メニュー








いままでのテーマ(作成中)
コンセプト

超音波で受け取るべきメッセージと伝えるべきメッセージ
超音波画像が検者に示しているメッセージ(所見)と、それを得た検者が臨床へもたらすメッセージ(超音波診断)について勉強してゆきます。

超音波画像から「何を読むか」を多く知ることは検査手法の上達に大きく関わっています。またそれは同時に、臨床に超音波診断として「何を伝えるか」に直結した知識であり、超音波の検査業務の最も重要な役割です。

この研修会のレベル

超音波の診断だけでなく、描出のしかた、画像の考え方、診断に必要な病態の知識、報告のしかたまでを各テーマで取り上げます。臨床、健診を問わず超音波検査に携わっている人を対象にした内容ですので、超音波検査が未経験の方にはちょっと難しいかも知れません。

まちがった研修会への参加のしかた

この研修会を企画し、講師を務める私からのメッセージはこちらをご覧ください。【オピニオン】

受講者ひろば − 研修会でのアンケートなど 


研修会受講者用ページです。
研修会に参加した方のアンケートの集計とご意見をご覧いただけます。
アンケートで寄せられた質問と答えはこちら(復習ページ)に掲載します。
なお、研修会サポートページ「超音波検査が上達したい」にも研修会の情報を掲載していますので、どうぞご覧ください。
次回の開催案内はこちら
第50話 胆管の病変  
2020年11月27日(金)開催
アンケート配布数 48  回収数 48 (回収率 100%)
問1.超メッセ研修会に参加されるのは何回目ですか?
問2.技術レクチャーに参加されたことは?

問3.本日の講義「胆管の病変」の内容レベルはいかがでしたか?

問4.最後に超音波からのメッセージに参加されたのは?

問5.講義の内容での質問

※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております
 
問6.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   
はシーズン2からのコメントです。
≪講義の内容で印象に残ったこと≫
初めて参加させて頂きましたが、「なるほど」と思う事が沢山つまって
いる内容でした。ありがとうございました。

やはり勉強しないといけないと強く思いました。調べるにしても少々ヒ
ントをもらえるといろいろ広がっていくと思うので、そのヒントを得るた
めに聞きにきたいと思います。

よく分かりました。明日からの検査に役立てるようにしっかり覚えたい
です。

ガスで見えなくてもあきらめないで見える場所を追跡する事。腫瘤はな
くても狭窄が見られるのは、何かあると思うこと。

普段見ることができない、いろいろ画像動画を見せて頂いたので、明日
から胆道系をしっかり見たいと思います。

症例が多くわかりやすかった。見るべき順、場所が分かりました。
胆管壁の形状と内腔閉塞の形状が重要と言われていたが、症例画像を見
ながらの講義ですごく面白く、分かりやすかった。

閉塞の形状によって原因を特定するということ。
閉塞部位と胆道の拡張所見。閉塞の形状。
胆道系の名称の区別がどの様に区分けされているか考えたことがなかっ
たので改めて知れて良かった。

胆管の描出が苦手でしたが短軸からの描出を試してみようと思いまし
た。


悪性は胆管壁を押し広げる、石は押し広げない。
結石の場合は"押し広げない"のではなく閉塞の形状が大切です。

巡回健診のため、少し難しい内容でしたが胆管を短軸で追うことや、先
天性胆道拡張症のお話など、とても勉強になりました。こんなに腫瘤が見
えない癌があることも驚きました。

初心者なので、かなり難しかった。まずは胆管を描出するところからだ
と改めて思いました。普段見られない症例を見られてとても勉強になりま
した。

初心者の技術レクチャーももっと増やして下さい。
IG4関連の動画像は参考になりました。
胆管の腫瘤の形状がとても大切なことが理解でき今後に役に立ちそうで
す。

胆管の閉塞の形状から腫瘍なのか他に原因があるのか推定できることを
初めて知りました。


逆くの字と分かっていても、下部までの描出が難しいです・・・・。
まず、肝外胆管の走行のイメージを持つことが大切です。そして今回お話
ししたスキャニングのポイントをルチンの手順に組み込むことで、かなり
解決できます。


閉塞の形状を見る。胆管の形状で病変の由来が分かる。
ラボデータでの見方のコツも知れて勉強になりました。
閉塞部位をちゃんと見ること、どういう病変が予想されるか考えなが
ら、検査しなくてはいけないと思い知らされました。

閉塞の形状から原因を推測できる、とても勉強になりました。ありがと
うございました。

胆管改めて勉強になりました。

今まで見たことのない症例が見れて良かった。
各病変の症例画像を多く見られて勉強になりました。職場では胆管拡張
の症例をほとんど見ないので初めて知ったことばかりでした。

胆管を長軸で見てしまうので短軸で見ようと思います。
ポイントとなる"閉塞の形状"を今後の検査に活かせる機会を得た。
胆管を短軸像で見ることをしていないので、驚いたスキャニングでし
た。練習を重ねて、下流まで追えるように頑張りたいです。技術レクチャ
ーでお手本を見たかったです。

病変を探すポイントがよくわかった。先天性胆道拡張症を甘くみてはい
けないことがよくわかった。

まずは描出・閉塞起点の形状を見る、実践していきたい。沢山の症例あ
りがとうございました。

ありがとうございました。なかなか見ることのできない症例画像を見る
ことができて勉強になりました。

胆道の癌ははっきりしていないことが多く、見落としそうになるなと思
いました。

胆管病変の症例をたくさん聞けてとても勉強になりました。
閉塞の形状、拡張の起点をよく見るように気を付けようと思いました。

・・・・復習ページはこちらです(掲載中)

第49話 胆嚢癌とポリープ  
2020年10月8日(金)開催
アンケート配布数 47  回収数 46 (回収率 98%)
問1.「超音波からのメッセージ」はSNSやWEBサービスを使って皆さまに開催情報をお
届けしています。 あなたが一番気にされて利用されているものは?
問2.超メッセ研修会に参加されるのは何回目ですか?

問3.シリーズ「見える!超音波検査」で興味のある研修は?(複数選択可)

問4.本日の講義「胆嚢癌とポリープ」のレベルはいかがでしたか?

問5.講義の内容での質問

※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております
 
問6.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   
はシーズン2からのコメントです。
≪講義の内容で印象に残ったこと≫
胆嚢は壁を注目する!ということが印象強かったです。いくつか症例を
見て、壁の二層の変化があることがわかりました。

壁の重要性。
腺筋腫症は外に膨らむという先生の発見は参考になりました。
胆嚢癌は見つけられない、もしくは遅いと思っていましたが、明日から
もう少し気を付けて観察していきます。興味深い症例も多くあっという間
の時間でした。ありがとうございました!!

職場の同僚が胆嚢壁に小さなRASがあるが壁肥厚がないので今日は胆嚢腺
筋腫症ととりません、次回要チェックと書いていましたが、今日の講義で
違うと勉強になりました。

壁を見るつもりでしたが、今回の講演でいかに見きれていないかを痛感
しました。沢山の症例を拝見することができ、これからのエコー検査への
ステップアップにつなげたいと思います。

初心者でもわかるようにスキャンニングを教えていただき、症例もたく
さん見られてよかったです。

胆嚢を見るポイントや早期癌の判断の仕方など、とても勉強になりまし
た。

コメットがある=RASがありその中にコメットなのでADMであるというの
は以前聞いたような気がしますが、改めてなるほどなーと思いました。

必ず「拡大して粘膜をしっかり見る」を実践していこうと思いました。
ここで見ておいて良かったです。なんとなく見ていたし、なぜというこ
とも振り返らなかった自分がだめだと思いました。ありがとうございまし
た。もっと粘り強く見たいと思えるようになってきました。

胆嚢腺筋症、早期胆嚢癌、30回ジャンプして左側臥位、動かないスラッ
ジはないが印象に残りました。ありがとうございました。

限局性壁肥厚と隆起性病変の見方、いつも迷っていました。粘膜を見
る、早期癌はエコーで必ず見つけること。底部を見る。スラッジには気を
付ける。3か月後に再検査。

壁をしっかりみることが大事なのがよくわかりました。これからやって
いく上でしっかり見ていこうと思います。

報告書の書き方ひとつでその後の検査が変わるという恐ろしさを改めて
感じました。3か月後のフォローの一言を入れるようにします。胆嚢の壁の
見方、スラッジが胆嚢内出血の可能性の話は聞いてよかったです。

2年ごしの今回初参加です。ずっとひとりで(技師1人)検査をしてきまし
た。前は年に5件程度の検査がでる程度でしたが、ここ1年半ドックが始ま
りエコー検査は200件程でます。胆嚢を仰臥位を主としてみてました。患者
に申し訳なかったです。今日の勉強会大変ためになりました。ありがとう
ございます。

胆嚢ポリープと腺腫の見分け方があいまいになっていましたが、今回の
お話で分かりました。説明がわかりやすかったです。ありがとうございま
した。

胆嚢を一度に全体をみてしまいがちなので分けて見るようにします。
多重反射で見えてなくても底部が見えているような気でいました。
頸部はしっかり見ていませんでした。
見たことのないものはイメージできない・気付けないと思いました。
健診でよく見る腺筋症の詳細が分かりました。
疑いの目をもって検査することの大切さを忘れないよう明日から役立て
いこうと思います。

胆嚢の壁を見る
見ていればイメージができるというメッセージ
とっても分かりやすくイメージがつきやすかったです。
症例も多く、気づきにくい所も。、見え方も分かりました。ありがとう
ございました。"

再度、知識の確認ができ、大切なポイントも分かりやすく、何度受けて
も勉強になります。

胆嚢がん改めて勉強になりました。
粘膜をよく見ること。大きい所見に目が行って隆起型の癌を見落とさな
いように明日からしっかり見ます

今まで何度か聞いている内容のはずだと・・・・と思っていましたが、
新しい発見も多く勉強になりました。

壁を観察すること肝に命じようと思いました。
土星の話が面白かったです。晴れてたら見てみます。
層をよく見るということ、注意して実行しようと思いました。
スラッジの移動を観察するのに30回ジャンプする
良い復習となりました。ありがとうございました。
スキャニングのポイントがわかって勉強になりました。
わかっていることでも日常疎かにしている事もあり、改めて気を引き締
めたいと思いました。

報告書の文章のニュアンスで伝わり方が変わってしまうことを改めて注
意しようと感じた。

層構造の重要性を感じました。"

・・・・復習ページはこちらです(掲載中)


第47話 弁膜症U  レポートとレビューのテクニック
2019年11月13日(木)開催
アンケート配布数 130  回収数 107 (回収率 82%)
問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?
問2.本日の講義のレベルは?

問4.講義の内容での質問

※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております
 
問5.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   
はシーズン2からのコメントです。
●●≪講義の内容で印象に残ったこと≫
重症TRでも奇異性運動が起こる。
復習ページをもっと早くアップしてほしい、記憶にまだ新しい時に復習
したい。

エコー以外のでーたの見方がいろいろ分かりましが、覚えられませんで
した。

各逆流の程度が分かりました。
心臓の検査中あまり心臓外を見ていなかったので次回から下行大動脈も
観察しようと思います。

血行動態の話が分かりやすかった。
レビューの仕方。
いつも熱心な講義ありがとうございます。
ASの手術時期の判定には大動脈弁通過血流が3m以上、EFが55%を切らな
いうちにと覚えていましたがLVDd径 LVDs径がポイントだと記憶するこ
とができました。

AVR後のEF48%はないと思いました解せないと思いました。
LOVT狭窄のときのASの評価の仕方がくわしくきけて良かったです。
LVOT狭窄AV狭窄気を付けて測定していこうと再確認しました。
ARのOPE進むか否かのところがすごく印象に残りました。
手術したのにEF↓で心配しなくてよいのが安心。
大きな所見だけでなく、全体を観察する大切さをかんじました。
様々な弁膜症を見せていただきありがとうございました。
四弁をすべてみなくてはいけない。一弁でも見えないなら報告書にかく
こと。

ASでのAVAび過小評価についてLVOT径の位置に注意して計測したいと思い
ます。

レポートの書き方が明確になりました。
レポートの書き方について参考になりました。
レベルが少し高かったですが自分に足りないところや勉強すべきことが
わかりました。復習にはげみます、ありがとうございました。

先生の絵が上手い。レポートの絵はすべて手書きなのでしょうか?
数値の評価だけではなく、年齢、性別、体格を考慮して評価する大切さ
を実感しました。

ASの弁口面積と最大流速など値の不一致で悩むことがありましたが、
もう一度径の見直しや計測をし直すことの大切さを実感しました。

重症ARの下行大動脈のフラップ、重症TRの冠状動脈への逆流があるこ
と。

胸痛やMVPの観察の注意点を改めて感じました。難しかったのでもう一度
聞きたい講義でした。

大動脈解離。
弁膜症の評価は講義を聞けば聞くほど難しいと思いました。
各症例について考え方を聞けたので勉強になりました。
今回の症例のレポートはどのようだったのか知りたいです。
1日または半日早く効きたい内容だった。
今回は知らない事ばからり教えていただいてとても充実した時間でし
た。ただ、自分の知識不足でついていけない所もあったので、また勉強し
て更に知識を深めていこうと思います。

難しかった。
症例4で突然死の可能性を考える点がとても参考になりました。
HOCMがある人のASの評価方法が分からなかったことがあったので、教えて
いただきすっきりしました。

弁膜症評価はルーチン作業になりがちなので、改めて丁寧に行いたいと
思います。圧回復現象もわかりやすかったです。

ASの評価について非常に悩むことが多く本日の講義でポイントをたくさ
ん教えて頂いたので明日から早速取り入れていきたいです。

重症ARで手術した症例で、術後のECGで陰性T波が残っているので心筋障
害があるとか、UCG以外の情報をみて判断が必要だなと思いました。CTRと
心エコー結果が一致しない理由も勉強になりました。


・・・・復習ページはこちらです(掲載中)

第46話 弁膜症T  エコー像の推測と検査の組み立て
2019年9月19日(木)開催
アンケート配布数 130  回収数 107 (回収率 82%)
問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?
問2.あなたが従事している検査は?

問3. 『弁膜症 Tエコー像の推測と検査の組み立て』のレベルはいかがでしたか?

問4.講義の内容での質問

※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております
 
問5.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   
はシーズン2からのコメントです。
≪講義の内容で印象に残ったこと≫
弁の解剖の話は興味深かった。注意深く観察する必要を感じました。実
技のデモンストレーションをみたいです。

当たり前なのですが観察が大事ということを改めて思いました。
検査をするときに組立てが大切なのが再確認できました。まずは断層像を
読み取るのが1番大切ということも理解できました。心電図と心エコーの組
み合わせが大事なことを改めて感じました。

座位で検査をするのが自分では考えつかなかった。できる限りやれる事
はやろうと思えた。

そこまで見ていなかったかもとハットすることもありました。ありがと
うがさいました。

高齢者の検査が非常に多いので、ASについての評価方法が参考になりま
した。まだ画像を取るのに必死になりがちで、組み立てを意識して臨んで
いきたいです。体位保持困難な患者さんについて負担を少しでも減らしつ
つ必要な情報をどうえるか、今後の大きな課題の一つです。貴重なお話あ
りがとうございました。

弁の観察からその他の異常を推測していくことを、実際の検査でも活か
していきたいです。

症例@の、「見えなかったら仕方がない。でも手は色々とあります」の
言葉。poor studyの患者さんに対して、多く手札を持ちたいと思いまし
た。

心電図の方が心臓の異常を反映していることもある。
具体的で良かった。二尖弁・先天性僧帽弁狭窄を初めて見た。
すべて印象深かった。先天性の僧帽弁と左室の異常が関連しているとい
うこと。

正常との対比でわかりやすかったです。僧帽弁の先天性疾患も見たこと
がなかったので勉強になりました。

先天性僧帽弁狭窄症の画像が見れたこと。
ASの細かい判断の仕方、心音やECG、X線をふまえての検査の入りかたな
ど深い内容の講義をありがとうございました。

弁の観察からその他の異常を推測していくことを、実際の検査でも活か
していきたいです。

実際に動画を見ながら計測する前のどこを見て推測していくのかすごく
わかりやすかったです。ありがとうございます。

パラシュート弁、初めてみました。
パラシュート弁の症例はとても勉強になりました
緻密化はあまりわからなかったので、きけてよかったです。
今ある時間と患者の状態で検査技師として何を情報として提供できるか
考えさせられました。

先生いつまでもどうぞお元気で、沢山のお話をお聞かせ下さい!いつも
いつもとても勉強になります。緻密化の判断のお話ありがとうございま
す。戸塚もいつも楽しみにしてます。


≪講義の感想など≫
実際の医師の考え方が聞けて良かったです。心電図の見方のポイントも説明の内にあり、
エコー図と一緒に学べて良かった。
実際の検査の組み立てとして、本当に勉強になりました。次回が今から楽しみです。
とても勉強になりました。ありがとうございました。
実臨床でこういうふうに考えていくことが大切だなと考え方のトレーニングになった。
ずうずうしくリクエストになってしまいますが、大動脈弁の一尖弁の画像をみせていただきたいで
す。
レーザポインタがほとんど見えてなかったので、どこを示しているのかが分かりずらい所がありまし
た。
心雑音のいろいろなパターンを聞きたい。
検査時のポイントがわかって良かった。
いつも先生のお話はすぐに次の日から検査に役立ちます。医師に何を伝えたら良いのかがとて
も良くわかります。
メモしたいのに進むのが早すぎます…。
ひとつひとつ理解できるよう毎回1つでも覚えていくようスキルアップしていきたいと思う。
レベルは高いけれど講義はポイントなど非常に聞きやすく勉強になりました。
心エコー初心者の私でも分かりやすく学習できました。
講義内容がわかりやすい。
次回は先生のペースについていけるように頑張りたい。
とてもわかりやく丁寧でした。
少しわからないなーと思う部分もありましたがやはり自分の勉強不足だと感じました。いろいろ
本を見るのですが、なかなか診断に繋がっていかないのでどうしたらよいかわからないことがありま
す。
野間先生の講演が非常にわかりやすく聞きやすかったです。
各症例がとてもわかりやすかったです。次回の計測方法楽しみにしています。ありがとうございま
した。
症例をふまえて見るべきポイントがわかったので、今後意識していきたいと思いました。
まだ心エコーの経験は浅いですが、とてもわかりやすく、大変勉強になりました。また参加したい
と思います。
いつも通りの?濃い、貴重なわかりやすいお話をありがとうございました。症例からの検査の進
め方、興味深くためになりました。
基礎も織り交ぜていただいたのでとてもわかりやすかったです。
野間先生のご講義が聴けてよかったです。
内容がとても濃かったので復習に励みます。
わかりやすい講義ありがとうございました。
次回も楽しみにしています。

・・・・復習ページはこちらです(掲載中)
第45話 虚血性心疾患U  レポートとレビューのテクニック
2019年7月9日(火)開催
アンケート配布数 134  回収数 120 (回収率 90%)
問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?
問2.あなたの働いている施設は?

問3.心エコー検査のレポートについて
問4. 本日の『虚血性心疾患2 レポートとレビューのテクニック』のレベルはいかがでし
たか?


問5.講義の内容での質問

※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております
 
問6.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   
はシーズン2からのコメントです。
≪講義全体に関する感想、その他≫
講義がスイスイ頭に入ってきてあっという間に時間が過ぎていました。
自分も検査をする時は色々考えながら検査をしてみようと思いました。あ
りがとうございました。

盛りだくさんの症例を細かく解説していただき、とてもよく理解できま
した。なかなか的確なレポートが書けませんが、今日の復習をしっかりし
て日常検査に役立てていきたいと思います。

症例を見られることが良かったです。なかなかない症例を見せて頂ける
と助かります。

わかりやすく教えていただきありがとうございました。
きれいな画像で見やすかったです。そのように撮りたい。
ふだん見られない貴重な症例ばかりで、とても参考になりました本だけ
では知りえないポイントに絞った解説も分かりやすかったです

いつも非常に勉強になりおもしろい会をありがとうございます。
とてもわかりやすい講義でとても勉強になりました。ありがとうござい
ました。

症例検討の形でとてもわかりやすかったです
すべてわかりやすかった。昨年はついていけなかったが、今年はとても
理解できてうれしかった。明日からすぐ使える!ありがとうございます。

心エコーの経験はまだ浅いのですが、とても分かりやすかったです。
拡張収縮能の評価がむずかしいと思った。自分の知識のなさを感じま
す。勉強しようとさらに思いました。

見るべきポイント(広範囲な視点も、細かいチェックポイントも)よく
わかりました。

見たことのない症例、探しに行かないと見つからない症例があり勉強に
なりました。

宿題方式は為になる、予習する気になる。
知らない事が多くあり勉強になった。
本を買って勉強します。
とてもわかりやすい内容でした。先生の本を買いたいと思います。
とても勉強になりました。検査の流れにそった説明(内容)でありがたか
ったです。

興味深い症例がエコー以外の検査を併用しての話で分かりやすかった。
重症例を見ることはほぼ無いと思いますが、とても興味深かったです。
動画をたくさん見せていただけるのはありがたいです。
心電図と合わせて症例を見られて、エコーだけでなく心電図の読み方も
わかってよかった。

また中島先生の講義を拝聴したいです。
たいへん勉強になりました。早速復習したい症例が頭に浮かびました。
ありがとうございました。

もっと何回も聴きたい。初心者の自分でもわかりやすかったです。また
お願いします。

一枚一枚のスライドの情報量が多くとても勉強になりました。時間の関
係からすぐ次のスライドに移ってしまい、メモがとれなかったのが残念で
した。

ありがとうございました。

≪レポートに関する感想≫
伝えたいレポートを書くことの難しさを感じた。
コメント記載のポイントがわかりやすくてとてもよかったです。
今後、所見、コメントを書く上でとても勉強になりました。
収縮能、拡張能に関しては数値のみで、コメントとして書いた事はほと
んどなかったので、先輩たちからレポートの書き方を聞いて射たとは言
え、深く理解せずに所見を書いていたると自覚しました。リモデリングの
有無まで考えていませんでした。

レポートの書き方とても勉強になりました。
レポートの書き方などがとても参考になりました。ポイントをおさえて
所見を書くことの大切さを実感しました。病態などの勉強もしっかりしな
いといけないと思いました。

虚血性心疾患から心膜炎までどのようなレポートをかけばよいのかとて
も参考になりました。

所見のまとめ方がとても分かりやすかったです。
要点をきちんとまとめたレポートの書き方を学ぶ事ができました。知ら
ない症例についても教えて頂き、今後の検査で気付けるようにしたいで
す。ありがとうございました。

英字で単語を並べていましたが、ちゃんと日本語の文章で書く事が大切
だと思いました

各症例のポイントがよくわかりました。最近不明血流(シャント?)に
遭遇したばかりだったのでレポートの書き方が参考になりました。

各疾患の見るべきポイントやレポートの記入例など知られて良かった。

≪疾患とそのエコー像に関する感想≫
冠動脈瘻を初めて見たのでとても勉強になった。今後ルーチンでも注目
してみようと思った。あらためて心電図の大切さを感じた。

冠動脈瘻の症例は最初びっくりしました。貴重な症例をありがとうござ
います。

冠動脈瘻の所見を初めて見たので勉強になりました。(同意見3)
冠動脈瘻、LVに流入するpattern初めて見ました。ありがとうございまし
た。
冠動脈瘻、もう忘れません!!勉強になりました!!
冠動脈瘻は実際には見たことがなかったので、一度見ると印象に残りま
した。

冠動脈の支配領域はしっかり考えるのに、実際の冠動脈の管腔構造が見
えているかまでは全然見えていませんでした。すごく勉強になりました。

先天性の疾患等症例をなかなか見る事がないので勉強になりました
心電図でたこつぼと虚血でのT波の幅が違うのも初めて知ったので、今後
注意して見ていこうと思いました

たこつぼs/oの時は私の病院では早い時期に心カテでcoronaryの確認を
します。心エコーだけの判断で1ヶ月後にcoronary CT施行はおどろきまし
た。通常もカテはおこなわないのですか。心エコーが信頼されているのだ
と思いました。

限局性の心膜炎があることをはじめて知りました。
肥大型心筋症が…別の心筋症になることも驚きました。
OMIの心機能評価の解釈の仕方はとても興味深かったです。
ケース2は初めて見た症例でした。ケース5は拡張相肥大型心筋症という
ものでこれも初めて知りました。このようにコメントが書けるよう頑張り
たいです。ありがとうございます。いつも心エコーの面白さを教えていた
だける内容です。


≪印象に残った内容≫
心電図の読み方
たこつぼ型心筋症の成因

≪ 意見 ≫
頭部の出血はCTのほうが良いというご意見でしたが、最近はMRIが簡単に
撮れることもありDrによってはMRIでも同じかそれ以上の感度ともいわれる
方のいるので、必ずしもと思うのですが、実際梗塞を疑いMRIを撮り出血を
発見することもありCTは撮影しない場合もあると思います。


≪ 要望 ≫
   はシーズン2からのコメントです。
もう少し、1例ずつ時間をとってほしかったです
宿題の答えのスライドがもう一度みたいです。
後日、復習ページに掲載されます。
冠動脈瘻の所を復習ページに載せてほしいです。
後日、復習ページに掲載されます。
資料にないスライドが何枚かあったので、復習ページに入れていただけ

場合はお願いしたいです。
後日、復習ページに掲載されます。
スライドが欲しいと言う前に、シーズン2のトップページの「オピニオ
ン」をご覧になり、当会の研修会の考え方をご理解いただいた上でご参加
ください。

オピニオン
http://season2.in.coocan.jp/index.htm#opinion

枚数が増えてもいいので、プリントアウトできない画像もプリントアウ
トできるようにしてほしいです。(速くて書きとめられない、今日の場合
所見レポート書き方を知りたかった)

後日、復習ページに掲載されます。

心電図から読み取るシリーズも再度行ってほしいです。
乳がんなどでハーセプチンを使う患者さんは必ず心エコーがでます。心
機能が悪くなったときのレポートや評価のしかたを学びたいです。

先天性心疾患についての研修会を希望します。
スマホで写真を撮っている人を注意してほしかった。
写真を撮っていた方が何人かいましたが写しても良いのですか?気にな
りました。

ご指摘ありがとうございます。次回からは予習資料やホームページに注
意書きをします。多分そういう事をするのは、復習ページの存在を知らな
い当研修会の初心者の方だと思います。


キーボードでメモをしている方がおり、キーボードの音が気になった。
キーボード(PC)を使ってのメモは禁止できませんので、操作音に関し
ては参加者の良識に任せる事になります。

木曜日がなかなか出られないので曜日を固定しないで、万遍なく行って
欲しい。

動画や復習ページを閲覧できる期間をもう少し長くして欲しいです(忙
しいので復習が間に合わず)。

お気持ちは分かりますが、動画や研修会資料には講師の先生の著作権が
あることをご理解ください。受講した皆さんのためにぎりぎりの条件で掲
載させていただいています。


・・・・復習ページはこちらです(掲載終了)
第44話 虚血性心疾患Tエコー像の推測と検査の組み立て 
2019年5月20日(月)開催
アンケート配布数 134  回収数 119 (回収率 89 %)
問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2. 本日の『虚血性心疾患T 』の内容レベルは?

問3.シーズン2のホームページの閲覧は?(選択)

問4.講義の内容での質問
※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問5-1.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
   は講師からのコメントです。
印象に残ったこと、感想 ≫
1.心電図、心音、ラボデータ等を読むことの重要性に関する記載
VSP、壁在血栓、注意しようと思いました。「心電図をもう少し勉強しな
いと」と思います。大変勉強になりました。ありがとうございました。

UVaVFのQ派の深さで下壁か後下壁かを判断できること。初めて知るこ
とが多々ありとても良い勉強になりました。

U誘導とV誘導のQ波の深さでRCSAかLCXなのか分かるという事を初めて
聞いたのでとても勉強になった。

心電図、ラボデータをそこまで読んでエコーに入っていなかったので
(OMI・LVHの有無程度しか見ていない)大変勉強になりました。

心筋梗塞と心筋炎のECG波形の違いが参考になった。
胸水と心嚢液の違い、ST上昇の凹凸の違い、もやもやエコーについて、
とてもわかりやすかったです。ありがとうございました。

case2のU、V、aVFの読み方が勉強になりました。
とても勉強になりました。まだ勉強途中で難しい所もありましたが、ST
上昇や異常Q波のとらえ方が良くわかりました。心筋症の話は目から鱗で
す。

次回も楽しみにしています。
心エコー実施前に心電図は必ず見ていますが、今日の内容をみてここま
で深く読んでいなかったと思います。ここまでしっかり心電図を読み取る
と、心エコーで見るpointがわかりやすいと思いました。

良かったです。とてもためになりました。虚血と心電図は切れない関係
だと改めて思い知らされました。

心電図を読み解く力が大切だと思いました。わかりやすかったです。心
電図と心エコーの比較をまたやっていただきたいと思います。

心電図変化の機序を深く理解できました。かなり現場の立場に立っての
推測の仕方は聞いていておもしろかったです。

心電図をしっかり読んでからエコーを撮ることの重要さを改めて感じま
した。またを間違いやすい点や鑑別ポイントを知ることができて良かった
です。今日は貴重な時間をありがとうございました。

心電図のよく理解できていない部分を理解できて良かった。臨床に近い
実践で良かった。

とてもわかりやすかったです。ECGと一緒にみていくと心エコーの検査の
予測がつけやすいので、もっとECGを勉強していきたいと思います。

とてもわかりやすかったです。小さいクリニックなどでラボデータは当
日見られないですが、症状とECGと照らし合わせて心エコーに挑みたいと思
います。

心電図の読み方もとても勉強になりました。同じような会をまた是非受
講したいです。

わかりやすく、心電図と心エコーを結びつけて理解を深められる講義で
した。ありがとうございました。

心電図からどれだけ推測して心エコーを実施するかによって見方がかな
り変わってくるなと思いました。しっかり勉強します。


心電図、ラボデータから推測してここまで細かく情報が得られたうえ
で、心エコーで確認していくという流れ

で検査することがなかなか無いので、心エコーで気になる所見が得られた
時にはデータを見ていきたいと思いました。

心エコーを行う上で、ECGが大切だと思っていましたが、こんなにもECG
に前情報があるとは...改めて大切さに気付きました。

心エコーを行う前に心電図を見れば、ある程度病態を把握できると改め

感じました。
心電図、ラボデータから心エコー検査を進めていく道筋がとても分かり
やすく勉強になりました。

症状からECG、エコーと、ルーチンでの考え方がわかりました。
心電図の解説も交えたケーススタディが今後の検査に活かせそうでとて
も良かったです。

心電図や病態からもここまで予測ができるのかとびっくりしました。
実際の症例と画像、なぜ心電図変化が起こるのかなど、実体験を基に話
されて分かりやすかった

講義のスピードがちょうどよく大変わかりやすかった。心電図をもっと
じっくりみようと思います。

中島先生の本も読みましたが、心電図をもっとしっかり読まねばと思い
ました。

心電図の見方が中途半端になっていたなと反省しました。日頃、心電図
の読み込みが全然甘いと痛感しました。これを機にもっと深く捉えられる
よう勉強したい

改めて心電図の大切さがわかりました。まだまだ勉強不足だなあと思い
ました。(同2)

心エコーを実施する上で心電図を読むことがいかに大事か良く分かっ
た。(同4)

心電図を読み取る力の重要性を再確認しました
CT、XPの見方も教えて頂き参考になりました。

2.疾患とそのエコー像に関する記載について
中隔穿孔の症例は非常に印象的でした。カラードプラを使用するのを忘
れがちですが、よく見ていこうと思う良いきっかけになりました。ありが
とうございました。

全収縮期雑音がVSPにつながるのはすごく衝撃でした。
ST変化が冠動脈疾患以外に心筋症にも変化することに改めて勉強になり
ました。OMI評価に心尖部もしっかり拡大してみようと勉強になりました。

心筋炎、心膜炎、たこつぼ型心筋症などの鑑別方法がわかりやすかっ
た。

たこつぼ型心筋症を疑った時に心尖部をズームし動きを確認すると心筋
症との鑑別ができやすいという事がとても勉強になりました。

心筋症に症例に出会うことがなかったので興味深かった。

新鮮血栓のエコー像を見られて良かった。また他の画像(左心耳、LA内
の血栓など)も見てみたいと思います。

心膜炎に遭遇することがあまりなかったので画像が見られて良かったで
す。

MIのことはわかっていたつもりでも、合併症のことはあまり頭に入れて
おらず、今まで何もおきなかったことが奇跡のように思えました。合併症
も考えつつ今後エコーしていきます。

病棟患者さんのエコーを受け持つようになり、AMI後の心エコーを行うこ
とが増えてきたので、とても参考になりました。

合併症をさぐりながら見越したポイントが印象的でした。
心筋梗塞からの合併症の症例が見られた。
短軸4CH2CHで運動低下の部位が一致しない時は迷っています。

3.講義全体に関する感想、その他
心エコーを最近学び始めた者です。実は日々くじけそうなのですがとて
もわかりやくす、心エコーの興味深さを実感しました。次回はしっかり勉
強し、より理解できるように臨みたいと、とてもやる気がでました。あり
がとうございます。

心エコー初心者です。見逃しがあるのではないかと日々不安を持ちなが
らの業務ですが、今回の内容をしっかり吸収して活かしていきたいです。

心エコーをまだ始めてそれほど経っていないため、検査の進め方など、
とても勉強になりました。

大変参考になりました。まだまだ勉強不足です。頑張ります。
内容が細かく非常に勉強になりました。
病棟患者さんのエコーを受け持つようになり、AMI後の心エコーを行うこ
とが増えてきたので、とても参考になりました。

私の勤務する病院は乳がんの患者様が多く、心エコーのオーダーも多い
ので明日からの検査に活かそうと思いました。

心エコー前に予測して記録していくことは大切だなと思いました。
とても勉強になりました。次回も聞きたいと思いました。
全て勉強になりました、ありがとうございました。
一つ一つの要点を流れにそって説明していただいた事でとても分かりや
すかった。

すごくわかりやすく順を追って説明いただいたので、頭を整理しながら
聞くことが出来ました。(同3)

先生の解説スピードに追い付けたのでためになりました。
先生の本持ってます!すごく良い本ですね!!
本を買ったばかりで驚きました。
慢性期病院なので症例に当たった事がない。

4.印象に残った内容
心筋梗塞と心膜炎の心電図、心エコー
乳頭筋周辺のリモデリング
VSP
心筋炎の壁の輝度低下
心筋炎について
たこつぼ心筋症と心室瘤、心筋梗塞の心尖部の壁運動の違いと観察ポイ
ント。


4.要望、意見
もう少しエコーの描出やテクニック、ポイントを教えていただけるとあ
りがたいです。

やはり当日に心エコーのスライドが印刷したものがあると復習や当日の
書き込みがしやすいです。

トップページに新しい情報が更新されておらず、資料と場所が不明だっ
た。迷子の人がいた。

会場でご指摘をいただいたあとで確認しましたが、情報は更新されてい
ました。あなたのお使いのブラウザーによっては、データ更新をしないと
以前に表示した情報が残って表示されることがあります。

(HPの)予習資料を見つけづらかった。
今後、ホームページの改良を心掛けますが、メールやLINE、Facebookで
もお知らせしておりますので、そちらに登録していただくと確実に伝わる
と思います。













































アクセスカウンター