メニュー








ジャンプメニュー
どんな研修会か知りたい方は、受講した方の感想を参考にしてください。

下肢静脈エコー
第4回の質問と答え
第4回の受講者の感想

第3回の質問と答え
第3回の受講者の感想

第2回の質問と答え
第2回の受講者の感想

第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

心エコー

★第7回は開催中止です

第6回の質問と答え
第6回の受講者の感想

第5回の質問と答え
第5回の受講者の感想

第4回の質問と答え
第4回の受講者の感想

第3回の質問と答え
第3回の受講者の感想

第2回の質問と答え
第2回の受講者の感想

<初級者コース>
第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

頸動脈エコー
第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

腹部エコー
第31回の質問と答え
第31回の受講者の感想

第30回の質問と答え
第30回の受講者の感想

第29回の質問と答え
第29回の受講者の感想

★第28回は開催中止です

第27回の質問と答え
第27回の受講者の感想

第26回の質問と答え
第26回の受講者の感想

第25回の質問と答え
第25回の受講者の感想

第24回の質問と答え
第24回の受講者の感想

<初心者コース>
第23回の質問と答え
第23回の受講者の感想

<エキスパートコース>
第22回の質問と答え
第22回の受講者の感想

第21回の質問と答え
第21回の受講者の感想

第20回の質問と答え
第20回の受講者の感想

第19回の質問と答え
第19回の受講者の感想

<初心者コース>
第18回の質問と答え
第18回の受講者の感想

第17回の質問と答え
第17回の受講者の感想

第16回の質問と答え
第16回の受講者の感想

第15回の質問と答え
第15回の受講者の感想

<初心者コース>
第14回の質問と答え
第14回の受講者の感想

第13回の質問と答え
第13回の受講者の感想

<初心者コース>
第12回の質問と答え
第12回の受講者の感想

第11回の質問と答え
第11回の受講者の感想

技術レクチャーの受講者の感想など


第31回 腹部エコー技術レクチャー
2021年2月21日(日) 江戸東京博物館で開催
≪初級・中級者コース≫
講師 鶴岡尚志(新浦安虎の門クリニック)
第1講 スクリーニングを速く正確に
第2講 肝臓の死角とその攻略法
第3講 肋間走査をマスターする

アンケート回収率 100%
1.受講した方の経験年数
※検査経験2年から5年の方の研修会としてプランニングしています。
 
2.受講した方の満足度
3.実演と解説はいかがでしたか
第31回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答えはこちらです
第31回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想
※受講した皆さんからたくさんの感想をいただきました。全て掲載いたします。 
肝、胆、膵、腎、脾と見やすく分かりやすく説明してくださって理解で
きました。

スクリーニングがうまくいかず、独り立ちができず困っていました。独
り立ちを少しあきらめていました。今回のスクリーニング(肋間走査)で勉
強になり、もう1回練習をしっかりしたいと思います。

実際の走査と画像が結びつけるができてとても勉強になりました。
プローブのちょっとした向きや傾きで見え方が変わるんだなと思いまし
た。手元の画像でこういう風に動かしているんだなとヒントになることがい
くつかありました。明日から活かしたいと思います。

スキャニングの時間を少しでも多くとれるように時間短縮をすること。
私の施設では予約人数が決まっているので、前日や当日朝に前回所見のチェ
ックをする。座位での肋間走査が見やすいことが分かり、呼吸調節しながら
取り入れていきたい。

ちょっとしたコツ、明日からやってみようと思います。肋間走査の視野
を広げるポイント。体位を使った走査やってみます。

腎、膵尾部のアプローチが目からウロコでした。実演中の手元を最初か
ら最後までみることができて勉強になりました。ずっとなぞだったガスのよ
け方を知ることができた。

自分がうまく描出できなかったのは、きれいに描出できる体位や場所を
理解、意識していなかったことも原因だとわかった。

体位変換の重要性が再確認できた。肋間からの肝の描出、座位ではあま
りやっていませんでした。よっぽど見にくい人の時くらいでした。明日から
の検査に活かしたいです。

効率の良い検査の進め方をわかりやすく教えて頂けてとても良かったで
す。肋間走査の重要性、得られる情報の多さを実感しました。

肋間走査の時のヘッドを支点にした手の動きの練習はしっかりしようと
思った。

肋間走査がわかりやすかった。
肋間走査の仕方がよくわかりました。
基本走査法では、肋間走査で行う肝臓のスキャニングが普段自分が行っ
ているものよりずい分多いと思いました。腎臓もそうでした。

肋間走査は明日から練習しようと思います。
肋弓下から見えない人は普段から多くいるため肋間走査から押さなくて
もよく見えることにびっくりした。

肝は辺縁部と端を意識しながらみることが大切だと思いました。
肋間走査がよくわかりました。練習して広く描出できるようにしたいと
思います。

肋間走査の場所が意外と前面に近くて驚いた(わき腹の方向ではなかっ
た)肋間の間でもズラして視野を広げることが出来る。異常を見つけるのが
大切。


肝の見落としやすい部位は知識とは知っていましたがそのあとどうすれ
ば良いのかがわからず、今回の講義で理解出来ました。

胆嚢頚部を、門脈横と思いながら見ることがなかったので勉強になっ
た。

右側臥位の必要性。体位変換の必要性。
呼吸の声のかけかた。自分の止めたいところでなかなか止められないの
で難しい。

半座位で肋間走査をしないと右葉の縁まで見えていないことを知って明
日から活かしていきたいと思います。


胆管を長径で見ていたが、短径で見ればいいという発想がなく新しくや
ってみようと思いました。スクリーニングの方法を見直して今回の方法をや
ってみようと思います。肋間の見える範囲の広さに驚きました。改めて見え
ていないことを痛感しました。


今回の被験者がとても難しい方だったので、対処方法が分かってよかっ
た。途中、鶴岡さんが意地になっているのもよかった。動画(症例)があると
なおよかった。

右肋間走査のスクリーニングでは、呼吸は止めないほうが良いというこ
とを初めて知りました。また、フォーカスが合っていても、深い位置だとき
ちんと見えないということは勉強になりました。ありがとうございました。

捨てるスクリーニングという考え方は時間短縮に必要と気づかされた。
肋間走査の方法を直接ご教授いただけてよかったです。


腎臓や胆嚢は長軸と短軸で同じ方向からの2方向しか撮っていなかったの
で、今回の講義で多方向のスキャンを教えて頂き、今後生かしていこうと思
いました。腎臓の上極と下極を分けて撮ってよく確認していきます。

被検者に体格の大きい片を選んでいただいて、実演がとても勉強になり
ました(特に膵臓)。腎臓も1?2方向では足りていないことがよく分かりまし
た。膵の座位と右側臥位の撮り方も分かりやすかったです。

肋間走査の視野を広げるポイントについて今回の講義で初めて知ること
が多くとてもためになりました。体位変換を明日からしっかり行っていきた
いと思いました。

実演で体型の違いで2人で見ることができて勉強になりました。
肝外胆管の観察の仕方、重ねて見ることは時間のロス(むしろ良いことだ
と思って実施していました)

側臥位では見えていなかったものが体位変換をすることでガスが移動し
て見やすくなるというのを、スライドを倒してよくわかりました。50mmの腫
瘍があるこに仰向けの状態では見えないので体位変換はしなくてはならない
ものだと思いました。

肋間走査法の説明がわかりやすかった。
まだ練習のみで実際にはスクリーニングしていない身ですが、全然描出
出来ていなかったんだと思い知らされました。また、肝臓等大きい臓器を見
るにはどこに目を向けて良いのか、どう描出画像を見て良いのか分からない
くらい先生の実演(スクリーニング)は速かったです。

ベストアプローチであれば多少腕が悪くてもきれいに映るという話は心
から感動した。明日から実践します。検査フロー実践の動画を是非いつでも
見られるようにして欲しい。有料でもいいので…。

横隔膜下の見方が参考になりました。
日曜日(休日)の午後にコンパクトに開催頂きまして遠方でも来やすく
帰りやすく駅からも近くて嬉しい。会場も広くてゆっくりできる環境が助か
る。


第31回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答えはこちらです
第8回 心エコー技術レクチャー
2020年11月8日(日) 江戸東京博物館で開催
≪初級者コース≫
講師 野間充(末次医院 循環器科)
第1講 描出と計測の技術
第2講 弁と血行動態評価の技術
第3講 心機能評価と報告

アンケート回収率 98%
1.受講した方の経験年数
※検査の独り立ちしたころの方のレベルの研修会としてプランニングしています。
 
2.受講した方の満足度
→第8回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第8回心エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想
3.受講の動機(主な回答を選別しました)
心エコーの基本から学びたかったため。
ルーチンをこなすようになり、描出不良時の計測などに困ることが多くなった。
もう一度基礎を学び、計測ルールをおさらいしようと考えた。
描出しずらい人の走査法仕方を教えてもらいたかったから。
しっかり教わったことがなく、一度基本的なところから学びたいと思ったから
改めて基礎を勉強したかったので。
心エコ―の勉強会がコロナで少ない中、計測方法など細かいところを学びたかったから。
野間先生が講師だったから。
4.印象に残ったこと、感想など
※受講した皆さんからたくさんの感想をいただきました。全て掲載いたします。 
講義をしてから実演をすぐやってくれるので理解が深まりました。また
プローブの動かし方がわかりやすかったです(こう見えていたら、こういう
方向に動かす等)ありがとうございました。

絶対に測定しないといけないところ、やらなくてよいことなど、わかり
やすかった

男女で心機能正常値がずいぶん変わることは驚いた。
説明と実演がバランスよく入り混じっていてとても良かったです。
実演も見れることで検査の体勢やそこまで力をいれなくても描出できる
ことが実感でき良かったです。野間先生の内容もわかりやすく診断方法につ
いても講演がみたいです。

細かいテクニックが知れて実践でとても役になったと思いました。
資料に載っていないちょっとした内容などを常に大事なポイントを伝え
てくださったので充実した時間がした。

今まで自分が検査時に注意して見てなかった部分がわかったので良かっ
たです。どこに注目してよいかなど、プローブの少しの動きで描出が変わっ
ていくのがためになりました。

自分にはまだ難しかった、もう少し勉強していきたいと思う。
実行と振り返りが大切。
自己流でやっていましたがわからない部分が少しずつ理解できました。
右房と右室の計測のポイントなど普段聞けない学べない部分が学べて良
かった。

今回で3回目ですがやっと先生のお話がわかるレベルまできました。で
もまだまだ理解が足りず、また来ます。

先生も描出されるのに苦労されていたので、自分も頑張ろうと思いまし

e'の時相について、T波の終わりのタイミングで、というのは知らなかっ
たです。今後気を付けてやっていきたいと思いました。

骨折等で左側臥位がとれない場合の背中にこぶし1個分のかさ上げがで
きれば描出可能ということが知れて良かった。高齢者で骨折オペ前心エコー
の例が多いので、悩みが少し解消されました。

明日から改善しなければならない点がたくさんありまた。実演しながら
解説を聞ける機会はなかなかないので、今日は参加してよかったと思いまし
た。ありがとうございました。

e'の時相で計測する場所です。勘違いしていました。
弁と血行動体の部分が私には難しく、理解を深めたいと思いました。
描出のコツがわかった。

Simpson法で意外と心尖部までトレースしていて、自分のやり方を見直そ
うと思いました。

EFの考え方。
右室機能の評価も勉強になりました。
右室機能評価は今までよくわからなかったのが理解できた。
色々な工夫があることが改めてわかりました。
先生の説明が分かりやすかった。
先生も苦労してやられているのが分かりました。私も頑張ります。あり
がとうございました。

もっともっと勉強しなくてはいけないことがあると思いました。難しい
けど頑張ろうと思った研修会でした。失敗しても乗り越えられそうです。あ
りがとうございました。

心エコーをこれから勉強するところだったので、ほとんどわからないこ
とばかりでした。今回頂いた資料を活用して勉強していこうと思います。

一通り説明していただいてよかった。(初心者でもわかりやすい)少し
のテクニックのポイントなど。

一度でも練習してまた来ます。
野間先生の講義は毎回聞きに来ています。次回も来ます。
もっと先生の話を聞きたいです。また、臨床のこともたくさん聞きたい
です。


第30回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答えはこちらです
第30回 腹部エコー技術レクチャー
2020年11月8日(日) 江戸東京博物館で開催
≪初心者コース≫
講師:小田悠太・浦山亜紀子・鶴岡尚志
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること

アンケート回収率 100%
1.受講した方の経験レベル
※検査の独り立ちする前に受けていただくレベルの研修会としてプランニングしています。
 
2.あなたを指導してくれる人は?
3.受講した方の満足度
4.各講義はいかがでしたか
 
→第30回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第30回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想
※受講した皆さんからたくさんの感想をいただきました。全て掲載いたします。 
【全体的な感想】
まず座学が大事と聞いて、一人で勉強しているものが無駄ではないとわ
かって、さらに頑張ろうと思った。

本当に初心者向きの内容で助かりました。
想像していた以上に初心者向けの内容だったので、ありがたかったで
す。エコーに対してとにかく苦手意識がありますが、今回学んだことを生か
して、まずはさっそくスケッチを頑張りたいと思いました。

初心者を指導していて、どうしたらよいかポイントがわかりました。ま
た自分の基本をおさらいできました。

自分一人で出来る勉強法を教えてもらい、明日から(プローブ走査法と
か)練習ができそうで、とてもありがたかった。

解剖の覚え方 プローブ走査の実際 操作の実際。自分に足りない点が
たくさんあることがよくわかりました。エコー検査の価値を患者さんに届け
られるよう頑張りたいと思いました。

解剖が大事ということがよーーーくわかりました。だけど、ここがわか
ってないと前へ進んでいきにくいこともわかり、道のりは長いと思いまし
た。一日一枚スケッチ頑張ってみようかな。

6年ほど他部位のエコーはしてきましたが、先輩から「数をこなせ」の
み。解剖から行えば良かったかと今になって思いました。腹部は解剖からで
行います。

実際にプローブを持つ前に解剖をしっかり理解しておくことが大切だと
わかりました。そのためにはスケッチを継続して書いていくことが大切だと
実感しました。自分自身もしていきたいし、初心者教えることがあればその
ように指導していきたいです。

自信をもってエコーに携われるように勉強していきたいです。
エコー検査を行う上で、プローブを当てて練習を始めればよいと思って
いましたが、解剖をしっかり学ぶことでより速く上達するということを知り
ました。今日から解剖の勉強を頑張っていこうと思います。

普段は心エコーを行っていますが、心エコーと腹部エコーは全く考えが
違うと感じました(プローブ走査などの)。まずは解剖から頑張ります。

今まで本を読んでもなかなか覚えられなかったり、超音波の画像との一
致が難しかったので、スケッチで勉強してみようと思いました。

分かりやすく解説してもらってありがたかったです。解剖の勉強が甘い
のがよくわかったので今日からやります。

解剖やプローブ走査など、基本的なところをじっくり教えていただけて
よかったです。プローブ走査は自分でやってみながらメモもしたかったの
で、少しゆっくりめにやっていただけるとありがたかったです。始めたばか
りで勉強法から分からなかったのでとてもためになりました。

こういった超初心者向けは少ないのでとても有意義でした!
実際に一人で検査をやっています。基礎の基礎だったので、私にはちょ
っと簡単過ぎかなと思いましたが、参加してよかったです。解剖はちゃんと
覚えていますが、確認ができ見直すきっかけができてよかったです。

プローブを握る前の学習の重要性について。なかなか実際にプローブあ
てる時間がとれないと不安がありましたが、まずは下準備となる解剖などの
勉強をしっかりすることで近道になると意識し、今日学んだ内容をもとにい
かしていきたい。

解剖の理解が、技術習得にとても大切だとわかりました。どうしてもプ
ローブを持つことや走査、エコー画像の目慣れに気を取られがちですが、解
剖のスケッチ
から始めようと思います。
解剖の覚え方→デモという流れでみると、より自分がわからない臓器
(解剖)が出てくるのを実感しました。


【解剖の勉強法・実習】
解剖の勉強法を聞いて、自分の勉強が間違っていたことに気づきまし
た。また、参考にもなりました。

解剖の勉強法についてかなり分かりやすく、今後やっていこうと思いま
した。まだ始めたばかりで少し難しいところもありましたが、今後勉強に役
立てていければよいと思いました。

解剖を早く理解するために絵を描くとういうこと。英語の略語は科ごと
で重複し、ちょっと苦手ですが略語だけでなくきちんと覚えていきたいで
す。

どのように解剖の勉強をしたらいいのかわからなかったけど、今日の講
義を聞きさっそく勉強を始めたいと思います。

スケッチをして解剖を理解することの大切さを知ることができた。(同
3)

解剖をおぼえるのにスケッチを何回も書くことが大事だとわかりまし
た。

スケッチや解剖の勉強の仕方を教えてもらえて良かったです。
超音波像のスケッチではすべての映るものを描くということを聞き、一
日一枚でも大変だと思った。

プローブで練習する前に解剖を知るということで事前に勉強すべきテー
マがはっきりとわかったのがとても勉強になりました。

シェーマを描いても臓器名は伝えたいものしか書こうと思っていなかっ
たことに気づきました。

自分がまだまだ解剖が分かっていないこともわかりました。
解剖がわかりにくかったので、勉強の仕方がわかってよかったです。
解剖の理解ができていないことを改めて認識することができ、今後理解
を深めるためにスケッチを使いながら勉強を進めていきたいと思う。

解剖図、超音波画像、それぞれスケッチするという方法はこれから実践
していこうと思いました。また、技術レクチャーは大変勉強になりました。

普段の検査で何が描出されているかわからないことを追求していく努力
が大切だとわかった。

解剖の勉強の仕方とても参考になりました。スケッチの重要性に気づき
ました。今後自宅で取り組んでいきたいです。(同5)

エコー画像のスケッチは何がうつっているかを理解しなくてはいけない
ので難しく思いました。

解剖の講義はとても分かりやすかったです。
スケッチが印象に残りました。実際に手を動かして書くことが頭に残り
ますし、分かっていないことが明確になります。わかるまで続けたいと思い
ます。

解剖のスケッチをしたあと、デモの画像を見たら今まで意識していなか
った臓器が少し見えた。(プローブ縦走査の左葉で胃や膵など)


【プローブの走査の練習法
プローブ走査の練習法、基本走査法を見につくようにしたいと思いま
す。

基本的な機器のメンテナンスチェック項目や注意点などを教えて頂けて
良かった。

プローブ走査の練習法がとても勉強になりました。実際に走査している
所が見られて分かりやすかったです。

普段はUCGを行っているためコンベックスが手になじみにくいので、大き
なプローブを少しでも持って、動かしてみるだけでも練習になるのでやって
みようと思います。ありがとうございました。

体位によって見え方が全然変わることがよくわかりました。また、プロ
ーブの持ち方、動かし方も詳しく教えていただけたので、しっかり練習しよ
うと思います。

普段はUCGを行っているためコンベックスが手になじみにくいので、なプ
ローブを少しでも持って、動かしてみるだけでも練習になるのでやってみよ
うと思います。ありがとうございました。

プローブ走査もここまで詳しく教えていただくセミナーはないと思いま
す。とても勉強になりました。ありがとうございました。


【速く上達するために覚えること
基本走査法がよくわかった。実演がありわかりやすかった。
実際の走査の画像と手元が同時に見ながら説明して頂けたのが非常にわ
かりやすかったです。

プローブ走査のみに意識がいきそうだが、ボタン操作もしっかりしない
と良質な画像は得られないことをしっかり覚えたいと思った。"

どの位置から臓器が見やすいかの一覧を頂けたので、明日から見ながら
練習したいです。

実演もあったので、目で感じられ、とてもよかったです。
きれいな画像を出す工夫の仕方。
自分が良いと思ったことは実践する。今回の講義を経て、周囲の意見に
流され気味だったが、患者のためを思って見落としの少ない検査を行ってい
きたい。

体格の良い人の膵臓を描出するのに毎回苦労していますが、ゲインの調
整をしていなかったのでやってみようと思いました。(フォーカスと視野深
度は動かしていますが)

検査フローについてはスピードが早くてついていけませんでした。もう
少しゆっくりやってほしかったです。

実演が良かったです。

【講義や実演の内容でのご要望
解剖の講義が特に勉強になりました。もう少しゆっくり話していただけ
たら助かります。スケッチの例をホームページに載せてほしいです。

解剖用のスケッチ用紙が別紙だと良かったと思った。
メンテナンスのチェック項目の紙を頂けるとありがたい。
講義内の実習の答えをWEBでアップしてほしいです。
スライドの説明がプリントになってない部分も多かったので、できれば
プリントになっていたら嬉しいです。(書くのが間に合わなかった)

健診専門のUSセミナーがあれば参加したいです。
直接プローブ走査ができればよかったです。
エコー画像を見ながら何の臓器がココに映っているというのをやってい
ただけると嬉しいです。


第30回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答えはこちらです
第29回 腹部エコー技術レクチャー
2020年9月27日(日) ホルトホール大分で開催
≪初級・中級者コース≫
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 スクリーニングを速く正確に

アンケート回収率 90%
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
→第29回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第29回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想

【スクリーニング検査法、全体での感想】
描出の基本、スクリーニングの際のコツ等を分かりやすく教えていただ
けてよかったです。まだフォローをしてもらっている段階なので、いまいち
描出の仕方が分かっていませんでしたが、今日の講義でイメージすることが
できました。ありがとうございました。

エコーをとるにあたって、描出する際の考え方が今回で変わりました。
これからなんとなくこの辺で見えるだろうではなくて、ランドマークを描出
してスキャンを行っていきます。描出の方法がとても分かりやすく、すぐに
実践できるもので、とても勉強になりました。体位もほとんど仰臥位と左側
臥位だったので、その他の体位もとりいれていきたいです。

体位変換やランドマークの事を勉強していても、いざ検査をする時は活
用できていなかった事が分かりました。よく映るようにベストアプローチを
行って無駄な時間をもっとはぶきいていきたいです。

捨てることの大事さ。体位変換の大切さ。
どの部位で何を見るというのはとても勉強になりました。
描出不良で返していた部分もあったので、これからはさらに時間をかけ
て根気強く粘りたいと思った。"

自分が当たり前と思ってやっていたやり方が、実際は良くなかったり、
ふだん気が付かないことが分かってよかったです。膵尾部が体位変換でこん
なに描出されるんだとはずかしながら思いました。

ランドマークが写らない時は粘らない。しきたりでしている合理的でな
いことは捨てる。小さなことまで標準化。やるかやらないか!!

スクリーニングでは今まで無駄に撮っているviewもあることがわかっ
た。効率よく精度の良い検査をするために工夫していかないといけないと思
った。


体位についてのレクチャーもあり、わかりやすかった。
えぐれてる(へこんでる)お腹の人にいつも悩んでいました。自分のや
っていたことは間違ってなかったと再確認しました。よかったー。安心しま
した!

私は今年から働き始めたばかりで、今回の研修会前に練習してみました
が、上手く描出できませんでした。しかし、体位変換の順番やプローブの動
かし方を実際に見て聞いたことで、自分の検査時の直すべき点がわかりとて
も参考になりました。

体位変換が重要!
体位変換の大切さ。体位変換と基本走査法とアプローチの自分のフロー
をはっきりと決めようと思います。今までの自分の走査を振り返ると同じ部
分を何度も見ていて無駄が多いことに気づかされました。

体位変換は健診対象の人には行っていたが(半座位)、拘縮やコルセッ
トの人はなかなか出来ないので、ここまでという線引きはやはり難しいなあ
と思いました。工夫を重ねて、精度を上げるように努力をしていこうと感じ
ました。

体位変換の大切さ。高齢者では体位を変換するのは大変だと思い、あま
り積極的にしてこなかったが、見えやすさが変わってくるのでこれからはや
っていきたいと思う。

体位変換の大切さ。無駄をなくす為には捨てるということ。私は何度も
同じ写真をとって無駄な時間を使っていました。改善します。

基本断面の描出でランドマークが重要であることはよくわかった。ラン
ドマークが描出できていいるのに目標(膵・胆管)が出せるのは手技が原
因。逆にランドマークが出せないは描出できない場合はエコー検査の限界と
いう目安がわかり、検査の際に参考になります。

それぞれの体位のアプローチに仕方を詳しく説明していただき理解が深
まった。

体位変換だけではなく、胃のガスを減らす為、体位の順番も大事だとい
うことが印象に残りました。後、半坐位、座位でエコーをすることが無かっ
たため、実際の検査で活かしたいと思います。飲水法もおもしろく患者さん
の許可がもらえればやってみようと思います。


妥協しないということ。服の脱衣もですが、体位に関しても変えて、
様々な面から見ることで細かく見ていくことができるとわかりました。ま
た、ベストアプローチを知ることで、早く正確にできることがわかった。

今まで行っていなかった体位の方法、描出された臓器の評価の仕方を知
ることができてよかった。評価不足だった事を実感した。ランドマークを知
れてよかった。

標準化に対しても、話し合いをしていこうと思いました。本日はありが
とうございました。

手本の画像もよく見え、超音波画像も同時に見ることができ、自分のス
キャンの仕方と比較しながら講義が聞けたのでとても勉強になった。体位変
換を全て取り入れてベストアプローチを定着させて検査をしていこうと思っ
た。

実際に自分が描出していた範囲で曖昧になっていた部分があったため、
細かく知ることができてよかった。

講義を2〜3つに絞ったことで、通常よくあるセミナーよりより深く、
集中的に講義をうけることができました。よりわかりやすかったです。

普通の症例提示ではなくより実践的な方法(実際に即した方法)を教え
てもらった。こうしたセミナーがよいです。

TOSさんや超音波フォーラムさんの実技講習でも過去何度かお世話になり
ました。再度自施設でのルーチン等見直す機会にしたいと思いました。

描出の流れの説明デモがとてもわかりやすかったです。今後に役立てら
れそうです。

ビデオ撮影OKと事前に知らせて欲しかった。
とても勉強になりました。ありがとうございました。
ぜひまた大分や九州でも開催してほしいです。残り3回も楽しみにして
います!!

時間がやや短かった。もう少し余裕があればゆっくり聴講できました。
特にありません。明日からの業務に生かしていこうと思います。今日は
講義とても分かりやすく説明して頂き、ありがとうございます。


【膵臓・肝外胆管
膵臓はガスで見えない部分はあきらめることが多かったです。今回のお
話を聞いて膵臓全領域を観察するように適する体位を理解し検査を行ってい
こうと思いました。

膵臓を見るには体位変換を4回する必要があることが印象に残りました。
胆管の解剖も頭でイメージできて明日からの検査に活かせそうです。

体位変換により実際胃の中のガスが移動していること。ランドマークが
いかに検査に重要なポイントだということ。

膵臓の出せる出せないの見極めが自分の中で明確になった。スクリーニ
ングの時間短縮につながると思います。

飲水法の方法の解説。
膵臓の描出は、自施設では体位変換が困難な患者が多く、出来る範囲で
しかしていないが、健診の方なら可能と思うので、そういう方では積極的に
やらないといけないと思いました。

膵尾部の描出は脾臓を介して行うことは知っていたが体位変換を含めて
とても勉強になりました。肝外胆管は短軸、正常では測らない。

普段のスクリーニングで膵尾部を観察することがむずかしく時間がかか
っていたが、本日の研修で学んだことを練習していきたいと思う

胆嚢頸部の場所の見つけ方。

第29回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答えはこちらです
第4回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2020年9月27日(日)ホルトホール大分で開催
≪初心者コース≫
第1講 見逃さないための解剖と走査法,
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ

アンケート回収率 95%
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?(複数選択可)

→第4回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第4回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想
   
【参加して、全体的に】
血管は苦手意識が強かったのですが、とても分かりやすい説明だったの
で基礎や大切なポイントが入りやすかったです。これから勉強頑張りたいと
思います。

実技でまた来ていただきたい
下肢エコーで知っておくとよいポイントを簡便にまとめて頂けたので、
覚えやすく、理解しやすかったです。

スピードもよく、実演は特にわかりやすく説明していただいて勉強にな
りました。

具体的な走査、検査方法もあって、有意義な内容でした。
とてもわかりやすいスライドだったので、復習しようと思います。
また次回もしていただけたら参加したいです。
まだ始めて間もないですが、すごくよく分かった気がします。

【解剖と走査について】
これから勉強を始めるうえで大事なポイントを理解することができてよ
かったです。

下肢静脈ヒラメ筋などの静脈わかりやすかった
現在下肢エコーを練習・習得している途中でしたので、解剖から病変に
も聞くことができたのでとても良かったです。

下肢静脈エコーははじめたばかりで解剖が全くわかっていませんでし
た  。

解剖の写真などわかりやすかった
所見あたることはこれから多くなると思いますが、本日習った解剖は見
方のコツなど細かく教えてもらったので活かしていきたいと思います。"

ヒラメ筋の説明がわかりやすかったです。
下肢静脈の描出が勉強になりました。
まずは、ランドマークの骨を見つけること。
解剖や描写方法など、基本を確認、知ることができて参考になります。
下肢エコーの勉強会は少ないので、とても勉強になりました。
体位や走査法は検査をしながら疑問の多かった所なので今回の講義です
ごく勉強になりました。

解剖がよくわかり、明日自分の足で練習してみようと思いました。
●  ヒラメ筋静脈のことがよくわかって助かりました。
今まで下腿の血管走行、特にヒラメの内、中、外の区別がわからなかった
のですが、骨などのポイントを教えていただいて理解が深まりました。


【手技やコツについて】
実施している内容で血栓についてありがとうございます。血栓の見え方
がよく分かりました。(同意見2)

実際の写真を用いて講義だったので、どんな血栓が危ないのか分かりや
すかった。血栓の見え方がよく分かった。(同意見2)

パルスドップラーで呼吸変動を見て、中枢側の血栓の有無を疑うなど、
勉強になりました。

圧迫法は足首方向に向けて行うことで、血栓が肺に飛ばないように気を
付ける。"

ミルキングを普通に使っていたので今後は血栓がないことをきちんと確
認して行っていきたい。

自施設ではミルキングをしていたが、今日のレクチャーを聴いてやめよ
うと思いました。

下肢エコーによる圧排の仕方
呼吸性変動で息の吸えない方でおへそをゆっくり押すことなど知らない
ことが多かったので参加できてよかったです。ありがとうございます。"

腸骨領域評価で呼吸性変動での確認はしてなかったのでとても勉強にな
りました。

pop V以下の分の追跡方法について理解することが出来ました。
描出のコツ

【報告や所見の評価について】
報告の方法についても技師さんが何を考えて報告書を作成しているか分
かってよかった。

レポートの書き方を悩むことがあったので、症例1〜3のような超音波所
見があり参考になりました。

細かいアドバイスとても助かりました。ありがとうございました。
所見の書き方で悩むときがありましたので参考になりました。
手技だけでなく点数について説明があったので理解が増した。

【不満な点、ご指摘】
 皆様からいただいたご指摘は今後の研修会運営に活かしてゆきます

少し早かったです。
全体的にとてもよかった。最後に症例がバタバタだったのが残念。
講義、資料ともに詳しい内容でしたが、時間が限られており、スピード
かわ速かったので未消化の部分がありました。

スタッフの話し声がじゃまでした。
もう少しゆっくり解剖の所は聞きたかった。
難しい。初心者向けのではない気がしました。普段業務の中でエコーの
割合の多い人にしかわからないのではないかと思いました。

デモの画像が荒くてよく分からなかった。中断して調整して欲しかっ
た。(初心者には分かりずらいと思います)"

解剖の説明が早すぎて理解しにくいとこがあった。
時間が短かったのでもう少しいろいろ聞きたかった
最後駆け足だったので残念でした。
カメラの人で画面の見えにくいときがあった。

第4回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答えはこちらです
第3回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2020年2月23日(日)開催
≪初級・中級者コース≫
第1講 見逃さないための解剖と走査法,
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ

1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?(複数選択可)

→第3回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第3回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想、不満な点
   ▲は講師からのコメントです。

以前、技術レクチャーのような他の実践型講義に参加したのですが自分で
やろうとしたときにどこがどこか分からなくなってしまい、どうしようかと
思っておりました。また自分の足でやると位置的によくわからなくなってし
まい練習になりませんでした。今回の研修会ではわかったような気がしま
す。自分の足で頑張って練習してみます。


講師の方がいつも熱心で本当に伝えたいということがすごくこちら側に伝
わってきます。なので、とてもわかりやすい内容になっていました。

下肢静脈エコー未経験なので解剖とエコー画像を混ぜて説明して下さりと
ても分かりやすかったです。

下肢はあまりオーダーがないのですが、何回か聞くことで覚えられればと
思いますので、熱心な指導これからもお願いします。

膝下の血管走行に不安があったが、実際に手元の映像と共にエコー画像を
リアルタイムで見ることがでて大変参考になりました。早速、自分の足で練
習してみたいと思う。

血栓の評価の講義で所見の書き方を終えて下さったのはとてもありがたい
と思いました。

解剖がとてもわかりやすいです。

解剖学をもう少し勉強しようと思います。下腿の血管が難しく感じまし
た。

『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法』を参照し復
習してください。


解剖が難しくもう少し噛み砕いて欲しい。
『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法』と講義の最
後に紹介した参考書で復習してください。


筋肉と骨との位置関係、探し方がとてもわかりやすかったです。ヒラメ筋
は足首から追うとわかるという点は知らなかったので良い勉強になりまし
た。血栓を長軸で見たときに評価がもう少し経験を積まないと難しいと感じ
ました。

長軸でみる際にはプローブを大きくは動かさず見ると評価しやすくなりま
す。講義の最後で紹介した参考書にも動画が載っています。ご参照くださ
い。


低エコー血栓が見えないとアーチファクトと間違えそうで色んな症例をみ
て経験を増やしたいと感じました。

講義の最後で紹介した参考書にも動画が載っています。ご参照ください。

検査のコツやルーチンで行う注意点などよくわかりました。
血栓評価のレポート記入の仕方など、とても参考になりました。
丁寧に講義して頂きありがとうございました。実演のカメラもわかりやす
かったです。

実演で見せて頂いた画像のサンプル?様な画像を表で頂けたら嬉しいで
す。

ルーチンで行う検査の過程をやって頂きたい。どういう順番でやっていけ
ばよいかわからないので。詳しい資料があって助かりました。

ライブでも一通り見させていただいて勉強になりました。
まだ検査をした事がありませんが、それでもとてもわかりやすかったで
す。

検査の細かいコツが分かり感動しました。

本では静止画しかないのでライブデモは非常にわかりやすかったです。
レポートに何を報告したらよいか悩んでいる時もあったが、評価ポイント
の@〜F、ヒラメの時の@〜Dの内容が私にはすごく今後に助かります。あ
りがとうございました。

一連の走査で流れがわかりやすかったです。
寝たまま走査でやり方を学べて良かったです(座ったりしていたので…)
基本をわかりやすく復習できました。


緊急性の血栓をわかりやすく説明してもらえたのが良かった。
デモンストレーションでコツを教えて頂き見ることが出来て理解力がたか
まった。

報告書の書き方は大変参考になりました。
解剖や所見の書き方など丁寧に説明してくださり、とてもわかりやすかっ
たです。

症例が色々あってよかった。
エコーを実際にやりながらなのでとてもわかりやすかった。
実演があることで具体的な検査イメージができ、描出しにくい場合の対応
に活かせると思いました。

膝窩から座位でみていたので臥位で見てみようと思いました。
膝窩から見上げる方法もしらなかったので勉強になりました。
とてもわかりやすかったです。

日常の検査でヒラメ筋静脈の血栓にも血流をのせていましたが、ヒラメ筋
は血管径の拡張をみれば良いというのがとても印象に残りました。

ヒラメの中央枝と外側枝を無理に区別つけなくてもと聞けて少し安心しま
した。

外側枝(中央枝かも?)と所見に書いていたので。
ヒラメ筋静脈血栓はどこにあっても治療法はかわりません。しかし、経過
観察する場合、どこにあったかを大まかに明記すると次回の時に見つけやす
くなります。どのように書くかは講義の時に話した通りです。


治療法までなかなか勉強していなかったので聞けて良かったです。
▲治療法に関して講義で紹介したガイドラインにさらに詳しく載っていま
す。


まだ自分の知識が中途半端で折角たくさんの情報を提供して頂いたのにつ
いていくのがやっとでした。時間の関係もあるのでもう少しゆっくりとして
流れでも良かったと思います。もう少し知識がついて行けたらもう一度聞い
てみたい、また開催お願いいたします。

前半は少し早かった気がします。後半はもっと早かったです。
少し進みが早かったように思います。
まだ自分の知識が不足だったからかついて進み具合が早くついていくのが
大変でした。スキャンの方向とルーチン時に役立つ内容もあったので自分の
足で復習したいと思います。


デモンストレーションをもう少しやってほしかった。
当日、会場でおっしゃって頂けたら、実演を致しました。

年齢の高い方でやって見せてほしい。
年齢の高い方でも解剖はかわりません。強いて言えば講義中にもお話しし
ましたが、動脈の石灰化が起こりやすくなります。回避方法は講義でお話し
した通りです。

試してみてください。

実演部分の動画がまたみられると時間がたってからも見直せるのにといつ
も思います。

講義の最後で紹介した参考書にも動画が載っています。ご参照ください。

とてもわかりやすくい説明でした。
解剖学的なところ描出方法わかりやすく参考になりました。
不満な点は、特にありません(同意見3)

2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?(複数選択可)

→第3回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第3回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想、不満な点
   ▲は講師からのコメントです。

以前、技術レクチャーのような他の実践型講義に参加したのですが自分で
やろうとしたときにどこがどこか分からなくなってしまい、どうしようかと
思っておりました。また自分の足でやると位置的によくわからなくなってし
まい練習になりませんでした。今回の研修会ではわかったような気がしま
す。自分の足で頑張って練習してみます。


講師の方がいつも熱心で本当に伝えたいということがすごくこちら側に伝
わってきます。なので、とてもわかりやすい内容になっていました。

下肢静脈エコー未経験なので解剖とエコー画像を混ぜて説明して下さりと
ても分かりやすかったです。

下肢はあまりオーダーがないのですが、何回か聞くことで覚えられればと
思いますので、熱心な指導これからもお願いします。

膝下の血管走行に不安があったが、実際に手元の映像と共にエコー画像を
リアルタイムで見ることがでて大変参考になりました。早速、自分の足で練
習してみたいと思う。

血栓の評価の講義で所見の書き方を終えて下さったのはとてもありがたい
と思いました。

解剖がとてもわかりやすいです。

解剖学をもう少し勉強しようと思います。下腿の血管が難しく感じまし
た。

『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法』を参照し復
習してください。


解剖が難しくもう少し噛み砕いて欲しい。
『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法』と講義の最
後に紹介した参考書で復習してください。


筋肉と骨との位置関係、探し方がとてもわかりやすかったです。ヒラメ筋
は足首から追うとわかるという点は知らなかったので良い勉強になりまし
た。血栓を長軸で見たときに評価がもう少し経験を積まないと難しいと感じ
ました。

長軸でみる際にはプローブを大きくは動かさず見ると評価しやすくなりま
す。講義の最後で紹介した参考書にも動画が載っています。ご参照くださ
い。


低エコー血栓が見えないとアーチファクトと間違えそうで色んな症例をみ
て経験を増やしたいと感じました。

講義の最後で紹介した参考書にも動画が載っています。ご参照ください。

検査のコツやルーチンで行う注意点などよくわかりました。
血栓評価のレポート記入の仕方など、とても参考になりました。
丁寧に講義して頂きありがとうございました。実演のカメラもわかりやす
かったです。

実演で見せて頂いた画像のサンプル?様な画像を表で頂けたら嬉しいで
す。

ルーチンで行う検査の過程をやって頂きたい。どういう順番でやっていけ
ばよいかわからないので。詳しい資料があって助かりました。

ライブでも一通り見させていただいて勉強になりました。
まだ検査をした事がありませんが、それでもとてもわかりやすかったで
す。

検査の細かいコツが分かり感動しました。

本では静止画しかないのでライブデモは非常にわかりやすかったです。
レポートに何を報告したらよいか悩んでいる時もあったが、評価ポイント
の@〜F、ヒラメの時の@〜Dの内容が私にはすごく今後に助かります。あ
りがとうございました。

一連の走査で流れがわかりやすかったです。
寝たまま走査でやり方を学べて良かったです(座ったりしていたので…)
基本をわかりやすく復習できました。


緊急性の血栓をわかりやすく説明してもらえたのが良かった。
デモンストレーションでコツを教えて頂き見ることが出来て理解力がたか
まった。

報告書の書き方は大変参考になりました。
解剖や所見の書き方など丁寧に説明してくださり、とてもわかりやすかっ
たです。

症例が色々あってよかった。
エコーを実際にやりながらなのでとてもわかりやすかった。
実演があることで具体的な検査イメージができ、描出しにくい場合の対応
に活かせると思いました。

膝窩から座位でみていたので臥位で見てみようと思いました。
膝窩から見上げる方法もしらなかったので勉強になりました。
とてもわかりやすかったです。

日常の検査でヒラメ筋静脈の血栓にも血流をのせていましたが、ヒラメ筋
は血管径の拡張をみれば良いというのがとても印象に残りました。

ヒラメの中央枝と外側枝を無理に区別つけなくてもと聞けて少し安心しま
した。

外側枝(中央枝かも?)と所見に書いていたので。
ヒラメ筋静脈血栓はどこにあっても治療法はかわりません。しかし、経過
観察する場合、どこにあったかを大まかに明記すると次回の時に見つけやす
くなります。どのように書くかは講義の時に話した通りです。


治療法までなかなか勉強していなかったので聞けて良かったです。
▲治療法に関して講義で紹介したガイドラインにさらに詳しく載っていま
す。


まだ自分の知識が中途半端で折角たくさんの情報を提供して頂いたのにつ
いていくのがやっとでした。時間の関係もあるのでもう少しゆっくりとして
流れでも良かったと思います。もう少し知識がついて行けたらもう一度聞い
てみたい、また開催お願いいたします。

前半は少し早かった気がします。後半はもっと早かったです。
少し進みが早かったように思います。
まだ自分の知識が不足だったからかついて進み具合が早くついていくのが
大変でした。スキャンの方向とルーチン時に役立つ内容もあったので自分の
足で復習したいと思います。


デモンストレーションをもう少しやってほしかった。
当日、会場でおっしゃって頂けたら、実演を致しました。

年齢の高い方でやって見せてほしい。
年齢の高い方でも解剖はかわりません。強いて言えば講義中にもお話しし
ましたが、動脈の石灰化が起こりやすくなります。回避方法は講義でお話し
した通りです。

試してみてください。

実演部分の動画がまたみられると時間がたってからも見直せるのにといつ
も思います。

講義の最後で紹介した参考書にも動画が載っています。ご参照ください。

とてもわかりやすくい説明でした。
解剖学的なところ描出方法わかりやすく参考になりました。
不満な点は、特にありません(同意見3)

第26回 腹部エコー技術レクチャー
2019年12月10日(日)開催
≪初級・中級者コース≫
第1講 意外に見落とす胆嚢の端
第2講 それでも知りたい肝区域
第3講 ついでに見ようリンパ節

1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
→第26回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第26回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想
技術(経験)も必要だが、それは基本的な知識がある前提だと改めて実感し
ました。

胆嚢のスキャニングはとても分かりやすかったです。手元と画面を一緒に
見ると、とても理解しやすかったです。画面で見ているものを立体的にする
のはとても難しかったです。

スキャンのコツやポイントが分かりやすく、検査に取り入れていきたいと
思いました。それと同時に今までの自分の検査のスキャニングで見れていな
かった部分があったことを実感し、とても怖くなりました。今日の講義を今
後に生かしていきたいです。

胆嚢、ハルトマンポーチの観察の重要性がよくわかりました。体位変換を
取り入れてよく観察するようにしたいと思います。

胆嚢の事がよくわかりました。印象に残ったのは多重反射のこと、モール
の血管づくりです。

今まで自分の胆嚢のスキャンは見たつもりになっていたことがわかりまし
た。今日教えて頂いた方法で頸底部をスキャンしようと思います。

胆嚢頸部が今まで見ていたよりももっと先にあるのだということがよくわ
かりました。胆嚢頸部と思っていた部位が本当の頸部ではなかったことに驚
きました。明日からハルトマンポーチを確認し走査していきたいと思いま
す。

胆嚢は端まで見えているつもりでいた事を痛感。頸部は思っているよりも
深く曲がっていることを知りました。底部の多重反射は減らせることがわか
りました。見方を教えてもらえてよかったです。

胆嚢頸部を十分に見れてなかったこと、適当な検査をやっていたことに落
ち込みました。

胆嚢底部を満足に見れていなかったことを反省しました。
胆嚢頸部の観察・描出の仕方で、今まで見落としていたと感じました。勉
強になりました。

胆嚢の見かた。頸部までしっかりみれていたのか不安になりました。明日
からはしっかり見れそうです。

胆嚢の頸部をしっかり見れていないと思った。明日から色々と実践してい
きたい。肝区域を間違ってみていた。リンパ節も気にかけようと思った。ま
た参加させていただきます。

胆嚢:内腔を中心に観察していたが壁を主に観察するということ。
胆嚢の描出について、今まで感覚でやっていたところが理屈で理解できま
した。

胆嚢の描出についてのこと。リンパ節の描出と考え方。
胆嚢、体部多重エコーを減らす方法。頸部を見る方法。ハルトマン嚢の位
置が勉強になりました。

ハントルマンポーチの位置が誤って覚えていたこと。頸部の出し方がわか
った。胆嚢は壁の連続性が大事。

胆嚢を見る時に多重反射なのか、病変なのか迷うことが多く、とても時間
がかかっていたので、アーチファクトを減らす方法が知れてよかった。明日
からの参考にしようと思います。

今まで胆嚢の頸部の描出が不十分だったことに気づかされました。見逃し
た所見もあったのではと。描出困難で済ませていたのは間違いでした。肝区
域はわかりづらかったです。

境界面から肝区域をみるというのが分かりやすかったです。
肝区域で表現しなければならないと思っていましたが、ほかの部位表現を
使用する方法もあることを知り、後輩にも教えやすくなるかなと思いまし
た。

境界断面を意識してスクリーニングしてみようと思う。モールで門脈枝を
作成してみて走行やいろいろな角度から自分がいつもどう見ているのかがよ
くわかった。

体内を立体的に考えなくてはいけないのを忘れていました。門脈モデル、
理解して仕上げられるようにしたいと思います。肝区域の考え方を本に書か
れている言葉のみで理解しようとしていたので、全く頭に入ってこなかった
けれど、実演のおかげで少しのみこめてきました。

肝区域など本の解剖は苦手で覚えられなくて苦労したが、エコー像から考
えていくと理解しやすいと思いました。ちょっとした知識があるかないか
で、描出しやすい良い画像が得られるかどうか変わり、所見を見つけられる
ようになると思った。

実際に門脈の走行を作ったことで、立体的に見るときの役に立つと思いま
した。

モールで門脈が勉強になった。肝区域も境界面という考え方が今までなか
ったので、とてもよくわかりました。

門脈モデル、楽しかったです。理解が深まりました。家で作り直してみま
す。

門脈のモデルを作ったことで、門脈の形を具体的にイメージできました。
モールを使用した門脈モデルは自分が理解しているか否かもわかって、と
てもよかった。立体的に門脈を考えることが面白かったです。

門脈モール作成はスタッフの方が親切に教えてくれたおかげで勉強になり
ました。

モールで門脈枝をつくったこと。つくってみてわかりやすかったのです
が、何も見ずに作るのは初心者には難しかったです。

立体的に門脈を考えることが面白かったです。平面的に考えていて理解で
きてなかったようです。

門脈の走行を立体的にわかっていないことがよくわかりました。さらに静
脈の走行も合わせて復習したいと思います。

モールの作業を楽しみにきました。個々に教えてもらえている方がうらや
ましかったです。教えてほしかった。胆嚢のスキャニングは明日といわずに
今すぐに自分の手技確認をしたくなりました。

モールで門脈を作るとき、右葉側が難しかった"
モールを使った肝区域の位置確認がわかりやすかった。
実習のモールの解説がわかりにくく、ちょうど隣の方が先生からみてもら
っていたから理解できたが、もっと人数が多いのでスタッフの方が教えにき
てほしいと思った。

門脈のモールでの作成はなかなか立体像が想像できず難しかった。
門脈の作成はとても印象に残りました。自分で作ってみてずっと平面で考
えていたなと改めて思いました。立体的に考えるのが難しかったです。

門脈枝の作成、走査が思った以上にわかっていなかった。
モールで枝ぶりを作製することは自分がいかにわからずにやっているかが
知れてよかったです。症例のこと、あまり話さないよとおっしゃっていまし
たが、分かりやすい説明の中に治療のこともお話しいただいて・・加えて
「後輩に伝えてできるようになることを目標に」ということを課題にしま
す。

門脈の走行も難しかったのでモールでモデルを作れて理解が深まりまし
た。

門脈をモールで作って、エコーで見ている断面で見るのがすごくわかりや
すかったです。

モールで門脈走行を作って、自分が改めて分からないんだと理解しまし
た。門脈を作ることはないので、勉強会に来てよかったです。

門脈の細部にわたる走行は知らずに検査をしていたので、再確認ができ良
かったです。

肝区域:S5〜8が特に苦手だったのでモールを使ってモデルを作れてよ
かったです。

モールを作ってみて、解剖の理解や血管の走行をあまり理解できていない
ことに気が付きました。肝区域について勉強になりました。門脈について
も、もう一度勉強したいと思いました。リンパ節を意識して検査したいと思
います。

リンパ節(同意見2)
日常のルーチンで疑問をきちんと説明してくださり、助かった。胆嚢底部
アーチファクトの取り方。門脈の走行。

リンパ節の講義の中で脾腫をみたらリンパ節をよく見るというところを大
切にしたいです。

リンパ節の走査のデモ(実演)がよかった。
描出画像と手先の走査が同時に見られてよかったです。
症例動画、画像がたくさんあり、とても分かりやすかった。
スキャンをして見えていると思っていたが、見えていなかったなあと実
感。

リンパの説明を聴いたことがなかったので小さくて見えにくいもので少し
難しかったです。

まだ色んな事が慣れていない中での参加でしたがとても勉強になりまし
た。

リンパ節もわからなかったので目を向けていこうと思いました。"
肝区域のレクチャーがとても分かりやすかったです。区域の境界は本で読
んだだけで、実際に画面上で教わったことがなかったので、次の検査から実
践していきたいです。

門脈枝を作ったこと。エコーで見ているまま作ればよいのに走行がよく分
からず、まだまだ理解が足りないと感じました。今日聞いた内容を明日から
のエコーに役立てます。

自分が普段ちゃんとできている所とちゃんとできていない所がわかったの
で、勉強になりました。自分の手技の確認ができました。

本日はこのような研修会を開いていただき、本当にありがとうございまし
た。日々の検査に取り入れ、技術向上していきたいと思います。

第6回 心エコー技術レクチャー
2019年12月10日(日)開催
≪初心者コース:知っておきたい心エコーの基礎≫
第1講・第2講 明日から使える描出テクニック
第3講 迷わない計測のポイント

1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度

3-1.実演と解説は分かりやすかったですか?

3-2.講義の内容レベルはいかがでしたか?
→第6回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第6回心エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
研修の内容で、印象に残ったことや感想
自分が心エコーを初めた頃に、この勉強会があればよかったのになと思い
ました。

とてもわかりやすかったです。
LIVEで手元の動きとエコー画像を見ることができて、描出の走査方法がと
ても分かりやすかったです。

基礎の部分の確認になった。
次回の検査から役に立てて行きたいと思います。
スライドがわかりやすくキレイでした。とても見やすかったです。
エコー画像と心臓の解剖がまだ一致していない所があるので難しい所もあ
りました。

時相が難しかったので、理解を深めたいと思いました。
Bモードにおいて、プローブの細かな動かし方と画像との関係がよく分か
りました。

今後心エコーに取り組む際、チャレンジしてみようと思います。
初心者のための心エコー研修はあまりなく、今回のライブで一通りの出し
方を見る事ができてよかったです。ダメな出し方からのリカバリーも知るこ
とができてよかったです。1講演あたりの時間もちょうどよかったと思いま
す。

実技を交えながらの講義がとてもわかりやすかった。
実際プローブをどう動かしているかがわかってよかった。
心エコーはプローブの動かし方が腹部とちがって微調整なんだなーと思っ
た。

手元の操作が分かりやすかった。
思った以上に詳しい細かいところまで教えて頂きとても充実した内容でし
た。ただやはり勉強不足で計測は難しかったです。この資料を参考に経験を
積みたいと思います。

正しくないエコー画像の出し方や見え方がすべて自分にあてはまるものば
かりだったので、原因やリカバリー方法が分かって非常に助かりました。分
かりやすい内容で参考になりました。一番知りたかった第3講の計測方法の
説明がいまいちわかりにくく残念でした。

難しくてわからないところがあった。
資料をたくさん頂いたので帰ったら復習しようと思った。
他の部位と同じだが、きれいにわかる画像を描出→固定→観察。
心臓は固定してからの観察する「眼」に慣れることが重要だと思った。計
測はそれから・・・測定する項目も多い印象。

解剖の重要さを実感しました。
実際の画像を出しながらの説明は大変参考になりました。
ルーチンで自分が描出した画像がプローブの傾きしだいで、きれいに出せ
ることがわかったので、今後に役立てたいと思います。

今回のレジュメだとよく分かりませんでした。
何から始めたらよくて、どうやって勉強したら良いかわからなかったの
で、とっても参加して良かったです。

ある程度走査がわからないと覚えたり施設に戻って練習ができないなと思
いました。

弁の動きが悪い見方などがわかった。正しく画像をださないと正しく計測
できないと思った。

もう少し疾患を含めて説明してほしかった。虚血は分かりやすかったで
す。

まったく勉強していなかったので、少し知識を持ってから受講すればよか
った。

テキストの画像の各部位に名称がふってあり、とても分かりやすい。
マイクに鼻息が入りすぎ。
テンポがバラバラで分かりづらかった。
白倉先生のお話しはとてもわかりやすかったです。スライドも見やすくわ
かりやすく作ってあった。解剖と実際の描出画像がつながりました。心エコ
ーに対して前向きな気持ちになれました。

第1講はとても分かりやすくて初心者向けであったと思う。
第1講でプローブ走査方法の説明がとてもわかりやすかったです。
長軸からP弁を出す方法に誤りがあったのでやってみようと思います。
4腔像の出し方。
第1講でプローブの動きが分かりやすかった。NG画像からのリカバリー法
も分かりやすかった。

描出方法で原因と対策がわかりやすかったです。
プローブ走査で迷子になったときのリカバーの仕方。
自分が上手く描出出来なかった画像が分かり、参考になりました。どうず
らして修正すれば良いのかわかりませんでしたが、今度試してみたいと思い
ます。

ダメな描出のリカバリー方法。
ちょっとしたプローブの動かし方で描出される画像のちがいを改めて感じ
ました。

第1講のasynegyのパンダが超わかりやすかったです。イメージ出来まし
た。

パンダよかったです。真ん中によってくるのを確認する、よくわかりまし
た。早速、明日試してみたいです。

犬の目印はプローブの向きや角度などわかりやすかったです。
犬の向きがもう少し分かるものであれば微調整も分かったのではと思いま
した。

asynergyの見分けが苦手でパンダ中心の見方もとり入れます。
第2講での左房容積のポイント、画像がわかりやすく、目からウロコで感
動しました。

第1講は例えの仕方も含めて分かりやすかったです。
描出の点で上手に出せないところのコツが分かって良かったです。
三尖弁は下向き。
肺動脈弁→あたま側、三尖弁→足側にプローブふる! 
上下のプローブの動きと回転の動きがわかった。1コ1コの修正。
心尖部の時に首マクラを入れるのが良いと思いました。
測定の部分などの甘くなっているところがあったと感じた。
第3講の先生の話し方のテンポが遅く、聞きづらかったです。
やはり計測は難しかったです。"
第3講の資料はとても良いのに説明が分かりにくくて残念でした。
迷わない計測のポイント
第3講は途中どこをやっているのか分からなくなって、初心者には難しか
った。もう少しここからここを測るとか、これはダメな例とかしっかり教え
てほしかった。

カラーの時、サンプルボリュームをどこにあてるとかもっと知りたかっ
た。

計測の時、どこからどこを計測する、という表とかをまとめてのせてほしい
です。

計測の講義が聞きずらく分かりにくかった。
第25回 腹部エコー技術レクチャー
2019年9月23日(祝)開催
≪初級中級者コース≫のテーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価

1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度

3.実演と解説はいかがでしたか?
→第25回腹エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第25回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想

いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。はコメントです。

【研修会の全体的な感想、講義(解説と実演)について】
なかなか勉強できる機会が少なく、経験不足なので、またお願いしたいと
思いました。

とても分かりやすいご講演ありがとうございました。
まだ勉強中で練習しかしたことがないのでどういう点に注意したらよい
か、本だけではわからないことがわかり良かった。

教えていただきありがとうございました。現在このテーマを勉強中なので
ありがたいです。

今回は3人も被検者をご用意して頂きありがとうございました。副脾の血
流のとり方を参考にします。

実演もゆっくりわかりやすくてよかったです。疑問が1つ1つ解決されてい
きました。

手元と画像が同時に見えたものわかりやすく良かったと思います。
実際に画像を見て、追っていけるのを解説していただくのが分かりやすか
ったです。

繰り返しテクニックを見ることができてよかった。
モデルの方もとても見やすいのですが、走査方法がゆっくりだったのでわ
かりやすかったです。

膵臓の技術レクチャーは2回目です。前回、頭部の走査を何度も見せてい
ただきましたが、どうしても理解ができず尾部も先生のようにだせないと再
び勉強にきました。今回は大丈夫でした。病院に戻ったら練習したいと思い
ます。

肝外胆管の走査方法を見れてよかったです。自分の施設に戻って練習した
いです。

胆管の描出がわかりやすかった。
講義の直後に実演があるのでとてもわかりやすかった。手元も同時に見え
るのでどちらに動かすとどう描出されるかすぐわかりよかった。

プローブのちょっとした傾きが、モニターからは見えにくかったです。プ
ローブにラインマーカーがされるとわかりやすいかもと思いました。

膵描出はいつも自信が持てないまま行っていたので、今日具体的な方法を
教えていただけて良かったです。

明日から実践していくことが楽しみです。苦手を1つでも克服できるよう
頑張りたいと思います。


【講義(解説と実演)の内容について】
今回もたくさん勉強になりました。
体位変換の大切なことがよくわかった。
経験が浅いため走査法並びに落としもれのないような方法を教えて頂ける
勉強会を開催してくださって非常にありがいたいです。

脾臓を介して膵尾部を見る時のプローブの動かし方は、大変参考になりま
した。なかなか描出できなかったので、ぜひ明日から実践したいと思いま
す。肝外胆管の描出も短軸よりも長軸で見ることがほとんどでした。短軸で
描出することも心がけたいです。

体位変換の重要性を改めて感じました。
ランドマークで探すことが重要だと分かったのでぜひ明日から使いたい。
ランドマークの重要性を感じ、今まで見えにくいガス等であきらめていた
部分をもう一度体位変換等、利用しながら検査するようにしたいと感じまし
た。

体位変換、右側臥位が難しいと思いました。
体位変換の大切さがよくわかりました。病変の話、副脾、脾腫についてわ
かりやすかったです。体位変換がとても重要なんだということが印象に残っ
た。膵、脾がとても苦手だったので、早く今日教えてくれたことを実践した
い(特にランドマークについて)

症例も見せて頂いてありがたかったです。
ランドマークが見えないときには見えないんだと判断することは検査時間
の短縮に結び付くと思いました。

ランドマークを使った描出は大変わかりやすく実際にしていきたいと思い
ました。

それぞれランドマークを覚えて確実に描出出来るようにしていこうと思い
ました。


膵臓の尾部の描出方法で右外側臥位の時のプローブの位置など勉強になり
ました。

膵は縦走査でみる!と言っていたんですが、私は横走査で見るほうが見や
すいです。その際はランドマークがSMVと脾静脈です。

「膵臓は縦走査で見る」というのは誤解です。私は膵体部を見つける走査
は縦走査の方が良いと言いました。見やすい患者の場合には縦でも横でもよ
いのですが、横の走査では見つけられなかったり他のものと誤認することが
あります。膵体部の観察自体は、横走査で脾静脈に沿って走査します。

膵体部を縦走査で見たことがないので(膵鉤部は縦走査でみています)試
しにやってみようかと思いました。脾臓も座位でやってみようと思いまし
た。

経験を積んで「何となくやってみれば見える」という感覚はあるのです
が、それを系統的に説明するのが苦手でした。今日、教えて頂いたポイント
を初心者に教えていくときに役立てて理解してもらえるよう頑張ります。

体位変換で膵臓の見え方がこんなにも良くなることを知れてよかったで
す。勉強になりました。

右側臥位をあまり使用していなかったので、必要性を感じた。限られた時
間で体位変換をするのは大変だが、尾部が見づらい方に試してみたいと思っ
た。

脾臓を介して膵尾部を見る、プローブの当て方 角度がとても参考になっ
た。うまく描出できない理由がよくわかった。右季肋部からのアプローチは
実際にやっているが難しく、今日実演を見ていても難しいと思った。体位変
換の重要性も改めてわかった。

膵尾部、今までのやり方では半分程度しか見えていない事実を突き付けら
れました。明日からもっと先がみえるように…と念頭においてスキャンしま
す。

左肋弓下での膵尾部描出、とてもわかりやすかったです。そして、尾部、
短い方も多々いるとのことを知る事がでてき、良かったです。やはり座位、
大事ですね!

今までよくわからなかった胆管が追えて見えたのが良かったです。実際に
やっています。

いろいろな患者さんの対応についても勉強になった。
肝外胆管の描出時に胆嚢管の描出される位置もわかり、ぜひこれからは見
ていきたいと思います。

今回もとてもわかりやすい講義でありがとうございました。一番印象に残
ったのは肝外胆管を乳頭までの追い方です。今まで長軸だけで見ていたので
次回からは短軸を基本にします。

胆管を短軸で見ていく方法があることに驚きました。今まで長径で見るこ
とにこだわっていたように思います。

CBDの計測法、spleen indexの必要が必ずしもない事。
副脾の血流の描出方法、勉強になりました。難しそうですが、やってみた
いと思いました。

副脾のパルスドプラは今まで教えてもらっていなかったので、副脾を描出
したらやってみたいと思います。

第24回 腹部エコー技術レクチャー
2019年6月2日(日)開催
≪初級中級者コース≫のテーマ
第1講 スクリーニングを速く正確に
第2講 肝臓の死角と攻略法
第3講 肋間走査をマスターする

1.受講した方の経験レベル

2.受講した方の満足度

3.各講義はいかがでしたか?
→第24回腹エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第24回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。はコメントです。

【研修会の全体的な感想】
久し振りの講習会だったので長い時間の講義は辛いかなあと思っていまし
たが、わかりやすく受講できました。

とても良かったので不満はありません。
まだ始めたばかりなので、やはり少し難しかったです。
とてもわかりやすかったです。
スケジュール管理がしっかりとできていると思いました。一人一人の役割
がちゃんと分担できていて良かったと思います。


【講義(解説と実演)について】
自分のレベルでは難しくぴんと来ない点もあったが、基本的にわかりやす
かった。もう少し経験してからもう一度受講したいと思った。

資料とパワーポイントの説明が違うところがありわかりづらかった。

実践で手元の動きも見る事ができて参考になった。
実演をしながら解説がありわかりやすかったです。
実演の手元の動きが少し見えづらい時があった。
エコー実演中の先生の声が聞きづらい時があって残念でした。(同意見4)
走査はよくわかったのですが、どこを見るのかがよくわかりません。
早過ぎて先生のスキャンがわかりません。どこを見ているのですか。
技術レクチャーでは内容のレベルを、初心者、初級中級、エキスパートに
区分して開催していますので、ご自分のレベルに合ったコースの受講をお勧
めします。今回は対象経験年数を「2年〜5年くらい」としています。


【講義(解説と実演)の内容について】
体位変換の話は目から鱗で明日から試したいと思います。
肋間走査が苦手なので、プローブの持ち方や走査の仕方を学ぶ事ができ、
明日から実践しようと思った。

面倒でも体位変換をきちんと行い、見落としがないよう検査したい。明日
から肋間走査で60°以上は見えるように練習しようと思った。

肋間走査でプローブのヘッドを固定させ、プローブを少しずらす事を組み
合わせる事で、観察範囲が大幅に変わる事。


肋間走査はきちんとやっているつもりでしたが、実演を見て全然見る事が
できていなかった事がわかった。「支点をずらさない」と普段言われていて
も理解できていなかったが、実演でどういう事か理解できた。明日から意識
して練習していきたい。

実演の肋間走査がとってもわかりやすかったです。プローブの動かし方な
どとても理解できました。

自分が普段やっている検査ではもっと無駄を省けるところがあるようで
す。効率化を図りたいと思います。体位によって得意とするスキャニングが
ある事を学んだのでもっと勉強します。

肋間走査のコツを学んだので明日にでも使ってみたいです。ミッキーマウ
スサインを初めて知りました。

短時間の指導で、あれ程肋間走査での視野の広さが変わった事にすごいと
思った。

死角が怖かった。
肝臓の端をくまなく見る方法が理解できて嬉しかったです。肋間の描出方
法、角度、ちょっとしたコツで見え方が変わるのだなと思いました。

肝臓の死角について左外側区域に注意したいと思いました。
肝臓の死角への対策は今まで意識してやっていなかった走査ばかりでし
た。今までの走査で横隔膜付近が検査不十分だった事を反省しています。右
肋間走査を含め、外側区域の見落としのない検査を心掛けなくてはと思いま
した。


明日からの検査でさっそく試したくなったのと同時に、検査に対してます
ます緊張感が高まった。端の意識をよくいわれているが本当の恐ろしさがわ
かった。

肋間走査で支点を合わせる練習をしたいと思います。
肋間走査の大切さと視野を広げるポイントがわかった。
肋間走査が苦手です。実演を参考に練習していきます。思ったより多くの
視野が確保できる事がわかりました。

肋間走査について詳しく説明して下さりとてもわかりやすかったです。体
位変換する事もとても大切だという事がよくわかりま。


体位変換が大事という事がよくわかりました。普段はあまり体位変換いな
かったので明日から実践したいと思います。

肋間走査の練習を明日から実践してみようと思います。
肝臓の死角。左葉の向こうの腫瘍。
肝臓の横隔膜下をよく見て下さいと医師からのオーダーがあるのですが、
季肋部走査(左側臥位)でよく見える事がわかりました。どうしてもプロー
ブが形状上浮いてしまっている部分がありましたが、少しずらすことで浮か
ずに横隔膜下が出せそうです。

誤解のないように付け加えますと、「肝臓の横隔膜下をよく見る」走査
は、座位での肋間走査です。


肝区域を必死に覚えていたがそれより大切な事があるとわかりました。症
例などもありわかりやすかったです。ビームに対する角度が必要。

スクリーニングを速く正確に。画像の枚数と検査時間が比例。肋間走査が
興味深かった。

死角の見方や肋間走査など明日から実行していきたいと思います。
CBDを長軸でいつも出していましたが、確かに短軸のほうが楽でいいです
ね。

外側端の腫瘍は気付かなければいけないと思いました。
実際の走査を見る事ができてよかったです。
自分の中では肝臓でいつも観察しづらい部分があったが、先生の手元とエ
コーの画像を一緒に見る事ができてとてもわかりやすかったです。明日から
参考にして練習したいです。

体位変換でのガスの位置(膵臓)を意識した事がなかったので、どれだけ
座位や右側臥位が大切であり、所見を見落とさないために必要な事か改めて
理解できとてもよかった。

ルーチンの中で体位変換はつい疎かになってしまいがちで、今回改めて必
要性がわかった。

肋間走査はいつもヘッドがずれて描出しにくいと思っていたが、コツを教
えて頂いたので次から気を付けながら走査してみます。


【会場(室温・照明)について】
(主催者より)今回は会場の空調の不備があり、室温がコントロールできず
ご負担をお掛けしました。お詫び申し上げます。

会場が暑い時があり集中できなかった。(同意見7)
会場が暑かったが、途中からサーキュレーターを回してもらい助かったで
す。(同意見2)

字を書く時に暗過ぎてメモが取りにくかったです。

【テーマの要望】
今度はリンパ節も一緒に見るところを教えて頂きたいです。
技術レクチャーでは「リンパ節」の描出を取り上げる回もありますので、
また受講してください。

大腸主体のクリニック勤務のため消化管エコーも勉強したいです。
技術レクチャーでは「消化管」の描出を取り上げる回もありますので、ま
た受講してください。
第23回 腹部エコー技術レクチャー
2019年6月2日(日)開催
≪初心者コース≫のテーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
→第23回腹エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第23回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想
ただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

【講義全体】
●とても充実した内容だと思った。知りたい事の先も知れた。
●とても見やすかった。テキストのページが飛ぶ事があったためメモが追い
つかない事があった。

●机上から実演とわかりやすかったです。
●非常にわかりやすくてためになる講義でした。受講してよかったです。

●手元が見える場所が多くわかりやすかった。
●会場の照明をつけるタイミングが少し早かった気がします。実演している
時は暗いままでもいいかな…。

●マイクの声が聞き取りにくいところがあった。(同2)
●声が早口で少し聞き取りづらいところがあった。

●教えてくれる人がいつもいる状態ではないので、勉強できる機会があり是
非また参加したいと思いました。

●休日でありがたいです。休憩時間1回増やしてもらえてもよかったです。
●とてもわかりやすかったです。とても良いと思います。
不安が少し和らいだような気がする。今後の勉強に役立てたいです。

【研修会への要望】
わかりやすく教えて頂いてよかったです。実演のところをもう少し増やし
てほしいです。

身体の大きい方(脂肪の多い方)で実演してほしい。
期間限定でもよいので撮影したビデオが見たいです。
被検者(モデル)のように痩せている方はあまり来ないので、中肉〜太身
のモデルでも見たかったです。

肝外胆管描出についても聞きたかった。
ビデオが見にくいです、特に手元。

【第1講 解剖の勉強法・実習(小田)】
解剖で部位の名称がわからない部分があったため、どのスライドにも名称
を入れてほしいと思った。

ご要望はよくわかりますが、今回は解剖の勉強の仕方を講義しました。解
剖はスケッチすることや、教科書や書籍あるいはネットを使って調べて学ぶ
ことで勉強できることをお話ししました。スライドは練習の資料としてに示
したものですので、ここに名称を調べて入れることが「勉強法」です。


解剖学の必要性及びその覚え方、描いて覚えるというのは是非やってみた
いと思いました。

解剖の勉強がとても甘かった事に気付いていない自分に驚きました。もっ
と力を入れようと思いました。今まで受けた勉強会で一番ためになりまし
た。

解剖学が重要と再確認しました。苦手なのですが勉強したいと思います。
スケッチして描出しているところがわかるようになるという方法を知る事が
できてよかったです。

解剖の学習にはスケッチと伺い、これから実行していこうと思います。
自分の知識が不足しているところがあり出席した意味があった(設定や解
剖)。スケッチの練習も必要と考えました。

スケッチ(解剖)では自分が思っているよりも正確に形、大きさ、位置を
理解していないといけない事がわかったため、再度勉強し直そうと思いま
す。

解剖で、実際にスケッチしてみると全く理解できていなかったのだと確認
できました。早く上達できるように日々実践しようと思いました。

気付かなかった勉強の手順と意味を知る事ができた。
解剖のスケッチ…思っていた部位より位置が少しずれていた事がエコーを
当てた時に見つけられない理由ではないかと気付く事ができた。血管の走行
と役割についてはあまり考えた事がなかったので、今後はその溝を埋めてい
こうと思った。


解剖の講義が特にわかりやすく勉強になりました。
自分の解剖の知識の不十分さに気付けました。解剖の勉強法でスケッチ
をして学ぶ方法を初めて知りました。解剖を学ぶにはとても良い方法だと思
います。是非自分でもやってみたいと思います。

勉強法に迷っていたのでとても参考になりました。
今まで生理検査に関わる事がなかったため、解剖や実技的な練習法、勉強
がわからなかったのですが、とても具体的に勉強法など教えて頂きやる気も
出てきそうです。

エコーを1人でやり始め半年経つがほぼわかっていなかった。独学では限
界があると思った。今回、沢山得るものがあったので早速実践してみようと
思います。

解剖の勉強をしていたのでコツを教えて下さってためになった。
名称はマスターしたはずと思って参加したのですがまだ不十分でした。

【第2講 プローブの走査の練習法 (浦山)】
プローブ走査の練習方法のポイントを知る事ができてよかった。今は自己
流でやっているため悩みにぶつかっていてどうすればいいかわからなかっ
た。今後、練習法に沿ってやっていきたいと思う。

プローブの持ち方からアーチファクトの事までなかなか聞けない初歩的な
事までとてもよかったです。

走査法をレクチャーしてくれたのでありがたかった。
プローブの走査の練習の仕方や持ち方などわかりやすく説明して下さった
ので、これから練習していこうと思います。(同意見2)

実演が良かった。
走査法…プローブを持ち変えてしまう事があったが、空間を作る、指を離
す事で持ち変える事なく当て方を変えられる事がわかった。

プローブに直接ゼリーをつけては駄目な事や、乾燥しているもので拭いて
はいけないと初めて知り、もっとプローブの扱いをちゃんと学ばなければい
けないなと思った。

今まで生理検査に関わる事がなかったため、解剖や実技的な練習法、勉強
がわからなかったのですが、とても具体的に勉強法など教えて頂きやる気も
出てきそうです。


【第3講 速く上達するために覚えること (鶴岡)】
検査フローをこれからの検査で参考にしていきます。また、「肝臓を見て
胆嚢が写っても見ない」というのは、とても時短になると思いました。臓器
に合った体位にし、適切な走査をしていきたいと思いました。

肋間走査のコツがつかめた気がして嬉しかったです。明日からの検査に役
立てたいです。

ゲインやフォーカスを少し変えるだけで腫瘤がはっきり見える事にびっく
りした。

実演が良かった。
基礎知識から教えて頂けてよかったです。アーチファクトの逃し方、逆に
使い方をマスターしようと思います。

ゲインの調整や機器の調整、ためになりました。
第22回 腹部エコー技術レクチャー
2019年3月10日(日)開催
≪エキスパートコース≫ 診断力をつける手技と工夫
第1講 診断力のある描出
第2講 装置の設定、ドプラ法
第3講 手技上の工夫
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
→第22回腹エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えこちらです
第22回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

【講義の内容で、印象に残ったことや感想】
エコーの画像を見ながらのレクチャーは初めて受講しましたがすごく印象
に残るし為になりました。
装置の設定や体位変換など基本的な事が大事だと改めて思いました。これ
からの検査を見直していこうと思います。
実際のライブでの描出が分かりやすかったです。
脾臓は仰臥位ではあまり見えない』ということ。
ベストアプローチを見ると左腎は臥位でみるより有効ですしフローチャー
トで腎は臥位では見いないのですね。次回の健診でもやってみようと思いま
した。
腎臓は仰臥位でチラ見するくらいは良いですけど、それに時間を費やすと
時間が無駄になります。(鶴岡)
肋間からの走査が難しいと思っていたので手技を参考にしたいと思いま
す。
毎回肋間走査の大切さに気が付かされます。
ぜひ「肋間走査」の回も受講をおすすめします。肋間走査だけで約1時間
の講義です。肋間走査を確実に行えると検査の対応力は広がります(鶴岡)
新人に大動脈を短軸で追わせることで、プローブ走査の練習になる。
描出設定でも、本や他の勉強会で知識としては得ているし検査で使っては
いますが、その前の何故・・・という話が聞けて良かった。その部分があれ
ば上手くできない時に考えながら進められます。
腎動脈において、そこまで入射角を気にしなくて良いといってもらえ肩の
力が抜けた。
腎動脈狭窄を見なければならない時、血管がきれいに出なくて落ち込んだ
りしていましたが。『エコーにも限界がある』という言葉を聞いて少し安心
した。角度など悩んだりもしましたが、あまり気にしなくて良いときけて安
心しました。
腎動脈の描出で腎門部を出した状態で見るべきというレクチャーは明日か
らすぐ気をつけるべきポイントとして勉強になりました。
装置の設定やドプラなど普段なにげなくやっていた事が確認できてよかっ
たです。
ドプラの使用方法がよくわかりました。
カラードプラの流速レンジの設定や、角度依存など少し疑問に思っていた
ので、先生のお話をきいて、すっきりしました。
なかなかパルスドプラを使うことがなかったため、今回の講義で学んだ事
を実践してみようかと思いました。
先日、講演のあと、ルーチンで副脾のFFTに挑戦しましたが、簡単にFFTと
れる方もいれば、なかなかうまくとれない事もあり、何事も実践あるのみだ
なーと、少しずつ現場で試してみたいと思います。
今までカラードプラを使用する時は拡大、息止め、ROIの設定はしていま
したが、Bモード、カラーのゲインなど細かい調整が必要な事がわかりとて
も勉強になりました。
明日から活用していきたいと思いました。
先日、腎動脈瘻の方がいて、FFTの流速レンジをもっと上げればきれいに
とれたと反省しました。"
検査を行う際の考え方やポイントがわかりやすく勉強になりました。
いつもわかりやすい講義ありがとうございます。
検査の施行を脱衣で行う事を当院でも行えるようにしたいです。
見たい部分を真ん中に描出するということがわかったつもりで、普段の検
査の手技で抜けていたなとはっとしました。横隔膜付近の辺縁は画面に入っ
て見ているつもりになっていました。装置の設定についても学ぶ事が多く、
明日から実践しようと思います。
装置を理解しきれいな描出をすることが大切。やはり基本が大事だと思い
ました。
毎回分かりやすい内容で、タメになりました。ありがとうございました。
次回もまた参加させていただきたいです。
勉強になったこと、日頃の検査で確認できたこととか沢山あり、充実した
講義でした。わかりやすかったです。
装置の設定など。なかなか講義がないので、とてもありがたかったです。
半坐位や右側臥位でのアプローチが印象に残りました。明日からの検査に
役立てようと思いました。
ありがとうございました。腎血流測定など、明日から早速やってみようと
思います。
クイノーの区域分類より胆嚢の左側などの表現でも可、といわれた事。
実際にドップラー波形を出すまでの手順。
肝外胆管を短軸で記録する事。
時間短縮のために脱衣させる事。(患者サービスの一環で脱衣させないな
どの意見が院内にあり悩んでいました。)
副脾の確定診断にドップラーを使用する事を知りました。
副脾の血流をとること。
ゲインは自分が診断するのにわかりやすい所でOKな事。
カラーやドプラの調整方法。
今まで時間の関係もあり健診では座位、半座位の体位での観察はしていま
せんでした。
やるべき事をやって見えなければエコーはそこまで』という言葉を聞け
て嬉しかった。分かっているつもりでも描出できないのは技術のせいと思い
がちだったため、自分ができる限りのエコーをしていこうと前向きになれ
た。
全体的に役に立つ内容でわかりやすかったです。
エキスパートの方が行っているワザというよりは、やはり基本的なことをし
っかりやることが大切なのだと改めてわかりました。『基本的なことを自然
にしっかりできるのがエキスパート!』

【講義(解説と実演)について不満な点、残念な点など】
(主催者より)今回は会場の投影のトラブルがあり、研修会がスムースに進
行できませんでした。お詫びいたします。
いつも思うのは、モデルの人がすごく見やすい人で行っている点です。た
だプローブの手元とか画像とかは分かりやすくて、今後の検査でも取り入れ
て更なる技術向上のために頑張ります。ただ、見ずらい人、胆嚢底部に消化
管ガスがあって体位変換してもどうしてもプローブ幅のアーチファクトで
poorになってしまい困ることとかあります。粗大病変はなさそうだけれど
も・・・
もしかしたら秘密のとっておきの方法があるのでは??自分ができること
をやりつくしているのか分かりません。
スクリーンへの映像の写しがつながりがあまりよくなかったので、講義が
止まってしまう事があった。
被験者がよく見える方だったので見えにくい方が良かったです。
PCや装置の不具合での立ち上げ時間がもったいない。
機械トラブル?再起動などは残念でした。
ドプラのアーチファクトなど、もう少しききたかった。
もう少し、パワードプラとカラーのところを教えてもらえたらうれしかっ
た。腎動脈をもう少し詳しく聞きたかったです。
少し間伸びした印象でした。エキスパート向けという内容だったかという
と疑問。ライブデモというより座学での技術的レクチャーをしっかり学んで
みたかったです。
質問の時間が多いのはいいと思うのですが、特定の方の質問が多かった。
ネットでの質問は必要なのかと。
私はそうは思いません。せっかく時間と参加費を費やして参加したのです
から、疑問に思ったこと、普段から困っていることは「生」で聞くことが大
切だと思います。皆さんもたくさん質問をもってきてください。(鶴岡)
第5回 心エコー技術レクチャー
2019年3月10日(日)開催
≪初心者コース≫あなたの知りたい最初の一歩
第1講 早く上達するためのポイント
第2講 明日から使えるテクニック
第3講 計測とスクリーニングのまとめ
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義の説明はいかがでしたか?
4.各講義の内容レベルはいかがでしたか?
→第5回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えこちらです
第5回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

【講義の内容で、印象に残ったことや感想】
初心者に向けて丁寧な資料と講義だった。
とても詳しかった。持って帰って保存版になる。
解剖を理解ることがつくづく大事と実感した。
初めての参加でドキドキしたがとても丁寧で検査中の描出ができないある
あるがわかって良かったです。
手元がわかりやすく説明も良かった。初心者がおちいりやすいとこが良く
わかって説明して頂き、助かりました。
また受けたいです。充実した内容で良かった。
実際にライブで表示されているのがわかりやすかったです。コツがわかり
やすかったです。表示がうまく出せないのでこれから勉強したいです。
再チェック(計測等の仕方が等)でき、良かったです。
いつも勉強するときに本を見ながらだとどうしてもわかりにくいので講義
を交えながら画像が見れてとてもわかりやすかったです。資料もとてもまと
まっていてとても良かったです。有意義でした。ありがとうございました。
実際のライブをしながら教わるのが良かった。
描出テクニックのコツが細かくて分かりやすく参考になりました。臨床で
の検査手順なども学べたので勉強になりました。
レジメがとても詳細でわかりやすい。
走査のちょっとしたテクニックがとてもありがたかった。
普段、聞けないような話し、ポイントが丁寧に話して下さり一つのきっか
けと思います。今後も頑張って経験を重ねていきたいと思いました。
操作法で二つの操作を同時にしないこと。
第2講にて、よくないビューからのプローブの訂正の仕方、動かし方を実
演していただけたのがよかったです。
第2講のダメ画像、よく自分でも出してしまう画像だったのでとてもわか
りやすかったです。
第2講で、私が今行っていて迷子になることが多いので、今日の講義を活
かしたいと思いました。描出の見極めが早くできるようになりたいと思いま
した。
診療所なのですが肥大型心筋症の患者様が三名ほどいてちょっとですがお
話が聞けてよかったです。「ネックピロー」いいお話が聞けてよかったで
す。明日買いに行きます。
実際に手元の映像とエコー画面を見ることで、どういう風にプローブを振
ればどう見えるのかがとてもわかりやすかった。
パンダが気になりました。そのせいか3つの中で特に印象に残りました。
左室が変形している時、原因が圧負荷なのか容量負荷なのかの見極め方。
心筋虚血の進行過程(心電図より先に心エコーでひっかかる)。
プローブは同時に2つ以上の動きをしない。
描出の際のダメポイントがよくわかりました。
詳しくてためになった。
計測を実演しながらスライドで説明していてわかりやすく、描出のコツも
教えてもらえたので明日からチャレンジしてみたいと思った。
実演しながらの説明もありとてもわかりやすかったです。
正しい断面の出し方が再確認出来てよかった。計測のやり方なども一部知
らないことがあったので知れてよかった。
迷子になったときにビームがどっち方向になっているのか、肋間を上げる
のか下げるのかなど、今よく困っている描出の戻し方が本当にあるあるでと
てもわかりやすくてそうだったのかと納得でした。
心窩部は膝を立てると描出しやすい。使います。
RVOTの計測悩んでいましたが長軸から上向きに出したところよくわかりま
した。ありがとうございます。

【講義(解説と実演)について不満な点、残念な点など】
プローブの動かし方をもっと見たかったです。(まだ始めたばかりでよく
迷子になるので、こういう画像の時はこういう角度で動かせばこうなる・・・
みたいなのをもっと大画面で見たかったです。)
まったくの初心者だったので、せっかくの画像があまり理解できなかった
ので残念でした。
半年後にまた講義を受けたい
手元の影像でプローブマークがどの向きなのか見にくかった。
実施のルーチンの流れ(おすすめ)というか様々な計測値や測定方法がありま
すが、基本の計測からどう次の計測に繋げて進めていくのかが連動して詳し
く聞いてみたい気がしました。まずは、描出と計測を頑張ります。
講義2;とてもわかりやすかったです。欲を言えば「解剖学的にこうなっ
ているからプローブをこうすると適切な像が出せる」というような説明にし
て頂けるとより理解が深まりそうです。
第2講の先生が上手だったのもありますが、3講の先生のエコーがスマート
でなかったのがやや不満です。
第2講で詳しく実演していたので、第3講がわかりにくかった。何もコメン
トがないままエコーが流れてる時が多かった。
第3講の内容が初心者レベルに対してはもう少し丁寧な講義をしてほしい
(内容の幅が広すぎるからでしょうか?時間的に厳しいのでは?)。例えば、
トレースやポイントの当て方とか計測の位置とか知りたいところがわかりづ
らかった。デモと話の内容がわかりづらい。その点、第2講はわかりやすか
った。
第3講でのライブ(実演)がやや雑に感じた。
第3講の話が少し聞きづらかった。難しかった。
第3講はとても聞きづらかった。計測方法にももう少し時間をかけて欲し
かった。わかりにくかった。
第3講の説明はちょっと聞きにくかった。
講義3:プローブを操作する方と話す方で分けても良かったと思いまし
た。当院では右室駆出率血流波形を短軸で計測していたので教えていただい
たビューでも検討してみたいと思います。
第3講:スクリーニングの説明。説明の段取りを変えたほうがわかりやす
いと思う。
第3講:計測とスクリーニングの説明が少し早いのとスライドの写真が一
つにまとまり過ぎてて書き込みにくかったです。

第4回 心エコー技術レクチャー
2019年2月3日(日)開催
初級者コース:自信がつく心エコー技術を伝授します!
第1講 長軸断面と短軸断面での描出と計測
第2講 心尖部断面と心窩部断面での描出と計測
第3講 抜け漏れのない検査手順
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
   よく理解できた講義と難しかった講義

第4回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

【講義(解説と実演)について印象に残ったことや感想】
1つの疾患を確定するための複数の確認方法はとても勉強になりました。
また野間先生のお話を楽しみにしています。
野間先生のお話はとても分かりやすく、とても良かったです。毎回満足し
ています。また先生の講習会に来たいです!
今まで院内で上司から教えてもらうとき、「あっち」「こっち」や感覚
で、と言われることが多かったのですが、具体的に教えて頂けたので非常に
わかりやすかったです。
講義を受けて初めてこんなにも理解できたと思えました。
肺が重なって見えにくいところの見せ方、右肩方向にずらす、反時計回転、
少し肋骨に乗せるなど、実際の動きをモニターで見ながら確認できてわかり
やすかったです。
私が迷っていることが詳しく解説されていてとても為になりました。今後
の検査の際に今日の講義を活かしたいと思います。
全体にとても素晴らしい講義であったと思います。細分まで資料を用意し
て頂いて、だいぶわかりやすかったです。
描出を詳しく教えてくれるところはない。描出が出来てから、の勉強会が
多いので。
医師から業務で、「AR,MR,AS,EFの低下がわかればいいので」と言われ、
自己流で始めたのですが、シンプソンの肉中を除くことや?の測定など今ま
で疑問だったことが解決しました。明日から使用させていただきます。良か
ったです。AF,2段脈,3段脈の測定困難な人の測定方法の説明も参考になりま
した。
計測がどこをどう計るかで、かなり値が変わってしまうので要点がわかっ
て良かった。細かいところに気を付ければ、値の誤差が減るなと思った(特
にシンプソンとLVEF)。
ルーチンでの検査方法がなんとなくわかりました。これをもっともっと検
査できるようにしていきたい。あとは語彙力をつけていかないとなかなかつ
いていけないなと感じました
どの描出についても、ひとつひとつ丁寧な描出方法を教えていただきとて
もありがたかったです。モデルになって体を動かしてくださったモデルのか
た、寒いのにありがとうございました。
プローブをあてている場所が見られるのがよかった。
計測のところで、病理像を参考に考えるという話が良かったです。計測の
トレースのところのポイントがわかりやすかったです。
E-e'はどこでとらないといけないか。2腔、3腔の描出の仕方。
業務で不安になっていた微妙な部分をたくさん教えて頂けました。2chの
前壁の出し方も勉強になりました。
非常に勉強になりました。苦手意識がある中で心エコー検査を任せられる
ようになってしまい、まだまだ不安でいっぱいです。今日の研修会をよく復
習し、野間先生おすすめの教材も買ってみようと思います。本日はありがと
うございました。
少し長く感じた。
うまく描出するポイントがわかりやすかった。
右心系の計測のしかた。
e'の測定する時相がよくわからなかったので今日のでよくわかった。
必要に応じてプローブや微妙な体位を動かすことを学んだ。
心エコーの計測方法でわかりにくい部分があったので大変参考になりまし
た。S字中隔の患者さんの時、どこを測定したらよいか迷う部分があり、わ
かりやすく教えていただきました。ありがとうございます。
自分が行っているルーチン検査に自信がなかったが少し自信がつきまし
た。ありがとうございました。行っていない検査は今後行っていけるように
したい。
正常とする基準など考え方がわかりました。
拡張能e' E波の測定の仕方 MOD法のやり方などが実際に見られて良かっ
たです。
二腔像の出し方も見ることができて良かったです。
テキストもわかりやすく初心者にも理解しやすい内容で嬉しかったです。
ありがとうございました!
走査法が分かりやすかった。
長軸断面での計測で、今までどこにカーソルを置くべきか毎回不思議に思
っていましたが、病理の緻密層、内柱を考えて、より拡大して見てみるこ
と。また、角度が立っている心臓の時では、他のビューでもアプローチして
計測するなど割と臨機応変で良いのだなと思いました。
計測に最適な部位について。
1つの計測で決めることなく2つ以上で確認する。
描出についてよくわかった。
LVOTの計測やA弁短軸からどのようにプローブを動かしたらTRを見ること
が出来るかなど、細かいことも教えてもらえて助かりました。
圧の話も多く含まれていてよかったです。
資料も詳しくとてもわかりやすかった。
内容が充実していて、細かい所まで丁寧に教えて下さりありがとうござい
ました。戸塚の研修会にも伺います。
ハンズオンでの講義、ためになりました。詳細な講義を受けることができ
て、もう一度見直せた。

【講義(解説と実演)について不満な点、残念な点などのご意見】
不満な点、無しです。満点です!良かったです!
略語を少なくしてくれると嬉しいです
専門用語や略語の説明があるとなお良かったです。
最後のほうが少し駆け足になってしまったところです。
初心者エコーというが、難しく感じた。
(シーズン2)今回の研修会は「対象レベル、初級者(経験1〜3年くら
い)」としていました。たとえ今は難しくても修得を目指してくださいね。
満足です。鶴岡先生が最後に言っていた通り、幅広いレベルの講義でし
た。ありがとうございます。
時間が足りなかったこと。
時間に対して内容が濃すぎると思う。もう少し時間をかけて説明して欲し
い部分も多々あった。
自分の知識が足りないことが残念でした。
Mモードあたりが難しかったです(レクチャーを受ける前の学習不足でした
…)
機械の操作でAVAが出なかったこと。あと時間が短いこと。
モデルが良すぎる!実際高齢者が多いので、四腔像では肺がかぶったり、
パラスターナルでは描出不良だったりで、満足に描出されないことがあるの
ですが、どこで判断すればいいのかわからない事があり、報告書にはあやふ
やな数字だけを並べています。ピンポイントなことがあったら聞きたかった
です(心窩部から・・など)
→第4回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えこちらです
第2回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2019年2月3日(日)開催
初心者・初級者コースのテーマ
第1講 見逃さないための解剖と走査法
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
難しかった講義、よく理解できた講義を選んでください

第2回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の感想 
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

【講義(解説と実演)について印象に残ったことや感想】
今までの走査でわからなかった所がよく分かりました。時間がかかってし
まっていたのは、見るべきポイントや見方がわかっていなかったためだと思
いました。現場で実践してみます。
解剖は良かったです。スキャンをしながら血管を1つずつ説明して頂いた
ので、よくわかりました。
実際の検査法が直接見れることはとても参考になりました。
解剖から詳しい内容でわかりやすかった。
わかりやすくて勉強になりました。ありがとうございました。
いつも下腿は座位で検査していました。仰臥位で検査が出来れば、患者の
負担も減るのでチャレンジしていこうと思いました。
わかりやすかったです。勉強中で、始めはやりたくなったのですが、勉強
してみたくなりました。私にも出来るかなぁと思いました。
以前、他の下肢静脈エコーの講義を受講した事がありますが、その時より
分かりやすく、理解できました。
描出のちょっとしたコツがよく分かりました。次は見逃す事なく、しっか
り検査が出来るような気持ちになりました。復習し知識と技術を身に付けた
いです。
医師への緊急報告をするべき症例を知ることが出来てよかった。解剖の写
真が豊富で良い資料として活躍したいと思います。
短軸の描出だけではなく長軸の描出についても説明して頂けたので助かり
ました。
ヒラメ筋静脈の内側枝と中央枝が今回のデモでよくわかった。
ありがとうございました。講義で画像もたくさんあってよかったです。
腓骨静脈からヒラメ筋静脈中央枝が出ていく走行がわかりました。
プローブ走行の解剖を見ながらの講義がわかりやかったです。実際の臨床
に沿った講義がわかりやかったです。
描出のコツがよくわかりました。
ルーチンの検査法が今までやってきたのと違っていて、このようにしたら
見つけやすく・見やすいのだなと学べました。今後そのようにしていきたい
です。
血栓評価のコツ。
可動性血栓の動画は参考になりました。
検査時間が10分くらいということでコツをつかめば短時間で済むのかなと
思いました。
下腿のチェックの仕方、参考になりました。
初心者向けで基本的なところからの講義でわかりやすかったです。
とてもわかりやすい講義でした。ありがとうございました。
解剖がよくわかりやすかったです。
自分が行っていた検査に自信がありませんでしたが、大きく間違っていな
かったことがわかり、少し自信を持って検査を行えそうです。ありがとうご
ざいました。
臥位でも十分見えることが分かりやってみようと思いました。
実際に画像で見せてもらえるのがわかりやすく、コツ等教えて頂けてよか
ったです。
覚えることを要点をまとめて教えて頂きとてもわかりやすかったです。
薬や本のガイドライン紹介もとてもわかりやすく大変勉強になり参考にな
りました。ありがとうございました。

【講義(解説と実演)について不満な点、残念な点などのご意見】
自分の勉強不足(解剖など)で少しついていけなかった。今回の事を踏ま
えて勉強してもう一回講義をうけたい。今回うけたことで、とっかかりがで
きて感謝してます。またリベンジしたいので、同じ講義をもう一回やってほ
しいです。下肢静脈瘤の講義も聞いてみたいです。
報告書の書き方のところで実際の例と書き方を示して下さいましたが、時
間が短く書ききれませんでした。可能でしたらその内容もあらかじめ入れて
おいて下さると助かります。
座位や立位でのライブデモも見たかった。
ひらめ筋静脈の位置関係をもう少し詳しくみたかった。
たくさんの内容で良かったのですが、もう少し時間が長ければよかったで
す。
もう一度ルーチンの検査を通してやってほしかったです。
血栓の境界の表現が分かりにくかった。
時間がなくてスピードが早かったけどとても分かりやすくどんどん興味が
わいてくる講義でした。
講義内容が濃くて勉強になったが、やや早口で説明していたので聞き取れ
ないことがあった。血管のどの部分の説明か分かりづらかったので解剖の説
明の時はポインターでスライドを指示してほしかった。
初めの資料の解説の時にポインターがあれば良かったです。少し早くてつ
いていけないことも・・・
実演での走査方法はとても分かりやすかったのですが初心者の私としては
もう少し時間のある中での実演がよかったと思います。
ヒラメ静脈の血管の追い方は分かりやすく教えていただきましたが難しい
と感じました。
最後時間がなく早足だったのでもうちょっとゆっくり聞きたい。
やはり血栓の見極めが難しいと感じました。
症例を見せていただいてとてもよかったのですがそれを所見にする際の例
をプリントにも載せてほしかったです。記憶が追い付かなく見たように書く
しかないなと思ってしまいました。
分かりやすいので良かった。
下肢のところがもう少しゆっくり聞きたかったです。早くて少々ついて行
けませんでした。
両側のデモがみたかった。
太ったモデルさんでお願いしたい。
特に不満がないが、もう少しハンズオンの時間を長くしてもらいたかっ
た。1名のモデルではなく複数の人に対し走行や条件が違ったハンズオンが
みたかった。
不満はありません。
腓腹筋とヒラメ筋をエコーで見ているとどっちか?と悩んでしまうことが
あるので、今回の見分け方のポイントを実際のエコー画像でみたかった。
下肢静脈エコーを始めたばかりなのでデモンストレーションで大変わかりや
すいったです。
デモンストレーションはとてもわかりやすく参考になりました。
とてもわかりやすい説明だと思いましたが、ルーチンでやったことがない
ので明日から空いた時間で少しずつ練習してみたいと思いました。
また何回も聞きたいです。
動画がもう少しゆっくりがよかった。(ルーチンで検査してないのでわか
りにくかった)
最後、後半の症例のところは、もう少しゆっくり書く時間があると良かっ
たです。
→第2回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えこちらです
第1回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2018年10月21日(日)開催
初心者・初級者コースのテーマ
第1講 見逃さないための解剖と走査法
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
難しかった講義、よく理解できた講義を選んでください
第1回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の感想 
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

【講義(解説と実演)について印象に残ったことや感想】
今までの走査でわからなかった所がよく分かりました。時間がかかってし
まっていたのは、見るべきポイントや見方がわかっていなかったためだと思
いました。現場で実践してみます。
解剖は良かったです。スキャンをしながら血管を1つずつ説明して頂いた
ので、よくわかりました。"
実際の検査法が直接見れることはとても参考になりました。
解剖から詳しい内容でわかりやすかった。
わかりやすくて勉強になりました。ありがとうございました。
いつも下腿は座位で検査していました。仰臥位で検査が出来れば、患者の
負担も減るのでチャレンジしていこうと思いました。
わかりやすかったです。(勉強中ですが)始めはやりたくなったのですが、
勉強してみたくなりました。私にも出来るかなぁと思いました。
以前、他の下肢静脈エコーの講義を受講した事がありますが、その時より
分かりやすく、理解できました。
描出のちょっとしたコツがよく分かりました。次は見逃す事なく、しっか
り検査が出来るような気持ちになりました。復習し知識と技術を身に付けた
いです。
明確な説明、大変わかりやすかったです。
医師への緊急報告をするべき症例を知ることが出来てよかった。
解剖の写真が豊富で良い資料として活用したいと思います。
短軸の描出だけではなく長軸の描出についても説明して頂けたので助かり
ました。
ヒラメ筋静脈の内側枝と中央枝が今回のデモでよくわかった。
ありがとうございました。講義で画像もたくさんあってよかったです。
腓骨静脈からヒラメ筋静脈中央枝が出ていく走行がわかりました。
プローブ走行の解剖を見ながらの講義がわかりやかったです。
実際の臨床に沿った講義がわかりやかったです。描出のコツがよくわかり
ました。
ルーチンの検査法が今までやってきたのと違っていて、このようにしたら
見つけやすく見やすいのだなと学べました。今後そのようにしていきたいで
す。
血栓評価のコツがよくわかりました。
可動性血栓の動画は参考になりました。
●v検査時間が10分くらいということでコツをつかめば短時間で済むのかな
と思いました。
下腿のチェックの仕方、参考になりました。
初心者向けで基本的なところからの講義でわかりやすかったです。
とてもわかりやすい講義でした。ありがとうございました。
下肢静脈の解剖が理解できました。解剖がとてもわかりやすかったです。
自分が行っていた検査に自信がありませんでしたが、大きく間違っていな
かったことがわかり、少し自信を持って検査を行えそうです。ありがとうご
ざいました。
臥位でも十分見えることが分かりやってみようと思いました。
当院も仰臥位での実施でしたので不安が軽減できた。
実際に画像で見せてもらえるのがわかりやすく、コツ等教えて頂けてよか
ったです。
覚えることを要点をまとめて教えていただきとてもわかりやすかったで
す。
薬や本のガイドライン紹介もとてもわかりやすく大変勉強になり参考にな
りました。ありがとうございました。
大変わかりやすい講義でよかったです。解剖が大切だと再認識しました。
あと先生が言っていたコツも教えていただけでよかったです。
下肢静脈は難しそうだやりたくないなと思っていましたが頑張って行けそ
うな気がしました。次回も参加します。

【講義(解説と実演)について不満な点、残念な点などのご意見】
時間が少なくて残念です。
もう少し症例を見たかったです。
実演のエコー像(血管)が小さくよく見えなかったです。
資料にないスライドがメモ出来ませんでした。
プローブのあてる場所の写真を資料に入れてほしかったです。
デモンストレーション時に時々、レクチャーの内容に切り替わるのが見づ
らかった。画面と操作画面だけで行ったほうがよかった。
検査が10分で終わることだったので一連の流れが見たかった。
レポート等は実例として参考資料にあれば味方のポイントになったのにな
と思いました。
動かせない人のコツ、時間を短縮するコツを知りたかったです。
ヒラメ筋静脈の分岐が一瞬だけだったので見逃したことがあった。
PCの不具合。
エコー画像、プローブ走査を同時にみることが出来て理解が深まりまし
た。
ハンズオンの時、「わかりますか? つぶれてますよね?」とカラーを載
せながらのほうがわかりやすかったかと思います。初心者には厳しいかと。
コードブルーの話が聞けなった点。
実演でひらめ筋での静脈の追い方が難しかったです。総腸骨動脈・静脈の
辺りがガスで追い方がわかりにくかったのが残念でした。
静脈瘤の範囲のお話も聞かせて頂きたいと思いました。
→第1回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えこちらです
第21回 腹部エコー技術レクチャー
2018年10月21日(日)開催
初級・中級者コースのテーマ
第1講 近づいて広く見る消化管
第2講 本当はこわい腎臓の描出
第3講 見れば分かる副腎の描出
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
難しかった講義、よく理解できた講義を選んでください
第21回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第21回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想)
研修の内容で、印象に残ったことや感想
ただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)

腹部エコーに関する講習会に参加させていただいていますが、毎回ために
なることがあり助かります。スタッフの皆さんは現場で仕事しながらの準備
で大変だと思いますが、今後の研修会も楽しみにしていますのでよろしくお
願いします。
ありがとうございます。受講した方の力になれれば講師もスタッフも苦労
が報われます。
なかなか経験数が少ないので、実演を含めた勉強会はわかりやすいです。
わかりやすかったです。まだまだエコーを使いこなして(理解して)検査して
いないと思いました。
下腹部痛といって来院した方の考えられる腹部エコーでみるべき臓器の内
容をまとめてやっていただけないでしょうか?
それはスキャニングの事ではなく、判読が大切な分野ですので、技術レク
チャーではなく「超音波からのメッセージ」の方でテーマとして採り上げま
す。

【消化管】
消化管の実演エコーはとてもわかりやすかった。チャレンジしてみようと
思いました。
消化管は全て同じようにガスだと思っていたが、大腸でシャドーが見える
とのことで、小腸と見比べてやってみようと思った。
よくわからなかった消化管をじっくりやっていただいたのでよかったで
す。特に回盲部。消化管は見方が良くわかりました。胃はいつも退部の所が
どこを見ているのかわからなくなっていましたが、良くわかりました。
消化管は、苦手意識がありましたが、明日から検査してみたくなりまし
た。
消化管はいつもガスで見ることを断念していましたが、ガスを頼りにする
と見えるということで、敵を味方にしたような感じです。明日から下腹部
痛、虫垂炎疑いなど先生が記入した場合でも「ガスで見えません」と返答し
なくてすみそうです。よく分かり、今回参加してよかったです。目から鱗で
す。
前回(9月実施)の消化管と関連して話してもらえたのでわかりやすかっ
たです。飲水法を実践してもらえたので勉強になりました。ガスを見つけた
後見失う事が多かったのですが、ゲインを下げると見やすくなることを実感
しました。虫垂の探し方もよくわかりました。虫垂の出し方は分かったけ
ど、これですと指されるまで画面上でわからなかったのでやはり探せないか
もと思いました。消化管エコー難しいと思っていましたが、もう少し頑張
りたいと思いました。
消化管はどこから見たらよいかわからなかったが、描出のコツがわかっ
た。消化管の講義を聞き、わかったつもりでいるが実際行うと?となって
しま
うのでどんどん経験していきたいと思いました。腸管:見てると簡単に描
出できそうなのに、実際に自分でやるとうまくい
かない。正常の虫垂を見れたのがよかった。腸炎の種類も記載しないとい
けないのかと考えていたが、消化管エコーで
見るべきポイントを履き違えていたようだった。
虫垂描出のコツがわかった。
虫垂を探す時、書籍では「回盲部を出してそこから探す」と書かれてい
る。その探し方が書かれていない場合が多くて困っていたが、今回の講義で
ご教授いただき非常に参考になった。

【腎臓】
腎臓、今まで見落としていた気がして背筋が凍った。
腎臓のスキャンニングでずらして描出していくという方法はとても参考に
なりました。さっそく実践してみたいと思います。
腎腫瘍をいかに簡単に見落とすものなのかよくわかりました。
副腎、虫垂の出し方がよくわかりためになりました。
腎臓のスキャンで、今まで座位で行っていなかったので明日からとり入れ
たいと思いました。左腎が苦手だったので早速やってみます。
腎臓のスキャニングの方法を今回の講義を聞いて変えようと思いました。
腎臓のスキャンニングデモで先生が見本を示して下さったように「断面を
あおりながら、ずらしながら」端まで見る、外まで見る。必ず実践し習得し
たいと思います。ガスを避けて端まで観察するスキャンニングも非常にわか
りやすく教えて頂き、ありがとうございました。
腎臓は普段から見ているが、もう一度見落としないように手技をやろうと
思った。
腎臓は連続でスキャンするということ。画像を撮るためでなく腫瘍を探す
のがスクリーニングということ。
左腎での体位変換の有効性
・非常に分かりやすい言葉を使って頂いて理解できた。
腎臓、副腎のスキャンの仕方は多変勉強になりました。多角度、多方向か
らの走査、体位変換での走査の大切さを改めて認識しました。
腎下極を端までしっかり見る見方は参考になりました。
腎臓を見落とさないために体位変換が重要なことが実感できた。
明日から腎描出法は両側臥位でずらす様にやってみたいと思いました。見
落としをしていないかビクビクしながら検査するのではなく、見落とししな
いスキャニングが出来る努力をしたいと思います。

【副腎】
副腎の描出法を実践的に教えてもらてて参考になりました。
副腎は難しそうだが、まずやってみます。細いです。
副腎は腎臓の上にのっている三角形のものと思っていたがもっと薄く線の
ように見えると知って目から鱗でした。ランドマークの横隔膜脚が重要なの
がわかりました。
横隔膜脚を見つけるということが副腎描出に大切なことがわかった。
副腎は言われればわかるけど、自分で認識できるか不安。
副腎の描出法はすごいわかりやすかったです。ランドマークが大切なこと
も理解できました。
第20回 腹部エコー技術レクチャー
2018年7月16日(日)開催
中級者コースのテーマ
第1講 それでも知りたい肝区域
第2講 意外に見落とす胆嚢の端
第3講 ついでに見ようリンパ節
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.各講義はいかがでしたか?
第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想
研修の内容で、印象に残ったことや感想
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
受講して印象に残ったこと
去年もこの会に参加させていただいたのですが、前回より自分が成長して
いるなと感じられました。
実際にプローブを持った状態での説明だったのでわかりやすかったです。
ビデオ(手元とエコー画像)とても見やすくて良かったです。
レーザーポインタ、指し棒を使って「ここ」と示すのが分かりやすかった
です。
最後のプローブの持ち方も見れて参考になりました。

■肝区域
肝区域の考え方が変わった。境界面で見るやり方はわかりやすくて良かっ
た。門脈枝をモールで作成するのは面白くてわかりやすくて良かったので帰
ってからもやってみようと思います。
肝区域のS1?S8区域よりそれ以外の表現、肝縁は付近などで表現した方が
わかりやすいですね。医師からはs区域で前回所見があったと所見の記入が
あるのでちょっと困っていましたが、別の表現を使ってみます。
肝臓の各区域の境目が今回、この断面!という目安が分かって良かったで
す。門脈と病変が同時に描出できなくても、プローブ走査から調べられるよ
うになれそうです。後輩に聞かれても答えられそうです。
肝区域の境界の見方、表現の仕方が勉強になりました。
動画で病変かクイノー分類のどこにあるかなどの提示が何例かほしかっ
た。
肝区域、いつもあいまいでしたが今日の内容を踏まえて明日からやってみ
ます。
肝区域がわかりにくいと思っていたので勉強になりました。件数が少ない
ので症例等参考になりました。

モールを使った門脈走行がわかりやすかった。S2,S3を外側区域上、
下と、外側区域前、後と書いてあるエコー本がありあまりよくわからずいた
が、モールのおかげで前後、上下の位置がなんとなく理解できるようになっ
た気がしました。
モールで門脈を作ると立体的な位置が分かり良かったです。
モール使って立体的に門脈を作って見てみるのはわかりやすかった。
門脈をモールを使って実際に作ってみることで肋間からどうみえるかがわ
かりやすかった。また境界面を教えていただけるのでそこが区域を考える上
でわかりやすなるポイントになった。
門脈を自分で作って見たことがとても役に立ちました。
モール使って立体的に門脈を作って見てみるのはわかりやすかった。
左葉外側区域の境界断面の走査がよく分かった。(今まで勘違いをしてまし
た)
普段、本でしか門脈の走行、構造を知ることがなかったのでモールを使っ
て実際に作ったことで平面でイメージしていたものが立体でイメージできて
よかったです。
モールを使って脈管を作ったことで解剖が少し理解できた。
門脈をモールで作ったのは門脈の走行を知るのに役立ちました。立体的に
想像できて良かったと思います。
門脈を自分で作って見たことがとても役に立ちました。
モール使って立体的に門脈を作って見てみるのはわかりやすかった。
モールで門脈を作る作業。なかなか立体的に捉える事ができなかったので
参考になりました。よくわからなかった肝区域がわかったような気がしま
す。
モールを使って血管走行を確認したこと。現場のスタッフとも確認を兼ね
て作ってみたい。
肝区域を立体的に作ることで平面でみるよりもわかりやすかったです。
門脈をモールで作ってみるといかになんとなくしか理解できていないかが
よくわかった。区域同定が出来るように境界面をきちんと描出出来るように
心がかけたい。
門脈をモールで作って、走行がよくわかって良かったと思います。一緒に
胆管もあると良かったと思います。
肝区域の同定"境界面を出す"教科書等でわかったつもりになっていました
が、実演していただき、実感として理解できました。モールの脈管作成は前
回実技は枝の比率がよく聞き取れなくて不格好だったのですが、今回はスム
ーズでした。
■胆嚢
今まで胆嚢頸部と思っていた部分は全然頸部ではないとわかった。明日の
検査から意識を変えて見ていこうと思う。
改めて肋間走査の大切さを学んだ。
胆嚢頚部が腫瘍で胆嚢に見えなかった写真が、実際自分で見つけられるか
なと思い、明日から気を付けて見ようと思った。
ハルトマンポーチについて、門脈本幹やミッキーマウスが目安となること
を初めて知りました。
胆嚢頸部は今までハルトマンポーチまで意識してみていなかった。門脈本
幹と同じ位置ということを教えていただけたので今度からはきちんと観察し
ようと思う。
ランドマークを意識して検査しようと思います。多重反射は仕方ないと思
っていましたが、軽減することで病変が見えることがあるのでできるだけベ
ストなアプローチで取り組みたいと思います。
胆嚢のスキャニングでは他の人の質問も聞けて勉強になった。
胆嚢を見るときの注意する点、見落としがちなところを説明していただ
き、次から気をつけようと思いました。

前に胆嚢の講義を聞いたことがあったので復習となりました。頸部を見る
ポイントなど、忘れていた点もあり、やはり勉強会に参加することは大切だ
と思いました。
胆嚢での多重反射を減らす方法、最後の実演で行なった肋間走査、肋弓下
走査、肋間走査は苦手意識が高かったので、明日からしっかり練習をしてい
かなければならないとおもいました。
腹壁に対し斜めにビームをあてる。即実践します。体位変換の重要性もよ
く理解できました。
すぐに役立たせることができそうなランドマークからのハルトマンポーチ
は明日からすぐに取り入れたいと思います。
■リンパ節
リンパ節は、正常では観察しにくいとのこともあり、少しわかりにくかっ
たです。
リンパ節を意識してみることがあまりなかったので、次からきちんとゲイ
ンを調整して検査したいです。
リンパ節の腫れていると見えてくる場所を説明してもらえたので血管とは
別のエコー像が見えたときに気をつけようと思いました。

第19回 腹部エコー技術レクチャー
2018年4月15日(日)開催
中級者コースのテーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想)
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
受講して印象に残ったこと
ランドマークの大切さを改めて感じました。またプローブの向きや角度な
ど細かく丁寧な内容でよかったです。ガスの移動時間も初めて知りました。
日常業務に活かせると思いました。
今まで観察していた膵臓は全然見ていなかったのではと考えさせられまし
た。今回教わった描出方法を実行していきたいと思います。
十二指腸のガスをどけるには少し待つということ、ビームを当てる方向、
解剖が大事ということ。
ガスの種類(胃、十二指腸、大腸)によって対処方法が異なることや体位
変換の順番の意味が理解できた。
膵臓の描出が今までは全然工夫していないことがわかった。2回のプロー
ブ走査で見えないとしていましたがこれではダメだと思います。明日からは
今日学んだことを確認していきたいと思います。
膵臓の描出はランドマークの理解と消化管ガスを操ることがポイントです
ね。
膵臓の走査や胆管の走査方法がよくわかった。
膵臓の描出はどこまで出せば描出した事になるのではなく、1cmでもその
先を見るようにするというお話しになるほどと思いました。明日から今まで
よりも少しでも長く描出できるように努力したいと思いました。膵尾部の飲
水法の実演は素晴らしかったです。副脾にパルスドプラは目から鱗でした。
膵臓をより良く描出するための胃のガスを移動させる解説がとても勉強に
なりました。今までは尾部がガスでよく見えないときは半座位にさせて試み
るだけでしたが、ガスをきちんと移動させたり十二指腸に排出させたりして
から右側臥位にしたいと思いました。明日出勤したらすぐにでも実践してみ
たいです。飲水法のデモンストレーションも面白かったです。
膵臓をいつも長軸で見つけていました。まずは短軸で見てから目星を付け
てやれば時間短縮になりますね。
胆管を短軸でまず評価するところ。短軸でずっと追って描出することはし
てこなかったので一緒に解剖も学べて良かったです。膵の長軸アプローチに
ついても。
拡張のない胆管も長軸で見ようとしていた。
早く正確に判断するためには、まず手技を見直してそれまでの誤解に気付
くことは大切です。
ブランクあるので復習になった。体位変換でガスの動きが再確認できて、
とても良かった。飲水法を初めてみた、尾部がキレイに描出できるのがわか
りました。
膵臓において、描出範囲を頭部〜尾部と書くなと言われたことが理解でき
ました。頭部といっても一部しか見ておらず、今後、今日習った事を活かし
きっちりと頭部を観察します。
飲水法の実演が見られて良かった。
飲水法は初めて見ました。興味深かったです。
膵臓について、講習会を沢山受けてもきれいに描出、観察することは毎回
完全にはできないので、何年目になっても努力が必要なのだと感じました。
ランドマークを押さえることでこんなにも描出しやすくなることに感動し
ました。プローブをどういう向きにすればいいかも詳しく教えて頂けて今後
の練習の参考になります。
膵尾部の描出方法を詳しく知ることができて、研修を受けてよかったで
す。
解剖の大切さを始めて知った。自分で出している画像がガスで見えにくい
と諦めていたので追って想像していけるような知識を増やしたいと思う。と
ても勉強になった。もう1回聞きたいと思うぐらい良かった。腸管の追い方
が分からなかったので今日とても理解できた。
膵臓を観る時に尾部を追ってまで観察していなかったので参考になり、練
習してみようと思った。
副脾はなかなか詳しくないので見つけた時にパルスとカラーをかけてみよ
うと思った。
臨床現場にすぐに使える技術なのですぐに実践したいと思います。
飲水を実際には見たことがなく、とても勉強になった。今度練習してみよ
うと思った。
ランドマークの重要性。
飲水法のやり方が分かってよかったです。
飲水法について細かく教えて頂けて良かったです。今までずっと知りたい
思ってたので。
飲水法については文献を見ても簡単に書いてあることが多く、いざやって
みても効果が得られないことが多いと思います。私なりに工夫し、確実性の
ある手技を実演しました。
以前にも聞いた講義でしたが聞いていると、あ、そうだったと忘れている
ことが再確認できて良かったです。一度受けただけで抜けてしまうと実感出
来ました。
細かいポイントを解説していただいたので大変勉強になりました。
今までガスを避けるために圧迫していなかった(体位は座位くらい)
ガスがどこからのガスで減らすための方法を組み合わせて行くことを実践
していきたいと思います。
肝外胆管の走行をプローブでの位置でわかりやすかった。説明してもらっ
たので施設に帰って練習して早く検査が終わるようにしたい。
spleen indexの意味をまちがえていた事や、副脾の確認の仕方がわかって
よかった。
計測はすればよいのではなく、その意味や有効性を理解しないと、スクリ
ーニングで無駄なことをすることになりますね。
最初は、いつでもチャンスがあれば出来るようにと勉強会に参加していま
したが、昨年、エコー担当者が2人抜けて当然自分が全ての領域を行わざる
を得なくなりました。それでも、勉強の仕方や色々な症例を見ていたおかげ
でなんとかルーチンを回すことも出来たし、後輩の確認も出来るのは、スタ
ッフの皆さんのおかげだと思います。今年は、検査士を取得できたら少しは
恩返しになるかなと頑張っています。

第18回 腹部エコー技術レクチャー
2018年4月15日(日)開催
初心者コースのテーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
第18回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです
第18回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです
受講して印象に残ったこと

全体
先生が初心者レベルに合わせて下さり、専門用語も少なめに説明して頂い
たので理解しやすかったです。ありがとうございました。次のレベルにステ
ップアップ出来るように今日の講演を大切にしたいです。
自分の今のレベルを知れる機会になりました。ありがとうございました。
先生方の熱意が感じられ、とてもよかったです。
全く勉強していない私でも少し分かってきました。ただ予習してくるべき
だったと反省しました。次回くるときは解剖図くらいはせめて覚えて挑もう
と思います。本日は貴重なお時間をありがとうございました。
技術者はずっと勉強が必要である。
自己流で検査をしていることが多かったので、今回の研修を活かしていき
たいと思いました。
ありがとうございました。自院で行っている検査法とかなり違っていたの
で参考にしようと思います。
勉強法や練習法が分かったのは、これからの練習や勉強に役立てられてよ
かった。 検査の仕方を一連で実演してくれるのはよかった。
エコーの勉強を始めたばかりなので、自分のレベルに合っていて分かりや
すっかったです。
検査フローとプローブの正しい持ち方など勉強になりました。
最高でした。また来たいです。

解剖・スケッチ
プローブを持つ前の解剖等の知識が大切だということ。
解剖の実習(スケッチ)は良かったです。時間があれば全画面でやってほ
しかったです。
解剖のスケッチでは位置を理解していると思い込んでいたようで、実際に
書いてみると微妙にずれていたり、サイズが違っていることに気が付けまし
た。
解剖の勉強が足りていない事がわかり、解剖の勉強をしようと思いまし
た。
解剖を自分で書いて覚えるのはすごく勉強になりました。
実際にスケッチする事で自分が理解できていないことが明確になったので
改めて勉強しなおしたいと思いました。
エコー画像で見えるものを全てスケッチして調べることは実施していきた
いです。
解剖でまだまだ不安なところがあるとわかった。解剖をしっかりと理解す
るようにしたい。
細かく注意点を知ることができて良かったです。シェーマを描きながら解
剖の位置を理解していきたいと思います
実際の解剖と、エコー描出像が異なるため、解剖の勉強のやり方がわかっ
た。
胆嚢内腔の多重反射がいつも注意されるため、少なくする方法がわかって
よかった。
まず解剖を理解する事が大切だとよくわかりました。
本を見て理解しているつもりでしたが、スケッチして書く、というのを練
習していきます。
解剖描いて見ると思いのほか、まだまだ未熟なのを実感しました。

プローブ・装置
プローブは高価なものとわかっていましたが、(教えて頂いている方と)
手渡しをしていたので、プローブの受け渡しは気を付けたいと思います。
プローブの拭き方は特に意識していなかったので調べてみたいと思いま
す。(消毒シート等についても)
プローブの持ち方、話し方など実演で分かりやすかったです。
ゲインとフォーカスの調節、多重反射の外し方がわかり良かったです。
教えてもらえる環境にないのでほとんど触らず検査をしていました。(情
けないです)とても実のある時間でした。
ゲインで画像がかなりかわったのは驚きました。
プローブ走査の手元が見えたのでわかりやすかった
検査フロー
スクリーニング(走査)を見せてもらえた事やその際のポイントを手元と
画面の両方で確認でき、とても勉強になりました。ありがとうございまし
た。
脾臓は座位で見る事が印象に残りました
肋間走査で今まで座位で横隔膜をみていくことはしなかった。明日からと
りいれたいと思います。
「腹壁に垂直にあてると多重反射が起きるからななめにプローブをあて
る」ということが。今まで反射が多くて見えづらくてプローブをやたら動か
していた気がします。プローブの持ち方、走査の練習法など分かりやすかっ
たです。体位でのアプローチが大切なこと。始めたばかりですが、よく考え
て走査の練習を行っていきます。
検査フローについては、現在先輩が実施している内容と違う点(体位変更
あまりしない)があるので改善できたらと思う。

初心者の皆さまへ
今一度、テキストの前書きと最後のページをご覧ください。
私からの、これから検査にとり組む方へのメッセージです。
                         鶴岡尚志
第3回 心エコー技術レクチャー
2017年12月10日(日)開催
あなたが知りたい中級者へのステップ
第1講 中級者ならできる描出技術
第2講 中級者はこのように計測する
第3講 検査結果を総括する技術
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです 
第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想)
この研修会に満足いただけましたか
いただいた講義についての感想は選別せずに全て掲載しております。

とてもわかりやすかった。(×14)
描出の仕方、計測のポイントなどわかりやすかったです。
わかりやすく、倫理的で楽しく聞けました。資料の多さも適切だと思いま
す。
とてもわかりやすかったし、細かい点まで詳しく知ることが出来ました。
計測のポイントの見えにくさが残念でしたが、先生がポインターで示して
くださったので理解はできました。
とても良かった。なかなかネットや本で調べても出てこない事も聞けた。
ルーチンで行う事をとても丁寧に実演して頂き、とてもよかったです。
手元も写しながらの解説はわかりやすかったです。
プローブの動きについて実演があり、大変よくわかりました。
今回は先生の手元が良く見えたのでわかりやすかったです。
細かいプローブ操作も見やすかったので、かかりやすかったです。
前回も心エコー技術レクチャーに参加させて頂きましたが、先生の手元も
見れて、とても参考に勉強になります。
プロ―ブの動きとてもわかりやすかったです。
セミナーでは具体的な数字の解説がほとんどないのですが、画面も見なが
ら説明して頂けてイメージがわきました。計測しなくとも目安がつき、役に
立ちました。
少しでも仕事に活かせたらいいと思った。
一つ一つ丁寧でわかりやすかったです。
実演があるとわかりやすいが、資料の流れと違うと何を話しているか分か
らなくなる。
もう少しプローブの手元が見えるようにした方が良い
実演しながらの解説は大変分かりやすく、良かったです。
とても良かった。。
技術的な話や、解剖に関する話がよかった。
とてもわかりやすかった。普段困っていると感じている内容がたくさん入
っていて良かった。
大変勉強になりました。何度も読み返してしっかり身につくように頑張り
ます。
こまかく説明して頂いて良かったです。
テキストと描出が一致して進んでいったのでわかりやすかったと思いま
す。
とても丁寧でわかりやすい実演でした。次回の検査でぜひ実践したいで
す。
普段きれいに出せないと思うところが先生のプローブの動かし方と画像を
一緒に見ることができたので、やってみたいと思いました。
描出しながら細かな注意点を聞けて良かった。
実際あてている位置や角度があっているか確認できて良かったです。
わかりやすかたですが、時間が短いと感じたくらいです。とても参考にな
りました。
ちょっとしたコツがわかってよかった。

印象に残ったこと
中級者といえど基本的な事が大切だということがよくわかりました。
心エコーは「見た目」で決める事が多いのですが根拠になるお話がいくつ
も聞けて役に立ちました。
盛りだくさんの内容を3時間でまとめて頂きとても良かったです。
臨床的な事はセミナーのお話で勉強させて頂いているので、それと組み合
わせで勉強できて良かったです。ありがとうございました。
少し参加費が高いと思ったが、スライドも見やすかったし、資料も豊富だ
ったので大変満足。
基本断面以外にも、見なければいけない断面がたくさんあり、とても勉強
になりました。
計測の細かい注意点、プロ―ブ操作わかりやすかったです。
教科書にはないポイントがたくさんあり、勉強になりました。特に膜様部
(A弁短軸のふくろ状の見え方、base stepの低下に見える部分)これから
迷わなくてすみそうです。
実演と解説はとても勉強になりました。
e'の計測について
年齢別によるデータの違いの見方などあまり本には載っていない値を聞け
て勉強になり、参考になります。
右心系の計測のことを知りたかったので、勉強になりました。
かなり細かい話が多く、一度だけでは見逃してしまう点もあるのでビデオで
販売して頂けると嬉しいです。
右心系の計測について聞くことができて良かったです。
手元を見ながら学べるのでわかりやすかったです。
初級者向けの部分が長い印象でした。
なるほどー!と思う事があり、良かった( 大動脈弁の膜様とか)
何か所見がある場合は基本断面からより見やすい断面に動かさないといけ
ない
やはり計測は一番難しいと感じた。でもポイントがわかったので明日から
実践していきたいと思った。
自分がいかにいい加減に測定していたのかわかりました。しっかり画像を
出してから測定するように気を付けます。
講師の先生がとても親しみやすく、レクチャーの内容も入りやすかった。
解剖から説明して頂いたので自分がエコーするときも考えられるようにな
ると思う。
施設ではあまり心エコーに関して詳しい人がおらず、聞くことが出来ず、
間違った計測をしていたことに気づかされました。また疾患にあった計測が
できていないことも気づきました。
右心系が大きい、TRが大きいと判断したときはTAPSEを測る習慣をつけた
いと思います。e'とるのに迷うことがあり、ECGを目安に判断することがわ
かりました。
何度か受講させていただいていますが、毎回勉強になります。ありがとう
ございました。
細かい計測値
実際に手元が見れて、画像とあわせて教えて頂けたので良かったです。な
かなか見れないので。
日常の復習と再確認する事ができてよかったです。

第17回 腹部エコー技術レクチャー
2017年12月10日(日)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 スクリーニングを速く正確に
第2講 肝臓の死角と攻略法
第3講 肋間走査をマスターする
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第17回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです 
(第17回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。
は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
受講して印象に残ったこと
スクリーニング走査法について
現場が行う検査、学会で発表される検査、ガイドラインにのる検査、やっ
ぱり現場が一番(病気を見つける事)と思います。
その通りですね。限られた時間で正確にスクリーニングすることが求めら
れる現場を知らない方が示す検査法は、現場ではちょっと受け入れられませ
ん。
同じ施設内で複数の検査師の誰が行っても、同じ結果が得られるよう、標
準化は大事だと思いました。
今まで仰臥位でみられるところまでみて、と思っていましたが、明日から
はそれはやめます。
体位変換を積極的に行っていこうと思います。
講義でも述べましたが「仰臥位で見えるとことまで見る」のは時間効率か
ら考えるとスクリーニングでは好ましくありません。時間のある施設やルチ
ンでの精査では良いのかも知れませんが。
短縮するべき走査を見極めて、必要な検査を増やし、適した結果を臨床に
戻せるようにしたいと思いました。また、忘れていた点などあり、復讐にな
りました。
毎回、来るたびに色々は発見があり参考になります。
走査のコツがわかった。時間の短縮(ムダな部分を整理する)
「捨てないといけない」ということがよくわかりました。
同じところをついつい何度も見たくなり、余分な時間を使ってしまう自分
のスキャニングを考えさせられました。
実演してもらうことでよりわかりやかった。
体位変換が時間掛かるので省くことが多かった。自分のなまけが感じられ
た。

座位は今までは膵臓の時だけだったので勉強になった。走査法のポイント
を教えてもらったので手に覚えさせたいです。
体位変換を出来ない患者さんというのではなく、する努力をしていないと
いう事が勉強になりました。
今働いてる病院は高齢者が多く、入院患者さんは特に体位変換するのは難
しく、どうなのだろうと思っていました。でも、少し傾けたり、いろんなコ
ツがあると知りました。また参加したいと思います。
肥満の方でも実演して欲しい。
もう一度検査フローを考え直したいと強く思った。
スクリーニングを繰り返して見れたのは良かった。
体位変換やスキャンの仕方など今まで違った方法が知れて良かった。
検査短縮がどうやればうまくできるか少しずつわかったような気がする。

私の施設では「標準化」が全くなされておらず、各々の走査でやっていて
計測などまちまちになっていたり、「描出できず」という様に思います。
走査法だけでなく、検査スピードを上げるために、出来る事が沢山あると知
ることができました。他の技師にも提案して標準化をしていこうと思いま
す。
「捨てる事」難しいですが、自分で普段いかに無駄な走査が多いか...と
思いました。
当院でのやり方を改めて見直し、改善すべき点がたくさんあることに気づ
きました。明日から少しずつ取り入れていきます。
明日から体位変換・肋間走査・丁寧にやっていこうと思いました。
ルール化していくことの重要性が良くわかりました
「肋間に重きをおく」心にささりました。肋弓下に時間をかけていた様に
思います。できるだけ「体位変換」をしつつ、周りにも「標準化」をすりこ
んでいきたいと思います。
体位を順番に行うことで、胃のガスをうまく移動させることができる。正
常の画像を残すより、しっかりしたスキャニングを行うことが大切。
すごい勉強になりました。
体位変換の大切さがわかりました。

写真を撮るための検査にならないように
「写真を撮ることが検査の目的ではない」当たり前のようで実践できてい
ないかもしれないと反省しています。
「癌を写さないように撮ろうとしなければ写らない」のは印象的でした。
写真を撮るだけのスクリーニングはこわいですね。
肝に銘じて明日から頑張ります。
死角のないスキャニングをしてからの写真をとる意識を持とうと強く思っ
た。

肝臓の死角
肝臓の死角の攻略 特に肋間走査が理解できた
端から端まで見る方法が学べてよかった。
肝臓の死角について見落としのないようにしていきたい。
横隔膜下が見えにくいと思ってましたが、座位にする事や肋間走査での主
義を加えることで、見えやすくなっていたので、明日からスキャニング方法
を見直したいと思います。何回も見てしまい、時間がかかってしまうので
「捨てる」ことも大切だと実感しました。肋間走査での支点を意識するよう
にします。

肋間走査
スクリーニングの大事さがわかった。肋間走査がわかりやすかった。
肋間走査でヘッドを支点にして走査することがわかった。
体位変換による見え方の違い、肋間走査のコツなどわかりやすかったで
す。
明日からさっそく肋間走査の練習をしてみようと思います。
肋間走査の解説よかったです。
肋間走査について、ただよく見えないなと思うばかりで支点をどこにや、
傾け方を改めて教えていただけて目からうろこな気持ちです。
肋間走査の支点について再確認できた。
肋間走査のプローブの傾け方、自分のやり方はズレていたとわかった。
肋間走査のプローブのあて方について、よくわかりました。明日から練習
していきたいと思います。
始めて技術レクチャーに参加させてもらいました。肋間走査が目から鱗な情
報でした。

膵尾部のアプローチ方法が良くわかりました
肋間走査もよくわかりました。
胆嚢底部の観察する部位(プローブの位置)は目からウロコでとても勉強に
なり明日からの検査にいかしていきたと思います。

スキャニングの大切さをあらためて認識しました。

実演が見られたので良かったです。また参加したいと思いました。これか
らの検査に生かしたいです。
今までの検査で見落としてはなかったのか心配になります。
心臓も腹部も細かい話でとても勉強になります。
一度だけでなく何度も受講したいと思います。
スマホで見れる映像授業お願いします。
どうしてそのようにするのがよいのかをきちんと説明、解説がのあるので
理解が深まった。スクリーニングにおいてエコー所見のレポートの書き方や
症例の観察方法などの講義もしてほしいです。
そちらの講義は、「超音波からのメッセージ」に是非ご参加ください。
技術だけでなく、検査に対するモチベーションも上がることが出来ました。
技術の向上を頑張りたいと思います。
スキャニングが早くてビックリしました。
今の病院では早さばかり求められ、スキャニングを3分で終わらせるよう
に上司から指示がでているので。もう少し丁寧に検査できる環境になればい
いのですが。
少しのコツで見る事のできる範囲があんなにも変わるものだということが
一番勉強になりました。

全体を通しての感想
明日から改善できるプローブ走査をありがとうございます。実際にできる
ようになるのはもう少し時間が必要と感じた。
とても良かった。
スマホを使った実技指導が良かった。体位変換の必要性が感じられた。
どう動かすのが見れてわかりやかった。仰臥位と左側臥位とて両方みていた
が、見やすい方を見て、残りを捨てることを実践してみたいと思う。
難しい言葉を使ってなかったのが初心者には良かった。
ルーチンの一通りの流れが見れて、とても勉強になりました。
わかりやすい言葉と言い回しで初心者な私でもわかりやすかったです。
解説の後に実演があったのでわかりやすかったです。
繰り返し実演して下さったので、見逃す事の無く見ることができました。
疑問に思っていた事を質問することなく解説して下さるので、大変満足で
きました。
先生の勉強会でいつも自分の検査はまだまだだと思い知らされます。
解説良かったです。こんなに細かく教えてくれる先輩はなかなかいませ
ん。
とてもわかりやすく、講義の時間が短く感じました。
また参加したいと思います。

自分の足りないところを再認識できてよかった。

実際のスクリーニングの流れをわかり易く教えていただいて良かったで
す。
順番や目的が体系的にとてもよく分かった。
自分が何が分からないのか、何ができていないのがよく分かった。
わかりやすかった。
スキャニングのやり方について今一度考え直すきっかけになりました。
ある程度のレベルの方は、今の自分の問題点に気付くことが、次のステッ
プに上がることにつながります。
実際にエコーをあてながら説明してくれたのでわかりやすかった。
いつもわかりやすい講義で、すぐにやってみようと思います。
とてもわかりやすく、基本を見直すことができました。
スクリーニング、スキャニングの手順がわかって良かったです。捨てられ
る所を探すのは自信の無さと相対しますが、頑張ってみます。
手元の動きが確認できて良かったです。
手元が良く見えてよかった。
最初の講義で多少聞きづらい時があった。
とてもわかりやすかったです。
モデルの方が細身の方だったので、メタボの方など見づらいモデルの方を
使って実演を含め解説してほしい。
手元が見えたので、スキャニング方法がよりわかりやすかったです。
太っている人でも行ってほしい。
肋間の描出が難しかった事を思い出しました。
教える場合の参考になります。
プローブの動かし方による画像の変化、スキャニングの方法がよくわかり
ました。
毎回この研修会には、後輩の指導をするために受講している方も参加され
ています。良い技術を後輩に引き継げるように頑張ってください。
第2回 心エコー技術レクチャー
2017年9月23日(祝)開催
ルーチンを一人で行えるための技術セミナーのテーマ
第1講 計測の為の描出の技術と再現性良く計測するためのポイント
第2講 壁運動と弁の評価に必要な描出と計測の技術
第3講 ルーチン検査を行うための技術的なポイントと評価方法について
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第2回心エコー技術レクチャーを受講した方の質問と答えはこちらです 

第2回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想)
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

分かりやすかった。 (他1名)
とても理解しやすかった。
良かった。
比較的わかりやすかったが、少し実演と解説のタイムラグがあるところが
気になった。
やっと計測のポイント・コツが理解できました。明日から少し自信を持っ
て検査できるようなきがします。また、同僚の計測方法も間違っているよう
なきがしたので、今日の勉強会の内容を伝えたいと思いました。
基本の描出について具体的でわかりやすかった。
計測方法や描出のコツなど今まで聞いた事がないものもあり、とてもために
なりました。
実際にエコーを当てて頂いての説明だったので分かりやすくてよかったで
す。

IVC、LVDdなどの基本的なものでも具体的な計測の値をしらなかっ
たのでとても勉強になりました。
計測が本当によくわからないし、他の人との誤差が違いすぎてどうしたら
良いのかわからなかったが、今日は本当に来て良かったと心から思いまし
た。教科書を読んでもよくわからない事が、ライブ講義ならではだと思いま
した。
エコー画面と操作の手元が同時に見られてみやすかった。(去年は手元走
査を見ているとエコー画面が見えなくて残念な感じだったので)計測につい
て今回ほど詳しい研修は初めてでした。早く試したいです。
LAサイズの肺静脈流入部を避けて測定する。 Mモードで主に計測していた
ので2Dでも確認したいです。
今まで自身のもてなかった壁厚や内腔の計測の仕方がとてもよくわかり、
今日、受講できてよかったです。
まずは基本となる像をきちんと出し、きちんとしたところで計測を行うこ
とでブレが少なくなることが分かりました。
全体の流れが少しわかってきました。
左側臥位にできない人や、すごく痩せた人などで画像がどうしても出なか
ったらどうすれば良いのかと不安になった。
基本を再確認出来ました。
二腔像の出し方。先生の描出が早い。
参考書にはいろいろなことが書かれてますが、なぜこうしなければいけな
いのかについては詳しく書かれていないことが多かったので今回のお話で理
由を知ることが出来て良かったです。 また先生のお話をこってりと聞かせ
て頂きたいと思います。
二腔像を描出するのがとても苦手なので今日得た描出法を早速試してみた
いと思います。
計測のコツが分かって良かったです。
計測はLA、AO、LV、すべてBモードが今は主流なのでしょうか?全
ての人にBモード、Mモード、シンプソン、E/A、E/e',組織ドプラ―を
行っているのでしょうか?
SimpsonでEFを測定する時に肉柱を測定してました。 実際に検査してい
てどこを計測していいか迷ったことが何度もあるので勉強になりました。参
加して良かったです。

とても具体的でわかりやすかったです。
分かりやすかったが最後の方が速くてわからないところがあった。
手元と画面を同時に見ることができて分かりやすかったです。
とても細やかに計測について解説いただいたので勉強になりました。二腔像
の出し方について早く実践して自分の技術にしたい。
お話も資料もとても分かりやすかったです。
とても分かりやすかったです。特に二腔像をぜひやってみたいです。
とても細かく説明して頂けたので分からなかった部分がよく分かりまし
た。
計測について本にはここまで細く書いていなかったりするが知りたかった
ことが学べて良かった。
とても良かったです。また聞きたいです。

きちんと出すこと、そして出なかった時の対策など教科書にない学びをた
くさんありがとうございました。
実際の検査で間違っていたことに気がつきました。
資料も分かりやすく野間先生の説明も非常に分かりやすかったです。 早
速実践してみたいことがたくさんあり、今後のエコー検査が楽しみです。
本でみても分からない細かいところが分かり良かったです。 連続して心エ
コー検査に入れないため一進一退ですがこの講義を基に頑張ります。

第16回 腹部エコー技術レクチャー
2017年9月23日(祝)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 近づいて広く見る消化管
第2講 本当はこわい腎臓の描出
第3講 見れば分かる副腎の描出
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
第16回腹部スタンダードコースを受講した方の感想 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた講義についての感想は選別せずに全て掲載しております。

は講師のコメントです(講師:鶴岡尚志)
解説をしながらスキャニングをみれたのでわかりやすかったです。
スキャン走査が良く見えて良かったです。
手元と画像が同時に見えるのでとてもわかりやすく、教科書に書いていな
い事が勉強できて良かったと思います。
体位により見やすくなったり見えにくくなったり、「おおっなるほどー」
と思いました。
わかりやすかったです。わからない所すらわからない状況で受講したので
すが、わかっていなかった所もきちんとおしえていただけてよかったです。
消化管エコーに苦手意識が強く、経験も乏しかったため、実演で何度も繰
り返しやって頂いたので大変わかりやすかった。
レーザーポイントがちょっとまぶしかったです。
説明が早くてわかりづらかった。
手元をもっとズームにした方が良い。
実際のスキャニングを見られてよかったです。
すごくわかりやすかったです。ただ、チカラ加減が分かるといいかなって
思いました。鶴岡さんはベテランなので未熟な人かある程度のスキャンがで
きる人と比較が見られると参考になるかと…。比べられる技師にはコクです
が…。
このご提案をさっそく第17回では使わせていただきました。ありがとうご
ざいました。
とてもわかりやすかったです。
解説していただいたあとに実演していただくとより分かりやすくて良かっ
たです。
まだプローブを当ててないので難しかった。
私の病院では15分で腹部エコー(上腹部、下腹部、消化管)をみてレポ
ートまで書かなくてはいけません。いつも時間におわれて検査しているの
で、勉強会などで色々な事を習っても、なかなか時間をかけてじっく
り・・・とはいきませんが・・・
時間の配分を考えて、出来る事からやってみようと思いました。
自分で同じように描出できるかは、心配ですが、やってみたいと思いま
す。
みえていたけど、みてなかった部分や、みえてなかった所が自覚できてよ
かった。
虫垂の描出の仕方や、副腎描出など大変わかりやすく勉強になりました。
腎臓を甘く見てたなと思いました。側臥位、半坐位で腎臓を観察するよう
にします。副腎を出すランドマーク、始めて聞きました。早く帰って今日の
実演を復習したくなりました。
消化管のスキャニングがとてもよくわかった。虫垂の見つけ方も急性腹症
の場合、まず腹水のチェックからというのを実践してみようと思いました。
腎の描出で、側臥位の角度にも注意が必要な事がよくわかった。
腎の怖さも、みえてなかった副腎も勉強になりました。

消化管
消化管の走査方法がとてもわかりやすかったです。
自分でできるかはわかりませんが。誤解がとてもわかりやすかったです。
腹部エコー担当の日にはルーチンワークの後にさっと消化管をふってみよう
か思いました。浮腫像に慣れとくように言われましたが、浮腫像には当たら
ず(オーダーもなく)浮腫像の画像をもう少し見たかったです。(当院では
虫垂炎のオーダーがほとんどです)あと、憩室炎ももう少し見たかったで
す。
ポイントが分かれば虫垂炎も憩室炎も(複雑な場合を除けば)さほどハー
ドルは高くありません。ぜひ講義型研修会の「超音波からのメッセージ」に
お越しください。
消化管のシャドウの幅を見るというポイントがとてもわかりやすかったで
す。練習してみます。
消化管の描出方法、画像の調整について。
今度消化管の描出にチャレンジしてみたいと思いました。
個人的には消化管のレベルが高かった。
普段していない検査は、聴いて見ただけでは難しいかも知れませんが、ぜ
ひ明日からチャレンジしてください。
消化管エコーについてじっくりと学べて良かったです。
自分が救急で病院に運ばれたとき、虫垂の見方をそこのドクターに教えて
もらったのですが、「ガスを追う」が今一つわからなかったのが本音。今日
の解説でわかった気がします。明日、自分のお腹で見てみます。
消化管のスキャンニングは流してみるのが必要だということ。体位変換の
大切さ。
消化管を見るポイント、特に大腸の壁ではなく後方のシャドーを見るとい
うのが印象に残った。これによって見方が変わった。横隔膜は白いと思って
いました。横隔膜脚のことは知っていたが、実際どのように写るか知らなか
ったので知れて良かった。
消化管走査と観察について詳しく教えて頂けたので良かったです。
虫垂の出し方がわからなかったけどわかりやすかった。腎臓も普段は1〜2
枚しか撮らなかったけどよくみないといけないことがわかった。副腎も出し
わからなかったが覚えられた。
虫垂の描出の手順、消化管のスキャニングの方法が今まで聞いたどの講義
よりもわかりやすかった。自分でも出せるようにしたい。

腎臓
腎臓を2方向から見る事、上極と下極で見る事、外まで見る。今まで見え
ていない部分があったと反省しました。
普段腎臓を細かくスキャンしていないので、こんなに大切にスキャンを行
わなくてはいけない事だったのかと、勉強になりました。次回からやってい
こうと思います。
腎臓癌は超音波スクリーニングでもっとも多く見つかる悪性腫瘍です。決
してめずらしい癌ではありません。そして腎臓癌は隠れるように潜んでいる
ことが多いです。
腎の体位変換が重要だと再認識した。
腎臓の見づらさについて改めて気を付けなければいけないと思った。
腎臓についても上極、下極をしっかりと見ないといけないと改めて感じま
した。
まだ要ダブルチェックで練習中のエコーですが、やはり腎は見逃しが多い
です。描出もきれいではなく(体位変換しても)、これでは困ると思っていま
した。今回のレクチャーで側臥位も程度の使い分けが必要であること、腎の
外まで見る事の重要さを再認識しました。また、左腎の上極の見づらい部分
への認識がなかったことに気がつき、今後もっと気を引き締めようと思いま
した。
体位変換は普段からするようにしていますが、左腎をみるときは甘い気が
しました。観察する時、体からプローブを離すことが多いので、連続してみ
ることで見落としも減ると思いました。

副腎
副腎の描出と副腎領域の描出が大変勉強になった。
副腎、目から鱗でした。しっかりみることができそうです。
スキャニングの手順、ポイントなど手元も見ながらなのですごくわかりや
すかったです。

副腎がながい、そして薄いものだと今日知りました。
副腎は病変がないと見れないと思い込んでいましたが、正常でも見える事
を知りました。ランドマークを意識してスキャニングします。
副腎領域さえ覚えておけば、簡単にスキャン出来る事がかなり勉強になり
ました。
副腎が線上のように見える事、横隔膜脚がランドマークにいれる事。
これまで行っていた腎臓の検査が不安になった。
正常副腎があんなにはっきり描出できていたとは思わなかった。
副腎の描出はとても分かりやすかった。
副腎について、知らないことだらけだったのでびっくりしました。
副腎について今まで全然わかっていなかったので、大変わかりやす講義を
していただけて良かった。副腎の出し方が勉強になりました。

第15回 腹部エコー技術レクチャー
2017年7月9日(日)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 意外に見落とす胆嚢の端
第2講 それでも知りたい肝区域
第3講 ついでに見ようリンパ節
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか
            第15回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第15回腹部スタンダードコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

目からうろこな情報がたくさんありました。
スキャニングを実際に見る事で、走査方法や角度等、とてもわかりやすか
ったです。
今までの疑問がいくつも解けました。具体的な説明ばかりでとても勉強に
なりました。
席にいたまま、実演がみられてとても良かったです。機械のまわりに集まる
のは見やすい人と見えにくい人の差が激しいので。
いつもながらとても勉強になりました。普段見ているつもりになっている
場所にいかにもっと深めて見るべきポイントが詰まっているかを気づかせて
頂けて恐くなったような、身が引き締まる思いになりました。特に、胆嚢の
腫大やstoneが無くても胆嚢腫大を疑える「胆嚢頸部の落ち込み」は明日か
らすぐに活かします。

胆嚢描出の基本体位が、院内で仰臥位でしたので、今後は検査体位を見直
し、左側臥位にしたい。
胆嚢頸部を見ていたつもりでいましたが、ハントルマンポーチを必ず見る
ようにします。
ハルトマンポーチの腫大、しっかり見ていませんでした。
胆嚢頸と門脈本幹の位置関係。腫大すると背側に拡大していくこと。右肋
間からの前後区域の見方の理解。
胆嚢のアプローチ方法;ハルトマンポーチの場所がわかりやすかったで
す。
胆嚢頸部の描出がとてもわかりやすかった。いかに胆嚢の描出が不十分で
あったか痛感しました。
胆嚢を描出できている気がしていたが、底部、頸部の観察が全く今の自分
自身の走査ではできてていないと気付いた。
見ているつもりな部分がとても多い事にショックを受けました。

モールで実際に門脈を作り、立体的に把握でき感動しました。
立体的にとらえるのが難しかったが実際にモデルを作ってわかりやすかっ
たです。早く帰ってエコーをしたくなりました。
モールを使用しての講義で、いかに自分が立体的な血管の走行を理解して
いなかったかを知り、もっとそこの所を頭に描きながら検査をしていきたい
と思いました。そして、できるだけ、左側臥位にて胆嚢を見るように心がけ
ようと思います。
モールで門脈枝を作ることによって立体的に理解できてよかったです。
門脈の位置を3Dで考えられたり、面白かったです。
肝区域のふりかえりもモールを使ってできて良かった。
門脈のモール作りは立体的にみる事ができた。肝区域が理解できるように
なった。
モールで門脈枝をつくり、門脈の走行などよくわかった。
モールで門脈の枝を作って解剖の知識がイマイチだと思いました。これを
機にもっと勉強します。
門脈を立体的に見られたこと。ただしモールはアドバイスをもらわないと
組み立てられなかった。
モールを使った内容が面白くてわかりやすかった。
門脈のモールは7本別の色にしたら良いと思いました。
モールは手芸店や文房具屋さんで手に入りますので、ぜひ色で区分しての
制作にチャレンジしてください。
肝区域をもう少し詳しく知りたかったです。
肝区域がまだよく理解できなかった。門脈はわかりやすかった。
肝区域で書くことより、どこの近くなど場所で表現した方が良いというこ
とを初めて知りました。
大切なのはそちらの方ですね。

リンパ節など動画も使っての解説がわかりやすかったです。

とてもわかりやすかったです。
またしっかり復習をして、それでも足りなかったら確認する意味で受講し
たいです。教えてもらう人もいないので大変ですが、こういうレクチャーは
ありがたいです。

第1回 頸動脈エコー技術レクチャー
2017年7月9日(祝)開催
テーマ
第1講 検査の基本とスクリーニングの流れ
第2講 ガイドラインから評価法を学ぶ
第3講 頸動脈エコー時に押さえておきたい甲状腺の見方
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか

頸動脈エコー技術レクチャーを受講した方からの質問と回答はこちらです

(第1回頸動脈エコー技靴レクチャーを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

健康診断のオプションで検査をしているので件数が少なく、計測する部分
も少なく、基本流速も計測しなくて良いとなっていたのですが、独学で勉強
してFFTで波形を見ていました。自信がなくやっていたのですが、今後は自
信を持って検査が出来ます。
次回のお知らせは有用ですが受講者の割合などは必要が無く早く本題に入
って頂きたかったです。スライドの内容をただ読み上げるだけの講義は退屈
です。理解がしにくいです。(厳しいこと言ってすみません)
頸動脈の解剖やスキャニングを改めて確認が出来て良かったと思います。
血流ののせ方のコツが良くわかりました。(特に短軸で見ていくとき)
基本的な事が多く、再確認になりました。できたらもう一歩進んだ実際の症
例と評価なども今後お願いしたいと思います。
新しいガイドラインを知らなかったのでちゃんと情報の更新をしなければ
と思った。左側から検査するのが新鮮だった。
PC接続やトラブルで講義の中断が多い印象でした。ガイドラインの話が多
かったので事前に確認しておきたかった。
ありがとうございました。
総頸動脈は短軸、長軸でチェックしていましたが、側方から描出してなか
ったので参考になりました。
検査の流れを通してみることが出来て、とても参考になりました。
テキストを読んでいることが多かった。緩急をつけて話して欲しい。テキ
ストは自分で読めるのでもっと実践に必要なものを教えてほしい。どう実践
に結び付ければよいのか?どこを重点として見るのか?VA起始部をどう見る
のか?VAを出すだけでも大変な人はどうするのか。
有料とはいえ、毎回赤字にならぬよう運営するのは大変だと思います。教
育、研修は実績とそて評価されにくく、本来は学会が担う点かもしれません
が。NPOとして活動続ける熱意に頭が下がります。
基礎が学べて良かった。異常データの例題も比べられたら良いと思いまし
た。
頸動脈や甲状腺の症例が見たかったです。
施設内での決まりごとが曖昧なところが多く、不安な事も多かったが実際
の検査が見られたので良かった。観察と計測で設定を変えることがわかって
良かった。
内容が少し基本的なことが多く、若干物足りなかった。が、基本の復習が
できて良かった。
基本的な部分がおさらいできて良かった。 もっと実際に検査する際のコ
ツ的なものをもっと教えてほしかったと感じた。
技術レクチャーがやはり印象に残った。実際の手先と画像の関係が分かり
やすかったです。
頸動脈の勉強会に参加できたのは初めてだったのでとても勉強になりまし
た。
1番聞きたい所が速くて、あっという間に終わってしまった。
今後の検査に役立てていきたいと思います。ありがとうございました。
声がすごく聞き取りやすかった。テキストが簡潔でみやすい。内容はわか
らない部分が半分あった。教科書を聞いているようだった。
頸動脈のガイドラインを見直してまとめたいと思いました。所見のあった
実例もあれば、検査時に参考にしたかった 。
頸動脈の技術レクチャーを待ち望んでいました。実演で最後にルーチンの
検査の流れを見ることが出来て良かった。短軸の時、カラーの乗りを良くす
るためにプローブを傾けることをやっていなかったので知ることが出来て良
かった。
頸動脈エコー時に見る甲状腺エコーの見方がとても気になっていたのでと
ても良かったです。頸動脈エコー時に甲状腺も評価するとは施設では決まっ
ていないのですが、報酬法を疑問に思っていたので。
頸動脈エコーの基本と進め方の確認が出来たのが良かったです。2016ガイ
ドラインの新旧対応まとめ等が欲しかったです。
基本的部分の分かりやすい研修だったので、しっかり再確認できた。
検査の手順が良く分かりました。
症例の画像がもう少しあれば良かった。基本的な事は学べたので良かっ
た。
プローブを持つ手元をビデオで映して見られるのでとても参考になりまし
た。
ドプラや甲状腺までお話しを聞くことが出来て今後の参考になりました。
また、先生が実際に病院で実施している検査の流れを実技で知ることが出
来、とても分かりやすかったです、ありがとうございました。
スライドの文字数が多くて書きとりも聞くのも大変だった。ガイドライン
(新しい)ものを聞きたかったので良かった。
ビギナーの方たちにはとても分かりやすい内容だったと思います。 2016
ガイドラインの解説を受け、今後のルーチン業務を見直すきっかけとなりま
した。ありがとうございました。
PC操作に慣れていないのか、スムーズに進まないのが残念でした。 お話
がちょっと早口言葉で聞き逃す時がありました。内容は基本的で良かったで
す。 今度は症例を取り上げて欲しいです。貴重な時間をありがとうござい
ました。
頸動脈エコーの基礎を再確認できた。 3DでのCCA,ICA,ECAの走行があった
が、少し見づらかった。
基礎的な所から、すごく分かりやすかったです。 ありがとうございまし
た。
未経験者のため話が早く、メモを取ろうと思うとスライドが進んでしまい
ました。できればスライドを全部参考資料に載せて欲しいです。復習の際に
使いたいです。 スライドのポイントや注意点などが資料に入っていないの
はなぜでしょう。 未経験者はまだ技術レクチャーの受講は早かったのかな
と感じました。
頸動脈エコーは研修中なので基本的な描出方法やポイントなどわかりやす
く、参考になりました。
カラーをのせて観察するときのコツ(短軸スキャンでの) 今までなかなか
のらなくて意味があるのかと思っていたので、すっきりしました。 教科書
的な講義より実際のコツを聞きたかったです。 潰瘍の2mmという決まりはな
くなったと思います。
未経験なのもありますが、もう少し基礎に時間、内容がほしかった。
第14回 腹部エコー技術レクチャー
2017年4月29日(祝)開催
スタートアップコースのテーマ<初心者コース>
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験レベル
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか

           第14回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第14回腹部スタートアップコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
いただいた感想は選別せずに全て掲載しております。

エコーの体位を変えたりして見える部位が色々変わるのがわかりやすくて
よかったです。
走査の練習法がよくわかり明日からやってみようと思います。
プローブの持ち方や自分でうまく出来なかったわけが納得できました"
解剖の勉強法に悩んでいたので「実際に描いてみる」と教えてもらえてよ
かったです。もっと勉強しようと思いました。
まずは解剖をしっかり頭に叩き込むことが重要だと言うことがわかりとて
も良かったです。実際に腹部エコーを行うのは先になりそうなので解剖の勉
強から頑張りたいと思います。
経験者には当たり前のことでも全くの初心者には??の部分があると思
う・・・難しいが・・・
改めて解剖の勉強の大切さが理解できもう一度きちんと勉強しようと思い
ました。またスキャニングデモはとても参考になりました。
解剖がよく分かってなかったので分かり易かった。
解剖だけでなくエコー像も書いて覚えること。
しっかりやっていきたいし、やってもらいたいと思いました。
やはりしっかり書けない自分もまだまだだったとわかりました。"
何から勉強を始めて良いか分からなかったので、とても助かりました。解
剖をこんなに忘れているとは思わなかったです。
解剖のことや、どこから勉強したら良いか、分かりやすかったです。
まだなにも勉強を始めていない状態でしたが、それでもわかりやすかっ
た。
ゲインの使い方や、体位変換の必要性など再度確認した。
解剖を一から見直そうと思いました。
初歩の教科書に載っていない細かなところまでレクチャーしていただき、
とても勉強になりました。
プローブの持ち方などのちょっとしたコツを教えていただけて、今まで検
査中窮屈に感じていたことが解消されたと思う。
勉強の仕方や走査の基本が詳しくわかりました。
これから勉強をはじめるにあたって、とっかかりの部分をしっかり学べま
した。実際にエコーをとるようになるのはもう少し先ですが、それまでに基
礎をしっかり押さえておこうと思います。
受けて良かったです。もやもやとしていた事(疑問としてはっきりと聞け
なかったこと)を説明してもらえてすっきりしました。練習の目標が立てら
れて良かったです。
描出ポイント等を何度も繰り返し話をして下さり実演もみることができ、
講義の中でしっかりと覚えることができました。
持ち帰って指導に役立てたいです。
特に基本走査法のレクチャー、半座位走査の有用性がよくわかりました。
ゲインやフォーカスの調整や体位変換など実演がわかりやすかったです。
半座位で脾臓を出したことが無かったので、きれいに脾臓が出ている事に
驚きました。
先生の手元を見ながらエコー画像を見ることができたので非常にイメージ
しやすかったです。また解剖の勉強の仕方、参考になりました。今後に活用
したいと思います。
なかなか教えてもらえない走査方法やスキャニングの練習方法、アーチフ
ァクトについてなど自分がまだ知らなかったことを勉強できたので良かった
です。今後の検査に役立てようと思います。
勉強の仕方が初めからまるで違ったので驚きました。初めにプローブをも
ってはいけない等・・。
解剖がわかってないことが良くわかりました。誰も教えてくれないので、
全てが興味ありました。理解できたかはわかりませんが・・。
解剖の勉強のやり方がわかって良かった。教科書を読むだけでなくスケッ
チをして理解していこうと思いました。
講師の先生の説明の仕方がとても分かりやすくて、他の講義も参加したい
と思いました。
初心者の私でもわかりやすい言葉で工夫して頂いたので、理解しやすく前
よりエコーが身近に感じました。"
プローブの持ち方やスクリーニングの仕方、脾臓の出し方が非常にために
なりました。
実際にエコー画像と手元も同時に見れる所が分かりやすかったです。勉強
方法をレクチャーしていただいたので、これから何をしていけばいいのかが
分かり今日来て良かったと思いました。絵や図を描き、各部の名称を覚える
ところから始めてみます。
今まで技術面に対してのアプローチ法の分からなかった事、悩んだ事を分
かりやすく講義してもらえて不安が少し減った。座学での学習法について
も、もっと手を動かして頭にいれることが大切だと理解できてよかった。
解剖の勉強法など非常にわかりやすかった。
解剖の勉強が全くの不十分であることがわかったので参加してよかった。
走査法について(体位変換した時のあてかたとか)
勉強の道筋が立ちました。この研修会をきっかけに今後の技術に繋げていき
たいと思います。
「座学の知識が無い状態でプローブを握っても習得が遅い」まさに自分の
ことだと感じました。解剖の知識も、本を眺めるだけだったので「書いて覚
える」ことを実践したいと思います。
ゲイン調整をする頻度が少なかったので、臓器ごとに調整したいと思いま
す。ルーチンを実演で見られたので良かったです。(プローブの当てる位置
など)
スキャニングの手順が自施設と全く違い、驚きました。(体位は見えづら
い時以外基本は仰臥位のため)まだ描出すら満足にできませんが、プローブ
を当てるようになったらぜひ試してみようと思います。また、そもそもの勉
強の仕方やプローブ操作の練習など、普段は教わらない基礎を教えていただ
き、大変参考になりました。ありがとうございました。
ゲインの効果、フォーカスの効果について理解できた。
解剖が意外にあやふやなのが再認識できて、スケッチは大事だと感じまし
た。プローブの持ち方のポイントが詳しく聞けて良かったです。教え方でこ
れほど理解や納得できる度合いが違うことに感動です。
まだ全く勉強していない身だったが、それでもわかりやすく超音波検査に
興味を持つことができて良かった。
実際の走査を見ることができて良かった。
解剖と基本走査:座位、半座位の有効性を感じました
先生の走査は無駄がなく、きちんと見えているのに10分以内で終わるとい
うことに驚きでした。脾臓は座位、半座位で一番よく見えるということを初
めて知りました。
私は遠回りの勉強をしていたなと感じました。今日学んだことを次の検査に
活かしていきます。
これから検査を担当する自分にとっては基礎から学ぶことができて良い勉
強会となった。まずは解剖を覚えてから検査に向かいたい。
エコーを始めて何年か経験し、最近は研修医への指導を行ったりもしてい
ますが、解剖などわかっているつもりで、あまりよくわかっていないことが
発覚し、もう一度解剖をしっかりと理解しなくてはと思いました。もう一
度、初心に戻って検査を意識して行いたいと思いました。
基本的な事を丁寧に教えていただけて満足です。このタイミングで受講し
て良かったと思います。ありがとうございました。
解剖の勉強の方法がわかった。自分が理解できてないことがよくわかっ
た。今後、後輩に教える為にとても勉強になった。
基礎からの説明だったので分かりやすかった。どういう理由かを説明して
くれるので次からの検査に生かしていきたいと思いました。
何から勉強を始めたらいいかわからなかったのですが、今回の研修会でま
ずやるべきことが定まりました。ありがとうございました。
4時間があっという間でした。とても楽しかった!勉強がんばろうと思い
をあらたにしました。
勉強している中で解剖の勉強法がわからず、理解ができていなかったこと
を実感することができた。
第13回 腹部エコー技術レクチャー
2016年11月23日(祝)開催
テーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
3.研修会の運営はいかがでしたか

           第13回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第13回腹部スタンダードコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
全体についての感想
わかりやすく、明日から実践できる内容で良かったです。
とても分かりやすく、勉強になりました。
少しでも身につけられるよう、明日から実践していきたいと思います。
自分のみたいたよりも、まだ先まで見えることがわかり、とても勉強にな
りました。今日、教えて頂いたことをやってみたいと思います。
ランドマークなど描出のコツがよくわかった。
(出来るか否かは別ですが)無駄のない検査手順、大変勉強になりまし
た。後半は難しかったです。
今回は2回目の参加でしたので前回より理解度が上がりました。
描出出来るまで、自分のやり方が悪いのか、とても時間がかかってしまし
た。ランドマークを探しながら、早く描出できるようになりたいと思いま
す。
膵臓、脾臓、胆管を観察する際にランドマークについて理解を深めること
ができました。特に、膵頭部を観察する際、指標となる十二指腸の見え方が
よくわからなく、画像に映した時に迷っていたのですが、今日の実演で見方
がわかり、良かったです。
健診の仕事なのでどうしても短い時間の中でやっているので今までは膵の
描出に対しての妥協が多かったです。でも、今日の講義レクチャーで映そう
と思わなければ絶対に映らない、映す方法を使わなければ映らないというこ
とを聞き、そしてその方法を学ぶことができてとても勉強になりました。胆
管のスキャニングもこれからは短軸でやってみようと思いました。
不安に思っていたことが解決した。他の技師も同じように思っていること
が知られて良かった。スライドがわかりやすいが、どこを指しているのかよ
くわからない時があったので、マウスよりもポインターとかがあると良いか
な。
手技があやふやだった所が再認識でき、正しい方法を教われてよかった。
ベットがみやすい位置でよかった。
実践はほとんど無いに等しいので、今後患者さんの検査に携わり、今日聞
いたことを役立てていきたい。画像を出しながらその場で説明して下さるの
でとても分かりやすい。
経脾走査、右側臥位での脾の観察がランドマークを理解することでこんな
に十分わかりやすくなるとは思いませんでした。今回のレクチャーで覚えた
ことをこれからの検査に活かしていきたいです。ありがとうございました。
胆管、膵管の拡張有無の判断と短軸でみるというコツを知ることができま
した。飲水法を実施し、実際に見ることができてよかったと思います。実践
してみたいと思います。
難しかったけれど、これからも勉強して技術を習得したりと意欲がわきま
した。ありがとうございました。
苦手が克服できそうです。

膵臓の走査法について
半座位でやっていないので、次回からチャレンジしてみます。膵臓の描出
も仰臥位ですませているので、右側臥位でもやってみます。飲水はまず自分
で飲んで練習してみます。ありがとうございました。
膵臓はとてもよく理解できました。右側臥位もやると良いと、以前フォー
ラムの勉強会でも開いてあてているつもりでしたが、よくわからなかった。
でも、明日からは出来そうです。1pでも2pでも先まで見ようと努力しま
す。諦めるタイミングの答えがもらえました。飲水法はぜひチャレンジして
みようと思います。1つ階段をのぼります。
飲水法をやったことがないので、職員で練習していざというときに使える
ようにしたい。

肝外胆管の走査法について
総胆管が8o以上あるのに、その下部に何も見つけられないことがあり、
悩んでいました。上手く描出出来ず、全体が見られなかったので、今日教え
ていただいた方法で頑張ってみたいと思います。11o以上が拡張というお話
を聞いて少し安心しました。
肝外胆管は拡張していなければそこで終了して良いということがわかっ
た。
描出のコツがよくわかりました。
胆管の描出の仕方が今までわからなかったけど、知れてよかったです。

脾臓の評価と走査について
脾臓は肋間は1つだけで満足しないようにします。
第12回 腹部エコー技術レクチャー(ビギナーコース)
2016年11月23日(祝)開催
テーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
           第12回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第12回腹部ビギナーコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
本当に基礎的なプローブの持ち方から教えてもらいためになりました。
たいへんわかりやすく、勉強になりました。練習に取り入れて頑張りたい
と思います。
解剖の実習で考えたことで、今後の勉強方法が少し分かって良かった。
プローブの走査法を近くで見る事ができ、良かったです。
とてもわかりやすく自分の質問に答えて下さっていて悩みが解決されまし
た。
テキストも写真入りで見やすいです。"
解剖のイメージから走査法を分かりやすく見ることができました。
解剖の勉強法(特にエコーとして)がわからなかったので復習して身に付
けようと思います。ゲインやSTCなど説明のみの講習はあったが実際に調
整した画像を見れてよかった。調整の悪い画像を見比べられてよかった。
解剖でそれぞれの臓器を取り出して描かれている図ばかりスケッチしてい
ましたが、全体像を理解していませんでした。
プローブの走査の練習法@〜Dを自然にできるように意識して練習したい
と思います。
プローブを持っているところを見ることが少ないのでとても参考になりま
した。
プローブの持ち方や装置の調節のやり方まで解説して頂いたいたので分か
りやすかった。
勉強の仕方がわからなくなっていたので、勉強の仕方がわかって良かった
です。
プロ―ブの使い方の再認識もできてよかったです。
体位変換での見方、プローブの走査法が勉強になりました。職場でしか研
修を受けていないので他のアプローチで見え方が変わりルーチンを変えてみ
ようと思います。
初心者に丁寧に教えてもらえてありがたかったです。
解剖の勉強の仕方がとてもよくわかった。
プローブの動かし方もとても丁寧に教えて下さったので施設に帰って練習
します。
今までのスキャンが不十分だと痛感しました。
肋間走査などまた1から勉強し直します。
基本の見直しが十分できました。基本の精度を上げて次は病変についても
勉強していきたいです。
基礎的な走査手順を学べて良かったです。
実際にエコーをやりながらレクチャーをしてもらえて、わかりやすかっ
た。
非常に分かりやすく疑問に思っていたことが解決されました。ただPCでポ
インターで指している際、スクリーンに反映されておらず分かりにくかった
のが残念でした。
わかりやすかったが、実演の際の配慮(見えない人への)が欠けていると
思った。
わかりやすく手を動かす講義だったので楽しく学べて良かった。
勉強の仕方がわからなくなっていたので、勉強の仕方がわかって良かった
です。
プロ―ブの使い方の再認識もできてよかったです。
体位変換での見方、プローブの走査法が勉強になりました。
第1回 心エコー技術レクチャー
2016年9月11日(日)開催
テーマ
第1講 検査の流れと装置の操作
第2講 心機能を評価する計測
第3講 壁運動と弁の評価法
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度


(第1回心エコーを受講した方の感想) この研修会に満足いただけましたか
講演だけではわからないところも実際に実技を見せてもらいながらでよく
わかりました。壁運動評価はとても苦手なのですが、今日学んだことをいか
して検査技術の向上につとめたいと思います。
描出の基本から説明して頂けてとてもわかりやすかったです。
計測のお話は時々難しい部分もありましたが、今回の資料を見直して復習し
たいと思います。"
初心者にもとてもわかりやすかった。
他、研修に行ったときは、難しすぎました。

実際にルーチン検査をまだやっていないので、描出の仕方、計測の仕方の
コツを教えていただいて大変勉強になりました。
もっと勉強して検査に役立てたいです。
まだ勉強不足だったので少し難しかったです。
非常にわかりやすく、内容も豊富だったために時間が足りなく感じてしま
いましたが、とても満足のいく研修会でした。
たくさんの知識を教えていただきありがとうございました。
今日は正しい描出が出来るようになりたくて参加しました。
断面の軸を意識してプローブをあてる事、4腔像が綺麗に描出出来ない場合
のプローブの動かし方etcと、実演して頂けたのでわかりやすかった。
もう少し実演が見やすくして頂けると良かったです。
心エコーを初めて数か月。Mモードでの計測時にどこまでカーソルを当て
ればよいかとかわからずで困っていた。今日、そういった事も聞けて良かっ
た。
聞きたいことがすごく聞けて良かったです。
すごくためになりました。"
とても勉強になりました、ありがとうございました。
思ったより盛りだくさんでした。なかなかこのような形式は無いので、達
人の描出が見られてよかったです。"
細かい計測部分まで聞くことが出来て満足です。
大変わかりやすかったです。本日講義して頂いたところは理解できまし
た。

基礎の部分がよくわかった。心エコーの実演もスライドにうつっていたの
でわかりやすかった。
実際まだやっていないですが、考え方など大変参考になりました。
とても細かいところまで説明していただきよく理解ができました。
初心者でもよくわかる様に説明して頂きほぼ理解できた。
なかなか中心の軸をとらえる事が難しく、でも参考になりました。今ま
で、ちょっとしたコツに悩んでいたけれどまたチャレンジしたいです。基礎
から学べることで、知らないこと、初めて知ったことがわかりました。でも
少し頭がいっぱいです、、、
描出のポイントを教えていただけてよかったと思います。
なかなか微妙なプローブの扱いですが、体位での心臓の位置や向きをイメー
ジしてアプローチすることが近道と感じました。
心エコーを勉強し始めてとても勉強になりました。とてもボリュームがあ
って家で復習しなければと思います。今後も心エコーの技術レクチャーをお
願いします。
事前質問の答えをとてもとても丁寧にしていただけて感動でした。
prolapseのポイント、実際の画像の「おちこみ」ありがとうございまし
た。
すごく細かくてわかりやすく大変勉強になりました。かなり細かかったと
ころで悩んでいる所がわかりました。あとはうまく臨床でできると嬉しいで
す。

立ったままモニターを見続けるのはきつかったです。手技が見えないなら
座ったままモニターを見させてほしかったです。
ほとんどわからなかったので、勉強しなおしてまた学びます。
非常にわかりやすい内容でした。未経験の私ですが心エコーというものを
少し理解できたような気がします。特に計測はどこをどのように計測してい
いのか本を読んでもいまいち理解できなかったので、計測のポイントがわか
ってよかったです。
第11回 腹部エコー技術レクチャー
2016年9月11日(日)開催
テーマ
@ スクリーニングを速く正確に
A 肝臓の死角とその攻略法
B 肋間走査をマスターする
1.受講した方の経験年数
2.受講した方の満足度
(第11回腹部エコーを受講した方の感想) この研修会に満足いただけましたか
レクチャーと実演があったのでとても勉強になりました。
スキャンのコツがよく分かりました。(プローブの角度や傾き方等) 早速
明日から実践しようと思います。
細かいプローブの動きについてよく理解できました。検査時間を短くする
コツがよく理解できました。解剖、プローブ走査、位置を確認し、検査して
いきたいと思います。
健診のエコーを始め、時間を短縮してもちゃんと見落としがないようにす
るにはどうしたらいいのか悩んでいたため、とてもためになりました。業務
に活かせるようしっかり復習し、自分のものにしていきたいです。

やってみるしかないと思った。

今日までスクリーニングに多くの見落としがあったと思うことに気づい
た。
膵臓を全て観察するには体位変換してガスを動かす事がとても重要だとわ
かりました。
無駄なプローブ走査が多かったのが実感できました。 右側臥位での検査
体位はやっていなかったので、ぜひ取り入れたいです。 明日から、また頑
張ります。
半坐位とかをとりいれて膵尾部の描出をしていきたいと思いました。
体位変換によって見やすさが変わることを学びました。
ふだん体位変換をあまりしていなかったので勉強になりました。
とってもよくわかりました。が、自分ができるかどうかわからない。
ベストアプローチの方法については、実践的でわかりやすかったです。明
日からのスキャンニングにつなげていきたいと思います。

スキャニングであれだけ死角を減らせるということを実感しました。 明
日からの業務で実践していきたいと思います。
肋間走査のポイントがよくわかった。
尾状葉を肋間で見るのは目からうろこでした。
肋間走査のコツがとても分かりやすくて良かったです。検査フローが決ま
っていないので、手順も分からず見ていましたが、効率よく見やすい描出方
法を学べました。
副脾のパルスドプラ法を初めて知りました。今後活かしたいです。
肝S1の右肋間からの描出は行ったことが無かったので大変勉強になりまし
た。 半座位、右側臥位は仰臥位で描出不良の方に行ってきましたが、スク
リーニング検査で不可欠な事がわかったので明日からの検査に取り入れま
す。

4回目の技術レクチャーの受講になります。今回もとてもわかりやすく気
づきをたくさんもらえた講義となりました。前回受講し、忘れかけていた所
もあるのでしっかり復習したいと思います。
以前も参加しましたが、また再確認できました。今後は職場の人間にも勧
めたいと思いました。
疑問に思ってた肋間のコツや肝外胆管のポイントをたくさん教えて頂い
て、とても面白かったです。
以前から鶴岡先生の講義がわかりやすく、1度先生のスキャニングを拝見
したいと思っていました。無駄なく、くまなく、今まで教わってなかったこ
とを知ることができました。
自分は新人に教える立場でもあり、新人の子たちの疑問にどう答えるべき
か、どうやったら、分かりやすく説明できるか日々悩んでいました。今回の
研修会に参加したことで、自分の苦手を克服できただけでなくわかりやすい
説明の仕方も学ぶことができました。
基本的なことに戻って再認識できた。既に分かっていると思っていたが、
新しい発見もあった。新人に教えるためにも参加して良かった。
とてもわかりやすく、大変参考になりました。 もう少し精度をあげて日
常のルーチン業務を行いたいと思います。
死角をいかに少なくするか、コツを学べて良かった。スキャンニングに時
間がかかる理由がわかりました。捨てることの大切さを学べてよかった。
いろいろ無駄な走査で時間を使っていたと思いました。少しずつ捨てるこ
とで考えながら実施していきたいと思います。
これまで同じ所を何度も見ていましたが、一度で●Kにできそうです。