもとから小さい人の見方
右葉と違い左葉の場合には小さくて「見にくさ」はあっても「描出が困難」なケースは少
ないと思います。実質が小さいわけですから、腫瘤の有無を探すのはさほど難しくないよ
うに思いますが。

ガスが多くて、どの位置からもS4が見えない人がいると思います。呼吸もあまりでき
ず、どうしたら見れますか?

確かにS4が小さめで肋骨の下にあると描出が難しいことがあります。体位(深い左側
臥位)や前方の肋間走査、あるいはできればセクタプローブなどを組み合わせても見えな
い場合は、描出不良としても仕方ないと思います。

血管腫などがたくさんある時、別の位置から見て、同一のものか判断が難しい時があ
ります。

確かにそういう事があるのはよく分かりますが、この質問は簡単には答えられませんの
でお許しください。


B そうだったのか!脾臓の描出と評価
全体が見えなければいけないと思っていたので、見える人は少ないと聞いて安心しま
した。

副脾のドプラについて勉強になりました。
側副血行路の見方を教えてください。
まずはカラードプラであるのを知ることから始めてください。門脈圧亢進症の代表的な側
副血行のことも文献などで勉強すると良いと思います。



第5回を受講した方の感想 (選別はせずに、すべて掲載しています)
●全体の感想
@ スクリーニングを速く正確に
A 肝臓の死角とその攻略法
B そうだったのか!脾臓の描出と評価
スクリーニング法について見直しをしようと思いました。ダイナミックレンジの調整はやっ
ていなかったので試してみようと思いました。検査の効率化の努力、できる事から始めて
みます。

体位変換は、今までやっていた以上にやらなくてはいけないと思いました。今まで見れ
ていなかったところを明日から教えてもらった方法を使って実践してみます。

不必要な走査を捨てることが必要だと実感しました。とりあえず、15分を切れるように頑
張ります。副腎の抽出法まで教えて頂きありがとうございました。

分かりやすく、細かい所まで、教えて頂いて、今後の改善点がたくさん見つかりまし
た。

とてもわかりやすくて頭の中が整理されました。実際にやってみて、またわからないこ
とがあったら2回目行きます。

少人数での講義でしたので、質問がしやすかったです。範囲が狭く絞られていたので
深い講義だと思いました。

ダイナミックレンジ、ノイズの取り方、基本走査法、走査の短縮法など、わかりやすかっ
たです。

なんとなくのスキャンニングをしていたのだなと反省しました。実際に説明してもらいな
がらやり方を見ることができて大変勉強になりました。

以前も受講したが忘れていることがいくつかあったので受けてよかった。
とてもわかりやすかったです。今までやっていなかたこともあり、とても勉強になりまし
た。

「無駄をはぶく」といってもいろいろありますが、本日の講義を聞いて自分がかなり無駄
なスキャニング等をしていたと改めて思いました。明日から早速役立てたいと思います。
ありがとうございました。

体位変換の大切さがよくわかって、大変勉強になった。
まだまだ上手に描出できないことが多いので、描出のコツが知れて良かったです。早
速試してみます。

今までやってきて改めて理解できたり、初めて知ることもあり、大変ためになりました。
精度と効果をあげられるよう、スキャニングを見直そうと思います。

わかりやすくて、楽しかったです。もっと大きい会場でやってはどうでしょうか?
実践的で経験にもとづいた講義でした。 明日からできること努力することがわかりまし
た。職場は転勤が多いため常に技師のレベルが低くなってしまいます。腹部病変(腹痛、
肝機能異常)の精査にも描出+判断ができず長時間患者に負担をかけてしまう毎日です。

普段、実際にスキャニングしている所を見る機会がなかったので、自分との比較ができ
て勉強になりました。

スクリーニング検査普段見ている断面は少なかったです。しっかり復習してしっかり見
て時間短縮したいです。

知っているような気がしているが、はっきりわからなかった事がスッキリわかった。今ま
で、見えないところから一生懸命アプローチしていた。

これまで2回、3回とうけてくると、これまでの講義の復習にもつながったので良かった。
 副腎の描出がとても分かりやすかった。 正常だと見えないもの、としてあまり意識して
いなかったのでさっそくやってみようと思う。

実演をまじえながら、少し主旨とはなれてしまう質問にも答えて頂いて勉強になりまし
た。自分の走査にムダが多いことを実感しました。

わかりやすかったです。走査法も前から理解していますが、現場ではなかなか出来な
いこともあり難しいなと思いました。自分が不安で、同じ所を何度も見ているので、そこは
直そうと思います。

胆管の評価は短軸で充分に出来るという話が私には衝撃的でした。長軸でファーター
乳頭まで追わなくてはならないという施設の決まりが、私にはかなり時間ロスになってい
るので今後の参考にしたいです。

自分が今まで行っていたスクリーニング方法(手順など)と違っていて、今日得たスクリ
ーニング方法を明日からどのように取り入れていったらいいのか考えさせられました。

スキャンのポイントがわかりました。
エコーのレクチャーをうつすプロジェクターに人影が写って見えにくかったです。
第4回
2014年8月3日(日)開催
テーマ
@ コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
A 肋間走査をマスターする
B それでも知りたい肝区域
質問と答え           第4回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
@コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
・・・肝外胆管の見方についての質問はありませんでした

A肋間走査をマスターする
手順は1肋間ずつ全て見ていった方が良いのでしょうか?他の技師を見ていると1肋間
ずつ見ている印象はないのですが

1肋間ずつ描出できる全ての肋間で観察してください。他の方がそのようにしているよ
うに見えないのは、手際よく素早く行っているのか、適当な肋間走査をしているためと考
えます。

横隔膜下付近の肺が被ってしまう位置をどう描出したら良いですか?
体位変換を使って肋間走査の視野を広げます。横隔膜下付近の観察は季肋部からの
走査では精度が落ちるため代用できないことが多いです。

仰臥位で見える肋間全て見てから側臥位も見るんですか?
仰臥位で見えた肋間は側臥位や半座位にした時に見る必要はありません。ただし体
位を変えると、臓器が動くので肋間と見える範囲が変わることも考慮して、描出し落とさな
いようにいくつかの肋間は「肋間走査」を重ねて描出することになります。


Bそれでも知りたい肝区域
・・・肝区域についての質問はありませんでした

第4回を受講した方の感想 (選別はせずに、すべて掲載しています)
●全体の感想
とても勉強になりました。まだまだ始めたばかりなので明日から実践していきたいで
す。

解剖とプローブの当て方など、どのような本にも書いていない分かりやすい講義でし
た。

説明が分かりやすかったです。実際に手元と画像を同時に見れて良かったです。
実際に走査を見ながら講義が聞けたのでとても分かりやすかったです。
肋間走査プラス5-10°、骨に直交しても見られること”さすが!!”と思いました。
実際にプローブを持たせて頂いて見てもらえたのでよかったです。自分なりにプローブ
の持ち方や倒し方を考えながらやっているのですがなかなか上手くいかず、でも講義で説
明を受けたことを明日からしっかりやっていきます。

自分の少しずつ抜けていた部分を確認できました。明日からのルーチンで頭の中を整
理していきたいと思います。


いい時間配分でした。
会場が広くてよかったです。
今までの会場より不便な立地になりましたが会場自体は広く快適な環境でした。
前回の会場(秋葉原庁舎)のほうがよかった。
超メッセと同じ会場で分かりやすかったです。
午後からの開催だったので当直明けでも来れました。
前回の開始時刻(12:00〜16:00)までの方がよかったです。

@コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方についての感想
胆管の短軸の追いかけ方、肝区域の出し方、肋間走査とも早速明日からやってみま
す。今回に限らずいつもこの「技術レクチャー」は実践的な内容が多くとても勉強になりま
す。


胆管の描出方法は自分の苦手な部分だったのでとても参考になりました。長軸から描
出することが多かったので短軸から実践したいです。

胆管走査の視野を広げるポイントを意識しながら明日から検査に臨みたいと思います。

A肋間走査をマスターするについての感想
肋間走査のコツを知ることが出来てよかったです。
肋間走査の疑問点がクリアになりました。
肋間走査が苦手だったのですがプローブの操作に問題がありました。支点を意識する
こと明日から実践してみたいと思います。

肋間走査について過去にも講義を聞いて理屈は分かっていたのですが今回の講義で
どこがどのようにダメなのかとてもよく分かりました。

肋間走査はプローブの持ち方が大切だと理解しました。
肋間走査で骨から少し引いてアプローチすることを心がけて検査していきます。
先輩から副腎はほぼ見れないものと教わっていました。肋間から見えることは分かりま
したが実際に見てみたかったです。


Bそれでも知りたい肝区域についての感想
腹部エコーを4年くらいやっているのに未だに肝区域が良く分からなくて困っていました
がようやく理解することが出来ました。根本的に間違っていたので参加して良かったで
す。

門脈の走行をモールを使って実際に作ることで立体的なイメージを持てるようになりまし
た。

今まで血管や肝を立体的に捉えられなかったがモールを作るのに色々考えてたらなん
となく分かるようになりました。教科書で区域を勉強すると平面的で線で区切っていまし
た。面で捉えること、その面よりどっちに振ったら見えるかで判断するという考え方はとて
も分かりやすかったです。

モールで作成した門脈を部屋に飾って理解を深めたいと思いました。
門脈モデルはまだ難しくて立体を理解できていないのを感じました。きちんと復習して
理解したいと思います。

肝区域のモールが思った以上に悩みました。

これから境界断面を考えながら肝区域を同定していけるようにしたいと思います。
右肝静脈から出る太い部分が片側にしかないというのは初めて知りました。その断面
を出せるかは腕を磨くしかありませんが明確な目標が出来てとても勉強になりました。

補足します。片側に分枝を出しているとは限りません。頻度は低いですが両方に確認
できるケースもあります。しかしこの場合も同一断面上(つまり境界面上)ですので分枝を
含む断面が目印になることは同じです。

肝区域は頭で分かっていても立体で理解することは難しい。明日、職場の仲間とじっく
り考えて理解していきたいと思います。

各区域の境界断面のランドマークを明確にすることが出来ました。

第3回
2014年4月29日(祝)開催
テーマ
@膵臓全体を描出するための近道
Aそうだったのか!脾臓の描出と評価
Bついでに見ようリンパ節
質問と答え           第3回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
@膵臓全体を描出するための近道についての質問
腹式呼吸は出来るのですが、止める時にグッと力をしまう人が多いです。
力を抜いてもらうと息を吐いてしまうためどのように指示を出して良いのか
分からない時があります。

「力を入れずに静かに息を止めて」と言って説明してから検査を始めては
いかがでしょう。私の場合は大概はこれで力まずに止めてくれます。

膵の線維化と脂肪をエコー上で鑑別出来ますか。
両方とも実質が高エコーになる変化ですし、同時に起こってくることが多
いので見分けることはできません。ただし、線維化で硬くなってくれば(例
えば慢性膵炎)膵臓の短軸断面(輪切り像)が円形になり形状の変化も見ら
れなくなるので、硬さを推察することはできます。

肥満の人の高輝度膵は実質のムラがないことと膵管の拡張等の評価以外ど
のように観察すればよいでしょうか。

おおよそその点をチェックすれば良いと思います。
飲水法を行なう時にスキャンニングのどのタイミングでどのくらいの水量
を飲ませた方が良いのでしょうか。うちではペットボトルの水を400ccぐら
い座位を取るタイミングで飲ませてますが・・それでいいのか分からずやっ
ています。

飲水法の説明をしませんでしたね.
飲水法は一通りの検査が終わった後で行います。その理由は、飲水すると全
ての条件が良くなるとは限らないので、特に膵臓に関してはレクチャーで示
した右側臥位まで終わらせた後で行います。私が行っている方法は400ccの
冷ましたお茶(ペットボトルの水でも良いと思います)を座位で飲ませた
後、左側臥位で3分間ほど気泡が落ち着くのを待ってから、観察の対象部位
の手前に水が来るように体位(側臥位の角度など)を調整して観察します。

量は300ないし400ccで良いと思います。
気泡が落ち着くまでは左側臥位で待つのがコツです。
その後、水と観察部位の位置を体位で調整するのもコツです。
いずれにしても、水は流れてしまうものですから、手早く観察するのが原則
です。


Aそうだったのか!脾臓の描出と評価についての質問
脾腎シャントの有無がエコーで分かると有用だと思いますが経験あるでし
ょうか。

肝硬変(門脈圧亢進症)の患者さんでは、必ずカラードプラをONにして
脾門部辺りを観察(チェック)してください。Bモードだけでは気が付かな
いシャントもカラードプラで見ると用意に発見できます。


Bついでに見ようリンパ節についての質問
リンパ節の血流パターンはどういう形でしょうか。
正常のリンパ節には観測できるほどの血流はありません。また炎症やリン
パ腫などで腫大すると本来リンパ節は動脈の周囲に分布しているので腫大し
たリンパ節を貫通する動脈像が観察できます。この時は内部にわずかな血流
しか見られません。転移などで腫大(腫瘍)すると内部に血流が見られるケ
ースがあります。この時は多方向から血流が入るパターンが多いです。


第3回を受講した方の感想 (選別はせずに、すべて掲載しています)
●全体の感想
いつ受けても本当にためになる講義です。
とても参考になりました。
距離が近く質問しやすくよいです。
詳しく教えて頂きありがとうございます。
とても実践的で悩んでいる部分を詳しくお話し頂いてよかった。
細かい走査のコツが分かり良かったです。
苦手な分野だったので、分かりやすく講義していただいたき、今回を境に
もう少し興味を持って勉強していきたい。

3回目の受講です。毎回あーそうなんだ。明日からこうしてみようの気づ
きがあります。

大変勉強になりました。時間も考えて腹部全体をみるベストな走査方法を
見つけていきたいと思います(今まで座位で脾、左腎は描出していなかった
ため)。

教えることが多くなってきましたがよく”なぜ?”と言われることの答え
をいろいろ教えて頂きました。私もエコーをこのように教えてもらいたかっ
た!!と思いますが、自分がそのように教えられるようにこれからも勉強し
ていきたいと思います。

膵臓、脾臓ともに体位変換が重要で、その流れについても分かりました。

@膵臓全体を描出するための近道についての感想
膵臓のアプローチについては以前に他の方の講義を拝聴しましたが今回は
説明がとても丁寧で分かりやすかったです。

今までいろいろな勉強会に行きましたが今までで一番理解しやすく膵臓の
描出に自信が持てました。

膵臓はルーチンで端から端まで見れているのか不安だったのですが、今回
の講義で見方がよく分かりました。

膵臓の縦走査の系統的走査が大変勉強になりました。特に膵臓の戻構造の
お話は興味深かったです。

膵臓は写しても見え切れている自信がなかったが、今回の講義でランドマ
ークを再確認できました。呼吸を上手く使って、早く、的確に検査を進めら
れるように心がけたいです。

膵臓の描出はいつも経験からこの辺とやっていましたが、ランドマークを
目安とすることで確実に描出することができることがとても勉強になりまし
た。

膵体尾部を浅く描出する方法には考えも及ばずなるほどと思いました。
今まで膵臓を検査する際、長軸断面で探していましたが、これからは短軸
のランドマークを意識して検査していこうと思います。

ガスの対処も理解して検査するのでは描出できる部分も大きく変わってく
るということが実際によく分かってこれから生かしていこうと思います。

膵臓の話を聞き疑問点がたくさん解決できた。膵頭部がガスで見えないと
き左にプローブをずらしてみるという方法は始めて聞いた。そんな方法があ
ったか!と驚いた。現場で早速使います。

膵臓の描出ポイントが良く分かりました。
膵臓、脾臓ともに体位変換が重要で、その流れについても分かりました。
膵頭部は予想以上に縦に長いと思いました。
半坐位を加えるとき、今まで一番最後にしていたが左側臥位→半坐位→右
側臥位の順番が本当に重要なのだとわかった。また側臥位の方が起きやすく
坐位になりやすいというのが地味ながらとても納得だった。

4つの体位変換をしっかり実践します。腹式呼吸の練習をさせることも必
要なんだと思いました。

右側臥位での膵臓の描出方法が分かりやすかったです。難しかったので今
日教わったことを思い出しながら明日から観察していこうと思います。

膵臓の描出がわかり明日から見方が変わります。もう少し自信を持ってで
きそうです。

膵臓は自分の中で苦手部位だったので明日から実践します。
膵臓を描出する上でのランドマークとしている各々がどういった理由でラ
ンドマークとなりえるのかその理由を理解できました。(後輩達への指導時
にちゃんと説明できそうです)

脾臓からの膵尾部の観察(経脾走査)、胃壁をランドマークにした観察方
法、プローブ走査のちょっとしたコツが勉強になった。


Aそうだったのか!脾臓の描出と評価についての感想
ドプラを使った副脾の鑑別の仕方が分かってよかったです。(同意見2)
Spleen Indexの意義が薄いということが目からウロコだった。
Spleen Indexの計測をしているのでちょっと恥ずかしく思いました。
Spleen Indexの本当の意味とスクリーニングに於いてはその意義が薄いこ
とを解説したことに対しての感想です。


Bついでに見ようリンパ節についての感想
リンパ節の見方も考え方もとてもよく分かった。
今まではリンパ節はまったく分かりませんでしたが、位置を覚えて腫大の
見落としがないよう気をつけていきたいと思います。


第2回
2014年2月11日(祝)開催

テーマ
@意外に見落とす胆嚢の端
A近づいて広く見る消化管
Bできるか?!尿管描出のポイント
質問と答え           第2回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
@意外に見落とす胆嚢の端についての質問
中肝静脈は胆嚢とは全く異なる臓器なので胆嚢のランドマークとしては使
えないのでは?肝十二指腸間膜を意識すべきと思います。

胆嚢を確実に同定するランドマークは「胆嚢床の結合織(胆嚢間膜)」で
す。これについて、誤解を待たれる説明をしたことをお詫びいたします。胆
嚢は、カントリー線(Cantlie line)でも知られるように中肝静脈の足側に
中肝静脈と同じ方向に存在します。しかしご指摘のようにこの二者はさほど
近くにあるわけではありません。私の説明は、『胆嚢を見つけ出すのが困難
な場合には、中肝静脈の方向を確認した上で、その足側で肝門部から右前方
に筋状に現れる「胆嚢床の結合織」をランドマークとして捉えて探し出す方
法が良い』と説明したかったのです。なおこの「胆嚢床の結合織」を胆嚢間
膜とも言います。胆嚢間膜の端は肝-十二指腸間膜に接していますが、肝-十
二指腸間膜は超音波では膜として捉えることができません。したがって、こ
のような意識することはできても、よく見えない構造物はランドマークとし
て使えません。


A近づいて広く見る消化管についての質問
小児の大腸ではハウストラというより小腸に似た内腔が観察されるように
感じていますが、成人と小児では正常像に違いがありますか?

ここで言う小児というのが何歳程度のことかにもよりますが、小児では大
腸のハウストラは凹凸が浅くはっきりしない場合が多いです。しかし就学児
くらいになればほぼ成人の所見と対比できる程度にはなります。


肥満の方の脂肪層の観察方法は?
”脂肪層”というのは、消化管のところで話した消化管の炎症の時に見ら
れる脂肪織炎のことでしょうか?炎症浮腫による脂肪織の増強は、通常の腹
腔内脂肪に比べ輝度が高く均一で消化管を取り巻く印象です。ただしメタボ
な方の腹腔内脂肪と明らかに違いがあるわけではありません。あくまでも間
接的な所見ですので、そのつもりで評価することが大切です。


下腹痛を訴えている患者さんの消化管エコーはやはり大腸より小腸に何ら
かの所見が多いように思います。その際の所見の書き方はどのようにしたら
良いでしょうか?

(小腸パンパン!というのは分かる程度なので)
下腹部痛の原因の頻度が小腸に多いというのは、私はそういう印象はあり
ませんが、それはさておき、イレウスの場合でお答えします。症例でもお見
せしましたが、閉塞性イレウスの場合には明らかな拡張があります。それを
指摘することでも価値のある閉塞性イレウスの所見だと思います。次に見る
べきは小腸の損傷(壊死など)の観察と、閉塞原因などの検索です。また腹
水の有無も報告には書き添えるとよいと思います。


第2回を受講した方の感想 (選別はせずに、すべて掲載しています)
@意外に見落とす胆嚢の端
短軸で底部を追う最後に少し返して扇動を加えるという走査・・・簡単に
出来るのに重要なことですよね。アッと気づかされました。明日から必ず行
います。

スラッジかの確認に、"30回その場跳び"に驚きました。恥ずかしいですが
体位変換で動かないときはプローブをドンドンと揺らしてました。

頸部描出のランドマークが明確になりました。
改めて胆嚢のスキャン方法が確認できて良かった。
DMや胃切で胆嚢が大きくなるという事、頸部の腫脹の方に注目したほうが
いいという事を初めて知りました。とても参考になりました。

見えないとき、ついグイグイと圧迫してました。緩めてみることを初めて
知りました。

やせている人の胆嚢の描出するコツを何点か学べてよかったです。
頸部がきちんと見えているのかのポイントを知ることが出来て良かった。
アーチファクトのなくし方よく理解できました。見えづらいと思って余計
強く押してました。解剖も意識して全体をスキャンニングしたいと思いま
す。

解剖など頭で分かっていることをきちんと整理することが出来ました。
分かっていなかった部分が案外あったのでとても勉強になりました。
自分のスキャンニングで足りないポイントが分かった気がします。施設で
実践してみたいと思います。

門脈とハルトマンポーチを大切に観察します。
やっぱり難しい。

A近づいて広く見る消化管
消化管追えるんですね。しっかり画像を目に焼き付けました。まだまだ未
熟ですが意識して5臓器のみの検査のときに観察してみます。

胃の描出について理解できました。今まで胃のどこをみているのか良く分
かっていなかったと思います。

虫垂炎のスキャンニングは大変分かりやすかったです。早く職場で練習し
たいです。また普段時間のあるときに患者様に見せてもらおうと思いまし
た。

消化管を見る意義とランドマークを見ながら見たいものを(短軸で)追
う、異常があったら(長軸で)原因をつきとめる方法を教えていただきよく
理解できました。

下行結腸が分かりづらいことが多く同定を諦めることもあったが右側臥位
で小腸をどかすというのはとても参考になりました。

鶴岡さんの走査を見ていると出来そう!な気がしましたが・・・
ガスが重要なのは理解できました。でも、ガスの下に見落としがあるのも
理解できました。それでもいろいろ見る工夫が必要ですね。

全く消化管の知識がなかったが実際に描出している画面を見ている間に
「大腸が写っている!!」など少しは分かるようになりました。

消化管は本当に分からなかったので明日から見てみます。
消化管の検査は業務では行っていないが、とてもわかりやすかった。
見ることはほぼないですが時間があるときに練習してみようと思います。
とても分かりやすかったです。出来れば消化管のみの研修をやってほし
い。

消化管は自分では無理と思い込んで諦めていたが、今回の研修会を聞いて
自分でも出来るのではという自信が出てきました。

腸管にも興味を持って観察していきたい。
消化管は難しいと思って敬遠しがちでしたが頑張ってトライします。
川崎医大の畠先生の描出法より、今回の虫垂描出の方が手順が分かりやす
く良かったです。


Bできるか?!尿管描出のポイント
大変勉強になりました。ランドマークがあるだけでこんなに追いかけが出
来るんですね。現場で生きるように頑張ります。

腸腰筋との位置関係が分かりました。今まで血管との位置関係は理解して
いたのですがさらに描出のポイントが明確に分かりました。

水腎症の時、まったく追えずポイントもいまいち把握できていませんでし
た。今回ランドマーク等ポイントを教えて頂けたので、まず練習したいと思
います。

今まで尿管が追えた事がないので自身がつきました。腸腰筋というランド
マークを学べてよかった。

ランドマークを大切に諦めず追ってみたいと思いました。
明日から実践してみようと思います。
昨年、腎臓の回に参加したのですが実際にやってみると描出されないとこ
ろがあって困っていましたが見えなくなる部分があっていいことが分かり安
心しました。

解剖を立体的に理解できとても分かりやすかった。
尿管は腸腰筋に沿っていること、脊椎と近いことなど新しくランドマーク
を覚えることができて次回から活用できそうな気がしました。

モデルの方の尿が溜まっていないのが残念でした。
最後の水腎症が分かれば良いですよ・・という言葉に救われましたがせっ
かくだからという言葉に納得します。

エコー像の説明が理解不足でした。エコー像が見たいのでアップしてもら
えますか。コツが載っているスライドも見たいです。

配布されていない描出のプリントがあったので配布してほしかったです。
解剖をしっかりと覚えて練習してみます。
位置関係はわかりましたが拡張のないものはわからなさそうです。水腎症
や痛みのある人にはトライしてみます。

難しかったです。
できないかも・・・
第1回
2013年11月10日(日)開催

テーマ
@スクリーニング検査全体の流れ
A肝臓の死角とその攻略法
B本当はこわい腎臓の描出

質問と答え           第1回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
@スクリーニング検査の流れについての質問
ドックではかなり時間短縮を求められますが、どのようにすれば検査時間を短くできるのか、ア
ドバイスがあればお願いします。

講義でも述べましたが、まず患者さんの入室から検査後の退室までの全ての時間で短縮の
努力をすることです。これは、検査の実力(スキャニングの技術力)とは関係なく短縮することが
できます。具体的には現在の動線や案内の見直し、検査後のゼリーの処理など、細かいことで
すが見直せる点は多いと思います。つぎにスキャニング時間では、「急ぐ」ことは危険です。急ぐこ
とで時間を短縮するのではなく、講義で実演した検査フローを基にスキャニングの「無駄」を極力
そぎ落とすことがポイントです。自分の安心のために繰り返している部分や、漫然と行っている「よ
く見えない方向からのアプローチ」などを細かく見直してください。もちろんこれは、あなたの実力に
もよりますので、いつも「時間短縮の意識」を持ってスキャニングを少しずつ改善することが必要で
す。漫然と同じスキャニング(検査フロー)にとどまっているのでは、時間短縮は望めません。

A肝臓の死角とその攻略法についての質問
半座位は恥ずかしながらめったに行っていなかったのですが、肝硬変などで肝臓の萎縮があり
肋弓下からは肝臓がほとんど見えないような方には、半座位かなり有効でしょうか?また肝硬変
でガスがかかって見にくい様な方の時に有効な機器調整や描出のコツなどありますか?
質問にあるような極端な肝萎縮あるいは肝臓の位置が挙上している症例では、肋骨弓下か
らの観察はできないものと思ってください。(左側臥位にすると若干条件は改善することがありま
すが、それでも不十分です)このような場合に有効なのは肋間走査でのアプローチです。体位
は、仰臥位、左側臥位、半座位を使って、それぞれでの肋間走査を行います。もっとも、これら
3つの体位での肋間走査は、私が示した検査フローには元々組み込まれていますので、条件の
悪いときに追加する走査ではありません。

医師に肝のスキャンニングは門脈に沿って門脈を追うように走査したほうがよいと言われました
がいかがですか?
肝区域を意識して観察する場合には、それは有効な走査方法です。「病変がある場合」に
は、そういう走査が必要になります。しかしスクリーニングでは「病変の発見」が第一で、各区域
をひとつひとつ意識するのはかえって効率が悪くなりますので、通常のスクリーニングではお勧めし
ません。

1回の検査での息止めの回数はどのくらいがベストでしょうか?なるべく患者さんの負担を考
えて少なくしたいのですが、うまく描出するために多くなってしまいます。
たしかに患者さんに無理をさせるほど負担を掛けないでください。「1回の検査での息止めの
回数」は検査に掛ける時間に比例するので、単純に何回とはお答えできません。またうまく描出
するために回数が多くなるのも最初は仕方ないことです。(段々うまくなると息止めの回数は減る
と思います)大切なことは、いつも息止めをして検査をするのではなく、息を止めて見るアプローチ
と息をさせながら見るアプローチを使い分けることと、患者さんの負担を考えるならそれをうまく組
み合わせることです。

内臓逆位の方で変形の強い場合に端から端まで見ていても場所の同定が困難な場合の走
査法の注意点をお聞かせください。
特別に注意点はありません。右にあっても左にあっても臓器をよく見ることには代わりはありませ
んので。ただ、エコーで観察する主な臓器は通常は右上腹部に多いので、逆位だったら時間配
分を変えることですね。

B本当はこわい腎臓の描出についての質問
腎盂ではないけど、腎内にできる腫瘍はないのですか?(突出するものではなく)
すみません。ちょっと質問の意味が分かりません。

骨盤内腔に腎臓がある場合の描出の仕方のポイントを教えて下さい。
骨盤内に腎臓があることが分かっていれば(あるいは分かれば)、プローブを当てる位置は違
いますが描出や観察はさほど通常と変わりません。
第1回を受講した方の感想
本に書いてないことばかりで、分かりやすくありがとうございました。
初めて聞くスキャンニング法があっておどろいた。
少人数で近くで実技を見る事ができてとても勉強になりました。次回も参加したいと思いま
す。
日常の検査の中で現在自分のぶち当たっている壁(検査時間の長さ、見落としなど)に悩ん
でいましたが、今回の講義を受けて自信につながりました。早くプローブを持ってトライしてみたい
です。

今回復習も兼ねて参加しました。再確認できたこともあり、新しいことも教えて頂きました。本
当にいつもわかりやすい講義で楽しかったです。

わかりやすかった。理解もできたと思うが実際にできないのはどうしてだろう?
とても分かりやすく勉強になりました。端から端を意識して検査を行っていこうと思いました。

スクリーニングの一連の流れを見れることで、自分が行っているスクリーニングの手順と比較が
でき勉強になりました。描出テクニックの話もたくさん聞けて、業務で出来る幅が広がりました。第
2回も参加したいです。
スクリーニング全体の流れやベストアプローチを整理できて良かった。

とても充実していました。
スキャンニングの流れを見直して効率よくできるようにしたいと思います。

見えにくいところ、このビューでは見づらいと分かっている所は割り切ってさっとみる程度にして別
の体位で見る。その割り切り方が思っていた以上で目からウロコでした(肋弓下での横隔膜下な
ど)。また、見えないところへ応用を効かせたアプローチを行うその工夫や考え方がとても参考にな
りました(左側臥位の肋間であえて横走査であおるなど)。時間短縮のための検査そのものの
流れの見直しも早速行いたいと思います。
左葉S1を肋間からみたり、必要に応じてのスキャンニングなど明日から実践します。
基本操作法のみでなく、いろいろなアプローチやバリエーションがあることを教えて頂けたので
良かったです。

本日の講義を役立てて見落としなく短時間で検査できるようにしていきたいと思います。
講義で10分以内にスキャンニングと聞いて安心しました。健診で腹部のスキャンニングを2分
半で仕上げるようにしてほしいと言われているので、遅いといつもあせっていました。

今、自分のやっている検査で重要でないところに時間をかなり使っているように思います。腎
臓の死角が思っていたよりもあったことにびっくりしました。気をつけていこうと思います。
半坐位は膵尾部をみる時だけだったので、ガスの移動を考えてこれから検査していきたい。

自分のスクリーニングが時間をかけている割に、いかに甘いか思い知らされた気がします。明
日から端から端を常に念頭にやっていきたいと思います(これから検査するのが少し怖くなったの
で正直な気持ちです)。
走査についての講義を受ける機会は少なく、今回の講義で自分のスキャンニングの足りなさ
を痛感しました。明日から少しでもいい検査ができるようにと思いました。

スクリーニングのプローブ走査を具体的にレクチャーしてもらった事が今日一番の収穫でした。
端まで見るにはどうしたら良いか分かりました。

私はまだ職員での練習のみなので前半のスクリーニングの流れを実際見ることでとても分かり
やすく、今回のチャートを参考に自分の流れを作ろうと思います。

大変勉強になりました。始めは時間がかかりそうですが死角の部分をポイントにトライしていき
ます。課題は肋間のスキャンニングなので技術アップします。

腎臓のスクリーニングの意識が変わりました。
基本走査を実践して頂き、また細かい説明でのベストアプローチのテクニックを教えて頂き自
分の手技に何が足りないのかとてもよく理解できました。また一歩自信を持てます。

スクリーニングの流れをとても詳しく分かりやすくやって頂き大変ためになりました。自分のやり方
の荒さがわかりました。

普段聞けない様な検査のコツを聞くことができ大変有意義でした。
実際に画像を見ることができて参考になりました。少人数のため手元もよく見えました。

次回は尿管の追い方を教えて頂きたいです。
実は初心者のとき、左腎のこぶを見つけ驚いてしまいました。今日の講義を聴いて知識を深
め、よりよい検査に努めます。

私の施設では体位変換をするなと言われますが、これからは自信を持って基本走査を行い、
見落としをなくし、ベストアプローチでスクリーニングします。
スクリーニングのポイントが分かりました。今まで画面上に出ているのに見ていないポイントも分
かりました。もっと勉強しなければと思いました。

<このページのTOPへ>