メニュー








いままでのテーマ(作成中)
コンセプト

超音波で受け取るべきメッセージと伝えるべきメッセージ
超音波画像が検者に示しているメッセージ(所見)と、それを得た検者が臨床へもたらすメッセージ(超音波診断)について勉強してゆきます。

超音波画像から「何を読むか」を多く知ることは検査手法の上達に大きく関わっています。またそれは同時に、臨床に超音波診断として「何を伝えるか」に直結した知識であり、超音波の検査業務の最も重要な役割です。

この研修会のレベル

超音波の診断だけでなく、描出のしかた、画像の考え方、診断に必要な病態の知識、報告のしかたまでを各テーマで取り上げます。臨床、健診を問わず超音波検査に携わっている人を対象にした内容ですので、超音波検査が未経験の方にはちょっと難しいかも知れません。

まちがった研修会への参加のしかた

この研修会を企画し、講師を務める私からのメッセージはこちらをご覧ください。【オピニオン】

受講者ひろば − 研修会でのアンケートなど 


研修会受講者用ページです。
研修会に参加した方のアンケートの集計とご意見をご覧いただけます。
アンケートで寄せられた質問と答えはこちら(復習ページ)に掲載します。
なお、研修会サポートページ「超音波検査が上達したい」にも研修会の情報を掲載していますので、どうぞご覧ください。
次回の開催案内はこちら
第45話 虚血性心疾患U  
2019年7月9日(火)開催
アンケート配布数 134  回収数 120 (回収率 90%)
問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?
問2.あなたの働いている施設は?

問3.心エコー検査のレポートについて
問4. 本日の『虚血性心疾患2 レポートとレビューのテクニック』のレベルはいかがでし
たか?


問5.講義の内容での質問

※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております
 
問6.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   
はシーズン2からのコメントです。
≪講義全体に関する感想、その他≫
講義がスイスイ頭に入ってきてあっという間に時間が過ぎていました。
自分も検査をする時は色々考えながら検査をしてみようと思いました。あ
りがとうございました。

盛りだくさんの症例を細かく解説していただき、とてもよく理解できま
した。なかなか的確なレポートが書けませんが、今日の復習をしっかりし
て日常検査に役立てていきたいと思います。

症例を見られることが良かったです。なかなかない症例を見せて頂ける
と助かります。

わかりやすく教えていただきありがとうございました。
きれいな画像で見やすかったです。そのように撮りたい。
ふだん見られない貴重な症例ばかりで、とても参考になりました本だけ
では知りえないポイントに絞った解説も分かりやすかったです

いつも非常に勉強になりおもしろい会をありがとうございます。
とてもわかりやすい講義でとても勉強になりました。ありがとうござい
ました。

症例検討の形でとてもわかりやすかったです
すべてわかりやすかった。昨年はついていけなかったが、今年はとても
理解できてうれしかった。明日からすぐ使える!ありがとうございます。

心エコーの経験はまだ浅いのですが、とても分かりやすかったです。
拡張収縮能の評価がむずかしいと思った。自分の知識のなさを感じま
す。勉強しようとさらに思いました。

見るべきポイント(広範囲な視点も、細かいチェックポイントも)よく
わかりました。

見たことのない症例、探しに行かないと見つからない症例があり勉強に
なりました。

宿題方式は為になる、予習する気になる。
知らない事が多くあり勉強になった。
本を買って勉強します。
とてもわかりやすい内容でした。先生の本を買いたいと思います。
とても勉強になりました。検査の流れにそった説明(内容)でありがたか
ったです。

興味深い症例がエコー以外の検査を併用しての話で分かりやすかった。
重症例を見ることはほぼ無いと思いますが、とても興味深かったです。
動画をたくさん見せていただけるのはありがたいです。
心電図と合わせて症例を見られて、エコーだけでなく心電図の読み方も
わかってよかった。

また中島先生の講義を拝聴したいです。
たいへん勉強になりました。早速復習したい症例が頭に浮かびました。
ありがとうございました。

もっと何回も聴きたい。初心者の自分でもわかりやすかったです。また
お願いします。

一枚一枚のスライドの情報量が多くとても勉強になりました。時間の関
係からすぐ次のスライドに移ってしまい、メモがとれなかったのが残念で
した。

ありがとうございました。

≪レポートに関する感想≫
伝えたいレポートを書くことの難しさを感じた。
コメント記載のポイントがわかりやすくてとてもよかったです。
今後、所見、コメントを書く上でとても勉強になりました。
収縮能、拡張能に関しては数値のみで、コメントとして書いた事はほと
んどなかったので、先輩たちからレポートの書き方を聞いて射たとは言
え、深く理解せずに所見を書いていたると自覚しました。リモデリングの
有無まで考えていませんでした。

レポートの書き方とても勉強になりました。
レポートの書き方などがとても参考になりました。ポイントをおさえて
所見を書くことの大切さを実感しました。病態などの勉強もしっかりしな
いといけないと思いました。

虚血性心疾患から心膜炎までどのようなレポートをかけばよいのかとて
も参考になりました。

所見のまとめ方がとても分かりやすかったです。
要点をきちんとまとめたレポートの書き方を学ぶ事ができました。知ら
ない症例についても教えて頂き、今後の検査で気付けるようにしたいで
す。ありがとうございました。

英字で単語を並べていましたが、ちゃんと日本語の文章で書く事が大切
だと思いました

各症例のポイントがよくわかりました。最近不明血流(シャント?)に
遭遇したばかりだったのでレポートの書き方が参考になりました。

各疾患の見るべきポイントやレポートの記入例など知られて良かった。

≪疾患とそのエコー像に関する感想≫
冠動脈瘻を初めて見たのでとても勉強になった。今後ルーチンでも注目
してみようと思った。あらためて心電図の大切さを感じた。

冠動脈瘻の症例は最初びっくりしました。貴重な症例をありがとうござ
います。

冠動脈瘻の所見を初めて見たので勉強になりました。(同意見3)
冠動脈瘻、LVに流入するpattern初めて見ました。ありがとうございまし
た。
冠動脈瘻、もう忘れません!!勉強になりました!!
冠動脈瘻は実際には見たことがなかったので、一度見ると印象に残りま
した。

冠動脈の支配領域はしっかり考えるのに、実際の冠動脈の管腔構造が見
えているかまでは全然見えていませんでした。すごく勉強になりました。

先天性の疾患等症例をなかなか見る事がないので勉強になりました
心電図でたこつぼと虚血でのT波の幅が違うのも初めて知ったので、今後
注意して見ていこうと思いました

たこつぼs/oの時は私の病院では早い時期に心カテでcoronaryの確認を
します。心エコーだけの判断で1ヶ月後にcoronary CT施行はおどろきまし
た。通常もカテはおこなわないのですか。心エコーが信頼されているのだ
と思いました。

限局性の心膜炎があることをはじめて知りました。
肥大型心筋症が…別の心筋症になることも驚きました。
OMIの心機能評価の解釈の仕方はとても興味深かったです。
ケース2は初めて見た症例でした。ケース5は拡張相肥大型心筋症という
ものでこれも初めて知りました。このようにコメントが書けるよう頑張り
たいです。ありがとうございます。いつも心エコーの面白さを教えていた
だける内容です。


≪印象に残った内容≫
心電図の読み方
たこつぼ型心筋症の成因

≪ 意見 ≫
頭部の出血はCTのほうが良いというご意見でしたが、最近はMRIが簡単に
撮れることもありDrによってはMRIでも同じかそれ以上の感度ともいわれる
方のいるので、必ずしもと思うのですが、実際梗塞を疑いMRIを撮り出血を
発見することもありCTは撮影しない場合もあると思います。


≪ 要望 ≫
   はシーズン2からのコメントです。
もう少し、1例ずつ時間をとってほしかったです
宿題の答えのスライドがもう一度みたいです。
後日、復習ページに掲載されます。
冠動脈瘻の所を復習ページに載せてほしいです。
後日、復習ページに掲載されます。
資料にないスライドが何枚かあったので、復習ページに入れていただけ

場合はお願いしたいです。
後日、復習ページに掲載されます。
スライドが欲しいと言う前に、シーズン2のトップページの「オピニオ
ン」をご覧になり、当会の研修会の考え方をご理解いただいた上でご参加
ください。

オピニオン
http://season2.in.coocan.jp/index.htm#opinion

枚数が増えてもいいので、プリントアウトできない画像もプリントアウ
トできるようにしてほしいです。(速くて書きとめられない、今日の場合
所見レポート書き方を知りたかった)

後日、復習ページに掲載されます。

心電図から読み取るシリーズも再度行ってほしいです。
乳がんなどでハーセプチンを使う患者さんは必ず心エコーがでます。心
機能が悪くなったときのレポートや評価のしかたを学びたいです。

先天性心疾患についての研修会を希望します。
スマホで写真を撮っている人を注意してほしかった。
写真を撮っていた方が何人かいましたが写しても良いのですか?気にな
りました。

ご指摘ありがとうございます。次回からは予習資料やホームページに注
意書きをします。多分そういう事をするのは、復習ページの存在を知らな
い当研修会の初心者の方だと思います。


キーボードでメモをしている方がおり、キーボードの音が気になった。
キーボード(PC)を使ってのメモは禁止できませんので、操作音に関し
ては参加者の良識に任せる事になります。

木曜日がなかなか出られないので曜日を固定しないで、万遍なく行って
欲しい。

動画や復習ページを閲覧できる期間をもう少し長くして欲しいです(忙
しいので復習が間に合わず)。

お気持ちは分かりますが、動画や研修会資料には講師の先生の著作権が
あることをご理解ください。受講した皆さんのためにぎりぎりの条件で掲
載させていただいています。


・・・・復習ページはこちらです(掲載準備中)
第44話 虚血性心疾患T エコー像の推測と検査の組み立て 
2019年5月20日(月)開催
アンケート配布数 134  回収数 119 (回収率 89 %)
問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2. 本日の『虚血性心疾患T 』の内容レベルは?

問3.シーズン2のホームページの閲覧は?(選択)

問4.講義の内容での質問
※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問5-1.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   は講師からのコメントです。
印象に残ったこと、感想 ≫
1.心電図、心音、ラボデータ等を読むことの重要性に関する記載
VSP、壁在血栓、注意しようと思いました。「心電図をもう少し勉強しな
いと」と思います。大変勉強になりました。ありがとうございました。

UVaVFのQ派の深さで下壁か後下壁かを判断できること。初めて知るこ
とが多々ありとても良い勉強になりました。

U誘導とV誘導のQ波の深さでRCSAかLCXなのか分かるという事を初めて
聞いたのでとても勉強になった。

心電図、ラボデータをそこまで読んでエコーに入っていなかったので
(OMI・LVHの有無程度しか見ていない)大変勉強になりました。

心筋梗塞と心筋炎のECG波形の違いが参考になった。
胸水と心嚢液の違い、ST上昇の凹凸の違い、もやもやエコーについて、
とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

case2のU、V、aVFの読み方が勉強になりました。
とても勉強になりました。まだ勉強途中で難しい所もありましたが、ST
上昇や異常Q波のとらえ方が良くわかりました。心筋症の話は目から鱗で
す。

次回も楽しみにしています。
心エコー実施前に心電図は必ず見ていますが、今日の内容をみてここま
で深く読んでいなかったと思います。ここまでしっかり心電図を読み取る
と、心エコーで見るpointがわかりやすいと思いました。

良かったです。とてもためになりました。虚血と心電図は切れない関係
だと改めて思い知らされました。

心電図を読み解く力が大切だと思いました。わかりやすかったです。心
電図と心エコーの比較をまたやっていただきたいと思います。

心電図変化の機序を深く理解できました。かなり現場の立場に立っての
推測の仕方は聞いていておもしろかったです。

心電図をしっかり読んでからエコーを撮ることの重要さを改めて感じま
した。またを間違いやすい点や鑑別ポイントを知ることができて良かった
です。今日は貴重な時間をありがとうございました。

心電図のよく理解できていない部分を理解できて良かった。臨床に近い
実践で良かった。

とてもわかりやすかったです。ECGと一緒にみていくと心エコーの検査の
予測がつけやすいので、もっとECGを勉強していきたいと思います。

とてもわかりやすかったです。小さいクリニックなどでラボデータは当
日見られないですが、症状とECGと照らし合わせて心エコーに挑みたいと思
います。

心電図の読み方もとても勉強になりました。同じような会をまた是非受
講したいです。

わかりやすく、心電図と心エコーを結びつけて理解を深められる講義で
した。ありがとうございました。

心電図からどれだけ推測して心エコーを実施するかによって見方がかな
り変わってくるなと思いました。しっかり勉強します。


心電図、ラボデータから推測してここまで細かく情報が得られたうえ
で、心エコーで確認していくという流れ

で検査することがなかなか無いので、心エコーで気になる所見が得られた
時にはデータを見ていきたいと思いました。

心エコーを行う上で、ECGが大切だと思っていましたが、こんなにもECG
に前情報があるとは...改めて大切さに気付きました。

心エコーを行う前に心電図を見れば、ある程度病態を把握できると改め

感じました。
心電図、ラボデータから心エコー検査を進めていく道筋がとても分かり
やすく勉強になりました。

症状からECG、エコーと、ルーチンでの考え方がわかりました。
心電図の解説も交えたケーススタディが今後の検査に活かせそうでとて
も良かったです。

心電図や病態からもここまで予測ができるのかとびっくりしました。
実際の症例と画像、なぜ心電図変化が起こるのかなど、実体験を基に話
されて分かりやすかった

講義のスピードがちょうどよく大変わかりやすかった。心電図をもっと
じっくりみようと思います。

中島先生の本も読みましたが、心電図をもっとしっかり読まねばと思い
ました。

心電図の見方が中途半端になっていたなと反省しました。日頃、心電図
の読み込みが全然甘いと痛感しました。これを機にもっと深く捉えられる
よう勉強したい

改めて心電図の大切さがわかりました。まだまだ勉強不足だなあと思い
ました。(同2)

心エコーを実施する上で心電図を読むことがいかに大事か良く分かっ
た。(同4)

心電図を読み取る力の重要性を再確認しました
CT、XPの見方も教えて頂き参考になりました。

2.疾患とそのエコー像に関する記載について
中隔穿孔の症例は非常に印象的でした。カラードプラを使用するのを忘
れがちですが、よく見ていこうと思う良いきっかけになりました。ありが
とうございました。

全収縮期雑音がVSPにつながるのはすごく衝撃でした。
ST変化が冠動脈疾患以外に心筋症にも変化することに改めて勉強になり
ました。OMI評価に心尖部もしっかり拡大してみようと勉強になりました。

心筋炎、心膜炎、たこつぼ型心筋症などの鑑別方法がわかりやすかっ
た。

たこつぼ型心筋症を疑った時に心尖部をズームし動きを確認すると心筋
症との鑑別ができやすいという事がとても勉強になりました。

心筋症に症例に出会うことがなかったので興味深かった。

新鮮血栓のエコー像を見られて良かった。また他の画像(左心耳、LA内
の血栓など)も見てみたいと思います。

心膜炎に遭遇することがあまりなかったので画像が見られて良かったで
す。

MIのことはわかっていたつもりでも、合併症のことはあまり頭に入れて
おらず、今まで何もおきなかったことが奇跡のように思えました。合併症
も考えつつ今後エコーしていきます。

病棟患者さんのエコーを受け持つようになり、AMI後の心エコーを行うこ
とが増えてきたので、とても参考になりました。

合併症をさぐりながら見越したポイントが印象的でした。
心筋梗塞からの合併症の症例が見られた。
短軸4CH2CHで運動低下の部位が一致しない時は迷っています。

3.講義全体に関する感想、その他
心エコーを最近学び始めた者です。実は日々くじけそうなのですがとて
もわかりやくす、心エコーの興味深さを実感しました。次回はしっかり勉
強し、より理解できるように臨みたいと、とてもやる気がでました。あり
がとうございます。

心エコー初心者です。見逃しがあるのではないかと日々不安を持ちなが
らの業務ですが、今回の内容をしっかり吸収して活かしていきたいです。

心エコーをまだ始めてそれほど経っていないため、検査の進め方など、
とても勉強になりました。

大変参考になりました。まだまだ勉強不足です。頑張ります。
内容が細かく非常に勉強になりました。
病棟患者さんのエコーを受け持つようになり、AMI後の心エコーを行うこ
とが増えてきたので、とても参考になりました。

私の勤務する病院は乳がんの患者様が多く、心エコーのオーダーも多い
ので明日からの検査に活かそうと思いました。

心エコー前に予測して記録していくことは大切だなと思いました。
とても勉強になりました。次回も聞きたいと思いました。
全て勉強になりました、ありがとうございました。
一つ一つの要点を流れにそって説明していただいた事でとても分かりや
すかった。

すごくわかりやすく順を追って説明いただいたので、頭を整理しながら
聞くことが出来ました。(同3)

先生の解説スピードに追い付けたのでためになりました。
先生の本持ってます!すごく良い本ですね!!
本を買ったばかりで驚きました。
慢性期病院なので症例に当たった事がない。

4.印象に残った内容
心筋梗塞と心膜炎の心電図、心エコー
乳頭筋周辺のリモデリング
VSP
心筋炎の壁の輝度低下
心筋炎について
たこつぼ心筋症と心室瘤、心筋梗塞の心尖部の壁運動の違いと観察ポイ
ント。


4.要望、意見
もう少しエコーの描出やテクニック、ポイントを教えていただけるとあ
りがたいです。

やはり当日に心エコーのスライドが印刷したものがあると復習や当日の
書き込みがしやすいです。

トップページに新しい情報が更新されておらず、資料と場所が不明だっ
た。迷子の人がいた。

会場でご指摘をいただいたあとで確認しましたが、情報は更新されてい
ました。あなたのお使いのブラウザーによっては、データ更新をしないと
以前に表示した情報が残って表示されることがあります。

(HPの)予習資料を見つけづらかった。
今後、ホームページの改良を心掛けますが、メールやLINE、Facebookで
もお知らせしておりますので、そちらに登録していただくと確実に伝わる
と思います。













































アクセスカウンター