メニュー








ジャンプメニュー
どんな研修会か知りたい方は、受講した方の感想を参考にしてください。

下肢静脈エコー
第4回の質問と答え
第4回の受講者の感想

第3回の質問と答え
第3回の受講者の感想

第2回の質問と答え
第2回の受講者の感想

第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

心エコー
<初級者コース>
第8回の質問と答え
第8回の受講者の感想

★第7回は開催中止です

第6回の質問と答え
第6回の受講者の感想

第5回の質問と答え
第5回の受講者の感想

第4回の質問と答え
第4回の受講者の感想

第3回の質問と答え
第3回の受講者の感想

第2回の質問と答え
第2回の受講者の感想

<初級者コース>
第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

頸動脈エコー
第1回の質問と答え
第1回の受講者の感想

腹部エコー
<初心者コース>
第31回の質問と答え
第31回の受講者の感想

第30回の質問と答え
第30回の受講者の感想

第29回の質問と答え
第29回の受講者の感想

★第28回は開催中止です

第27回の質問と答え
第27回の受講者の感想

第26回の質問と答え
第26回の受講者の感想

第25回の質問と答え
第25回の受講者の感想

第24回の質問と答え
第24回の受講者の感想

<初心者コース>
第23回の質問と答え
第23回の受講者の感想

<エキスパートコース>
第22回の質問と答え
第22回の受講者の感想

第21回の質問と答え
第21回の受講者の感想

第20回の質問と答え
第20回の受講者の感想

第19回の質問と答え
第19回の受講者の感想

<初心者コース>
第18回の質問と答え
第18回の受講者の感想

第17回の質問と答え
第17回の受講者の感想

第16回の質問と答え
第16回の受講者の感想

第15回の質問と答え
第15回の受講者の感想

<初心者コース>
第14回の質問と答え
第14回の受講者の感想

第13回の質問と答え
第13回の受講者の感想

<初心者コース>
第12回の質問と答え
第12回の受講者の感想

第11回の質問と答え
第11回の受講者の感想

技術レクチャーの復習ページ


第31回 腹部エコー技術レクチャー
2021年2月21日(日) 江戸東京博物館で開催
≪初級・中級者コース≫
講師:鶴岡尚志
第1講 スクリーニング速く正確に
第2講 肝臓の死角とその攻略法
第3講 肋間走査をマスターする

アンケート回収率 100%
第31回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答え
   ▲は講師からのコメントです。

※たくさんの質問、ありがとうございました・・・でも、質問の中には、
講義で質問を受付ているときにしていただくと、実演で示すことができま
す。あとから文章で質問をいただいても、文字では理解できるように回答
することはできません。その点をご理解の上で、以下のQ&Aをご覧くださ
い。

クイノー分類は必要ですか?
肝臓のエコーをするとき、クイノー分類でそれぞれ門脈枝追いながら
検査したほうがいいのでしょうか?

そのような検査(スキャニング)は現実的ではありません。肝臓を区
域ごとに見るということはしません。病変を見つけたときにどこにあるか
を示すために区域が必要です。正しく区域を理解するには、この技術レク
チャーの「肝区域」の回で勉強してください。


腹式呼吸をさせた際、お腹に力が入り肋骨弓下からののぞき上げが難
しい方がいます。そうすると肝表面の死角となる所が増えると思うのです
が、そういった場合は肋間走査等で補うしかありませんか?

腹式呼吸に頼らなくても描出がカバーできるのが肋間走査です。肋間
走査がうまくなれば肋骨弓下走査に頼らなくても遜色ない観察ができま
す。それと、吸気で腹筋に力が入らないような腹式呼吸を「うまく説明す
る」ことも大切です。直接的な描出力ではありませんが、患者さんにうま
く指示できるのも技術の内です。


肋間走査でゼリーでプローブがずれてしまいます。プローブの固定方
法や持ち方のコツはありますか。

固定している場所がないからずれるのです。講義でもそのポイントは
説明しましたが、腕か手のどこかを患者さんの体に触れること、プローブ
の持ち方と倒し方などの基本をしっかり練習して肋間走査の動きをするこ
とです。


教える時、手首がかたく扇走査が上手くできない子にはどのように教
えてあげれば良いですか?よく肋間走査で上手くプローブを傾けられな
い、これ以上傾けられませんと言われることがあります。どのようにした
ら良いですか?

肋間走査などでの扇状走査の傾けは、そもそも手首を使って傾けるの
は良くない方法です。手首はあまり動かさずに「支点を意識する」ことが
大切です。


脂肪肝などで、脈管不明瞭な人の肋間走査が今どこを見ているか分か
らない時があります。(全て見ているか不安)

その不安はわからなくはないですが、見える全ての肋間を全て使って
観察すれば、たとえどこを見ているか分からなくても、十分な肋間走査と
いうことになります。


スキャニングで見るだけならば時間短縮が出来そうだが、残す画像の
選択を『コレだけは』という画像を教えて欲しい。健診の画像はマニュア
ルで15枚以上あるので逆行している気がする。エコーの復習や勉強の為
に他の人がやった画像をみてしているが画像の良し悪しのポイントがあれ
ば教えて欲しい(残す画像のポイントなど)

時間短縮のためには、残す画像は極力少なくすべきです。ただしその
ためには、診断医にあなたの技量を認めてもらい信頼を得る必要がありま
す。したがって、どこの画像を残すべきかは、診断医の先生と話して決め
るべきです。私の施設では基本は8枚です。ご指摘のように健診のマミュ
アルの撮影画像の提示は、例示であり最小公倍数ですので、各画像の要不
要は、検査技師と診断医の力量や信頼で決まります。また、復習(見直
し)や撮影技術のトレーニングなどの教育目的であれば、この範疇ではあ
りません。15枚でも20枚でも良いと思います。


標準化の際、保存画像も標準化した方が良いでしょうか?
そのとおりです。基本的に撮る(撮らなくてはいけない)画像は決め
るべきです。


肝を見るときに1点を集中してみてしまいます。どのように改善して
みたほうが良いでしょうか。

最初はどなたでもそうなります。肝臓の辺縁(端)の病変を見落とさ
ないためには、真ん中ではなく端をつなぐ視線の移し方をやってみてくだ
さい。


スキャニングにいつも1人20〜30分くらいかけてみています。もう少し
スピードアップして10分くらいでみるには技術や慣れ等があると思います
が、早さを意識するにはどのようにスキャニングすればよいでしょうか?

それは十分に講義でお話ししたように「捨てる」ことです。通常のス
キャニングで20分以上の時間が掛かるのは、余計な走査が多いからですか
ら、それを整理して捨てれば早くなります。


右側臥位での膵臓の尾部の描出の仕方で左腎の上極が見えてきた後、
プローブをどのように走査するのですか。

上極が消える空間が膵尾部が存在する空間です。あとは邪魔をする結
腸や小腸を如何に避けるかです。これについては「膵臓の走査」の回で実
演します。文字で書くことができません。


スマートな女性の胆嚢がすぐに見つけられず、時間がかかってしまう
事があります。一番早く描出できる方法を教えてください。

まず胆嚢の解剖学的な見つけ方を知る必要があります。そして、痩せ
た女性の胆嚢は、仰臥位で吸気にせずにアプローチするとよく映る場合が
多いです。


ミッキーマウスが自分の腹だと描出できるのに実際の患者になると上
手に出せない。もう一度出し方をお願いします。

この描出方法は説明するほど難しくはありません。描出しにくいの
は、肝臓が挙上気味で肋骨弓下から肝門部が描出できない場合ではないか
と思います。その場合には前側の肋間走査でもミッキーマウス・ビューで
描出できます。文字では答えにくいです。


健診施設に勤めています。仰臥位、左側臥位で観察し、必要に応じて
半座位で行っています。半座位や右側臥位は必ず行うべきでしょうか。脾
臓はフローチャートにはありませんが、半座位で行うべきですか、仰臥位
または左側臥位での左肋間ではいけない理由が知りたいです。

行うべきか・・の答えは講義の中で言った通りです。「脾臓はフロー
チャートにはありませんが、半座位で行うべきですか」この答えもテキス
トに示していますのでご覧ください。「いけない」理由は、最もよく映る
アプローチではないからです。


太っている方、ガスの多い方難しいです。体位変換ですが「なぜ体位
変換が必要なのか」の解剖学的意味がわかなかった。

「なぜ体位変換が必要なのか」・・もう一度テキストで復習してくだ
さい。講義でも言いましたし、テキストにも書いてあります。


ゲインを下げて見る組織についてもう一度教えてください。管腔構造
など。ゲインのつまみは今までほとんど回していませんでした。

管腔構造の観察時の他に、周囲の輝度が高い(脂肪に囲まれている)
腎臓、膵臓、リンパ節や副腎を見る時、胆嚢を観察する時(粘膜構造を見
るためです)。


右季肋部縦走査での膵頭部&膵鉤部が見えるらしいが描出できているの
か自分でも良く分からない。是非これだ!!という画像を見せてください。

膵臓の存在の仕方について理解する必要があります。膵臓の絵ばかり
見ていても解剖の知識は深まりません。膵臓は何に接しているのか、何の
前にあるのか、など周囲との位置関係を含めた解剖(絵)を頭に入れてく
ださい。

第31回腹部エコー技術レクチャーを
受講した方の感想はこちらです
第8回 心エコー技術レクチャー
2020年11月8日(日) 江戸東京博物館で開催
≪初級者コース≫
講師 野間充(末次医院 循環器科)
第1講 描出と計測の技術
第2講 弁と血行動態評価の技術
第3講 心機能評価報告

アンケート回収率 98%
第8回心エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答え
   ▲は講師からのコメントです。
新型コロナ禍の中で多くの方が参加してくださり、また熱心に聴講し
ていただきましてありがとうございました。初級者ということで1年目か
ら5年目程度の方を対象にしましたので未経験者にとっては難しかったの
ではないかと思いますが、今後に生かしていただければと思います。

 ご質問に関してはできるだけお答えさせていただきますが、十分ではな
い時には教科書やセミナーなどで補ってください。(野間充)


脚ブロックや心房粗動(心房細動)の壁運動評価に悩みます。(ピク
ピク動く時)

壁運動の異常としては、収縮障害(収縮期の壁肥厚の減少)と収縮の
タイミング異常(同期不全)があり、脚ブロックとしては、左脚ブロック
で壁運動の同期不全を生じます。また、心房細動や心房粗動だけでは、壁
運動異常は生じません。


2腔、3腔、4腔像が真っ直ぐ立たず斜めになってしまう時にはどうし
たら立って画像が出るか?

より下の肋間から描出するとまっすぐ立ったイメージになります。

肋骨によって画像が黒く抜けてしまう時にはどうしたら良いか?
少しスライドさせたり、超音波ゼリーを多めに使うといいでしょう。
また、粘度の高い超音波ゼリーを使う手もあります。


大動脈弁短軸像をきれいな丸(円形)にするコツは?
プローブと胸壁の角度及び回転が重要ですが、少し頭側にスライドし
たり、逆に足測にスライドすると描出できることが多いと思います。


拡張障害が高度の場合、左室流入開始時間が早くなることはわかった
が、E'も速くなるのでしょうか?

拡張障害の場合は、弁輪部分の動き(e')が少ないのに流入血流速度
が速いことが特徴ですので、e'は小さくなります。


EFが正常60%前後と言っていましたが、肉柱が多く年齢が高い人で
70%くらいになる人がいます。この値はあっているのでしょうか?肉柱の
せいで内腔狭く見える人はこれで良いのか?

EFの正常範囲は55〜75%です。心エコーでは、およその数字を知って
おくことが検査中に役立つので、正常者ではため込んだ血液量の約2/3を
駆出できるので66~67%ぐらいが正常の中央値ぐらいになると伝えたかっ
たのですが疑問に思わせてすみません。

また、EF計測は、左室の緻密層のラインを拡張期と収縮期に計測するの
が原則なので肉柱や乳頭筋を外してトレースするのが原則です。


下大静脈が描出できないことがあります。肋間走査でもうまくいか
ず、虚脱なのかうまく出せていないのか悩むことがあります。何かコツは
ありますか?

高齢者では、下大静脈が小さく描出しにくいことが少なくありませ
ん。プローブを強く圧迫するとおなかに力が入ってさらに小さくなること
にも注意してください。私は、長軸断面を描出しにくい時は短軸電面を描
出して確認しています。


推定肺動脈圧の求め方で右室駆出率波形ACTを使用する方法とPRから求
める方法がありますが、自分が行ったデータで計算すると全く異なる値が
出てしまいますがなぜでしょうか。

右室流出路のPW波形は、描出の仕方とROIの場所によって一定で
はなく習熟を要します。また、PRのピーク血流も同様です。恐らくそう
いったことが関係していると思われます。右室流出路の血流が層流になっ
てできるだけ長く描出した上で計測すると安定してきます。


女性で胸のある人や胸板の厚い人がなかなか描出できないです。コツ
があればお願いします。

確かに苦労することが少なくないと思います。乳房を避けるためにプ
ローブの根元をもって乳房下にプローブを差し込むようにすると描出でき
ますが、保持するのに苦労します。

超音波の周波数を2MHzなどに変更して深くまで届くように工夫する手も
ありますが、明瞭なイメージを描出することが困難な場合も少なくありま
せん。


資料のe'の時相の解答を教えてください。
Bです。出現のタイミングと高さの恒常があることに注目してみてく
ださい。


感覚的に壁の動きが悪い時など学習したいのですが、クリニックの検
査では件数も限られております。どうしたらわかるようになりますか。

症例数の多い施設で研修させてもらうことやセミナーなどへの参加で
学習するなどがよいかと思われます。この超音波からのメッセージで取り
上げてくれるかもしれません。

第8回心エコー技術レクチャーを
受講した方の感想はこちらです
第30回 腹部エコー技術レクチャー
2020年11月8日(日) 江戸東京博物館で開催
≪初心者コース≫
講師:小田悠太・浦山亜紀子・鶴岡尚志
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること

アンケート回収率 100%
第30回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答え
   ▲は講師からのコメントです。

フォーカスが2点、3点の使い方を教えてください。
フォーカスは普段の検査では解像度に影響する機能です。腹部のスク
リーニングでは初期設定を5cmから7cmに合わせておいて、より精密に見た
い場所については、そこに合わせるようにします。フォーカスの初期設定
を1点にするか2点にするか、あるいは3点にするかは、装置によって特
性が違いますので実際に画像で比べて決めると良いでしょう。フォーカス
を多くするほどフレームレートが下がり画像がもたつくようになりますの
で、それも考慮して決めてください。


寝たきりの患者さんだと座位が困難です。その場合工夫する方法など
あれば教えてください。

寝たきりの方の場合は半座位は無理ですね。体位を保持するためのク
ッションなどを、病棟であれば看護師さんにかりるか、検査室には備えて
おくと左右の側臥位はできますので、側臥位までは実施してください。た
だし、体位変換してはいけない方もいますので、その場合には無理はしな
いでください。


膵の描出の消化管ガスを避けて描出するやり方について詳しく知りた
いと思った。(いつも膵臓が上手く出せないので)

ここに簡単に書くのはむずかしいので、次回は「スクリーニング検査
法」か「膵臓の見方」を受講してください。理論と実演でお示しします。


左肋間から脾臓や左腎臓を確認するとき、プローブのどちらかが上手
く被験者にあたっていなくて、描出がうまくできないことがあります。座
って撮影する方法とゼリーをつけること以外にうまく描出できる方法があ
ったら教えてください。

その画像を見ないとなんとも判断できませんが、「描出がうまくでき
ない」のは、プローブが浮いているのか肋骨に当たっているのかのどちら
かだと思います。座位にするとうまく描出できるわけではなく、側臥位と
座位を組み合わせることで、アプローチが増えるので、うまく描出するこ
とができると考えてください。詳しくは「腎臓の描出」、あるいは「肋間
走査」の回を受講していただくと、その理論と実演でお教えできます。


今日初めて来ました。2回目となる次のコースはどのコース?どのレ
クチャー?を受講したらいいか教えてほしい。

次に受けられるのでしたら初中級者コースにレベルアップすることを
お勧めします。初中級者コースは臓器別に12講あり、これを1回に3講ず
つ(4回)行いますので、ご自分の興味ある講義や苦手な領域の講義で選
んで受講することをお勧めします。4回全て受講する必要はありません。
第30回腹部エコー技術レクチャーを
受講した方の感想はこちらです
第29回 腹部エコー技術レクチャー
2020年9月27日(日) ホルトホール大分で開催
≪初級・中級者コース≫
講師:鶴岡尚志
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 スクリーニングを速く正確に

アンケート回収率 90%
第29回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答え
   ▲は講師からのコメントです。

周囲組織と膵臓の境界が分かりにくい患者さんがよくいます。見分け
けるには何に気をつければ良いでしょうか?

周囲のさまざまな組織の中から「膵臓の形」を探すのでは膵臓自体も見
つけるのが難しいと思います。膵臓は、膵臓を見つける前に「ランドマー
ク」を見つけるようにしてください。ランドマークについては資料を参照
してください。


鶴岡先生の7つの基本断面を教えて欲しいです。(8つの断面です、講
義で言い違えたかも知れません)

記録する基本断面(所見がなくても記録する断面)を決める場合の観点
は、臓器の形態評価や撮影条件を残す断面を選ぶことです。基本断面を残
したところで「病変がない」ことを示すことはできません。例えば肝左葉
の縦断面は、「肝臓の腫大や線維化を疑う所見」として残しますが、「左
葉に腫瘤がない」ことを示すことができません。そういう観点で、今残し
ている断面が必要かを決めることです。「なんとなく慣例だから映してい
る断面」は、精度を維持するためにあえて「捨てる」ことも考えるべきで
す。

もう一つ、基本断面はひとりで決めるのではなく、検査室全員と超音波画
像を見る先生方とも一緒になって決めて行くべきです。基本的には、記録
断面を減らすことで検査時間は確実に短縮できます。その時間をスキャニ
ング(観察)に回して、精度を上げて行くことが大切です。

以下が私の施設で採用している基本断面です。この中には、診断医の要望
で撮影している断面を含みます。どの体位で映すかはテキスト10ページの
「基本走査法とアプローチ」を参照してください。@からGはほぼ撮影順
です。これは所見がない場合の基本断面です。所見がある場合の撮影枚数
は無制限としています。

  @ 心窩部正中断面:肝左葉・膵体部の縦断面
  A 右季肋部胆嚢の長軸像
  B 右季肋部:肝門部門脈と胆管、胆嚢頚部の短軸像
  C 右側腹部もしくは背部:右腎の長軸像
  D 左側腹部もしくは背部:左腎の長軸像
  E 左側腹部もしくは背部:脾臓、膵尾部端
  F 心窩部:膵臓の長軸像
  G 右季肋部:膵尾部の長軸像
※診断医の要望があるためAからCの間に肝静脈の長軸像を1枚撮りま
す。


仰臥位で腹がえぐれてる、体位変換(半座位)でもどうしてもガスetc
で見えない人がいます。どうしたら何とか見えるでしょうか?→会場でお
答えいただきました。納得しました!ありがとうございます。

(会場でお答えした内容)患者さんの体型を見ないとはっきりと答えら
れませんが、例えば仰臥位のまま膝を立てたり、半座位では背筋を軽くそ
らす方がよく映ります。基本走査フローで示した体位変換は、その方法だ
けで見ると決めずに、基本走査法を基本として、ケースバイケースで体位
をアレンジすることも考えてください。


今回の講義を復習するのに役立つ本などあれば。
腹部の走査法について書かれた本は少ないのですが、金田智先生の「腹
部エコーテクニックとその理論(手にとるようにわかる):ベクトル・コ
ア」をオススメします。


肋弓下から何も見えないとき肋間から見える範囲を見るのですが、肝
外胆管は描出不能にするしかないのですか?

肋間から観察できる肝内胆管に拡張がない場合に、肝外胆管を観察する
意義は通常は無いと思います。


肥満の方のお腹を見る時のコツや体位変換。
基本検査フローでの仰臥位や季肋部での走査に頼らずに、側臥位や肋間
走査で観察することです。


テキストに「主膵管拡張の有無は短軸像で」との記載があります。そ
の理由が知りたいです。

膵実質内に拡張した膵管の有無を判断するのが早くできることと、顕著
に拡張した主膵管を他の血管などの構造と誤認しないためです。


腎の大きさは二か所から必ず見るということは、両方の画面で大きさ
を計測しないといけないのでしょうか。

臓のサイズを測るのであれば、いくつかの方向から観察して、最大断面(最も
大きく映ったと思える断面)で計測すれば良いです。ただし、通常は腎臓
のサイズは計測しません。腫大や萎縮が疑ったら計測しましょう。


シェーマが苦手です(絵が下手くそです)書くのにコツはありますか?
解剖図の模写や超音波画像のスケッチをできるだけ多く描くことです。
ついでに描いた各部の名前も入れることで解剖の理解が深まります。絵が
上手いか下手かを含めて必ず上達できます。
第29回腹部エコー技術レクチャーを
受講した方の感想はこちらです
第4回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2020年9月27日(日)ホルトホール大分で開催
≪初心者コース≫
講師:小松崎 聡
第1講 見逃さないための解剖と走査法
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ

アンケート回収率 95%
第4回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方からアンケートでいただいた
質問と答え
   ▲は講師からのコメントです。

ベーカー嚢胞は破裂するとどのようなエコー画像、所見になるのか知
りたいです。

ベーカー嚢胞は膝窩関節腔に生じた嚢腫で通常は無エコーのほぼ均一な
腫瘤像です。破裂すると増大し内部に網目状構造となります。同部位に一
致して痛みや腫れを伴うのが特徴です。血栓との違いは解剖学的位置で
す。ベーカー嚢胞は膝窩関節に連続し筋層との間に認めます。ヒラメ筋静
脈はヒラメ筋層内を走行しますので位置が異なります。


先生が下肢検査をされる時、保存する画像をもう一度教えてほしいで
す(normalの時)

血栓がない症例では、@総大腿静脈付近で呼吸性変動の確認でパルス
波形を記録 A大腿静脈で2画面にして一方に非圧迫像、もう一方に圧迫
像を記録 B膝窩静脈でもAと同様に記録します。左右合わせ合計6枚で
す。ドプラ加算にはパルス波形は必須になります。記録する枚数や画像に
ついては施設内で統一してください。


血流のうっ滞という評価は臨床的に必要なのでしょうか。
血流うっ滞、「もやもやエコー」について回答いたします。最近の装
置では静脈内にもやもやエコー像として細かな点状を認めることがしばし
ばあります。もやもやエコーを認めたら軽く圧迫して消えることを確認し
てください。大半の症例が消えますので報告書へは記載はししません。ま
れにもやもやエコー内に血栓がありますので、圧迫する際には注意して行
ってください。


血栓あった人にリクシアナを使われる事が多いのですが、どのくらい
の頻度、期間でfollow echoした方がよいのでしょうか?

当院では1〜2週間後に再検査の依頼が多いです。紹介したガイドライ
ンでは1週間ごとに中枢への進展の有無を観察すると明記されています。
浮遊型血栓や肺塞栓の場合、当院ではほとんどが転院するため経過観察期
間はわかりません。観察ポイントは中枢への進展の有無です。


びまん性に壁肥厚のような、圧迫すると血栓があるような所見がCFVや
SFV付近でみえるのは何でしょうか?

高齢者に多い印象です。確かに静脈壁がやや厚く見ることがあります。
血栓ではないので報告書には記載しません。


下肢静脈エコーの報告書レイアウトをつくる上で必要な項目、シェー
マ等(小中規模病院)

報告書は配布資料の最後のころにあります。紹介した「標準的評価
法」にも載っていますので参考にしてください。


レポートの書き方を詳しく知りたい。(血栓+)の場合
配布資料にもあるように、@血栓部位(中枢端の位置)A 大きさB
形態C エコー輝度D 可動性の有無E 血流情報F 前回値との比較につい
て記載してください。具体例は配布資料を参照ください。


後脛骨と腓骨静脈の見え方、見分け方をもう一度知りたい
後脛骨動静脈は脛骨から数p離れた位置を走行します。腓骨動静脈は
腓骨とほぼ接して走行します。どちらも筋膜、つまり筋層と筋層の間を走
行し、静脈が2本でその間に動脈が走行します。
第4回下肢静脈エコー技術レクチャーを
受講した方の感想はこちらです
第27回 腹部エコー技術レクチャー
2020年2月23日(日)開催
≪初級・中級者コース≫
講師:鶴岡尚志
第1講 近づいて広く見る消化管
第2講 本当はこわい腎臓の描出
第3講 見れば分かる副腎の描出

第27回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

あいまいな所見の時、どのように対応したら良いの?
これってどうなのって時に何をすべきかわからないことが多々あり、こ
ういう症例もあるんだ、という症例をもっと教えて欲しいです。

はっきしした所見しか得られないときや自分の力量で判断できないとき
には、それを異常としてはいけません。報告書(レポート)には見えた様
に所見を記載しておくと良いでしょう。しかしこの場合は、この所見は役
には立たないことが多いです。研修会や文献で多くの所見を頭にインプッ
トしておくことが、自分自身の診断力を伸ばすことになります。私も日々
反省と勉強の日々です。(鶴岡)


腹痛や下痢などの場合、大腸だけみればよいのか。小腸の話があまりな
かったので。

大腸だけ見ればよいわけではありませんが、異常の所見(姿)は基本的
には大腸も小腸も似たのもです。小腸炎は肥厚した腸管などが所見で、腹
痛や下痢などの患者にはときどき見られる所見です。一方、小腸には大腸
ではあまりない所見として拡張(イレウス)がありますが、イレウス自体
は腹部単純X線撮影やCTでも分かりますので、これらは少し異なる目的で
検査することになります。


水腎症疑いでカラードプラをみるのはなぜですか。
ごく軽度の腎盂拡張と腎洞の腎静脈が紛らわしいことがあるので、ドプ
ラでの血流の有無で判別するためです。


腎盂拡張を所見としてとる場合、何mmくらいから拡張としますか。乳児
の水腎症フォローでくる場合もどのくらいで拡張としますか。

腎盂拡張か(あるいは生理的な正常範囲の拡張か)の判断は、腎外腎盂
から尿管になる「腎盂-尿管移行部」より下流(つまり尿管)に拡張があ
るかで判断すれば良いと思います。ただし腎盂-尿管移行部に病変がある
場合は例外となります。それでも腎盂-尿管移行部をよく観察することは
共通します。


腎が描出できない場合、骨盤内にも認められない場合は(初回の人で)
「腎低形成疑い」としているのですがどうされていますか?CTやMRI等で
確定は必要でしょうか。

スキャニングの問題でないとすれば「腎低形成疑い」で良いと思います
が、低形成自体は病気ではありませんが、一度はCTで確定してあげた方が
良いと思います。それから副所見として腎低形成の場合は、通常は反対側
の腎臓に代償性肥大がありますので、それも参考にしてください。


コンパウンド、ハイレゾ、などの機械の特性を利用した描出方法のコツ
について

これらは装置ごとの機能ですので、ご自分の装置で実際の画像でその差
を比べながら答えを見つけてください。分からないことがあれば、メーカ
ーの方を呼んで説明してもらうことも(技師として)自施設の装置を使い
こなす上で必要です。


膵臓の描出、肝クイノー分類の描出ポイント
それは、技術レクチャーの別の回で解説実演していますので、次の機会
をお楽しみに。


→第27回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第3回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2020年2月23日(日)開催
≪初級者コース≫
講師:小松崎 聡
第1講 見逃さないための解剖と走査法,
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ

第3回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

浮遊型血栓と可動性の違いは? 浮遊型は血管にくっついてないのです
か?

 『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価法』のP.16
を参照ください。講義の時に説明した通り、中枢部分が5cm以上、血管壁
にくっついていなく内腔に浮遊している場合をいいます。緊急性のある血
栓になります。浮遊型は基本、可動性になります。


レポートに血管拡張と記載する時の定義があいまいです。正常範囲内で
わければよいのでしょうか。

並走する動脈と比べて、などわけていけば良いでしょうか。
 「深部静脈」では拡張の定義となるガイドライン等はありません。近
くにある静脈径と比較して太ければ拡張しているとことになります。しか
し、拡張のみでは所見用紙には記載しません。あくまでもヒラメ筋静脈に
血栓があると静脈径が拡張しやすくなります。

余談ですが、下肢静脈瘤の診断で「表在静脈」に関して拡張を記載する必
要があります。『超音波による深部静脈血栓症・下肢静脈瘤の標準的評価
法』を参照ください。


→第3回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第26回 腹部エコー技術レクチャー
2019年12月10日(日)開催
≪初級・中級者コース≫
講師:鶴岡尚志
第1講 意外に見落とす胆嚢の端
第2講 それでも知りたい肝区域
第3講 ついでに見ようリンパ節

第26回腹部エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
太っていて腹圧もすごい人、ガスが多い人の胆嚢が肋間とか左側臥位
でも見えづらい。また臓器が挙上している人の臓器の検索が難しい。どう
すればいいのか。

体位変換や呼吸の調整、圧迫など、ベストアプローチで描出を試み
て、それでも描出不良の場合には、それを描出の限界とすべきでしょう。
どこまで描出できるかは、被検者(患者)の条件と検者(技師)の技量に
依存してしまうことも含めて超音波検査の限界と考えるべきです。少しで
も良く描出しようとする気持ちは大切ですが、悪条件であれば描出できる
まで頑張っても不十分な(精度の低い)描出になることが多いと思いま
す。


肋間走査でどの写真をとれば肝区域の5678をうつしていることに
なっているのかがよくわからない。肋間走査は何を目印にとればよいの
か。写真をとるコツありますか?

どの写真でという認識の仕方ではなく、自分の映している部位(断
面)がどの区域なのかを境界面と門脈の枝を使って認識するようにしまし
ょう。境界面と門脈枝、それぞれを描出できなければ(その技量がない場
合は)、肝区域を正確に認識することはできませんので、肝区域での位置
表現はしないほうが良いでしょう。


近年装置自体の機能のおかげで胆嚢底部(RAS)が良く見えます。と思
い込んで大丈夫でしょうか。手技の問題で無エコー様に見えているだけ、
壁が厚く見えているだけといった過大評価していないか気になります。
(見落としではなく拾いすぎ)

確かに最近の装置は多重反射やノイズが少なくなってきています。よ
く見える(診断できる精度)かは、胆嚢の壁の連続性や粘膜が描出できる
かを目安にすると良いでしょう。アーチファクトやノイズと実像との見分
けは、単純にどのように見えればというのではなく、そこを見る目を持っ
て経験を積むことが大切です。


腎臓でSEを見かけたら、結石や石灰化なのでしょうか?ASが見えない
のに石といえる理由がわかりません(今回のテーマではありませんが)。

この質問については研修会の中でお答えしましたが、要するに結石か
石灰化は、超音波だけでなくCTなどでも判別はつかない場合がほとんどで
す。その上、両者を判別する必要もありません。ただし表現(判別や診断
ではなくあくまでも表現)をある程度統一しておかないと、結果を見た医
師や患者さんが混乱しますので、表現は統一すべきです。


体格が良い方、脂肪肝の方の肝嚢胞は内部エコーが抜けにくいです。
胆嚢底部同様当て方を変えれば変わりますか?"

とりあえずそのような条件の方を見るときには、ゲインを少し絞りま
しょう。その他の対処法はケースバイケースですので、ここに書けるほど
単純ではありません。研修会中に質問いただけると良かったですね。


フリージアンキャップの際の注意点についてご教示ください。
内腔にスラッジや結石が入っていることがあり、壁の観察が不十分に
なることが多いですので、慎重に見てください。


胆嚢スキャニングは拡大していますが、残す画像は肝臓や他の臓器と
同じデプスにしていますか?一人の先輩からは拡大した胆嚢で残す、もう
一人の先輩からはパッと見ると胆嚢が腫大して見えるからデプスは戻して
残すようにと言われます。どっち?

拡大したままで良いと思います。超音波の画像には必ずスケールが入
っています。腫大と間違えることはないと思いますので戻すことに意味は
ありません。


リンフォーマのリンパ節は、テキストを見ると極低エコーと書いてあ
りますが、機械の精度がよくなったからそうではないとも聞きました。ど
うなんでしょうか。

悪性リンパ腫の腫大リンパ節は典型的には極低エコーですが、そうで
はない場合もありますので、必ず極低エコーになるとは限りません。これ
は機械の精度のためだけではありません。

→第26回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第6回 心エコー技術レクチャー
2019年12月10日(日)開催
≪初心者コース:知っておきたい心エコーの基礎≫
講師:三枝義信、白倉聡
第1講 明日から使える描出テクニック
第2講 迷わない計測のポイント

第6回心エコー技術レクチャーを受講した方からいただいた
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
S字状中隔によるLVOTの判定基準はありますか? 
S字状中隔は加齢による心臓の形態変化とされていますが、閉塞性肥大
型心筋症と類似したLVOTの狭窄をきたす症例があります。判定基準は明ら
かではありませんが、失神や胸痛を伴う場合は流出路狭窄の可能性も否定
できません。

また、一般的にS字状中隔でLVOTの流速が上昇している症例では、弁口面
積や1回拍出量などの計測が正確に出来ない場合がありますので注意して
ください。(白倉)


速度or圧較差などどの程度とれたら狭窄しているとレポートに書いて
いるでしょうか?

大動脈弁狭窄症、僧帽弁狭窄症などの弁膜疾患や肥大型心筋症などに
よる左室内の狭窄など疾患によって重症度評価が異なります。疾患ごとに
ガイドラインを参考にすると良いと思います。また、圧較差も最大なのか
平均なのかも異なりますので混同せずに覚えてください。(白倉)

【弁膜疾患の非薬物治療に関するガイドライン】
 http://j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2012_ookita_h.pdf
【心筋症診療ガイドライン】
 http://j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2018_tsutsui_kitaoka.pdf

asynergyがあるかどうかがまだよくわかりません。
下流の方がsevereというのだと心尖部に近いほどわかりやすくなります
か? 

一般的に冠動脈の末梢(心尖部)の方が先に虚血のダメージは強くな
りますが、判定しやすいとは必ずしも言い切れません。急性と陳旧性でも
異なる場合もあります。また、側副血行路が他の冠動脈から流入している
場合は判断に苦慮することがあります。講義ではわかりやすく短軸のみ提
示しましたが、実際の検査では他断面でも評価することが大事です。(白
倉)


短軸が描出不良で長軸での描出の時にはどのように評価したら良いで
すか? 

描出不良例では限られた断面での評価になってしまいますが、短軸だ
けに限らず複数の断面で総合的に評価する必要があります。各断面で描出
されている左室壁や弁の部位が異なりますので、どの断面で何が描出され
ているかを解剖と共に覚えることが大事です。また、短軸断面は心窩部ア
プローチでも描出することが可能です。(白倉)


逆流に関して小さいものは正常であること、正常とレベルTの区別
は?基準はありますか? 

大動脈弁逆流(AR)も僧帽弁逆流(MR)も重症度評価は軽度・中等度・重症
と区別されます。

ARは、逆流量・逆流率・有効逆流弁口面積(EROA)・Vena contracta の
幅・逆流Jet幅/左室流出路比(%)・ARジェットのPHTの数値で重症度評価
をします。

MRは、逆流jet面積・逆流jet面積/左房面積比・有効逆流弁口面積
(EROA)・逆流量・逆流率・Vena contracta の幅の数値で重症度評価をし
ます。

一例としてAR・MRともVena contractaの幅(mm)が<3mm が軽症です。(三
枝)


大動脈弁輪径とLVOT径は同じですか?
Valsalva洞の描出位置と計測部位が異なります。
大動脈弁輪径は傍胸骨左縁長軸像で右冠尖側と無冠尖のValsalva洞が良く
描出される断面の収縮中期で大動脈弁付着部を計測します。

LVOTは傍胸骨左縁長軸像で右冠尖側のValsalva洞のみが観察される断面
で、無冠尖・左冠尖が描出されないところの収縮中期で、計測部位は中隔
の壁厚増加が消失する部位と僧帽弁前尖の動きが消失する部位、大動脈弁
下で測定します。(三枝)


S字状中隔の描出方法についてもう少し詳しく知りたいです。 大動脈
弁輪径とLVOT径は同じですか?

S字状中隔の場合、傍胸骨長軸像では通常より1肋間低めで描出すると
全体像が描出されることがありますが、左室壁に対して超音波ビームが斜
めに入るため正確な評価が出来ない場合があるので注意が必要です。短軸
像では心基部側が楕円になってしまうことがあります。心室中隔の角度を
イメージし、プローブを通常より大きく心尖部側に傾けて正円になるよう
に意識しながら描出してください。(白倉)


S字状中隔によるLVOTの判定基準はありますか? 
S字状中隔によるLVOTの判定基準はありません。通常は圧格差が30mm
Hg(2.8m/S)以上で優位な狭窄があると考えます。(三枝)


速度or圧較差などどの程度とれたら狭窄しているとレポートに書いて
いるでしょうか?

大動脈弁狭窄の場合の重症度評価は弁口血流速度m/sが2.6〜3.0で軽
症、3.0〜4.0で中程度、4.0<で重症です。(三枝)


%FSというのはどういう時に異常値になるか? 
Mモード心エコー図からから求められる左室内短縮率が臨床上簡便で
あり、左室腱索レベルで左室拡張末期径(LVDd)および収縮末期径(LVDs)
を計測して

FS=((LVDd)−(LVDs))/(LVDd)×100%の式より計測され、正常は≧28%
です。

心不全などにより心筋機能が低下してくると収縮力が低下し,FSが低下
します。(三枝)


横になれず仰臥位で四腔像だけが描出できた時にどう動かせば長軸像
がきれいに出ますか?

四腔像が描出できるのであれば、その断面からプローブマークが患者
の右肩方向に向くようにプローブを反時計回転させれば長軸像は描出でき
るかと思います。(白倉)


心窩部四腔像で心房中隔欠損がある場合、カラーをかけると、どうう
つるのか?穴が空いている部分にカラーが入る? 

心窩部四腔像では心房中隔がビームと垂直になり、心房中隔が描出され
やすくなります。通常は左房から右房に血流が流入することにより、シャ
ント血流と超音波ビームが平行になり、シャント血流を捉えやすくなりま
す。図1参照。(三枝)

図1 心房中隔欠損                 
心窩部走査では心房中隔の欠損口を通過して左房(LA)から右房(RV)に
血流が流れます。短絡血流は探触子に向かうため赤色になります。(↑心
房中隔欠損口)



右房に構造物があるのは肺がんのどういう時か?
右房内には、正常構造物と異常構造物があります。正常構造物とは胎
生期の遺残構造物です。代表的なのは、eustachian valve(ユースタキオ
弁)、thebesian valve(テベシウス弁)、Chiari network(キアリ網)
などがあります。

右房内の異常構造物は稀ですが血栓、粘液腫、悪性リンパ腫、原発巣から
IVCを経て右房内に進展した悪性腫瘍(腎細胞癌、肝細胞癌など)、肺
癌、乳癌、食道癌からの転移性腫瘍があります。それ以外にも心臓腫瘍は
ありますが、いずれも非常に稀な疾患です。(白倉)

肺がんが大きくなり肺静脈に浸潤してくると左房に腫瘍が出現するこ
とがあります。

右房には肝細胞がんが大きくなり下大静脈に浸潤してくると右房に腫瘍が
出現することがあります。(三枝)


Mモードで計測していましたが、「今はやらない」と他の研修会で聞き
ました。実際はどうなのですか?

2015年のアメリカ心エコー学会の勧告では内径の計測では断層(2D)
心エコーガイド下でMモード法を用いて内径を計測してもよいが斜め切り
の内径計測をしないとために、断層心エコー画像上で計測する方が好まし
いと勧告がでています。

当院では、正しいMモード波形が記録できる症例のみMモード法で計測
し、それ以外の症例ではBモード法で計測を行っています。(三枝)

→第6回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第25回 腹部エコー技術レクチャー
2019年9月23日(祝)開催
≪初級中級者コース≫のテーマ
講師:鶴岡尚志
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価

第25回腹エコー技術レクチャーを受講した方
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
べつの講義にて、検査体位変換順を教えていただき先輩に話したとこ
ろ「それは外来の見方」と一蹴されましたが、こっそり続けるうちにとて
も見やすくなり、今まで描出できなかった部分も見えてる様に思います。
これからも続けていこうと思います。ありがとうございました。また伺い
ます!

今回の講義でも話したように、たとえ健診であっても見落としは検査し
ていた人の責任です。検査技師としての努力や工夫を続けて技術を磨いて
ください。


胆管内に泥や砂がつまった時も石と同じように痛みがでるものですか?
胆嚢炎の有無は関係しませんか?

はい。結石と同様の発作となります。胆嚢炎も同様です。そもそも胆石
と胆砂は大きさが違うとはいうものの区別されるものではありません。


膵臓のガスの除くために圧迫すると教わりました。いつも圧迫が弱い
と言われます。どれくらい力を入れれば良いでしょうか。

力を入れれば必ず条件が良くなるわけではありませんが、私は必要に応
じて結構圧迫しています。ただし講義でもお話ししたように、圧迫だけに
頼らずに消化管ガスの特性を理解して対処することが大切です(→資料参
照)。


脾臓の長径がうまく出せていませんでしたが先生の当て方を見たら私
は角度が横よりにしていました。結構プローブを立てるのですね。あれは
肋間にあわせているのですか?肋間にあわせた角度でプローブを当て最大
に出たところを長径としてよいでしょうか?

スクリーニングでは肋間方向に合わせて脾門部を含む走査で良いと思い
ますが、脾腫の症例では肋間方向で最大径が描出されるとは限らないの
で、肋骨をまたいで長径を出すこともあります。そういう意味で(講義で
話したように)脾腫を計測で評価すること自体に無理があります。

尾部が描出不良と記載する目安について教えてください。尾部端と尾
部の間がどの程度見えていなければ不良とするのか?

尾部を描出するときのランドマークは、左季肋部走査でも左肋間走査
(経脾走査)でも脾静脈ですので、尾部全体が描出できた画像は理解でき
ると思います。一方で、100%満足に描出できないケースはしばしばあり
ます。ご質問のように、その時の「描出不良」の判断は、あなたが責任を
持てる観察ができない場合と考えると良いでしょう。それが患者さん側の
問題でもあなたの技量の問題でも、描出不良はそのように決まるものだと
思います。

副脾の鑑別にドプラの説明がありましたが、LNの場合のドプラはどの
ようになるか。また、腫瘍の場合のドプラはどうでしょうか。

リンパ節の場合、転移性であっても悪性リンパ腫であっても、通常見る
副脾の大きさ(30mm以内)で、内部(中心部)に血流が観察されることは
まずありません。また、副脾の場合は定常流とその反対方向の拍動流が同
時に観測されることが診断の条件です。大型のリンパ腫の腫大の場合に
は、拍動流のみが観測されます。


膵臓の描出方法は大変よくわかりました。ありがとうございました。
副脾は所見として書くべきでしょうか?異常臓器ではないので書く必要は
ないと先輩に言われましたがどうでしょうか?

異常所見ではないので、診断に書くかはその施設の判断を統一していれ
ば良いと思います。所見欄には記載しておいた方が、翌年の検査の参考に
なると思います。


各臓器の計測の仕方を知りたい。
超音波などの画像診断では、各臓器を計測することはまずありません。
腫大や拡張があった場合に計測を行います。

→第25回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第24回 腹部エコー技術レクチャー
2019年6月2日(日)開催
≪初級中級者コース≫のテーマ
講師:鶴岡尚志
第1講 スクリーニングを速く正確に
第2講 肝臓の死角と攻略法
第3講 肋間走査をマスターする

第24回腹エコー技術レクチャーを受講した方
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

検査時に女性は検査着に着替えているとの事ですが、どの状態で検査し
ているのか?

検査実施時の検査衣は、着替えた検査衣を胸の下までまくってクリップ
で固定していると、講義の中では写真で説明しました。聞かれている「ど
の状態」が何のことなのかがよく分かりません。


腹部エコーは食止めで午前中実施する事になっていますか?昼食を食べ
ずに午後実施しても問題はないのでしょうか?

胆嚢や膵臓の観察が不十分になりますので、これらについては検査の対
象とできないことが多いです。一方、肝臓、腎臓、脾臓、消化管では、食
事に影響は受けにくいので検査上は問題ありません。


素晴らしい講義をありがとうございます。@屈曲胆嚢の場合、サイズ計
測はどのようにすればいいですか?A肝辺縁がやや鈍角の場合などいまい
ち基準がわからないのですが、明らかな鈍角以外は鋭角としてしまってよ
いのでしょうか?

@屈曲した胆嚢のサイズを測るという理由がよく分かりませんが(通常
は測ることはないと思います)、測るのであれば短径と長径を(直線的に
測れなければ2分割で)測れば良いと思います。A基準があるわけではあ
りませんが、鋭角(sharp)でなければ「鈍化あり」とします。程度の判
断も大切です。


筋肉質の男性でプローブが上手く入らない場合、どうしたらいいか教え
てほしい。

腹筋が硬くてプローブが押し込めないことを聞かれているのですね。腹
筋に過度の力が入らないようにするコツとして以下の点を試してくださ
い。@ひざを少し立てて検査する、A息を吸うときに目一杯吸わないよう
に説明する(必要なければ吸気にしない)、B側臥位で検査する


内臓全体が上に上がっている方がたまにいます。プローブを押し当てて
も左葉が出なくて困っています。

その場合、心窩部から描出するなら、左右の側臥位を試してください。
また、肋間走査での描出も加えます。


縦走査からの横走査への上手な切り替え方を教えて頂きたい。
プローブの持ち方が良くないからかも知れません。回転する練習も必要
ですが、まず回転しやすいプローブの持ち方から工夫してください。


→第24回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第23回 腹部エコー技術レクチャー
2019年6月2日(日)開催
≪初心者コース≫のテーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること

第23回腹エコー技術レクチャーを受講した方
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

解剖を勉強するのにおすすめの書籍があったら教えて下さい。
基本的な解剖を覚えるのであれば、学生が使っている解放の教科書やエ
コーの本に載ってる解剖で十分です。より細かい部分や腹部以外の解剖を
知りたいのであれば、南江堂の「ネッター解剖学アトラス」が良いと思い
ます。


右肋間走査で患者から痛いと言われることがある。どうしたら痛くなく
走査できますか。

そもそも肋間走査はプローブを押し当てなくてもできる走査です。無意
識に力が入っているのではないでしょうか。肋間走査のプローブの当て方
は、肋間の方向にプローブの方向がきちんと合っていることがポイントで
す。圧迫してもよく映るわけではありません。


肝臓を肋弓下から見る時、プローブに力をいれるのは患者さんに息を吸
ってもらってからか、吸わせる前から入れてしまっていいのですか?

肝臓を肋弓下から見るときにのポイントは、しっかり深吸気をさせて肝
臓下げえぐ走査をすることです。患者さんが息を吸ってからプローブに力
を入れるのでは、腹筋が緊張してしまうのでプローブが倒しこめません。
プローブを傾けてから深吸気をさせましょう。


プローブの左側や右側が浮いてしまいます。本日、支点を意識するよう
にと伺いましたが、他に注意する事・意識する事はありますか?

肋間走査の場合、肋間の向きとプローブの方向がしっかり合っていない
とプローブが肋骨によって画像が欠けてしまいます。しっかり方向を合わ
せましょう。やせている方では、ゼリーを多めにつけ隙間を埋めるときれ
いに描出できます。


先輩の検査の見学に入った時に何を見ればいいかわからない。人によっ
て出し方や画像が違い、どこを見学したらいいかわからなくなる。

ご苦労をお察しいたします。まだ施設のフローが決まっていないあなた
の施設では、「何を見ればいいかわからない」のは当然のことです。先輩
に検査フローの統一を提案することをしてください。それが難しいなら、
施設全体が無理であれば何人かの間で検査フローの統一することから始め
てみてください。今回は検査精度や効率の面からフローの大切さをお話し
しましたが、誰もが同じフローで検査することの利点は多いです。技師育
成の面でも施設で検査フロー(手順)を決めることは大切です。


スキャニングが大切という事ですが、ルーチンで残す画像は(所見がな
ければ)あまり必要ないという事でしょうか?超音波検査学会でルーチン
が載っていたと思いますが、最低それは必要でしょうか?

スクリーニングでは、問題のない箇所の画像を撮ることよりも、問題が
あるか無いかを検索する「スキャニング(観察)」が大切です。画像記録
が必要ないとまでは言いませんが、「正常画像を残すことは、あまり必要
がない」と考えています。画像を何枚記録するのかは施設毎に事情が異な
りますので、まず施設内の考え方に沿った記録をしてください。超音波検
査学会が提示しているのは、撮像部位とその画像の例示です。例示とは、
「画像を残のであれば、例えばこのような画像」ということを示している
のであり、自施設の「残す画像」を決める際の参考にすれば良いと思いま
す。


→第23回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第22回 腹部エコー技術レクチャー
2019年3月10日(日)開催
≪エキスパートコース≫ 診断力をつける手技と工夫
第1講 診断力のある描出
第2講 装置の設定、ドプラ法
第3講 手技上の工夫
第22回腹エコー技術レクチャーを受講した方
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

パルスドプラのSV調整のSVって何でしょうか?
資料の表記のSVのことですね。サンプリングボリュームのことです。
計測する幅(深さ方向の幅)を調整するものです。私が超音波のメーカーと
作成したこちらのセミナー(無料)も参考にしてください。(鶴岡)
Dr.SONOの公開講座「超音波の基礎」(CANONメディカル)
https://www.medical.canon/jp/lecture/lecture/lec_037.html

CTの結果で腎萎縮あるが、エコーで見ると嚢胞腎で逆に腎がとても大きく
サイズも測れない位だったのですが、CT上では萎縮をみる部分がUSと少し解
釈が異なるのでしょうか?(実質が確認できない為なのか?)
画像を確認できないので具体的にお答えできませんが、無造影のCTは実質
と嚢胞が十分には見分けることができません。

HCVキャリアの方の高エコー腫瘤が再生結節かHCCかの簡単な鑑別方法があ
れば教えてください。
「簡単な鑑別方法」は残念ながらありません。

腎臓の腎不全の評価について、急性、慢性の程度の評価と正常との判別
は。
腎不全の判別は超音波(画像診断)で行うものではありません。超音波が
見ているのは腎不全にともなう形態(形)の変化の観察であり、判別したり
評価したりしているわけではありません。

ものすごくお腹がでている(太っている)人の検査を行った時、腹壁が厚
肝臓までの距離が遠くて全ての肝臓が見れているのか不安になった事があり
ます。そういう時の工夫の仕方があれば教えて下さい。
そのような理由で条件が悪い方の検査では、肋間走査でカバーします。

肝実質エコーパターンの確認は右季肋部より肋間からの描出が良いでしょ
うか?
季肋部でも肋間でも肝実質のエコーパターンが変わるわけではありませ
ん。

病変を見つけた時に積極的に疑われる所見に書くべきか、また書くべきで
ない場合はどういう時か。
所見や報告書は、それを受け取る臨床(あるいは超音波の判読医)との検
査結果のやりとりです。そのような疑問を解決するには、受け取る側の生
と、どのような報告が良いかを話し合うのが良いと思います。検査室側で決
められることではありません。

特異所見の所で肝血管腫というのに色々なサインには特異的なでないとお
っしゃっていましたが、エコー所見の時はこのサインから血管腫を疑うとか
強く考えられるとかの表現で結果を書くということでしょうか。臨床のもと
める所見報告が難しいです。
鑑別すべき疾患を記載することは良いのですが、血管腫ではない可能性も
ある場合に「血管腫を疑う」と報告するリスクを懸案すべきです。これもひ
とつ前の質問と同様に、報告を受ける側との摺り合わせが必要です。

→第22回腹エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第5回 心エコー技術レクチャー
2019年3月10日(日)開催
≪初心者コース≫あなたの知りたい最初の一歩
第1講 早く上達するためのポイント
第2講 明日から使えるテクニック
第3講 計測とスクリーニングのまとめ
第5回心エコー技術レクチャーを受講した方
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

頭ではわかっていても操作がわからず困っています。練習する場があれば
教えてください。
当団体(シーズン2)の所属する超音波検査法フォーラムでは定期的に実
技講習会を開催しています。この講習会では実際にプローブを持ち走査法を
教わることができます。(今野)

プローブ操作・機器操作どちらでしょうか?
プローブ操作であれば、ご自身の施設の方などに協力いただいて、どのよ
うにプローブ操作したら描出されるのかを練習してみてください。機器操作
も機種によって様々な機能があるので、練習の際に画像調整してみることで
ルーチンでも活かせると思います。(白倉)

装置の操作ですかそれともブローブ操作ですか?
メーカの研修会があると思うので,メーカに問い合わせてください。(三
枝)

実際にルーチンで所見がなければ写真は何枚くらい撮っているか良ければ
教えて欲しいです。
当院では各断面ごとに3心拍の動画で記録、各計測を静止画で記録してい
ます。当院の読影医からは記録を最小限にしてほしいと要望があるため何も
所見がなければ静止画と動画で30枚程度記録しています。(今野)
施設の基本断面・計測方法、動画の保存媒体によって異なりますので一概
には言えませんが、静止画と動画で大体40〜50枚程度、静止画だけなら30枚
程度かと思います。ただ、枚数にはこだわっておらず、撮り忘れや計測忘が
ないように心掛けています。(白倉)
当院では技師が記録した画像をサーバーにファイリングして、その画像を
見て、医師が超音波診断を記載しています。そのため、ルーチンでは各計測
値は静止画で各断面は二心拍の動画で保存しています。静止画と動画で約50
-60枚位です。(三枝)

EFが低下していなくて拡張能が低下している可能性が高いものの中で体格
に見合わない小さな左室というのはどういう機序で起こるのでしょうか?単
に拡張していないから小さく見えるということでしょうか。その時のSVやCO
はどうでしょうか。
【左室拡張能低下→左室が全身に送るだけの血液量を溜め込めない(溜め
込めるだけ拡張できない)→左室内の循環血液量減少→左室縮小】の機序で
起こります。 左室は全身に送るだけの血液量を溜め込めないためSVもCOも
低下します。(今野)

太っていて心臓が寝ているとき、痩せていて心臓が立っているときなどの
poorな症例での描出のコツを教えて欲しいです。(体位など)
太っている場合では「手が届きにくい」「左側臥位より胸部の脂肪が寄り
くい」などの理由で半左側臥位の方がやり易いと思います(太っている程度
にもよります)。また、プローブをしっかり密着させて心臓までの距離を近
くすると描出しやすくなります。周波数を低く設定して深部まで減衰を少な
くすることも大事です。一方、やせている場合では肺の影響を受けやすいた
め左側臥位を深く(うつ伏せ気味)にすると良い場合があります。いずれの
場合も、体位だけではなく画像調整や呼吸調整も重要となります。(白倉)

断層法と左室容積法でEFが異なるときどのくらい違ってもOKですか?
測り直しのタイミングは?
私は、壁異常運動がない症例では、許容範囲は5%位にしています。また
検査中にEye Ball法(見た目でのEF推測)より5%以上かけ離れた場合は
再計測します。(三枝)

トレースの囲い方をホームページでもう一度載せてもらえるとありがたい
です。
Disk summation法(Simpson)は内膜の高エコーの外側を乳頭筋や腱索を
のぞいて、側壁側、前壁側から反時計回周りにトレースします。(講義に使
用したスライドはテキストに掲載されています。)(三枝)

Simpson法でEFを測定するとき、大動脈が大きすぎてどうしても四腔像に
ならず、五腔になってしまいますが、どうトレースしたらいいのかわかりま
せん。教えて頂きたい。
まずは四腔断面を描出できる様にしましょう。五腔から反時計回転にプロ
ーブをわずかに動かすか、または五腔のままプローブの断面を(プローブの
断面を被験者の左腰の方にわずかに)傾けると四腔断面が描出されます。
どうしても四腔像が描出できなく大動脈(左室流出路)が描出された時は、
大動脈を除外してトレースします。(三枝)

右心系(S'やTATSEなど)の計測のコツが知りたいです。ちょっと崩した断
面でもいいかSVの置く位置、幅など。ちょっと崩した断面でもいいかSVの置
く位置、幅など。
三尖弁収縮期移動距離(TAPCE)や三尖弁輪収縮期運動速度(TAM-S’)は
角度依存性があるため、計測断面は通常の心尖部四腔断面ではなく、右室に
焦点をあてた心尖部四腔断面を用います。TAM-S’の記録はサンプル幅を10
mm程度と広めに設定して弁輪の動きが含まれるようにします。TAPCEやTAM
-S’は通常の心尖部四腔断層像での記録した波形で計測すると過少評価する
傾向になります。TAPCEは17mmより小さい場合を異常値とします。TAM-S’は
9.5cm/secより小さい場合を異常値とします。(三枝)

よくPHについて依頼がありますが、PAHかどうか区別するために必要な測
定はどういったところでしょうか。
心エコー図検査での肺動脈圧の評価は、右室流出路や肺動脈(弁)に優位な
狭窄がない場合は、三尖弁逆流血流速度(TRV)から簡易ベルヌーイ式で算
出し三尖弁圧較差(TRPG)に推定右房圧を加えた、推定肺動脈圧収縮圧(推
定肺動脈圧収縮圧=4×(peak TRV)2+推定右房圧)を用います。一般的に
は推定肺動脈収縮圧が40 mmHg以上で肺高血圧症(PH)を強く疑います。肺
高血圧われた場合や右心拡大や右室収縮能低下を認める場合は肺血管抵抗を
算出することで肺動脈圧上昇が肺血管系の異常によるものか左心不全による
ものかを見分けることが可能です。肺動脈性肺高血圧症(PAH)の診断は、
右心カテーテル検査により測定した平均肺動脈圧≧25 mmHgに加えて、肺血
管抵抗が>3Wood units である事が必要とされます。心エコー図指標の実
測値かの推定式として肺血管抵抗=10×(TRの最高速度/右室流出路血流の
時間速度積分値)+0.16(TRの最高速度/右室流出路血流の時間速度積分
値)が0.2より大きいときに精度よく肺血管抵抗上昇を推定することができ
ます。
ただし肺血管抵抗を心エコー図検査により求める式は多くの制限の上に成り
立った推定式なので、求めた肺血管抵抗は単独での使用は難しく、右室拡大
所見や肺動脈圧など合わせて病態の把握・経過観察として用いるのが現実的
な使い方です。(三枝)
高齢人が多く、心臓がつったってしまい短軸でどうしても楕円になってし
まったり、parastarnalでEFの測定ができなかったりと四苦八苦していま
す。どうしたら評価できるのでしょうか?
EFの測定は心尖部四腔断面で左室が描出できる人は Disk summation法
(Simpson法)で測定したら良いと思います。どうしても楕円になってしま
う人の壁運動評価は、心尖部の二腔断面、四腔断面、長軸断面を用いて評価
すると良いでしょう。(三枝)
→第5回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想こちらです
第4回 心エコー技術レクチャー
2019年2月3日(日)開催
初級者コース:自信がつく心エコー技術を伝授します!
第1講 長軸断面と短軸断面での描出と計測
第2講 心尖部断面と心窩部断面での描出と計測
第3講 抜け漏れのない検査手順
→第4回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第4回心エコー技術レクチャーを受講した方
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
熱心に受講していただきありがとうございました。
以下にご質問への返答を記載します。参考にしてください。(野間充)

心尖四腔像のキレイな出し方のコツがあったら知りたいです。
心尖4腔像の描出は、困難な場合が少なくないですが、以下の@〜Bのような工夫
をしています。

 @患者さんの条件
プローブがベッドに当たらない範囲でできるだけ左側臥位に近い体位をとる。
息を吐きだした方がきれいな画像が得られることも多いが、逆に息を吸わせた方がき
れいに描出できることもあります。

 Aプローブ操作
苦痛を与えないように注意しながらやや強めに圧迫する。
肋骨の上に少し載せるようにして圧迫するときれいに描出できる事が多いようです。
 Bまた、固めのゼリーを用いるとよい場合もあります。

colorのロイのサイズを全体にかけるとフレームレートが落ちると思うのですが、広い
範囲でcolorをのせてよいのでしょうか?

フレームレートは、できれば15/秒、最低でも10/秒を下回らない範囲にすることが重
要です。

ROIを広げすぎると少量の逆流や瞬間的に生じる逆流などを見落とすことがあります。
ROIは観察可能な最小限の大きさにすることをお勧めします。特に、古い機器や低価格
の機械ではフレームレートを大きくできない事が少なくないので工夫が必要です。


自施設では、左室長軸での計測を主にしています。Bモードでの計測に方向を持って
いった方が良いのでしょうか?

ガイドラインでは、Bモードを推奨していることや、高齢者では、Bモードでしか計測で
きない場合も少なくないのでBモードでも計測できるように現状と平行期間を設けていっ
てはいかがでしょうか?ただ、小児などMモードで適切に計測できる場合は、無理に変
更しなくてもいいと思われます。


シンプソン法は、アシナジーなくても計測していますか?
私自身は、壁運動異常がない場合は、ルーチンではシンプソン法での計測をしてい
ないです。ただ、精度が落ちないように壁運動異常がなくても時々は計測しています。


左室流出路狭窄のAS評価はどうしたらよいでしょうか?左室流出路狭窄がある場
合、A弁駆出の流速も速くなりますか?

難しいですが、@波形の形から左室流出路狭窄とASのどちらが主体なのかを参考
にしています A左室流出路狭窄がある時は、A弁の通過血流速度も速くなります。

厳密な鑑別には、左室流出路の血流と大動脈弁通過血流を別々に計測できればいい
のですが、技術的に困難な事や形態的に困難なことの方が多いと思います。


壁運動について目あわせの際、非常に病気ではないけれど病気に見える部分につ
いて出会うことがあります。ブルズアイ表示となった際、病的か、まあ大丈夫かどう評
価したらいいのでしょうか?

スライド61の左室基部の下壁側は正常でも低下して見えることがあります。軽度の
低下の場合には、明らかな異常と診断しにくいことも少なくないです。胸痛の病歴や心
電図変化がない場合には明らかな異常とは言えないとしておくのが無難です。一方
で、壁の菲薄化やエコー輝度の亢進があれば病的と判断していいと考えます。


左心耳の血流を測定するポイントを教えていただきたい(たまに医師より依頼がある
ため)

左心耳の血流速度は、40cm/秒以上であれば正常であることが多いと考えていま
す。短軸断面から左心耳をできるだけ大きく描出して左心耳入口部のほぼ中央部に
ROIを置いてフィルターを低くしてパルスドプラ法でトライしてみてください。


下壁領域に関して太っていたり、食後の方で胃に圧排されて動きが悪くなると聞い
たことがあります。別の症例検討ではRCA(#1-4)はどこがつまっても下壁の動きが悪
くなる(コラテが発達している場合は別かもしれませんが)ので基部だけ悪いときは壁
運動異常は違うと考えた方が良いですか?

心臓が外から圧排されるのは拡張期になります。収縮期は、正常に縮小するときは
収縮異常ではないので注意が必要です。収縮期に壁運動異常があるかどうかを観察
するか?もしくは、1コマずつ再生していくとより明瞭に区別できますので一度やってみ
てください。基部だけが軽度壁運動低下があるように見えても胸痛や心電図変化など
がなければ積極的に異常とは言えないと考えます。軽度壁運動低下があるように見え
る場合に精度良く診断することは実際にはかなり困難です。明らかな壁運動低下を見
落とさないように取り組めればいいと思います。


計測の際、心電図に常に合わせるのが良いのでしょうか?心電図と弁の開閉を見て
いつも合わせているのですが(R波から前後弁が閉じたところでいつも計測していま
す。)

拡張期末期と収縮期末期の判断については、心電図で行うのが間違えにくいと考え
ます。もちろん、弁の開閉で判断してもいいのですが、弁の異常がある場合や心機能
が低下すると弁の開閉のタイミングが合わないこともありますので注意が必
要だと考え
ています。ガイドラインでもR波のピークとしてありますが、脚ブロックが
あったりペーシ
ングの時など判断が困難な時もありますので、私は心電図と弁の動きの両方で確認し
ています。

第2回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2019年2月3日(日)開催
初心者・初級者コースのテーマ
第1講 見逃さないための解剖と走査法
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ
第2回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
輝度の評価がむずかしかったです。
血管壁と比べて極めて低い、血管内腔と同程度あれば、低輝度として報告
しています。血管壁と同等程度あれば等エコー、それ以上であれば高エコー
とし、慢性期を考えます。しかし、ガイドラインには明記さえていませんの
で、個人的な考えです。

ヒラメ静脈に血栓があるとき、縦にしたときになかなか真っ直ぐ長く描出
出来ないです。
縦をきれいに出すコツを教えていただけると助かります。
超音波モニターを見ないでプローブ手元だけ見て回転します。軸がぶれず
に回転できます。また、右手でプローブ手元を持ち、左手でプローブのコー
ドが出ているとこ持ち、左手で回転します。右手は回転軸の役割です。その
際にもモニターを見ずに行います。そのままプローブを動かさずにモニター
をみて調整すると、長軸の画像がきれいに描出されます。

私は現在健診部所属なので下肢静脈エコーの担当ではありません。しか
し、今後人間ドックなどでも必要項目であると考えています。健診ではどの
程度までの技術や勉強が必要でしょうか?また受診者にとって大切な検査で
あることを伝えるのに(受診してもうのに)どのようにすればいいでしょう
か?
健診で必要ならば大腿静脈で呼吸性変動があれば大腿静脈、膝窩静脈、後
脛骨静脈、腓骨静脈、ヒラメ筋静脈ではいかがでしょうか。つまり、全下肢
エコーではなくガイドラインの3ポイントです。時間も短縮されます。施設
でご検討下さい。僕は個人的に症状のない、Dダイマー低値には下肢静脈エ
コーは不必要と考えます。足が腫れている、痛みがある、既往歴がある、D
ダイマー高値の方に行ってはいかがでしょうか。

腸骨静脈で呼吸性変動を見るとき拍動がある時があります。その時の評価
を教えてください。
可能性として静脈だけを拾ったように見えても動脈を拾ってしまっている
ことがあります。動脈を避けるようにアプローチする、サンプル幅を狭くす
る、短軸で行う、このようにしてみていかがでしょうか。

器質化したと考えられる血栓のフォロー間隔と期間(一般的な考え方を参
考にしたい)
ガイドラインでは器質的のフォローについての明記はありません。末梢型
DVTに対して1から2週間後に再検査し、中枢側への進展がなければその後の
進展はないと明記されています。当院や前院の場合は約1か月後に再検査
し、進展や増大がなければ、その後はDダイマーを測定し変化がなければ、
特に治療はしていません。

寝たきりの高齢者、サルコペニア、基礎疾患なし。
Dダイマーはカットオフ以上の時に下肢静脈エコーの必要性(一般的な見解
でみなさんはどうされていますか?)
当院ではDダイマー高値で寝たきり、高齢者であれば、一度は検査しま
す。スライドで示した検査手順と同様です。

「圧迫してもつぶれない、中に何も見えない。だから何でもない」と報告
されたことがあり。そんなことありますか?
つぶれなく、中が見えないほどの低輝度ならば新鮮血栓を疑います。あと
は、つぶし方に問題があるかもですので、つぶす方向や左手も添えて圧迫し
てはいかがでしょうか。カラードプラも使用し動脈ではないことを確かてみ
て下さい。

症例の書き方のスライド(症例1から3)までのをホームページに載せて
ほしいです。
こちらをご覧ください。

第1回 下肢静脈エコー技術レクチャー
2018年10月21日(日)開催
初心者・初級者コースのテーマ
第1講 見逃さないための解剖と走査法
第2講 血栓評価のちょっとしたコツ
→第1回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の感想こちらです
第1回下肢静脈エコー技術レクチャーを受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
まだ実際に検査をしていません。まず始めるとしたら、最初に何を始めれ
ば良いのでしょうか。例えば解剖からでしょうか?
まずは解剖です。その後は自分の足を使って血管走行や筋肉の位置を確認
して下さい。
総大腿静脈で血栓なく呼吸性変動あれば腸骨領域を検査しなくてよいか?
(腸骨領域をみると時間がかかってしまうから。)
当院ではDVTリスクがなく、大腿静脈で呼吸変動があれば腸骨領域は省略
しています。DVTリスクあり、または呼吸性変動なしには腸骨領域を追加し
ます。
血栓があると静脈は拡張しますが、逆に慢性になると血管が退縮すること
はないですか?
慢性になると径は以前と同じか、退縮します。「肺血栓塞栓症および深部
静脈血栓症の診断,治療,予防に関するガイドライン」59ページをご参照し
て下さい。

静脈壁について質問した方とは違いますが同様の印象を思ったことがあり
ます。明らかに血栓ではなさそうな厚みのある壁で血栓がなければ臨床的意
義はなさそうでという感じで良いでしょうか?
DVT検査時においての壁肥厚は有意な所見ではないと思います。静脈の炎
症などでまれに肥厚することがあります。

薬の投与について医師から問い合わせがありますが、陳旧性(慢性)で微
妙なものでも必要でしょうか?
治療に関しては、「肺血栓塞栓症および深部静脈血栓症の診断・治療・予
防に関するガイドライン」63ページ以降を参考に医師と相談下さい。

マーベロン(経口避妊薬)で血栓の症例があったことで若い女性(20〜40
歳)の下肢静脈エコーを行っていますが、意義はあるのでしょうか?
製薬メーカー(MSD)より回答。血栓症症例も確認されていますとの事で
した。添付文書等と「低用量経口避妊薬、低用量エストロゲン・プロゲスト
ーゲン配合剤ガイドライン(案)平成27年3月」のガイドラインの
『CQ40VTE リスク』の欄をご参照下さい。
Dダイマーがやや高値で行います。足のむくみでも行います。その際の血
栓の見え方に違いはありますか?
特に見え方の違いについてはないかと思います。

ベーカー嚢胞は所見に残しますか?また、ベーカー嚢胞はDVTに関与しま
す?
ベーカー嚢胞があれば計測しレポートに記載します。ベーカー嚢胞とDVT
とは因果関係はないと思います。

うつぶせで検査をすると指導を受けたことがありますが、それでも問題は
ないのでしょうか?
ガイドラインでも推奨はしていなかと思います。座位や仰臥位での立て膝
での検査をお勧めいたします。

下肢はやったことがないのですが、頸動脈をみるときに頸静脈内が白くも
やもやしているのも血栓みたいなものですか?
血栓ではなく血球が超音波ビームに反射して見える像です。それを「もや
もやエコー」と呼んでいます。血管を軽く圧迫すると、消失します。所見と
しても記載しません。下肢静脈では、もやもやエコーの中に血栓が隠れてい
ることもあるので圧迫には注意して下さい。

第21回 腹部エコー技術レクチャー
2018年10月21日(日)開催
初級・中級者コースのテーマ
第1講 近づいて広く見る消化管
第2講 本当はこわい腎臓の描出
第3講 見れば分かる副腎の描出
第21回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第21回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
腎菲薄化の所見のとり方がよくわからないのですが(他の検者の方はよく
とるのですが)?
どのような場合に腎実質の菲薄化とするかは、明確な定義はありません。
むしろ私に聞くよりも施設内で決めれば良いと思います。腎実質の菲薄化は
慢性腎不全などで見られる腎形態の変化でありますが、それで腎不全を診断
するわけではありませんので、あくまで「疑う」もしくは「矛盾しない」所
見でしかありません。
透析患者の腎臓精査は造影CTができないと思いますが、その場合の対処法
は。
検査目的により超音波などの画像診断で行うかが決まりますが、必ずしも
超音波で代替えできるわけではありません。
第20回 腹部エコー技術レクチャー
2018年7月16日(日)開催
中級者コースのテーマ
第1講 それでも知りたい肝区域
第2講 意外に見落とす胆嚢の端
第3講 ついでに見ようリンパ節
第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第20回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
右葉の肝区域で肋間走査だけでしか描出できない方に病変があった場合は
肋間走査での肝区域を表記するしかないですか?
肝区域の判別は多くの場合肋間走査を使います。肝区域を判別するには、
まず肋間走査で肝臓をしっかり描出できるように練習してください。
肝の変形・萎縮などは区域が難しいとのことでしたがどのように病変部位
を決めればよいのですか?
そのような場合には門脈枝を追って判別するのが基本です。境界面と門脈
枝、双方を使いこなして判別するのは、変形の有無にかかわらず基本です。
初心者用の肝区域の分類方法の講義をしてほしいです。
肝区域の判別には、境界面の描出、門脈枝の走行を追う、肋間走査などの
技量が必要ですので、初心者には難しいです。まず技量を磨く方が先です。
胆嚢腺筋腫症で壁の厚みを測る時に結合織を避けて測定するのはわかって
いるのですが、結合織の見分け方がわかりません。肝臓に接している部分は
結合織だから測らないと先輩から言われてますが、そこ以外壁肥厚がギリギ
リな場合はどうするべきですか?
腺筋腫症の場合には厚い場所で測るでも良いように思います。通常、胆嚢
の壁の厚さは短軸で描出して結合織の目立たないところ(肝臓側でない方)
でで測ると良いでしょう。
女性(細い方)のときも左側臥位で見たほうがよいのか?(細長くなって
しまい、それでもよい
のか)
これについては実演でも触れましたが、仰臥位のままの描出のほうが観察
がしやすいです。このようなケースでは、必ずしも基本走査法がベストでは
ありません。
第19回 腹部エコー技術レクチャー
2018年4月15日(日)開催
中級者コースのテーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価
第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第19回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
高齢者の座位は腕が痛いなどで厳しい方が多いのですが、良い方法はあり
ますか。
手を後ろにつく半座位は、人間ドック受診者などの場合には問題なく行え
ますが、高齢の方や肩や腕、腰に障害がある方ではこの姿勢は辛い体位です
ね。その場合には、ベッドに検者の方を向いて腰掛けるようにして(端座位
といいます)検査します。また、検査台の対側に壁がある場合には、そこに
寄りかかるようにしてもよいと思います。座位をするために工夫してみてく
ださい。
体位を変えるのが大変な年齢の人はついはしょってしまいます。時間が
かかりすぎると先輩に色々言われるのでどうしようかと思っています。やは
り座位は必須でしょうか?
座位まですれば検査はできるとことまで行ったことになるのですが、必須
かどうかはその施設や検者自身の考え方で判断されます。しかし、座位がで
きる患者さんの座位を時間がかかるからとの理由で省略するのは、お勧めし
ません。もちろん患者さんに無理を強いてはいけませんが。
膵臓について、すごく痩せている方や腹筋がある方、ガス以外で膵臓が
見づらい人の見方を教えてください。
研修でお話ししたのは、通常の場合の基本走査法です。体型や腹筋の状況
は、呼吸や体位で変わりますので、ガスと合わせてどのように映すことがで
きるかいろいろ試してみてください。おそらく対処方法が見つかると思いま
す。(ここではひとつひとつ説明できません)
膵臓の前回所見に輝度が高いので脂肪化あり、との記載があることがあ
りますが、脂肪化の基準があれば教えてください。
膵臓の実質の輝度が高くなる理由のひとつに、実質が脂肪に置換すること
があります。しかし、これについて組織学的な裏付け(エビデンス)を示し
た研究はありません。高齢者や糖尿病の方で輝度の高い膵臓となる傾向はあ
るようですが、因果関係が立証されていませんので、輝度が高いことを「脂
肪化」と断定できませんし、その輝度に臨床的な意義は言えないのが実情で
す。(これは私の認識です。もし、ちゃんとした知見があれば教えてくださ
い)
医師からアミラーゼ高値のため膵臓チェックとのエコーのオーダーが出
るのですが、そういう場合は何に注目すればよいのでしょうか。
アミラーゼが高値になる場合、それが膵臓由来のアミラーゼだとすると、
膵炎(急性・慢性)、膵腫瘍などの発見の糸口となることがあります。アミ
ラーゼ高値なだけでは、医師もその原因が特定できていないと思われますの
で、これらの変化の有無を画像診断で確認するのが検査の目的です。
膵臓の厚さを計測する場所はどこですか? 厚さの評価は施設によって
違うので・・・
通常は膵臓の厚みは計測しても意味がありません。従って計測して「評
価」することはしません。膵臓に腫大(もしくは萎縮)がある場合には計測
することがありますが、これは経過観察のためですので、次回に比較しやす
い断面で計測すれば良いと思います。
胆管拡張の計で8mm以上が拡張と先輩に教わったのですが、7.5mmを四捨
五入すると8mmなるから、7.5mmでも拡張と言われました。本当でしょか?
どこから異常とするかは、施設の考え方もあると思いますので、その施設
の基準でも良いとは思いますが、私どもの施設では、8mmは疑診域ですの
で、「拡張」としません。肝門部でmm単位の判断をするよりも、拡張気味に
見えたら、肝内胆管の拡張や胆嚢の腫大が有るかを見ることの方が大切で
す。
先日明らかな肝腫大のある方で、きっと脾臓も腫大があると思って見た
のですが脾臓が見つかりませんでした。必死に探して、腎臓の上にある脂肪
組織だと思っていたものがかなり腫大した脾臓であるということに気付きま
した。脾門も確認しました。全体に白くキラキラしていたので、本で見たガ
ムナ・ガンディ結節疑いにして、他の検査でも確認してください、としまし
た。特発性門脈亢進症などの診断のためにもう少し何かやっておくことはあ
りましたでしょうか。門脈の血流を測った方が良かったのでしょうか。
質問の文章からは、私も経験のない症例だと思いますのでコメントは差し
控えます。門脈血流の計測については、脾腫があるわけですから計測した方
が良かったように思いますが、たとえ門脈血流に異常があっても、それだけ
ではこの症例の正体は分からないように思います。つまり他の検査を踏まえ
た精査が必要です。
脾門部付近に副脾のような低エコー腫瘤が4〜5個あった時は全てドプラ
をあてるのですか?
初回なら全て当てた方が良いと思いますが、少なくとも大きめのものはパ
ルスドプラで副脾か否かを確認することは意味があります。もし多発するリ
ンパ節ならばリンパ腫の可能性があります。一方で副脾も多発することがあ
ります。
側副血行路が脾門部に見えたことがあり追えませんでした。それ以上が
わかりにくかったので、どう進めれば良かったでしょうか?
側副血行路は、超音波で存在診断することはできますが、その全貌を描出
することは難しいことがほとんどです。初めて指摘する患者さんであれば、
あとは、他のモダリティに委ねた方が良いでしょう。
検診で腹部エコーをやっております。いずれ認定をとりたいと考えてお
ります。どのような画像を提出したらよいのかお聞きできる場がありませ
ん。なにか参考になるアドバイスを頂けたら嬉しいです。
これについては、文章では適切にお答えできません。研修会の折に聞いて
ください。
先日、CTで脾腫、肝機能精査とあったのですが、年齢も若く(21歳)肝
臓も急性肝炎のようなものもなかったので(脾臓:108o、SI:21)エコー
では明らかな有意所見ないと返却したのですが、他のモダリティとの整合
性、どれくらい意識すべきでしょうか?
たとえば感染症や薬剤による肝障害では、明らかな肝腫大などの形態の変
化が指摘できないこともあります。体格にもよりますが、脾臓の長径が脾
臓:108oであれば脾腫の可能性も疑っても良いように思いますが、いずれに
しても肝臓や胆道に病変がないことを確認できれば、除外診断として良いよ
うに思います。
胆嚢炎による壁の肥厚と、腹水の為に壁がむくんでいる時があると思う
のですが、結石が認められない場合、鑑別とか必要ですか?
腹水が溜まっていて胆嚢壁が肥厚しているのは、胆嚢に原因があると考え
なくても良いと思います。
可動性の確認でゆすっても動かないけれど、輝度高く結石様の時は可動
性なしの結石でよいですか?
「輝度高く結石様」でも音響陰影がはっきりせず、可動性が確認できない
場合には「胆石」とは診断できません。
ガスと結石の音響陰影の違いがわからない状態で自身がありません。
これはBモードの画像だけでなく、そもそも胆嚢の中にガスがあることは
通常はないわけですから、スキャニングでの確認方法の問題かと考えます。
そういう判断に難しい症例の経験をひとつひとつ積み上げて判断できるよう
になりましょうね。

第18回 腹部エコー技術レクチャー
2018年4月15日(日)開催
初心者コースのテーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
第18回腹部エコー技術レクチャー(初心者)を受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
寝たきりの方や高齢者を検査することがほとんどで、4つ体位で検査する
ことが難しいです。見えるところで撮るしかないでしょうか?何か良い方法
はありますか?
無理な場合には、見えるところで見るのですが、その時のためにも肋間走
査の技術を磨いてください。体位も、必要であれば可能な範囲で側臥位まで
は実施できると思います。
画像の調整を本体で自動的にボタン一つで出来る機能がありますが、それ
に関するご意見を伺いたいです。私は使わないようにしていますが、職場で
は勧められます。
ゲインのツマミを触らずに(ゲイン調整無しに)検査するよりは、よっぽ
ど有効な機能だと思います。要は、表示されている画像のゲインが適切かを
感じながら検査することがまず大切なわけで、ボタンひとつで調整してもゲ
インのツマミで調整しても良いわけですから。私は、ツマミで微調整します
けどね。
次のステップの講座開講時にメールでお知らせがあると嬉しいです。
一番確実にお知らせが届くのは、私どものfacebookページ「超音波検査が
上達したい」に「いいね」すればお知らせが届きます。
https://www.facebook.com/stepup.us/
あるいはパスポート会員になればメールを会員に配信しております。
スクリーニングは問題ないのですが、ルーチン検査で部位指定をして検査
をすることになりました。メタとか見落としがないか不安ですが、長年検査
をされている方々にとってはどう考えられますのでしょうか。
私は、スクリーニング検査の方が難易度が高いと思っています。スクリー
ニング、臨床での検査、それぞれに目的(使命)がありますので、まずそれ
を意識して検査に臨むことですね。
肝臓の区域が理解しづらいです。血管の全体像がいまちよくわからない
です。
文章では説明できませんので、次回の「肝区域」の回に参加してみてくだ
さい。
第3回 心エコー技術レクチャー
2017年12月10日(日)開催
あなたが知りたい中級者へのステップ
第1講 中級者ならできる描出技術
第2講 中級者はこのように計測する
第3講 検査結果を総括する技術
第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
第3回心エコー技術レクチャーを受講した方の
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。

●左室流出路径、計測時の時相はどこがいいのでしょうか?
大動脈弁が最も開いた収縮中期で計測するといいでしょう
●右心系の計測が難しいなと感じました。
初めてのことは難しいと感じますが、20例以上続けることで慣れを生じて
きます。。
●短軸でいつも右側に肺のガスがかかってしまいます。自分の走査の癖があ
るのかと思うのですが、コツを教えてください。
左側臥位を強めてさらに息を吐きださせてみるとうまくいく場合もありま
す。
●5腔像の描出が難しく(特に仰臥位で)連続波をとることが困難であり、
コツがあれば教えてください。
半仰臥位から仰臥位に近くしてプローブをさらに傾けるといいと思いま
す。完全な仰臥位だと描出は困難と思います。
●人工呼吸器を装着していて、IVCが拡張し、呼吸性の変動も無い時のR
VSPはどのように評価すれば良いですか?
これまで信頼できる報告はないと思います。判別しにくい時は右房圧
10mmHgとしてみてはいかがでしょうか?少なくとも脱水はないと考えてもよ
いと思いますが、心のう液貯留がない場合でしょうか?
●E波の左にある小さな波形は何波になるのでしょうか。
名前はついていないと思います。左室流入血流のE波の前の波は、僧帽弁
が開くときに生じるといわれているようです。
●今回は若い被験者ですがS状中隔の人のEFはどこで計測するのがより正
しいのか。
S状中隔の場合、トレースでは特に変わることはないですが、内径計測
は、S状中隔よりも心尖部側の左室内径が最大のところが推奨されます。
●若い人(16歳)で右室が少し大きいと感じたが、明きらかなシャントは認
められなかった。どう結果で報告すべきなのか。
右室が大きめで明らかなシャントがみられない場合では、心電図や胸部X
線なども参考にして、経食道心エコーも検討してくださいとすればいいと思
われます。
●先天性心疾患を見落とさないためにはどこを見ないといけないか。
これは、セミナーなどで学習してください。ここで回答できる範囲を超え
ています。今回は、技術セミナーであるので描出などの技術をお伝えさせて
いただきました。
ただ、形態が正常心とは異なる事や異常血流があれば、その原因として先天
性心疾患を念頭に置くとよいでしょう。
●QP/QSを計測するときの注意点。
実際にお示ししましたが、内径は画面を拡大して計測することと血管の中
央部を描出して血流に平行になるようにパルスドプラで計測してください。
●RV●T径を正しく計測するにはどうしたらよいか。
血流が層流で最も大きく描出されるところで、パルスドプラの波形がレク
チャーでご説明したように適切な波形である場所で拡大して計測してくださ
い。
●心腔内で1m/sを超えないというのは、右室内のことでしょうか?
右室も左室も両方です。
●Sigmoid septumの人の計測が難しい。EFも、左室流出路、PD,CDなど計測
が本当にこの位置で測ってよいのか迷うときがあります。

誰もがそう思うことがあると思います。同じ症例を何度も計測することを
繰り返すとある数値に落ち着いてきます。画像を保管して何度も計測してみ
てください。
●e’計測において有効でない時があると思いますが、施設で計測する決ま
りで測定する人もいると思います。その辺りの説明も頂ければと思います。
絶対的な評価方法はなく、いくつかの指標を総合的に判断することが重要
です。計測の意味は、総合的に判断することが必要ですが、少なくとも計測
部位や方法がばらつかないようにするとよいと思います。
弁の狭窄の際、前回値のバラツキと正確さの確認方法。
前負荷の状況や血圧によって影響されるので体重や血圧の値も参考にしな
いと判断が難しいことがあります。正確さは、ある程度の範囲内で評価でき
るといいと思われます。ただ、これらのばらつきを補正する方法がないので
形態と血流を的確に描出したうえで評価することを心がけてください。


第17回 腹部エコー技術レクチャー
2017年12月10日(日)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 スクリーニングを速く正確に
第2講 肝臓の死角と攻略法
第3講 肋間走査をマスターする
第17回腹部エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
講師から
受講していただきありがとうございました。
日々直面するスクリーニング走査法がテーマでしたので、時間配分を多めに
取りました。そのためか質問が少なめ・・・。また他の領域で参加してくだ
さいね。もっと詳細にスキャニングの「技」を解説いたします。
鶴岡 尚志

●スキャニングしながら残す写真、所見を撮るにはどうしたらよいか?
撮り方を簡単に文章で説明することはできませんが、残す写真は施設内で
統一しておくことが大切です。異常がない場合の基本的な枚数を決めておく
と良いでしょう。私の施設では8-9枚で基本画像を決めています。
●体位変換ができない人に関してのコツを教えて下さい。
本当にできないのであれば、仰臥位で行ってください。でも、少し右側を
上げたり左側を上げて体を傾けることはできるのではないでしょうか?もし
それをしないのなら「体位変換ができない人」はあなたができない人です。
●Dr.より高齢者でだから食事止めはしない欲しいと言われることも多く、
胆嚢や膵臓肝臓部分もガスで観察しにくい事も多いです。コメントで書く時
もありますが、何か観察するコツ等あれば教えて欲しいです。
「食事をすると映らない」というのは誤解が含まれています。肝臓は食餌
の影響はほぼ受けません。摂食が描出に影響するのは、まず胆嚢、次に膵臓
で、膵臓は食後でもそこそこ映る場合が多いと思います。それより、依頼す
る医師が食事をしてでも何を見てもらいたいと考えているのかを、症例ごと
に理解して検査することが必要です。これは妥協ではなく、検査の目的を持
った検査にすることです。
●時間短縮のために「多発嚢胞」等は計測しない。最大のものだけを計測す
る等、計測も捨てる部分がありそうですが、何かこれはという捨てるものが
ありますか?
それはご自分で考えてください。スキャニング以外の捨てる方法は資料に
も書きましたので参考にしてください。
●自分のルーチンスキャンのチェックを一人一人マンツーマンで見てもらえ
る講座を作って下さい。
それはセミナーを探すよりも、できる方を呼ぶか、自分できる人の所に行
く研修がよいと思います。
●太ったひと、フローチャート通り行って見えない時は「描出不良」と自信
もって良いのでしょうか。
いえいえフローチャートは「基本とするフロー」と考えてください。それ
で映れば(多くの場合映りますが)検査は終わりますが、これを基本として
映りにくい部位には付加走査を加えたり、逆に十分に映ったときには省略す
ることも行います。今回お話しした「肝臓の死角への走査」は、付加走査と
して行うことも多いです。太った人への対処は、肋間走査と適切な体位で攻
める走査を行い、それでもダメなら検査の限界です。あなたの限界が検査の
限界となってしまうのは、超音波の場合仕方がないことです。だからこそ映
りにくい部位の描出や映りにくい体型の方への対応する技量を磨いてくださ
い。
●各腹部臓器の大きさ等計測方法も聞いてみたいです。
質問してくだされば答えたのですが、文章で回答するのは難しいです。す
みません。
●消化管などのレクチャーもお願いします。
すみません、消化管の技術レクチャーは前回でした。また採り上げます
ね。

第2回 心エコー技術レクチャー
2017年9月23日(祝)開催
ルーチンを一人で行えるための技術セミナーのテーマ
第1講 計測の為の描出の技術と再現性良く計測するためのポイント
第2講 壁運動と弁の評価に必要な描出と計測の技術
第3講 ルーチン検査を行うための技術的なポイントと評価方法について
第2回心エコー技術レクチャーを受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
講師から
熱心に聴講していただきありがとうございました。
ただ、ご質問時間を十分とれなくて申し訳ありませんでした。
野間 充

●長軸像時の軸がぶれてしまい、左室が押しつぶれてしまいます。どのよう
にすれば綺麗に描出できるようになりますか?
まず、右室が大きいかどうかを確認してください。
 また、自身のプローブがどのようになっているか?目視で確認してみてく
ださい。画像が適切に出ない時は、プローブの向きや傾き、位置が適切なポ
イントからずれている事が多いので手元とプローブを目で確認するとよいで
しょう(私は、このような方法で乗り越えたので参考になればうれしいで
す)
@右室が、左室よりも大きく見える時
 プローブが胸壁に垂直ではなく傾いている。
⇒プローブが患者さんの左側に傾いているのでプローブを右側に傾ける。
 (胸壁に垂直になるように扇型操作を行う)
A右室が大きくない時
 プローブのマーカーと心臓の長軸が一致していない(適切な回転が必要)
⇒プローブのマーカーが右肩よりも足側に向いている。
 時計回転して左室内腔が大きくなると推測されます。
⇒プローブのマーカーが右肩よりも右顎の方を向いている。
 反時計回転させると左室内腔が大きくなると推測されます。
⇒プローブの固定が不十分な時に生じやすいです。古くて廃棄処分されたプ
ローブで持ち方と固定の仕方を試してみてください。

●高齢者がどう頑張っても描出出来ない人がいる場合、自分の技術が駄目な
のか、本当に描出出来ない人なのか難しいと感じます。最低限とらなければ
ならない項目があったら教えてほしいと思います。
心尖部4腔像や2腔像が困難な人がいらっしゃいます。ベテランの人に描
出してもらって比較できるといいのですが、できない時は、それ以上は無理
な症例と割り切ってもいいと思います。
私の経験では、以下の計測はほぼ可能とだと思います。
左室内径(拡張期・収縮期)、左室壁厚、左房径、大動脈径、下大静脈径
三尖弁逆流の最大流速は、逆流量が少ないと計測できないこともあります。

●LAの容量も計測(MoD)で行う方が良いのでしょうか?
初心者から初級者には、求められることが少ないと思います。正常範囲の
幅も大きいので、今回ご説明した左房径を適切に計測することを目指した方
がいいでしょう。容積は、MoD法とArea-Length法の2つの方法があります。
MoD法の方が推奨されることが多いようです。
左房容積は、施設によっても異なりますが、必須の施設の方が少ないと思い
ます。ばらつきが多いのは、4腔像と2腔像を適切に描出できる中級クラスの
描出力が必要と思います。

●四腔像で右心系が上手に出せない(高齢者)時があります。ポイントはあ
りますか?
大動脈が拡大して屈曲していると右室はうまく描出できないことが多いと
思います。プローブをさらに傾ける、もしくは傾きを少なくしてプローブを
立てるようにすると右心系を描出することができることもあります。これ
も、初級者には難しい描出になると思います。私もあきらめることが少なく
ないです。

●MモードとBモードではBモードの方がEFが良く出る気がしますが、講
習の内では同じくらいとおっしゃっていたので、どのような点について注意
するべきか。
後壁側の肉柱を含んでいるとMモードよりもBモードの方が左室収縮末期内
径を小さく計測しているのではないかと推測します。
もしくは、左室のセンターラインに対して垂直ではなく斜めにMモードを記
録しているかもしれません。

●年寄りで心臓が寝ている(横に向いている)人がいます。その時の計測す
る時に気をつけるところがあったら教えて下さい。
プローブのマーカーの方向をいつもよりも半時計回転にして左室長軸断面
の描出に注意するといいと思います。内腔が適切に描出されていれば、信頼
できる計測値になると思います。

●eye ball法について・・・asynergyがある場合はどんな風に捉えれば良い
のでしょうか?eye ball法を用いるのは3CVだけですか?心尖部だけとかだ
と理解しやすいのですが・・・
説明が速かったのかもしれず、申し訳ないです。配布資料を再度見ていた
だけますでしょうか?(スライド49です)
心尖3腔像の断面で評価するのは、左室造影の右前斜位と同等になるからで
す。左室造影では、右前斜位と左前斜位の2方向から左室駆出率を計測する
のですが、右前斜位だけでもかなり正確に推測できるという論文や検証があ
ります。4腔像と2腔像の両方が適切に描出できなくても心尖3腔像もしく
は、左室長軸断面でプローブを心尖部方法にスライドして心尖部まで描出し
た断面(講義でご説明したスライド76を参照してください)は、描出でき
ることが多いので推測に役立つと思います。

●Simpsonの計測誤差が10%以上ある時はどのようにしたらいいでしょう
か?
1.真の心尖部に近い断面を描出できるようになることを目指しましょ
う。
2.同じ症例の保管された画像を別の日に計測することを繰り返すと誤差が
小さくなっていきます。ここは、あきらめない頑張りが必要です。

●計測はLA、AO、LV、すべてBモードが今は主流なのでしょうか?全
ての人にBモード、Mモード、シンプソン、E/A、E/e',組織ドプラ―を
行っているのでしょうか?
最近のガイドラインでは、Bモードでの計測が推奨されています。しか
し、所属されている施設でMモードがメインであれば、Mモードでもいいと思
います。また、小児科では、Mモードでの計測がメインのところも少なくな
いようです。
⇒BモードとMモードの両方で計測している施設は少ないと思います。ただ、
レクチャーでもお話ししましたが、正常例で時間がある時に自分の実力向上
を目的として両方計測してみるといいと思います。
⇒心筋梗塞など局所壁運動がある人は、左室駆出率の計算にはシンプソンで
の計測が推奨されています。局所壁運動異常はない場合は、行っておらず、
左室内径からのTeichholz法で報告しています。施設によっては必須のとこ
ろもあるかもしれません。ガイドラインでの左室駆出率の計測は、シンプソ
ンでの計測となっていますが、描出が十分できない人で計測しても真の左室
駆出率を反映しないので左室内径を適切に計測する方が大事と考えていま
す。
⇒E/Aは、かなりの施設で行われていると推測します。また、E/e',組織ド
プラ―も実施されていることが多いと思いますが、行っていない施設もあり
ます。ただ、超音波検査士を目指すようであれば、できるようになっておい
てほしい計測だと思います。

以上です。これからも頑張って独り立ちを目指してください。

第16回 腹部エコー技術レクチャー
2017年9月23日(祝)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 近づいて広く見る消化管
第2講 本当はこわい腎臓の描出
第3講 見れば分かる副腎の描出
第16回を受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
講師から
第16回はここでお答えできる質問があまり寄せられませんでした。
鶴岡尚志

肝臓のS8は、肺が被る事が多いのですが、その対処法が知りたいです。
次回教えてください。
次回は肝臓の走査がテーマです。S8の描出は、半座位(もしくは座位)
で肋間走査でアプローチするのが原則です。これにより肺の被りが少なくな
ります。他にももう少しコツがありますが、これについては次回で採り上げ
ます。またよろしくお願いします。

第15回 腹部エコー技術レクチャー
2017年7月9日(日)開催
スタンダードコースのテーマ
第1講 意外に見落とす胆嚢の端
第2講 それでも知りたい肝区域
第3講 ついでに見ようリンパ節
第15回を受講した方の感想はこちらです
質問と答え        
下欄のが質問、が答えです。
講師から
いろいろ説明したつもりでも、説明が足らなかったことは多いです。ぜひ会
場かアンケートの欄に質問をください。今回も追加質問をありがとうござい
ました。ひとつひとつ興味深く拝見し、コメントさせていただきました。
鶴岡尚志

肝区域の境界面を出した後の見方がよくわからない。
境界面が出せたら(きれいに描出できなくても、境界面が同定できれば問
題ありません)、その面から外側・内側どちらかに断面を変えて区域を同定
します。亜区域については、門脈枝をたどって同定します。したがって亜区
域については区域ほど明確に同定できない場合があります。

門脈異常のパターンがなかなか本では載っていないので知りたい。
今回は門脈については採り上げませんでした。
門脈分岐の主なバリエーションについては、ネット上でも調べることができ
ます。下記の文献には、形態と頻度について書かれています。参考にしてく
ださい。
肝の解剖とその診断(著:山中潤一)
http://www.jsgs.or.jp/cgi-html/edudb/pdf/20061027.pdf

胆嚢壁の計測方法で粘膜部分を計測する場合と、壁全体を計測する場合は
どちらが正しいでしょうか。
「粘膜部分を計測」の意味が分かりませんが、通常は、肥厚があっても、
なくても全体、つまり粘膜から漿膜までを測るものだと思います。

健診でエコー実施時、肝の部分切除(肝癌の為)をされた方の胆嚢が描出
出来ませんでした。ご本人に確認したところ摘出はしていないと言われたの
ですが。どのように確認したら良いのか、または「このような所見があれば
胆摘しているはずだ」というものはありますか?
まず、肝臓の手術を受けているときには、胆嚢を合わせて摘出する場合が
多いです。しかしごく一部を切除した場合には胆嚢を残すこともあります。
確認の仕方は、「胆嚢床を確実に映す方法」が理解できれば確認が可能で
す。肋骨弓下からののぞき上げ走査で、門脈本幹の位置から右前方に立ち上
がる胆嚢床の構造を確認します。この構造はちょうどミッキーマウス・サイ
ンの位置から立ち上がります。これは正常の人でも胆嚢が映る直前に映る画
像ですので、普段から慣れておくと良いでしょう。またもう一つの方法は、
胆摘後の方の場合、肝門部を注意して見ると、門脈の付近に手術用クリップ
がありますので、これが小さなStrong echoとして認識できます。クリッ
プは2箇所使いますので、どちらか1つでも確認できれば、胆摘後だと分かり
ます。

痩せた人の胆嚢の描出が上手くいかないときがあります。
胆嚢の描出は左側臥位で、と教えましたが、痩せた方の場合は、仰臥位の
方が描出しやすいことが多いです。痩せた方の検査をするときには例外的に
仰臥位でも試してください。手順は、肝門部で頸部を見つけて、体底部の方
向を確認します。(頸部の描出は通常と同じ手技です)この時の注意は、圧
迫しないこと、痩せた方では胆嚢底部が腎臓の上極の方向にある人が多いの
で注意することなどです。

胆嚢底部をリニアで見る時の設定などがわからない。
設定は装置によって異なるので、一概に言えませんが、多重反射が描出の
妨げになっていることが多いです。多重反射を軽減する手技は、コンベック
スト同様ですので、レクチャーで教えた方法をいくつか試してください。

急性胆嚢炎、慢性胆嚢炎の所見の大きな違いについて。
一番の違いは、急性胆嚢炎は強い痛みを伴うことです。基本的な画像上の
特徴は、急性胆嚢炎は腫大と浮腫状(層構造のある)肥厚を示します。あ
と、レクチャーで述べたように、頸部に嵌頓した結石が証明できれば、急性
胆嚢炎と診断するのに確実な所見です。

病変が、内膜の上からか、さらに深部からか…の観察が難しいです。観察
のコツがありますか?
まずは、通常から胆嚢は拡大表示し、粘膜の観察に慣れることが必要で
す。

モールを作ってみて、解剖がまだ理解していないと思いました。右肋弓下
走査で描出される画像がなぜそのようにうつるのか、よく患者さんを下から
見上げた画像だと言われますが、想像しやすくするにはどのように考えれば
よいですか?
今回作った門脈のモデルを下から眺めた画像が、肋骨弓下からののぞき上
げ断面に近い画像です。このように、せっかく作った門脈モデルですから、
いろいろな方向から見て、実際の超音波断面と合わせて理解するように活用
してください。

膵頭部の腫瘤とリンパ節の腫大を迷ったことがあります。鑑別方法があれ
ば教えてください。
たしかに膵実質の近傍のの腫大リンパ節は、膵腫瘤と紛らわしいときがあ
りますね。その腫瘤(リンパ節)と膵実質の間に白い線状の境界があれば、
膵外のもの(つまりリンパ節)と考えられます。とはいえ、超音波では確実
に見分けることが難しいケースもあります。

第1回 頸動脈エコー技術レクチャー
2017年7月9日(祝)開催
テーマ
第1講 検査の基本とスクリーニングの流れ
第2講 ガイドラインから評価法を学ぶ
第3講 頸動脈エコー時に押さえておきたい甲状腺の見方
頸動脈エコー技術レクチャーの第1回を受講した方の感想はこちらです
質問と答え
下欄のが質問、が答えです。
首の太く深い部分についていつも悩んでいます。
超音波の特性として、周波数を低くすると減衰が小さくなり深部の観察に
向くため首が太く深部に血管がある場合はリニア型プローブの周波数を下げ
ることやコンベックス型プローブ、セクタ型プローブに変更することが有効
になります。

圧迫による流速の影響はありますか?
圧迫の仕方と患者さんの条件によっては影響が出ると考えます。
リニアプローブを平面的に(動脈を)圧迫する場合には、ほとんど流速に変
化がありませんが、血管を斜めに描出する際にリニアプローブの角を押し当
てると流速に変化が生じます(角を当てると圧が集中するために少ない力で
も血管は変化します)。そのため「プローブの片側にゼリーを多めに付けて
片側を浮かすようにして角度を付ける」もしくは、「ゼリーや圧迫に頼らず
に角度の付く画角を探す」といった走査をするといいと思います。
圧縮しにくい動脈を流速に影響が出るほど圧迫したら流速よりも迷走神経反
射の影響が先に出ると思います。目安としては頸静脈を潰さない程度に圧着
させて検査すれば、動脈にも影響は出ないと考えます。

感覚ですが、患者様の右側の方が近いだけでなく画写しやすいように感じ
てます。アーチファクトで血流がのらなくなっているのか疑問に思うことが
あります。血流を下げる、角度をつける以外でアーチファクトかどうかを判
別する方法はありますでしょうか。
カラードプラで色つきを良くするには「血流とカラードプラビームの角度
を平行に近づける」工夫が必要になります。具体的には血管を斜めに描出し
スラント機能を使い平行に近づけます。また流速レンジを下げたり、カラー
ドプラゲインを上げる、Bモードゲインを下げることでカラードプラの色つ
きが良くなります。

FFTの波形で出ている波形が正しいものかどうかの判断基準はあります
か?
明確な判断基準はありません。「プローブの傾けやカラーステアリングを
用い超音波ビームと血管走行が近くなるようにする」、「ドプラアングルを
血管走行と平行にする」、「サンプルボリューム幅を適切に調整する」、ド
プラ入射角度を60°以内にし左右で同じ角度にする」といった調整を適切に
行えば表示されたFFT波形は正しいと判断していいと思います。

最後の実演でVAはC3〜C4くらいの位置のみ観察でしたが、実際は見える範
囲を全て観察していらっしゃるのでしょうか?
椎骨動脈観察の主な目的は「逆流の有無」と「FFT波形による中枢側、末
梢側の狭窄・閉塞の推測」のため当院ではカラードプラで逆流の有無を観察
しFFT波形で明らかな異常所見を認めなければ、見える範囲全ての観察は行
っておりません。ただ、時間に余裕があるならば観察したほうがいいと思い
ます。

頸動脈エコーの報告書では、甲状腺に所見があった際に、どの程度の記載
をしていらっしゃるのでしょうか?
甲状腺の所見の報告は、のう胞性病変で内部エコーを認めない場合は腫瘤
径だけの報告、充実性病変の場合は「形状」「境界」「内部エコー」「境界
部低エコー帯」「微細高エコーの有無」「内部血流の増加」など観察できた
範囲で所見を報告しています。
またガイドラインによる「甲状腺結節(腫瘤)診断基準」に照らし合わせ悪
性を疑う所見を1つでも認めた場合(明らかでなく判断に迷う場合も含め)
は後日、精査(甲状腺エコー)を依頼してもらえるように医師に相談してい
ます。

大動脈弁逆流等、弁膜症はPSV、EDVなどに影響ありますか?
大動脈弁狭窄症(AS)により収縮期加速時間(acceleration time:
AcT)が延長することが一般的に知られています。
また、大動脈弁閉鎖不全(AR)ではPI、RIが高値を示します。

VAが深く描出不良時、カラーが乗らない時と閉塞している時の鑑別のコツ
はありますか?
椎骨動脈が深く描出不良で周波数を下げたり、カラードプラ流速レンジを
下げる工夫をしても描出出来ない、カラーが乗らない場合は「描出不良」と
し無理に報告はしないほうがいいと思います。
血管内腔は描出出来ていてカラーが乗らない場合は「十分にカラードプラ流
速レンジを下げる」「カラードプラノイズが観察される程度にカラードプラ
ゲインを上げる」といった方法を試してもカラーが乗らないと閉塞の可能性
が高いです。閉塞部直前の血流波形でearly systolic spikeやto and fro
の波形が記録される場合も診断の参考になります。

高齢者の頸動脈エコー検査を行う際の注意点を教えて下さい。首が痛いと
かいびきをかいて眠ってしまうなど。
私の施設でも高齢者の方の検査が多いためいつも悩まされます。
頸椎の湾曲した高齢者では枕を外して検査をすると無理な姿勢となり痛がっ
てしまうので枕などを使用し負担のかからない体勢に適宜調整します。
いびきをかいてしまう方はドプラ計測時などに起こしながら短時間で検査を
終えれるようにします。
高齢者は長時間の検査が負担となってしまうため必要な観察・計測にポイン
トを絞り短時間で検査を終えれるように心掛けています。

ADF(東芝)の特徴、どういった場面で使用すべきかを知りたいです。
東芝メディカルシステムズ株式会社ホームページより
「Advanced Dynamic Flow(ADF)は,高分解能,高フレームレート,低ブ
ルーミングな血流イメージングを可能にする東芝メディカルシステムズ社独
自の血流表示技術である。ADFでは,Aplioの先進アーキテクチャと広帯域
特性により,分解能が大幅に向上し,微細な血流を分離して観察することが
できる。また,血流のカラー表示や血流方向による色分けができるために,
伴走する動脈と静脈の分離も容易で,血管エコーにおいてきわめて有用な手
法である。」

カラードプラは血流の方向を表示するため逆流や狭窄の評価に適する、パワ
ードプラは角度依存性が少ないことや、低速の血流に対しても感度が良いこ
とが特徴で低輝度プラーク、狭窄の評価に適しますがADFは双方の良いとこ
取りをしているのでADFを主に使う人が多いようです。どれを使うかは検者
の好みによるところが大きいように思います。
第14回 腹部エコー技術レクチャー
2017年4月29日(祝)開催
スタートアップコースのテーマ<初心者コース>
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
質問と答え        第14回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
たくさんの質問と疑問をいただき、ありがとうございました。
初心者がはじめの頃いだく質問が多いように思いました。
ひとつひとつ興味深く拝見し、コメントさせていただきました。
鶴岡尚志
どんな体型でも、またガスが多くて描出しづらい人でも6?7分で全体を
きっちりスキャニングすることができますか?
観察が難しい体型や条件では、多少時間がかかるのは仕方がないことで
す。(この検査の特性です)しかし「どんな条件でも全部映せるわけではな
い」のもこの検査の特性ですので、時間をかけても必ず映るわけではありま
せん。要は、どこで諦めるべきかを知れば、映るまでいつまでもトライする
というスキャニングからは脱することができます。ただしこの判断力は、経
験で身につくので、初心者には難しいですね。

プローブを持ち始めての練習は毎日できる方が良いですか?(業務上、他
の検査をしていることが多いので時間はなかなか取れません)
たしかにプローブを持っての練習は多い方が良いとは思いますが、それほ
ど時間が取れない事情も分かります。皆さんに実習していただいた解剖の絵
や超音波像をスケッチすることは、プローブを持つ前に理解しておくと上達
が早くなります。ですから、プローブを持つよりも基礎固めを行うことをお
勧めします。

膵臓の出し方や肝区域の覚え方が知りたいです。
それは文字では答えられませんので、技術レクチャーのスタンダードコー
スを受講してください。必ず分かるようになります。

腹部大動脈はうちでは臍の上まで観察することになっていますが下まで見
た方が良いですか?
腹部大動脈は臍の辺りで総腸骨動脈に分岐しますので、大動脈はその辺り
までなのと、大動脈瘤の好発部位がここですので、スクリーニングとしての
観察は、そこまででも良いと思います。

所見書きで、strong echo=高輝度エコーととらえて良いのでしょうか?
強エコーと正した方が良いでしょうか?
strong echo、高輝度エコー、強エコーは、いずれも同じ意味の言葉で
すのでどれを使っても構いませんが、報告書に書くには、施設内で統一して
おくべきだと思います。

腹部エコー検査は所見書きを含め、何分くらいで行うことを目指したら良
いですか?
スクリーニングでの目標は、スキャニングの時間(プローブを持ってか
ら、検査が終わりプローブを置くまでの時間)で10分以内としてください。
所見書きについては、施設によってどの程度書くのかや報告書形式が異なり
ますので、それは一般論ではお答えできません。

所見書きの順序を臨床の依頼に合わせて変えているのですが、検査室内で
統一すべき所見書きのポイントがあれば教えていただきたいです。
「検査室内で統一」してあることが大切です。その内容については、私の
アドバイスよりも、報告を受ける側の先生の意見を取り入れてください。

正常の写真は撮らなくてもよいですか?(うちは写真を撮りすぎる気がし
ます。所見を撮るだけではダメですか?)
正常の場合でも記録する画像は「基本画像」などと呼びますが、これにつ
いてのオーソライズされた考え方がありません。私個人としては、正常の場
合の記録画像は極力少なくすべきだと思います。もちろん記録として残す画
像についても(前の質問と同様に)報告を受ける側の先生の意見を取り入れ
る必要があります。

脾臓は右に写すのか左に写すのか(うちは右ですが、プローブ走査からし
たら左に出したほうが良いと思います)
超音波検査医学会のルールでは、縦断層像では画面左が頭側、横断層像で
は画面右が患者の左側になるように表示すると決められています。脾臓のよ
うに肋間走査で斜めの断面の場合には、どちらでも正しいことになります。
学会などでは画面左に横隔膜側が来るように表示することが多いように思い
ます。

息を止めている間に観察して写真をとるのが長くなります、どうしたらよ
いですか?
患者さんの負担を考えると、息止めはあまり長くしない方が良いと思いま
す。もう少しあなたが上達するまでは、こまめに息止めするしかありませ
ん。また、全ての部位を息止めで観察するわけではありませんので、その点
も留意してください。たとえば肋間走査は、通常は息止めせずに観察した方
が死角が減らせます。

STCの調整がわかりません。深部エコーの減衰も所見の1つだと思います
が、そういった場合にSTCの調整をすることを教わっていないので疑問に思
っていました。教えてください。
脂肪肝などで見られる「深部減衰」は超音波の所見です。所見ですのでそ
れは画像に記録する必要があります。しかし一方で、音波はさまざまな影響
で減衰や散乱という作用を受けて、得たい所見を妨げることがあります。こ
の場合には、STCやゲインで調整して(補って)所見を記録してください。
つまり、減衰が所見か否かで、STCやゲインによる対応を判断します。

最初の体位で見えない部位は体位を変えて見ていきますが、その最初の諦
め時(本当にすぐに次で見ようと体位を変えてしまってよいのか?粘る必要
はないか?)や、それでも見えない時は描出不明瞭としてよいのか、知りた
いです。
その検査手順は、私の推奨する手順の考え方と明らかに違います。私が推
奨するのは、「はじめの体位で、見えるところまで見る」のではなく、「体
位ごとによく見える部分を知り、それを組み合わせて検査する」ということ
です。これについて習得したい方は、ぜひスタンダートコースに参加してく
ださい。

短時間での病変の発見が非常に難しい。
私も難しいと思います。どこまで自分の検査の精度を上げられるかに掛か
っています。

胆嚢を見るときにゲインをやや暗くして見ていますが、正しいことでしょ
うか。
とても正しい観察方法です。さらに「拡大して観察する」ことも併用して
ください。

プローブを当てるとくすぐったがる人が時々いますが、どう対応していま
すか。(健診時)そういう人は呼吸の調整が難しいので、描出しづらい部分
が出てしまいます。
たしかにそういう患者さんは困りますね。そういう場合には、「真面目に
ちょっと怖い顔をして検査する」ようにしています。つまり緊張感を与える
ことですね。緊張しているとくすぐったくは感じないはずです。

日常検査で私の上司(ベテラン)は「体位変換は時間の無駄。仰臥位です
べて見なさい。(肋間走査すれば良い)」と言うのですが、私自身は見にく
いところは体位変換した方が良いと考えます。見落としをしないようにする
にはやはり、色々な角度から確認した方が良いですよね?
今度その先輩もごいっしょに受講すると良いと思います。先輩のように考
えるのは無理もないですが、受講すれば、その手順は検査精度も時間もメリ
ットがないことが分かると思います。それに、体位変換せずにあなたが見落
としても、その先輩は責任をとってはくれませんので、あなた自身が責任を
持てる検査をしてください。本当は施設内で検査手順が不統一なのは避けた
いですが・・しかたありません。体位変換を使った精度の良い検査を行うこ
とは、あなたのためでも先輩のためでもなく、受診者のためですから。

画像を何枚も撮るのは無駄だからと、やたらと2画面にしろと言われ、困
っています。
私も必要のない画像は撮らない方の考えですので、正常の記録画像は少な
くすべきだと思っています。あなたが「困っている」のは、どうしてでしょ
う?

呼吸と圧迫の使いこなしには経験が必要なのは十分理解していますが、呼
吸の調整と圧迫の加減が難しいと思っています。
それは多分あなたが検査を始めたばかりだからだと思います。呼吸と圧迫
は、比較的はじめの頃に習得できますので、もう少し辛抱して経験を積んで
ください。きっと難しくなくなります。

第13回 腹部エコー技術レクチャー
2016年11月23日(祝)開催
テーマ
第1講 膵臓全体を描出するための近道
第2講 コツが分かれば大丈夫 肝外胆管の見方
第3講 そうだったのか!脾臓の描出と評価
質問と答え        第13回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
第13回腹部のスタンダードコースに参加していただきありがとうございまし
た。
参加した方からアンケートで記入いただいた質問にコメントさせていただき
ます。
講師:鶴岡尚志
胆管拡張があり、胆管内部に低エコーで見えるものがある時、アーチファ
クトなのか、癌なのか迷ってしまう時の解決方法はありますか?
超音波でも造影すれば(造影超音波)判別はできますが、Bモードの超音
波では確実な判別方法はありません。そういうケースでは、躊躇せずに造影
超音波、造影CTなどの精査をしてください。
膵臓内の嚢胞を判定する際、ドプラをいつもあてていますが、血管が周り
に多いので
ドプラが入る時があります。嚢胞判定が迷います。
このケースも前の質問と同様で、Bモード超音波(カラードプラを含め
て)で判別は難しいので、無理に超音波だけで判別しないでください。超音
波の診断力を適切に認識する必要があります。
膵頭部などの嚢胞と、結石(膵頭部の入るところ)により胆管が拡張して
いる場合の見分け方。拡張が部分的だと類円形に見えたりしそうで。
短軸での連続描出と長軸での観察を組み合わせれば、大概は判別可能で
す。
坐位で観察を行っていません。やはり実施した方がよいですね。どうやっ
て施設の方に伝えたらよいのでしょうか。老人の患者さんが多いのでなかな
かできないのですが。
プローブの走査の練習は自分の体では難しいとお話ししました。検査の隙
間時間で練習するか、練習のボランティアをお願いして練習してください。
練習方法は基本的な5つの方法をお教えしましたので資料を参考にしてくだ
さい。
第12回 腹部エコー技術レクチャー(ビギナーコース)
2016年11月23日(祝)開催
テーマ
第1講 解剖の勉強法・実習
第2講 プローブの走査の練習法
第3講 速く上達するために覚えること
質問と答え        第12回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
第12回腹部のビギナーコースに参加していただきありがとうございました。
参加した方からアンケートで記入いただいた質問にコメントさせていただき
ます。
講師:鶴岡尚志

実際にプローブを持つことが重要だと思うが隙間時間などプローブを持つ
以外で練習方法はありますか?
プローブの走査の練習は自分の体では難しいとお話ししました。検査の隙
間時間で練習するか、練習のボランティアをお願いして練習してください。
練習方法は基本的な5つの方法をお教えしましたので資料を参考にしてくだ
さい。
職場のルーチンで無駄なことがあることに気づきましたがそれをやらない
で飛ばしていいのかと・・・。できれば効率よくしていきたいと思っていま
す。
ルーチンでの走査を整理するのは、無駄をなくすだけでなく、見るべき走
査をどれだけ正確に精度よく行うかに掛かっています。今回はその前の段階
に必要な解剖やプローブの操作などの内容でしたので、次回は是非、次レベ
ルのスタンダードコースのスクリーニングリーニング走査の受講をお薦めし
ます。
胆管の描出方法を教えてください。
今回は描出よりもその前の段階に必要な解剖やプローブの操作などの内容
でしたので、胆管の描出はあまり説明しませんでした。少し経験を積んだら
ビギナーコースの次レベルのスタンダードコースに是非ご参加ください。胆
管の描出も集中して勉強できます。
           第12回を受講した方の質問と答えはこちらです
(第12回腹部ビギナーコースを受講した方の感想) 
この研修会に満足いただけましたか
本当に基礎的なプローブの持ち方から教えてもらいためになりました。
たいへんわかりやすく、勉強になりました。練習に取り入れて頑張りたい
と思います。
解剖の実習で考えたことで、今後の勉強方法が少し分かって良かった。
プローブの走査法を近くで見る事ができ、良かったです。
とてもわかりやすく自分の質問に答えて下さっていて悩みが解決されまし
た。
テキストも写真入りで見やすいです。"
解剖のイメージから走査法を分かりやすく見ることができました。
解剖の勉強法(特にエコーとして)がわからなかったので復習して身に付
けようと思います。ゲインやSTCなど説明のみの講習はあったが実際に調
整した画像を見れてよかった。調整の悪い画像を見比べられてよかった。
解剖でそれぞれの臓器を取り出して描かれている図ばかりスケッチしてい
ましたが、全体像を理解していませんでした。
プローブの走査の練習法@〜Dを自然にできるように意識して練習したい
と思います。
プローブを持っているところを見ることが少ないのでとても参考になりま
した。
プローブの持ち方や装置の調節のやり方まで解説して頂いたいたので分か
りやすかった。
勉強の仕方がわからなくなっていたので、勉強の仕方がわかって良かった
です。
プロ―ブの使い方の再認識もできてよかったです。
体位変換での見方、プローブの走査法が勉強になりました。職場でしか研
修を受けていないので他のアプローチで見え方が変わりルーチンを変えてみ
ようと思います。
初心者に丁寧に教えてもらえてありがたかったです。
解剖の勉強の仕方がとてもよくわかった。
プローブの動かし方もとても丁寧に教えて下さったので施設に帰って練習
します。
今までのスキャンが不十分だと痛感しました。
肋間走査などまた1から勉強し直します。
基本の見直しが十分できました。基本の精度を上げて次は病変についても
勉強していきたいです。
基礎的な走査手順を学べて良かったです。
実際にエコーをやりながらレクチャーをしてもらえて、わかりやすかっ
た。
非常に分かりやすく疑問に思っていたことが解決されました。ただPCでポ
インターで指している際、スクリーンに反映されておらず分かりにくかった
のが残念でした。
わかりやすかったが、実演の際の配慮(見えない人への)が欠けていると
思った。
わかりやすく手を動かす講義だったので楽しく学べて良かった。
勉強の仕方がわからなくなっていたので、勉強の仕方がわかって良かった
です。
プロ―ブの使い方の再認識もできてよかったです。
体位変換での見方、プローブの走査法が勉強になりました。
第1回 心エコー技術レクチャー
2016年9月11日(日)開催
テーマ
第1講 検査の流れと装置の操作
第2講 心機能を評価する計測
第3講 壁運動と弁の評価法
質問と答え           第1回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
第1回心エコー技術レクチャーに参加していただきありがとうございまし
た。
会場でご質問いただければ実際にお見せできたのですが、十分な時間がなか
ったためもあると思いますのでこちらでコメントさせていただきます。
講師:野間 充(超音波専門医・指導医)

煙草や肺気腫の人は見えづらいと言われているが、なぜそうなるのか、原
理がわかりません。
タバコは肺気腫になりやすいので肺気腫の場合とご理解ください。肺気腫
になると胸壁と心臓の間に肺が過膨張して張り出してくるので超音波ビーム
が入りにくくなることと心臓が滴状心になるために傍胸骨左縁から胸骨背部
に移動してビームが入りにくくなるためと考えています。

prolapseを見るときの2ch viewと壁運動を見るときの2ch viewは異なる
と思うのですが、prolapseを見るときの2ch viewの出し方のコツは?
壁運動やMODでEFを出すときに比べて僧帽弁を観察するときのほうが時計
回転させてやや外側に向けるとよいでしょう。

いつもモデルさんは男性の方のため、女性をとる時の注意について教えて
ほしい。
乳房も持ち上げるようにしなければならない場合があることやできるだけ
接触を避けることなどに気を付けています。プローブの持ち方もできるだけ
ケーブルに近いほうをもって検者の手が体に振らないように気を付けていま
す。

IVC、呼吸性変動はあっても、呼気時に23oとかになってしまうのはどう
なのか?
▲若年者やスポーツをしていると23mmぐらいになることがあります。短
軸断面で円形かどうかを確認してパンパンに張っていなければ正常範囲内と
考えてよいだろうと思います。

PEの描出は心窩部と書いてありますが、4chでエコーフリー様、PEか
FATか迷うときはどうしますか。
拡大することで、脂肪の場合には何らかの構造を確認するとよいでしょ
う。

左側臥位になれない方、ベッド上でしか(思い通りの描出ができない人)に
対しての評価、特にオペ前の時どうしたら良いでしょうか。 EF等、参考値
とした方が良いのでしょうか。整形DrにはEFだけでもと言われます。
描出できた情報を最大限生かせるように左室内径と壁運動や弁の病変の有
無を確認するようにしたいところです。実演でもご説明しましたが、仰臥位
でも評価できることもあります。

心エコーを勉強するにあたり、読んでおいた方が良い参考書などがあった
ら教えて欲しいです。
最初は、なるべく全体をつかむには、できるだけページ数が少ないほうが
いいでしょう。私は、研修医の時に最初に「心エコー法テクニカルガイド」
から始めました。英語ですが、米国の超音波技師のバイブルである「The
Echocardiographer's Pocket Reference」が最も良いと思います。
(第1回心エコーを受講した方の感想) この研修会に満足いただけましたか
講演だけではわからないところも実際に実技を見せてもらいながらでよく
わかりました。壁運動評価はとても苦手なのですが、今日学んだことをいか
して検査技術の向上につとめたいと思います。
描出の基本から説明して頂けてとてもわかりやすかったです。
計測のお話は時々難しい部分もありましたが、今回の資料を見直して復習し
たいと思います。"
初心者にもとてもわかりやすかった。
他、研修に行ったときは、難しすぎました。

実際にルーチン検査をまだやっていないので、描出の仕方、計測の仕方の
コツを教えていただいて大変勉強になりました。
もっと勉強して検査に役立てたいです。
まだ勉強不足だったので少し難しかったです。
非常にわかりやすく、内容も豊富だったために時間が足りなく感じてしま
いましたが、とても満足のいく研修会でした。
たくさんの知識を教えていただきありがとうございました。
今日は正しい描出が出来るようになりたくて参加しました。
断面の軸を意識してプローブをあてる事、4腔像が綺麗に描出出来ない場合
のプローブの動かし方etcと、実演して頂けたのでわかりやすかった。
もう少し実演が見やすくして頂けると良かったです。
心エコーを初めて数か月。Mモードでの計測時にどこまでカーソルを当て
ればよいかとかわからずで困っていた。今日、そういった事も聞けて良かっ
た。
聞きたいことがすごく聞けて良かったです。
すごくためになりました。"
とても勉強になりました、ありがとうございました。
思ったより盛りだくさんでした。なかなかこのような形式は無いので、達
人の描出が見られてよかったです。"
細かい計測部分まで聞くことが出来て満足です。
大変わかりやすかったです。本日講義して頂いたところは理解できまし
た。

基礎の部分がよくわかった。心エコーの実演もスライドにうつっていたの
でわかりやすかった。
実際まだやっていないですが、考え方など大変参考になりました。
とても細かいところまで説明していただきよく理解ができました。
初心者でもよくわかる様に説明して頂きほぼ理解できた。
なかなか中心の軸をとらえる事が難しく、でも参考になりました。今ま
で、ちょっとしたコツに悩んでいたけれどまたチャレンジしたいです。基礎
から学べることで、知らないこと、初めて知ったことがわかりました。でも
少し頭がいっぱいです、、、
描出のポイントを教えていただけてよかったと思います。
なかなか微妙なプローブの扱いですが、体位での心臓の位置や向きをイメー
ジしてアプローチすることが近道と感じました。
心エコーを勉強し始めてとても勉強になりました。とてもボリュームがあ
って家で復習しなければと思います。今後も心エコーの技術レクチャーをお
願いします。
事前質問の答えをとてもとても丁寧にしていただけて感動でした。
prolapseのポイント、実際の画像の「おちこみ」ありがとうございまし
た。
すごく細かくてわかりやすく大変勉強になりました。かなり細かかったと
ころで悩んでいる所がわかりました。あとはうまく臨床でできると嬉しいで
す。

立ったままモニターを見続けるのはきつかったです。手技が見えないなら
座ったままモニターを見させてほしかったです。
ほとんどわからなかったので、勉強しなおしてまた学びます。
非常にわかりやすい内容でした。未経験の私ですが心エコーというものを
少し理解できたような気がします。特に計測はどこをどのように計測してい
いのか本を読んでもいまいち理解できなかったので、計測のポイントがわか
ってよかったです。
第11回 腹部エコー技術レクチャー
2016年9月11日(日)開催
テーマ
@ スクリーニングを速く正確に
A 肝臓の死角とその攻略法
B 肋間走査をマスターする
質問と答え           第11回を受講した方の感想はこちらです
下欄のが質問、が答えです。
膵頭部の端や膵尾部の端が出しきれているかわからないので、コツがあっ
たら教えてください。
今回は膵臓の講義ではありませんでしたので、詳しくお話しすることがで
きませんでした。膵臓の外側にある臓器が目安になります。頭部ならば十二
指腸や下大静脈、尾部でしたら脾門部や左腎上極、胃などが膵臓の端や縁を
認識する目印になります。(次回は膵臓ですので、ぜひ受講してください)

脾臓は左端に描出するのがふつうなのでしょうか?
日本超音波医学会の表示の取り決めによれば、縦断層は画面の左が頭側、
横断層では画面の左が右側に表示します。脾臓の場合に問題なのは、脾臓は
多くの場合、肋間走査で描出するので「斜め」の断面です。斜めなだけに縦
と横の間ですから、どちらの表示ルールでもOKということになります。た
だし、学会などでの発表では、画面の左に表示している施設が多いです。つ
まり「縦」と見なしているわけです。

女性の方の下着が汚れないかコツが知りたいです。
当院では、上半身は全て(下着も)脱衣の上で、検査衣に着替えていただ
いて検査を行います。男性にせよ女性にせよ、上半身の下着を着けての検査
は、体位変換の妨げになります。

写真を撮るタイミングを聞けばよかったです。観察してから撮るのか、撮
り終えてから観察するのか教えてください。
なるほど〜。確かにどちらの方法もありですね。観察してから病変がなけ
れば基本断面を、病変があれば病変を撮るのが原則のような気がします。ど
ちらでも精度や時間にはあまり影響しないと思います。

検診部にいるのですが、描出不良の判定が難しく、一部でも見えてない場
合も描出不良にしてしまうと評価としては精度が低くなってしまうので、ど
の程度見えない(描出出来ない場合)を描出不良としているのでしょうか。
たとえば脾臓は全体を映すことは通常はできません。一方で、肝臓、胆
嚢、腎臓、膵臓はほぼ全体を映すことができる臓器です。ほぼ全体を映すこ
とができるはずの臓器の一部が映せない場合が「描出不良」といいます。
「描出不良」と記載するときには、どこが映らなかったかを記載することが
大切です。

左下側臥位で肋弓下走査をして見ています。かなり、胆嚢、肝臓でもきれ
いに見えていると思っていましたが...(その時肋間走査もしています)余
計な走査になっていたのでしょうか?
ひとつの体位やアプローチでひとつの臓器を見るわけではありませんの
で、どんな走査であっても複数の臓器を同時に映すことになります。ベスト
アプローチの考え方は、複数のアプローチで映せても、その臓器を重点的に
見るアプローチを意識して使うことです。もちろん、最もよく映るアプロー
チで見るようにします。肋間走査の場合も、肋間走査の方がよく映る領域が
ありますので、その領域は肋間走査で重点的に見た方が精度は上がります。