メニュー








いままでのテーマ(作成中)
コンセプト

超音波で受け取るべきメッセージと伝えるべきメッセージ
超音波画像が検者に示しているメッセージ(所見)と、それを得た検者が臨床へもたらすメッセージ(超音波診断)について勉強してゆきます。

超音波画像から「何を読むか」を多く知ることは検査手法の上達に大きく関わっています。またそれは同時に、臨床に超音波診断として「何を伝えるか」に直結した知識であり、超音波の検査業務の最も重要な役割です。

この研修会のレベル

超音波の診断だけでなく、描出のしかた、画像の考え方、診断に必要な病態の知識、報告のしかたまでを各テーマで取り上げます。臨床、健診を問わず超音波検査に携わっている人を対象にした内容ですので、超音波検査が未経験の方にはちょっと難しいかも知れません。

まちがった研修会への参加のしかた

この研修会を企画し、講師を務める私からのメッセージはこちらをご覧ください。【オピニオン】

受講者ひろば − 研修会でのアンケートなど 


研修会受講者用ページです。
研修会に参加した方のアンケートの集計とご意見をご覧いただけます。
アンケートで寄せられた質問と答えはこちら(復習ページ)に掲載しています。
なお、研修会サポートページ「超音波検査が上達したい」にも研修会の情報を掲載していますので、どうぞご覧ください。

第41話 消化管の見るべき所見 −炎症を中心に−
2018年9月20日(木)開催
アンケート配布数 101  回収数 91 (回収率 90 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2. あなたの1週間あたりの消化管エコー検査件数は?

問3.本日の『消化管の見るべき所見』の内容レベルは・・・?

問4.講義の内容での質問
※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問5.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
≪ 印象に残ったこと ≫
「炎症」に絞って下さったおかげで、一般的な虫垂炎をはじめ、バリエー
ションを本当にたくさん見せていただけて勉強になりました!本当に興味深
く面白かったです!!

消化管なかなかどこから勉強したらわからないので良いきっかけになりま
た。

昨年、腹部エコーを始めたばかりの時に消化管の講義を受けました。昨年
より理解できることが増え、とても勉強になりました。


症例を見せてもらうことで腸管の見え方がわかり、苦手意識が少しなくな
りました。

エコーの動画、症例が多く、とてもわかりやすかったです。
いろいろな症例をたくさんありがとうございました。(同意見8)
消化管スキャニングの動画等みられたことが良かった。
普段消化管を見ることは少ないが普段から正常画像を見て実際に行う時に
診断できるようにしたい。

消化管の症例は自分で見る機会が少ないので大変勉強になりました浮腫性
肥厚はプリプリしている→イメージつきやすかったです。

腸の浮腫性 壁肥厚のpoint(かんかく的なものも含め)がよく分かりまし
た。

圧痛は指で押す。プローブで押していました。
検査時に指で押すことを実践します。
触診はプローブではなく指で押してみること。
画質の調整が重要なことがよくわかりました。触診はプローブで押してし
まっていたときもあったので今度からは必ず指で押すようにしようと思いま
した。

今まで見えていなかったのは視野深度が悪かったかも・・と思いました。
腸の描出でエコー輝度を下げるのを忘れていました。良かったです。
飲水法が大事だということ、ゲインを低くすること、明日から使っていき
ます。

指で押してみたくなりました。
普段はなかなか下腹部を見ないので、装置の設定で見え方が変わるのに衝
撃を受けました。実践しようと思う。


CTで糞石を指摘されたけどエコーでは壁の肥厚も無かったため憩室がうま
く描出できず困ったことがありました。しかし今日の講義を聴いて、糞石が
あっても炎症所見などでしっかり見ることが大切だと感じました。


難しかった。講義で受けた内容をもう一度調べて知識にしたい。
1から順を追って教えて頂きとてもわかりやすかったです。
普段日常業務ではみた事がないので、こうしたスライドや動画を多く見る
ことのできる勉強会はとてもありがたいです。

症例を多くみられ、カーソルのポイントでさしながらの解説はとても勉強
になった。


消化管の勉強に初めて参加しました。初めてだったので難しく感じました
が、興味をもって聞くことができました。走査法をしっかり頭にいれて検査
をしていきたいと思います。


いつも消化管のエコー検査をしているわけではないので、スキャンの仕方
もよくわかっていないし、装置の設定も少し変えるだけであんなに見えるん
だと知れてよかったです。(胃も飲水法でだいぶ見え方が変わる)いろんな
症例も動画で知ることができてよかったです。


エコーの機械があまり良いものではなく、また高周波プローブもない中で
の検査なのでなかなか難しいなと思うことがおおいですが、こういった講義
をくりかえし聞くしかないのかなと思いました。消化管、内視鏡の専門の先
生のもとでやらせてもらっているので急な対応にも積極的に検査しようと思
いました。


壁肥厚の張った感じの大腸炎、外側ががたがたな感じはクローン病。
どうして自分はうまく描出できないのかと落ち込む。
消化管の肥厚の種類があること、壁構造の観察の仕方がわかった。
毎回参加させていただいておりますが、今回もそうだったのかと初めて知
る内容もあり、日常のルーチンで大変ためになります。


消化管エコーがほとんどオーダーがないので、まずスタッフで練習してか
らDrへオーダーを依頼してもらえるようにアピールしようと思います。想像
していた以上にエコーで消化管が分かり驚きました。


スライドや資料に記載されいないちなみに的なお話をいつも楽しみにして
いています。経験から生み出されたお話だと思いますので教科書にも載って
いないようなこともあり、いつも興味深く聞いています。


症例所見の写真が多く画像の印象が良く分かりました。
虫垂粘液腫の所で腫瘍と膿瘍の鑑別の仕方を始めて聞いたのでためになり
ました

当院では腹痛の依頼が来ても、臓器に異常がないかのチェックと腫れた腸
管がないか…程度しか見ていなかったので、今回の講義を生かしてもう一歩
進んだ検査をできるようにしていきたいと思います。

消化管エコーの入口は「腫れた腸管がないか」で良いと思います。一歩一
歩経験を積んで、いろいろな診断ができるように頑張ってくださいね。


おもしろかったです。たくさんの症例ありがとうございました。

条虫のオーダーが出るとこがビックリ。おぼえておきます!
腸炎は小児科でたくさんいるのでエコーのオーダーが出るようにアピール
します。


感染性腸炎と虚血性腸炎の判別のし方。
さなだ虫の症例。。
スキルス胃癌の症例。

感染性腸炎が時間がたつと黒っぽくなる。
とにかく見たままが重要。
消化管の壁肥厚も範囲や均一、不均一などの観察が重要だという事。
設定の重要性。
心房細動の人に虚血性腸炎が発症することがあるという事。

感染性、虚血性の違いもとてもよく分かりました。
消化管は正常では見えにくいが炎症などがあるとみえてくることがわかり
ました。胃の場合飲水をすると見やすくなることも理解できました。


炎症性は脾腫がある。
感染性(細菌やウィルス)では、脾腫を伴うことがありますので、参考に
なります。


消化管は難しくてなかなか見れない・・・と思っていましたが、健診でも
たまに消化管に所見がある人がいるので、敬遠せずに見ていこうと思いまし
た。


普段、ドックなので腸は全く見ませんでしたが、痛いと言っている人には
プローブをあててみたら腸も見えるかもしれないと思いました。


当院ではあまり消化管エコーが出ないので、たくさんの症例を見れて勉強
になりました。

消化管が本当によく見えるんだと自分でもやってみたいとは思うのです
が、健診では難しくて残念です。


とてもわかりやすかったです。きちんと復習して自分のものにしたいで
す。

・・・・復習ページはこちらです
第40話 膵炎の見るべき所見
2018年7月19日(木)開催
アンケート配布数 109  回収数 80 (回収率 73 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.腹部エコー検査の経験年数は?

問3.本日の『膵炎の見るべき所見』の内容レベルは・・・?

問4.講義の内容での質問
※受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
  復習ページは準備中です。

問5.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
≪ 印象に残ったこと ≫
膵臓の検査法について
今までの膵臓の描出不良が、本当に描出不良だったかとても不安になりま
した。明日からもっとよく観察しなければいけないと痛感しました。

右側臥位を行っていなかったので見逃していたケースもあったかと不安に
なりました。明日から取り入れます。

たぶん映せていなかった病変はあると思います。
見える膵臓を描出不良にしていることが多く、反省。石灰化も見落として
いたかも・・。

ランドマークで見つける習慣が大切。
膵臓ガスなどで見えなければ描出不良とすることが多かったように思いま
す。今後はもっと粘り強くみていきたいと思います。

簡単に諦めないことは大切ですが、すべきことをして映せない場合には、
あきらめも必要です。

体位変換をちゃんとやろうと思いました。
膵臓が良く見える人だと、体位変換を怠っていましたが、全員にする必要
があると思いました。

膵臓の体尾部の区分が新しくなったこと。
改めて描出が大切だと思った。
明日から右側臥位にして尾部までしつかり見ようと思います。
体位変換にも順番がある。
その体位でしか描出できない所見がある。
縦断像で膵を同定は苦手意識が高かったのですがしっかりチャレンジしよ
うと思いました。

観察しているようでまだまだ観察しきれてなかったところあると再認識。
体位変換(フォーラム式)をやり、実施したいと思います。
半座位の重要性。
右側臥位は左腎をしっかり見るためにしか使っていませんでした反省しま
した。

時間をかけずに膵にも活かせるプローブ走査を考えようと思いました。
これから腹部エコーの研修に入るのですが、今日の講義では膵臓をいかに
出せるかの技術の必要性を感じて、今からちょっと自分で出せるか不安な部
分もありますが、がんばって検査できるようにしたいです。

胃のガスがどのように動くか、そこまで今まで考えておらず大変参考にな
りました。

ランドマークを目印に膵を見つけること、体位変換の大切さがよくわかり
ました。

最初のほうで検査法(初心者向け)の説明があってとても嬉しかったで
す。

まだまだ膵臓でみれていない部分があり自分の手技を見直したいと思いま
した。


膵炎の所見について
膵炎のみにフォーカスをあてた勉強会はなかなか無く、自分でガイドライ
ンを一から調べるよりもすごく勉強になりました。明日から自分でもガイド
ラインに注意してより膵のスキャニング、診断に力を入れたいです。

先生のお話がとてもわかりやすく重要なことばかりでとても勉強になりま
した。スライド、動画がとてもポイントをふまえていて、明日にも役立てそ
うだと思いました。

私が勉強したときよりガイドラインが変わっていたので、最新のものを知
る事ができてよかった。

わかりやすくて面白かったです。
本などでは知っている所見でも、実際エコー画像を見ると1回ではわから
なくて、もしかしたら見逃してしまっていたかも・・と思い今後気を付ける
ポイントが知れて良かったです。

ガイドラインにより症例を解説してくれたこと。
軽度から重症な症例がみられてよかったです。軽度な膵炎を見つけられる
ように明日から頑張りたいと思います。


急性膵炎時のごく少量のfluidを見る事の重要性がわかりました。今後気
を付けて検査したい。

なかなか普段見られない画像ありがとうございました。
急性膵炎は腫大すると思っていたのでfluidの所見は衝撃でした。見逃さ
ないように気を付けます。

fluidをちやんと見つける。いままで膵炎を甘く見ていた気がします。
fluidの見方がよくわかりました。
膵周囲のfluid、今まで見落としていたように思います。これから短軸や
左肋間での尾部周辺もっと見ていきます!

膵実質周囲のfluid、見落とししているような気がしました。今後、気を
付けて検査していきたいと思います。

貴重な症例を見ることができて良かったです。
膵炎の症例を動画で見ることができ、勉強になりました。
むずかしい・・・
勉強になりました、参加してよかった。
急性膵炎のリパーゼ低下が必ずしも改善を示唆するものではないことが、
目から鱗でした。

エコー検査はほぼしていませんが、勉強したく参加しました。分からない
ことが多かったので、帰ってから調べたいと思います。


実際慢性膵炎を見つけたことがなく、石灰化像を腸管と間違えるかもしれ
ないと思いました。動画でイメージがわかって良かったです。

慢性膵炎を見逃さないようにしたいと思います。
慢性膵炎の見落としがあったかもしれないです。描出不良とかかないです
むように今日の講義を生かそうと思います。

慢性膵炎の画像がたくさん見られてよかった。最後の膵癌はすごいです。
消化管ガスだと思ったものがもしかしたら、と不安になりました。

何度か慢性膵炎を見逃していた可能性もあり。少し見逃しているかもと怖
くなりました。明日からの検査へ役立てます。

定期的に繰り返す上腹部痛で、慢性膵炎を考えて検査することが出来てい
ませんでした。症状はエコーのオーダーにないものなので、今後は意識した
いと思います。


ドックで初めて自己免疫性膵炎を見た時、癌だと思って急いで精査に回し
たことを思い出しました。

どちらであったにせよ精査は必要ですから、必ずしも鑑別ができなくても
あまり影響はありません。

自己免疫性膵炎の動画をみて特徴がとてもわかりやすかったです。
自己免疫性膵炎と膵Caの違いを知ることができました。
動画をたくさん見せて頂けて勉強になりました。
膵炎疑いでくるオーダーに悩むことが多かったが今回勉強会を通して解決
できた。(腫大・萎縮の

画像を多く見させてもらい、勉強になりました。
症例の画像がたくさん見られたよかった。
画像を見るとやはりイメージしやすい、記憶に残りやすい。
膵炎の写真をたくさんれてよかったです。腫大の見方や自己免疫性膵炎と
膵管の様子など。


閉塞性膵炎の画像は初めてみました、印象的でした。
膵炎を知れば早期膵がんも見つけられるかもしれないことがわかりました
検査法から膵炎の注意すべき所見まで聞けて参考になりました。
知識が広がりました。
本日の講義の内容、話すスピードも完ペキでした!わかりやすかったで
す。ただ、語尾が聞こえない事が多々あったので…聞こえればもっと理解が
深まったのかなと思いました。

そういう講評をいただくと、また次回頑張れます。ありがとうございまし
た。

第39話 胆嚢炎の見るべき所見
2018年5月10日(木)開催
アンケート配布数 120  回収数 110 (回収率 92 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.腹部エコー検査の経験年数は?

問3.本日の『胆嚢炎の見るべき所見』の内容レベルは・・・?

問4.講義の内容での質問
※ 受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております。

問5.今回の講義で印象に残ったこと、あなたの感想
≪ 印象に残ったこと ≫
リンパ浮腫による肥厚(網目状)と胆嚢炎時にみられる肥厚の違い。
リンパ浮腫では胆嚢腫大はない。違いが分かりやすかった。
炎症の度合いによって変化していく璧構造がわかりやすかった。
胆嚢炎の起序
胆嚢結石症から急性胆嚢炎の発症・重篤化までがよくわかった
胆嚢壁の剥離所見はみた事はないが、確かに知らないといざ出会ったとき
にわからないというのが印象的でした。知識としていろいろな症例をみるこ
とができてよかったです。

粘膜剥離像を見たのが初めてだった。
腫大していてもハルトマンポーチの位置は変わらないということ。
胆嚢水腫と白色胆汁は初めて聞いた様に思います。胆汁がなぜ濃縮される
か面白かったです。

ハルトマンポーチのぶりっと膨らむ話でなるほどと思いました。さらに、
ただ胆嚢が大きい方との鑑別になるというのも勉強になり明日からの仕事に
役立てていきたいと思いました。

胆嚢炎もさまざまなタイプがあることを知れてよかった。
胆嚢腫大を認めた時のポイントが分かりました。
頸部の陥頓結石を見つけることの大切さを感じました
背中側に頸部が膨らんでいることが腫大の目安になると知ったので、明日
からしっかり確認したいと思います。

陶磁器様胆嚢は3種類あることを知りませんでした。
気腫像は初めてみたので今後の検査時に注意しようと思います。
胆嚢炎の発症から重篤化までの経過がとても分かりやすく勉強になりまし
た。

≪ 講義の感想 ≫
たくさんの症例ありがとうございました。
ここに来たのだから気づけるようになりたい。
勉強が足りていませんでした。もっと勉強します。
どのようにみていけばよいのかがすごく良くわかった。
診断基準に沿った説明だったので何をポイントとして検査していけば良い
かわかりやすい。

ガイドラインを見てみます。
肝外胆管結石は描出がむずかしそうだなぁと思いました。
めずらしい症例をたくさんみせていただいて勉強になりました。
普段見ることの出来ない症例を見られたので良かったです。
胆嚢頸部のかんとん結石、今まで見えてなかったな…と思います。
もう1度自分で調べてから今回のご講義をお聴きしたいです。
以前右季肋部痛を訴える患者がきましたがUSで胆嚢腫大はわかりました
が、頚部嵌頓結石を見つけることができませんでした。今回教えていただい
たポイントを知っていれば摘出できたかもしれないと悔やまれます。

次からは胆嚢炎をきちんと診られるようにしたいと思いました。"
胆管炎と鑑別が必要なところを注意しなくてはと思いました。
一年前に聞いた時よりすんなり内容が入ってきました。それでも改めて納
得することが多く、日々反省勉強が必要だと感じました。

レベルが高すぎでしたが、とてもわかりやすかったです。
重症度をどのように判断していくか整理できました。ガイドラインをダウ
ンロードして確認するようにしたいと思います。

急性胆管炎、胆嚢炎の診療ガイドライン2013をみたことがなかったので、
今後見ようと思いました。

これから腹部エコーをはじめる予定なので知識を学ぶため今回受講しまし
た。難しくどこまで覚えていられるのかわかりませんが、今後に役立てるよ
うに頑張ります。

毎回参加させていただいてしますが、毎回新しい情報や見落としそうにな
りそうなキーとなる所見など本当に勉強になります。今後参加し続けていき
たいと思います。

最近胆嚢炎で悩む症例に出会いました。よくオーダーされる疾患ですが像
のバリエーションも多く理解が乏しかったのでとても勉強になります。

胆嚢頚部の描出を諦めることが多かったので、明日から試したいです。
画像が多かったので、勉強になりました。
胆嚢炎の復習が出来て良かったです。ありがとうございました。
たくさん貴重な症例を見せて頂きありがとうございました。
1つの症例について詳しく聞けて楽しかったです。
*腹部エコーを始めたばかりなので、内容が少し難しかった。まずは、急
性・慢性胆嚢炎の所見を確実に覚えたい。

まだ4ヶ月しか経験していませんが、どこを見たらいいのかを分かりやす
く説明していただき分かりやすかったです。

教科書には載ってない、リアルな事が学べるとても充実した講義でした。
説明やスライド資料が分かりやすく良かったです。

胆嚢炎でも見るべきポイントが分かって受講して良かったと思いました。
普段見られない症例が見られたので勉強になった。
動画がキレイで分かりやすかった。
とても分かりやすく聞きやすかった。
急性胆嚢炎の確診と疑診の部分が配布プリントとスライドで合っていなか
ったため、わからなかった。

胆嚢炎の講義は何度も聴いているのですが、毎回新鮮な感じで新しい話が
聞けて嬉しいです。

色々な胆嚢炎の画像が見られてよかったです。胆嚢炎の重症度が段階をお
いて見られて勉強になりました。

以前の勉強会で頚部の見方を教えて頂いてから、頚部結石を探しやすくな
りました。

最近、エコーの仕事を再開しました。ハルトマンポーチこれから見るよう
にします。

ハルトマンポーチを描出するように気をつけます。
胆嚢頸部ハルトマンポーチの描出の重要性を学びました。
知っている、知らないで診断が変わってくるものだと思った。
これからも積極的にこの勉強会に参加したい。
参考書には載っていない話を聞けて良かったです。
陶磁器様胆嚢は知っていたのですが医師や技師でも知らない人が多く上手
に説明できなかったのでよかったです。

少し難しいですが、急性胆嚢炎の貴重な症例を見られてよかった。
クリニックなのでなかなか専門の先生と関わることがないので、本日の話
は貴重でした。


第10回 東北復興支援チャリティ研修会
     閉塞性黄疸
2018年3月9日(金)開催
チャリティ研修会の受講者皆さまの意見は、こちらのリンクでご覧ください
第38話 心エコーで心機能を読む
2017年11月13日(月)開催
アンケート配布数 108  回収数 101 (回収率 93 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.本日の『心電図を読んで心エコーを究める』の内容レベルは・・・?

問3.「超音波からのメッセージ」の研修会情報は、どこで知る事が多いですか?

問4.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、その回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問5.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
静止画だけでも症例を読んでいくところが勉強になりました。
数枚の画像からどんな疾患をうたがうのかという宿題形式がとても勉強に
なりました。ありがとうございました。

ほんの数枚のエコー写真から疾患を考えることができることが、全体像を
見てから考えようとするクセがある自分の考え方をくつがえすようなが講義
でした。決まったことを評価しなければいけないが、その疾患を疑う決めて
となるveiw、計測値をきちんと残せるようになりたいと感じました。

少ない画像から病態を読み取ることが重要である事を実感しました。
色々な症例(病態の特徴)の色々なポイントを頭に入れておかなければなら
ないと思いました。


血行動態への理解が深まると心エコーがもっと楽しくなると思えました。
データを並べるだけのレポートではなく、そこから何が言えるかをもっと勉
強していきたいと思いました。ありがとうございました。

心機能を考えながら所見を解釈しているつもりでしたが、まだ理解が足り
ていないのを痛感しました。

今までEF、E/A比を数値で評価していたのでもう少し広い目で見て全体像
を考えてアプローチしたいと思いました。また、なかなか見れない症例が見
れて勉強になりました。

知らなかった疾患があり勉強になりました。
問題のところをゆっくり話していただく講義も聞いてみたいです。

わかりやすく、画像も多く参加して良かった。
考えることで、自分が何ができないのか明確になりました。
dp/d、PETなど計測したことがなかったためとても恥ずかしく思いまし
た。必ず試してみようと思います。圧負荷、容量負荷がどこにかかっている
か判断がすぐできるように頑張ります。


動画と合わせて解説して頂いたのでとても分かりやすかった。短絡疾患の
復習にもなりました。また、珍しい症例の動画もみることができてとても勉
強になりました。


eisenmenger syndromeを改めて考えさせられました。
撮り方の基礎が学べてよかったです。
詳しいところと簡略化で説明するところが多く集中力が切れてしまった。

心エコーをはじめたばかりですがわかりやすい講義でした。最後の症例に
ついてはよく復習し、自分で解説できるようにできたらいいと思います。

実際の症例から学ぶことがとても多く勉強になりました。
問題で思っていた疾患ではなかったのでポイントとなることが勉強になっ
た。

画像から症例をよむのがとても勉強になりました。
拡張能に目をむけたり、他にも目を向けたりなど、一つのことにしばられ
ずにこれからも診ていきたいと思いました。

左室拡大・右室拡大・・・とだけ報告していたのですが、考え方が分かると
アプローチの仕方を変えシャント発見につながると思った。

EFのみで判断してはいけないということ。
職場で使われていないEFの評価法を知ることができた。

全てが印象深かったです。

疾患例が特殊すぎる。
case1〜6までの症例。勉強になりました。
貴重症例が見れて良かった。
日頃、出会えない症例を見えておもしろかったです。
貴重な症例をたくさんありがとうございました。また心エコーを始めた私に
は少し難しいなと感じました。今日聞いたことは今後に生かせるように頑張
ります。

あまり見ることのない症例を見られてよかったです。
初めて見る症例もあり勉強になりました。
なかなか出会わない症例がたくさん見れて良かったです。

収縮能、拡張能の評価法の引き出しをいろいろ持つことの大切さがわかり
ました。今日学んだ評価法を今度試してみようと思いました。

様々な疾患の血行動態を解読していただき、なかなか聞けない内容でとて
もよかったです。

心機能を知って更に心エコーの読み方が分かるように勉強したいと思いま
す。

心機能の基礎的なことから実際の症例の特徴的な所見、そこからの考え方
が知れてとても勉強になりました。

血行動態を考える大切さがわかりました。整理しておきたいと思います。

評価の引き出しを多く持つこと 短絡疾患は苦手でしたが、もっとよく勉
強しないといけないと思いました。


かくれている疾患がある!
「あーっ」て感じでした。自分のわかっているつもりが改善されたと思い
ます。


まだ始めたばかりだったので写真から読み取れないことが多かったです。
一部は途中まで道筋があっていたけど、最後までたどり着けなかったです。
拡張能と収縮能に関してわかりやすかったです。


理論的に考えないと難しいと感じました。
EF正常でも心不全があるという事。
評価するのがEF計測するだけでなく、動きが悪かった場合に対して、他の
計測をして色々な角度から評価していきたいと思いました。

不整脈原性右室心筋症が少し難しかったです。とても勉強になりました。
ありがとうございました。


血行動態への理解が深まると心エコーがもっと楽しくなると思えました。
データを並べるだけのレポートではなく、そこから何が言えるかをもっと勉
強していきたいと思いました。ありがとうございました。

画像1枚から読みとく力が必要であると強く感じた。その為には解剖生理
と病態の理解が必要であると感じた。


左房圧を低下させると本人の息切れ症状がよくなる。
まれな疾患を病態から説明してもらえておもしろかったです。
短絡のお話しがたくさん聞けてよかったです。あまり出会わないので出会っ
たときに対応できるように頑張ります。

症例が良かったです。考え方のポイントが分かりやすかったです。
心機能評価の考え方が理解出来ました。
分かりやすかったです!"

わかりやすく勉強になりました。ありがとうございました。
心臓疾患の知識がかなり必要だと感じました。血行動態、新機能秩序など
むずかしいが勉強をしたいと思います。
わかりやすくあっという間に終了してしまいました。高齢者、重症者も多
くぱっとひとあての印象で必要なデータを選んで取りに行く業務が多いので
大変勉強になりました。

日々のルーチンい役立つ心機能の考え方が良かったです。
大変勉強になりました。ありがとうございます。
ありがとうございました。心エコーをもっと勉強したいと思います。
第37話 心電図を読んで心エコーを究める
2017年10月30日(月)開催
アンケート配布数 112  回収数 100 (回収率 88 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.本日の『心電図を読んで心エコーを究める』の内容レベルは・・・?

問3.あなたの心エコーの経験年数は・・・?

問4.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、その4回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問5.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
心電図を読み、心エコーをする時に考えながらとる事が大切と思った。も
う少し深く勉強が必要と感じました。まだ始めたばかりですが頑張りたいと
思いました。

心電図の読影がいかに重要かが分かった。病態についても理解して、エコ
ーをしながらどんな状態なのか考えることが大切だと感じました。

心電図を判読出来るようになると、エコーの進め方も少し楽になるんだろ
うなと思いました。

早速明日から検査に活かしていきたい内容ばかりでした。
分かりやすく説明していただきありがとうございました。
健診心電図で陰性T波から心エコーオーダーが出ることが多く、いまいち
検査時に注意すべきポイントが分かっていませんでしたが今日の講演を聴い
てどこを見るべきかわかりました。ありがとうございました。

T波の幅で心筋によるものかどうかわかるということで、今後しっかりみ
ていきたいと思った

貴重な見たことがない動画がみれてよかった。
心電図についてよく分かっていなかったと実感しました。
漠然と心エコーを撮っていたんだなと反省しました。
もっと真剣に心電図に取り組んでいきたいと思います。
たこつぼについて虚血との見分け方がとても参考になりました。
急性心筋梗塞のST上昇の機序について印象に残りました。
左軸偏移など日頃気に留めていないECG所見に対してとても勉強になりま
した。

心電図から心室瘤を疑ってかかるのが大事なんだと思いました。

何回も聞きたいです。
もう一度ゆっくり聞きたいです。
病態、心電図の理解、報告書の書き方とても勉強になりました。
書ききれなかったのでぜひスライド全部復習ページにアップしてくださ
い。

とても内容がつまっていて勉強になりました。もう少しゆっくり講義を聴
きたかったです。

系統的にとてもわかりやすい講義でした。ぜひ今回の内容の手順で本を出
版されていると聞いて、購入したいと思います。

中島先生の本を持っていたのでとても理解しやすかったです。教科書を持
っているようで、理解できなかったこともわかりました。ありがとうござい
ました。


あまり心エコーに入らないのですが、カバーで入ったときにも正しく検査
できるように日々勉強を行っていきたかったので、とても参考になりまし
た。

肺高血圧疑いの時に右室流出路を計測することを知れてよかったです。
非常にわかりやすく、所見のまとめ方なども大変勉強になりました。予習も
謎解きのようにでき楽しんで講義に臨むことができました。

心電図→心エコーの関連について色々レポートの書き方があること。
レポートの書き方がよくわかりました。
先生の声がやさしくて、少し眠くなってしまいました。すいません。
報告書の導き方は分かりやすかった。
後半早くて聞き逃したところがあった。
とても分かりやすかったので時間がもう少しあればよかったです。
わかりやすいご説明ありがとうございました。勉強になりました。
わかりやすく勉強になりました。

最初から居たかった。電車が止まっていたので復習ページで動画などをだ
してくれたらありがたいです。

遅刻してしまったので復習ページを詳しくのせてほしい。

心電図の重要性を再確認するとともに、心エコーにおける心電図情報の有
用性がよくわかりました。心電図も勉強しなおそうと思いました。

1つ1つの症例を丁寧に説明していただき大変ためになりました。ありがと
うございました。

普段心電図をほとんどやっていないのに心エコーを勉強することになった
ので心電図をもとに心エコーの取り方をテーマのしてもらえてよかった。

今はすべては理解できないけれど、先輩に言われたこととつながって理解
できた部分もあったので助かりました。

とても興味深くおもしろかったです。もっと聞いていたかったくらいで
す。今までパターン化して覚えていたことが、理由がわかったことがたくさ
んありました。救急病院なので使える知識ばかりです。明日からのエコーが
楽しみです。

自分が考えている以上に心電図が大切だと感じました。心エコーを行う際
に今まで以上に心電図と向き合おうと思いました。ありがとうございまし
た。

心電図が読めるようになり、かつ病態を知ることで必要な検査をもらさず
に正しく評価できるのはとても大切だと思いました。

心電図、心エコーのつながりを意識して検査していこうと思いました。
心電図の波形では新しく知った事が多くとても勉強になりました

とてもわかりやすかった。
考え方を知るとこができたので明日からすぐに使える実戦できそうです。
心電図とても大切だと思いました
部下に心電図の読解力を身につけさせたいです。
心電図から読み解いた情報を得てから心エコーをやる大切さがわかった。
心電図をもっと深く知りたいと思いました
非常にわかりやすかった。心電図が心エコーをする上でかなりためになる
ことがわかった。

宿題の所をもう少し時間をとって講義をききたかった
少し最後かけ足だったのが残念
とても勉強になりました。
エコーの動画、レポート初見、コメントをもっとゆっくりみたかった
ていねいでとても分かりやすかったです。
心電図を見てからエコーへ取り組む際のポイントが前より理解できまし
た。

特にST低下のメカニズムはずっとあいまいでしたが今日理解することがで
きました。

すごく役に立つ話を聞けました。
心電図からレポートまで詳しく講義して頂いてありがとうございました。
もう少し時間に余裕があると良かったです。

是非、もう一度やってほしい(心電図から心エコーを見る)
心電図が苦手なので、今日の講義は大変参考になりました。このような講
義を今後もお願いいたします。
第36話 右心機能の心エコー検査
2017年9月29日(金)開催
アンケート配布数 112  回収数 100 (回収率 88 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.本日の『右心機能の心エコー検査』の内容レベルは・・・?

問3.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、そ回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問4.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
普段右心系は推定肺動脈圧を求める、拡大の有無をみる程度なので今日学
んだことを活かしていきたいと思います。

右心機能評価は先天性心疾患の術後フォローアップにも必要不可欠なので
とても勉強になりました。MPI値を報告できることでデータの信頼性が上が
ると思います。


PHの人、今まで計測していないものがたくさんあった。がんばろう。
PHの評価で疑問だったことが分かったような気がします。
PHと心拍出量の話が勉強になりました。
PHでのCOが重要とのことや肺血管抵抗の計算式についてルーチンで行って
いないので計測してみようと思います。

肺動脈収縮期圧の数値だけではなく、心拍出量もみて肺高血圧を評価する
点。

肺動脈収縮期圧だけではなく心拍出量を測定すべきなのはなぜか良く分か
りました。心エコーを始めたばかりの私にはレベルが高くこれから勉強しな
いといけないと改めて実感しました。

肺高血圧症なのに扁平化しない時があるとは知らなかったので次から気を
つけたいと思います。

今まで右心系は、TRの圧較差を心室中隔の扁平をみるぐらいしかしていな
かったので、右心系もいろいろな計測をしていきたいと思いました。

肺動脈収縮期圧だけで肺高血圧症の評価をしてはいけないという事を念頭
において検査をしたいと思います。

心機図の理解が重要だと気付いた。肺高血圧症と心拍出量の関係をはじめ
て知った。


右室径がどのviewから撮っても描出される最大値をとることが左室にとっ
ての最大値の違いに驚きました。(斜め切りでの評価になってしまう)

心エコーは始めたばかりなので、まだ分からない事が沢山です。基本やコ
ツ等を教えてもらいたいと思います。右心系の記録等はこれから学んでいき
たいと思っています。

計測値が何を見ているのかとても分かりやすかったです。
計測の原理をきちんと理解していなければならない。ただ計測していただ
けでは意味が分からなかったが全体的に考えると良く分かりました。

計測方法の理屈は今まで考えた事がなかったので覚えるきっかけになりま
した。

右室の計測の注意点、実際に計測するときのポイントがわかってよかった
です。

推定RVPのみでは右心機能の変化、改善評価が不十分であったこと。
右心系の評価法が多くある事を知れた。これからはもっと右心系を注目し
ていきたいと思った。

右心系の評価が不十分でした。苦手意識を持っている圧曲線を理解し、再
度見直さなけれと思いました。解剖もわかっていませんでした。


右心系の講義は初めて聞きました。左心系だけでなく右心系も見れるよう
技術を高めていきたいと思います。

右心系の解剖について全然理解していなかった。宿題の内容がとても勉強
になりました。ありがとうございました。

とても勉強になりました。日頃何気に見ていたものも宿題で質問されると
答えられない。しっかり理解しないと知識が広がらないよ思いました。

右心機能評価がわかりやすくて良かったですが、印象に残ったのは宿題の
解剖です。あまり解剖学について勉強してこなかったので知らないでいたこ
とが多かったです。

胎児期の名残でのこっていることが意味あることが知れて覚えやすいと思
いました。

宿題の解剖まさにわかりやすい解剖図のお示しわかりやすくありがとうご
ざいました!実際エコー画像とのご紹介がもっとあったら嬉しかったです。

宿題の回答がとても勉強になりました。
右房、右室の解剖についてあまり分からず検査をしていたなと問題を通し
て実感しました。改めて復習したいと思います。

まだ始めたばかりなので、復習して知識を身につけようと思いました。
右心系の解剖については知らないことばかりでした。
ありがとうございました。
三尖弁で最も小さいものは中隔弁だと思っていました。
難しかったです。
右心室は2層の心筋構造だから圧負荷に耐えられない、肺高血圧症には右
心機能評価が大切なんだということがわかりました。


右心系は良く分からなかった
日頃からですが、圧の考え方が難しかったです。
日々心エコーをやっていて(高齢者が多い)EFは保たれている人がほとん
どで、でも推定RV圧のみが上昇している例が非常に多く日々悩んでいまし
た。肺血管抵抗がキーワードになってくるのかなと思いました。心機図頑張
って理解していこうと思います。

DCM+PHで左室の変形していないことがある理由がわかり良かった。
計測した際のピットホールがある。数値の意味を(計算に影響を及ぼして
いる因子)知らないといけない事(DCMとか)。

心機図の見方がよくわかりました。心機図の読み方が苦手なので大変良か
ったです。

まだこれから心エコーを始めるため、分からない事だらけですが、しっか
り復習して身につけたいと思います。

右心系のポイントを押さえて学ぶことができ良かった。計測に気を取られ
がちになるが右心・左心のバランスや相互の影響を考えることが大切だと感
じました。

多くの指標を説明して下さって知識を増やすことができました。
右心機能計測法を聞ける勉強会はあまりなかったのですべての内容がとて
も勉強になりました。

丁寧に計算方法などを教えていただき、わかりやすかったです。
まだエコーを始めたばかりですが、右心系のことがよくわかってよかった
です。

心拍出量の重要性。
右心機能は具体的な数値が教科書には載っていることが少なく悩んでいた
部分でしたので、ありがたかったです。

エコーを始めたばかりなので右心系の評価についてはまだまだ理解が難し
かったです。


とてもわかりやすい講義でした。動画や実際の画像をもっと提示していた
だけるともっと理解できたと思います。

各計測項目の意味を理解することが病態理解に重要だと改めて感じまし
た。

自分で本を読んでも理解しづらく周りに右心機能を教えてくれる人もいな
かったのでとてもためになりました。

右心系のお話を聞けることがあまりなかったのでとても良い知識になった
と思います。肺高血圧疑いなどの目的で検査を行う際にぜひ活用したいで
す。た。
第35話 拡張で読み解く尿路系の病変
2017年6月15日(木)開催
アンケート配布数 122  回収数 105 (回収率 86 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.本日の『拡張で読み解く消化管の疾患』の内容レベルは・・・?

問3.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、そ回答は復習ページの復習資料に掲載しております。
 

問4.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
勉強になりました。ありがとうございました。今勉強中なので頑張りま
す。

いつも復習しながら再認識出来るので勉強になっています。いつもありが
とうございます。

初めて参加したのですが、とても勉強になりました。エコーは始めてまだ
半年ぐらいですが、今後に生かしていける内容ばかりでした。


「尿管の描出について」
尿管がこんなに明瞭に見えるとは!!今まで全然見ていなかった。
▲拡張した尿管なのでよく見えるのです^o^
尿管を追うのが難しかったのですが正常でも追えるとのことでもう少し頑
張ってみなければと思いました。

▲正常の尿管でも追跡し描出することは可能ですが、必ず描出できるわけで
はありませんので誤解しないでくださいね。練習すると高率に描出できるよ
うになりますが、拡張のない尿管を描出する意義はあまりありません。

今までは水腎症で満足して終わっていましたが、その先を描出していくの
が大切だと思いました。尿管を短軸で追うのが難しいと思いました。

いつも苦労しながら尿管を追っていたが、コツを教えてもらったので明日
から実践してみます。

拡張尿管をなかなか追えないで諦めていたが、ポイントがわかり今後のル
ーチンに活かしたいと思います。

尿管拡張に関して追跡して描出する方法を最後まで説明していただき良か
ったです。

下部まで追えるように頑張ります。
尿管を短軸で追うこと。ガスで諦めてしまうことが多かったので、これか
らは気をつけたいと思います。

いつもガスで拡張尿管を追うのを諦めていましたが、しっかり短軸で追っ
て原因を突き止めたいと思います。

いろいろな症例が見れてとても勉強になりましたがスライドの様に尿管が
描出できるか不安になりました。

尿管は見えない・見えにくいと思っていましたが描出方法が分かっていな
かったのだと知りました。練習しようと思います。

尿管と腸腰筋との位置関係について意識がうすかった。
尿管の追跡のポイントがよくわかった。ランドマークと追跡の仕方がわか
ったので実践していきます。

描出には体位変換がいかに大切かがわかった。

「腎臓の描出について」
腎の解剖をおさらいする機会を持てて良かったです。
腎臓や尿管の描出では、体位変換が非常に大事だと感じました。
体位もきちんと変えて検査しようと思った。今後の業務に役立てることが
多かったので、すごく参加してよかった。

傍腎盂嚢胞と腎盂拡大の鑑別がやはり難しいです。
水腎の見方のコツが分かりました。症例が多くてよかったです。
腎盂拡張していたら背側からみてみようと思う。
腎盂尿管移行部をアプローチする時には少しななめの側臥位が好ましいこ
とが、図解していただきよくわかりました。

軽度の腎盂拡張の先に小さな結石があることに驚かされました。
腎盂-尿管移行部の描出は腎臓の下極をウインドウにすること。
腎盂-尿管移行部以降のエコー上の解剖を理解していなかった。これから
正常像でも練習をしていこうと思いました。結石以外の水腎症への理解が深
まりました。

腎のcystic mass内で石灰化が動くときはcystではなく憩室の可能性があ
ることを知り、長年の疑問が解決してすっきりしました。


「尿路系拡張の原因について」
1つの所見でも、多種原因がひろがることが改めて考えさせられた。
結石以外の気を付けるべき所見がとても勉強になりました。
尿路結石は思ったより小さいし石の詰まった尿管も細いのだなと思いまし
た。意外でした。

尿管や膀胱など、その他の関連するお話しが聞けてよかったです。ゲイン
を下げて水腎症に挑みたいと思います。

尿路といえば腎という固定観念が子宮や前立腺と関連付けた説明をしてく
ださったおかげで払拭されました。より想像を広げられるようになったと思
いました。

水腎症は背側から見なくてはダメだということを初めて知った。尿管癌、
腎盂癌の症例を見たことがなかったので、動画がみれて良かったです。

後腹膜線維症と水腎の関係は知りませんでした。
IgG4関連の疾患についての説明は興味深かった。
体位変換をきちんと行ってアプローチしようと思います。神経因性膀胱の
お話しは大変参考になりました。

神経因性膀胱、よく見る所見だったのだが名前を知らなかったので、こう
いうことか!!と納得しました。

結石で尿管が拡張している場合には上流が拡張するが、尿管腫瘍の場合に
は紡錘形に拡張するというのが印象的だった。

腎のみでなく膀胱についても勉強になりわかりやすかった。
先日見た膀胱腫瘍の患者さんが2週間後に経過でエコー検査をする予定な
ので次は腎盂や尿管も改めて観察してみようと思った。

尿管の外部の病変からの圧排によって起こる尿管拡張の知識が繋がったの
で、今後気を付けたいと思います。

水腎症を認め、尿管を追っていてもガスで見えなくなると追い切れずにい
ました。どこを見たら良いのか見るポイントなど、とても勉強になりまし
た。


「その他、感想」
「患者さんが痛がっているから・・・」と体位変換をあきらめるのは悪い
癖だと思い知りました。

件数に追われて検査をする中で、拡張した原因を追求しなければならない
と思っていた気持ちを後押ししてもらえた気分です。技術を磨いて見逃せな
い拡張の原因をきちんと指摘できるようになりたいと思います。

健診にて症状がなく下部尿管まで拡張していた高度の水腎症で、原因を描
出できなかったことがあります。今回アプローチ方法がきけたので、次回は
原因を描出したいと思います。

拡張した尿管は追えるという事。むしろ追わないとエコーをしている意味
がないという事。

スクリーンが見にくくて残念でした。いつもの段差のあるお部屋か小さい
テレビのあるお部屋だと嬉しいです。

▲研修室のご指摘ありがとうございました。実は、以前使っていた階段型の
セミナーホールは、投影画像が見にくいとの意見が多かったので現在の部屋
を使っています。この回に使った部屋にもサブモニターはありましたので、
次回は探してみてください。それより画像が見たいという熱意のあるあなた
は、もっと前のよく見える席に陣取ることをお勧めします。

思っていたより腎からの尿管の描出が出来そうかも?と感じました。自施
設に戻ってやってみようと思います。

腎盂・尿管拡張の依頼はとても苦手です。尿管の位置を理解することが出
来たので、今後はあきらめず尿管を追うスキャンニングにチャレンジしてみ
ようと思います。

尿管は最後まで追えないと思っていましたが、そんな事はないことが分か
りました。明日からは見えるものとして観察したいと思います。

これまで尿管拡張がないという判断が甘かったと気づきました。これから
は、見るべきポイントをしっかり観察します。また、総腸骨動脈交叉部の描
出方法を知ることができて良かったです!ありがとうございました。

たくさんの画像・動画ありがとうございました
講習会の頻度を増やして欲しいです。
今回もとてもわかりやすい講義ありがとうございました。
第34話 肥厚で読み解く消化管の疾患
2017年4月7日(金)開催
アンケート配布数 130  回収数 108 (回収率 83 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.本日の『拡張で読み解く消化管の疾患』の内容レベルは・・・?

問3.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、そ回答は復習ページの復習資料に掲載しております。

問5.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
「拡張で読み解く消化管の疾患」について
苦手意識の強い領域でしたが、とても分かりやすかったです。日常生活で
オーダーはほとんど出ないので、腹部エコーの際についでに見てみたいと思
いました。

消化管のオーダーがくると苦手意識があって、やだなぁと思うことが多い
のですが、見ようとすれば色々見えてくるのですね。明日から頑張ります。

消化管エコーは苦手意識があって検査を難しく考えすぎてしまいました
が、まずプローブをあてて見ることが大事だと思いました。

消化管は毎回見るようにしていますが、あまり良く分からずにスキャンし
ていたので、今回の話を聞いて明日からよく見てみます。

症例がたくさんあり分かりやすかった。
超音波の動画と内視鏡の対比が沢山提示されていて分かりやすかったで
す。

画像が沢山あってよかったです。また内視鏡との比較もわかりやすかった
です。

腸管はほぼ独学で超音波所見が臨床の結果につながることが多いので(特
に専門医が少ない施設や夜間帯)改めて確認ができ良い機会でした。


症例が多く面白かった。経験に基づくお話はすごく分かりやすいです。あ
りがとうございました。

はじめたばかりで、まだ自信をもってレポートを書けません、今日の勉強
会をしっかり復習して、明日からの検査に役立てたいです。


粘膜下腫瘍は、エコーで明瞭に見えても内視鏡でわからないこともある
脾弯曲部を右側臥位でみるということが勉強になりました。早速やってみ
たいと思います。

十二指腸脂肪腫のエコーとカメラの見え方の比較でエコーが有用とはこう
いう事かと思った。


症例写真を復習ページで繰り返し見たいと思った。
腸管は難しいと思いがちですが、やはりガスや層構造の変化から気づける
と改めて感じ、機会があったら見てみたいなと思いました。

動画が綺麗でよく分かった。虫垂の見つけ方がよく分かった。
虫垂は苦手意識があったので、これからもっと見ていきたいと思いまし
た。

虫垂の見つけ方を実際にやって見ようと思います。
普段目で見ることのない症例をたくさん見ることができて勉強になりまし
た。

院内ではあまり症例が見られないので沢山の症例が見られて良かったで
す。

症例をたくさん見せてもらい良かった。

腸管の出し方を見て、明日自分でもやってみようと思いました。
消化管に興味があったので見てみたくて参加しました。目が慣れていなく
て難しかったですが、これからやってみたいと思いました。

消化管はガスが多く、エコーで見てもそんなに情報は多くないと思ってい
たが、壁構造の有無などある程度の疾患が分かることが分かった。

消化管エコーは今まで抵抗がありよく分からないと思いながらやっていま
した。今回の講義でみるポイントを教えていただき、明日から活用しようと
思いました。


消化管検査でのみるべきポイントがつかめて良かった。分かりやすかった
です。

とても分かりやすかったです。イレウスなどについての講義も希望しま
す。

消化管エコーをやってみようと思いました。
今度は拡張の所見をやってほしいです。
消化管の壁肥厚以外の所見についての勉強会も是非行っていただきたいと
感じました。ぜひお願いします。

▲今度機会があれば「拡張から見つける閉塞性病変」もやりましょうね。

消化管は始めたばかりで分からない事が多いが、今回の講習は装置の設定
や基本的な走査から学ぶ事ができてとても分かりやすかった。


小腸炎(空腸)の症例。
小腸の症例は面白かったです。また虚血性大腸炎が経過日数によって血流
量が変わるお話は勉強になりました。

たくさんの症例、ありがとうございました。
小腸肥厚で悪性リンパ腫を考える。
消化管エコーをやっていないので、練習したいと思います。スクリーニン
グで消化管の低エコーを気にしたいと思います。

正常像を見慣れていないので、異常像が理解出来なかった。
消化管エコーはやったことがなかったのですが、まず目が慣れないといけ
ないと思いました。

たくさのん症例が見られてとても勉強になりました。
消化管についての勉強会はあまり行ったことがなかったので、動画が多く
わかりやすかった。自分の業務に役立てたいです。

消化管を日頃から見てみたくなりました。日頃から観察して目を慣らすこ
とが大切だと思いました。

目がなかなか消化管に慣れなくて難しかった。

今後、消化管エコーはとても役立つと感じました。苦手意識が少し軽減し
ました。

あまり依頼はなく苦手意識が強いため好きになれない消化管でしたが今日
の抗議を受けて明日から積極的にみてみようと思いました。

消化管は始めて間もないのでとても勉強になりました。一度、虫垂炎を探
しきれなかったので次は次こそは探せるように参考にします。

普段、消化管を見慣れていないので画像を見ても内腔がどこで、どこまで
が層なのか分からないことが多かった。でも消化管を見てみようと思うキッ
カケになったと思う。

AGMLはあまり動画を見たことがなかったのでよかった
もっと注意を払ってスクリーニングしなくちゃ。
どこに注目するのか、系統的にどう見ていくのかわかりやすかったです。
すごくわかりやすかったです。
目が慣れないと難しく感じます。腸なら自分自身の腸で見れそうなので見
てみようと思った。

胃に関して復習になってよかったです。小腸、大腸が慣れないです。
内視鏡でみえないがエコーではみえる症例があることを初めて知った。
消化器専門のクリニックに勤務しており日常的に急性腹症などのエコーを
しています。上下部内視鏡がすぐ出来る環境があるので今日の講義を踏まえ
医師に少しでも多くの情報提供ができるよう知識・技術の向上が必要と思い
ました。

消化管エコーは苦手意識がありますがエコーの検査依頼が出ることがあり
ちゃんと見れているかとても自信がなく悩んでいます。今回の講義を復習し
て今よりもっと医師に情報を伝えられるよう頑張りたいです。


いろんな画像・スキャン手順が見られて分かりやすかったです。
高周波プローブで観察しなくても層構造がきれいに描出されていたこと装
置の調節でもっときれいに描出したい。

大腸炎の癌のそれぞれについて詳しく知れてよかった。
ヘルニア・憩室炎なども画像が見たかったです。
苦手意識が強かったけどプローブを当ててみようと思いました。
スキャンニングより疾患が分からないといけない事!!しっかりと勉強し
たいと思います。

たくさんの症例ありがとうございました。
第33話 膵臓の嚢胞性病変の所見
2017年1月12日(木)開催
アンケート配布数 140  回収数 119 (回収率 85 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.本日の『膵臓の嚢胞性病変の所見』の内容レベルは・・・?

問3.受講後、「復習ページ」をご覧になりますか?

問4.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、そ回答は復習ページの復習資料に掲載しております。

問5.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
「膵臓の嚢胞性病変の所見」について
膵臓の描出が苦手で、難しいと感じていましたが今日教えていただいた内
容を復習して知識向上に頑張ろうと思いました。とても分かりやすかったで
す。ありがとうございました。

参考書を読んでも、嚢胞性腫瘍の違いがいま一つはっきりせず覚えるのに
苦労しましたが、今回講義を聴いて違いがよくわかりモヤモヤしていた部分
がすっきりしました。毎回とてもわかりやすいので、時間があっという間に
感じました。ありがとうございました。

「膵癌の取り扱い規約」が新しくなっていて、腫瘍の名称が変わっていた
というこに気づきませんでした。今回本当に勉強になりました。(何となく
検査士の試験にでそうなニオイがします)ありがとうございます。

膵嚢胞があると、あったあったと言って大きさだけを測って主膵管の拡張
の有無だけ見て終わりという考えがいかに危険かわかりました。膵全体(体
位変換を使い)をよーく見て観察したいと思います。

主膵管型と分枝管型のIPMNでその後のフォローが違うということが知りま
せんでした。

実際に検査の時に出くわさないと完璧に理解できないと感じた。

嚢胞をみたら周囲をよく観察しようと思いました。
嚢胞性病変だけに目をとらわれず、周囲の実質もよく見ること。フォロー
アップの時も、病変だけではなく膵全体をしっかりみること。

膵嚢胞・・嚢胞でさらっと流していることが多かったように思います。で
きている場所にも注視していきたいと思います。

嚢胞の周囲をよく見ることを大切にしたいと思います。

健診では今回のような膵臓の症例がありません。大変勉強になりました。
明日からじーっと膵臓を見ることでしょう。

▲今回お話しした嚢胞性病変はいずれも「無症状」で膵臓に存在しますの
で、健診で見つけることがあります。確かに、IPMN以外は頻度は少ないとは
思いますが。


特別なプローブでなくてもCTにおとらないツールを活かそうと思いまし
た。

コンベックスでもまず拡大してみようと思います。
各病変の成り立ちがわかりやすくてよかった。
膵臓の嚢胞性病変を絵に描くことで整理できて覚えやすかった。

見つけた嚢胞から、どう考えていけばいいか、整理できてなかった。実際
に見たことない症例を見せていただけてありがたかったです。自分で絵を書
くのは覚えやすくよかった。

嚢胞だけに目を奪われない周辺をみる!
嚢胞に目がいってまわりの組織のチェックを怠っていたことが印象に残り
ました。

IPMNや嚢胞のフォローアップの際、嚢胞径や内部の隆起性病変を見つけるの
に時間をかけてました。これからは腫瘤性病変がないかのチェックも大切だ
と知りました。

嚢胞ばかりに目がいってしまっていたので膵実質や嚢胞周囲をしっかりみ
ていきたいと思いました。

見えていない部分を追うより見えている部分をしっかりみる!嚢胞の周囲
をよくみる!後方エコーの増強は大切。

嚢胞性病変があった場合そこばかり目がいっていましたが、周囲を見るこ
とが大切というお話を聞いて、実際画像を見てなるほどと思いました。明日
からの検査にいかしていきたいと思います。

たいへん勉強になりました。
今まで安易にIPMN又は貯留嚢胞を疑いますとレポートしていましたが、今
後気を付けていきたいと思います。

あまりエコー検査が出来る職場ではないので、色々な症例の画像が見られ
るのはとても参考になります。

嚢胞があると嚢胞に集中してしまうので、気を付けようと思いました。あ
りがとうございました。

膵嚢胞はきれいな球形のものがあまりないというのは今回聞いて納得でし
た。いつも見つけても悩んでしまうのがそこでした。後方増強があるものは
嚢胞でとっていましたが..膵臓の所見はやはり難しいです。


膵の嚢胞病変の捉え方は日々変化しているものですね。とても楽しく勉強
させていただきました。ありがとうございました。

今までの復習になりました。鑑別のポイントがよく分かりました。膵嚢
胞、主膵管拡張を見た時のポイントが印象に残りました。

いつもわかりやすい講義ありがとうございます。動画も交えていただいて
いるので分かりやすいです。

後腹膜リンパ管腫...。

「嚢胞に目を奪われ過ぎない」絶対忘れないようにします!
レアな症例がたくさん見れてよかった。
古い呼び方が変わっているのでしっかり取り扱い規約をチェックしたい。
実際の症例が動画でみれてとてもよかった。
IPMNは主膵管が拡張したりしなかったりと分枝型について本によってまち
まちだったのでスッキリしました。また腫瘤性、非腫瘤性の意味がちょうど
分からなかったのでタイムリーでした。

貯留嚢胞かも・・・という1歩引いて全体を眺める眼と心構えが必要だった
んだと初めて知りました。

新しい情報を整理できてスッキリしました。
嚢胞性病変のそれぞれの特徴しっかり理解しようと思いました。

貯留嚢胞興味深かったです。
いつもわかりやすく多くの画像をありがとうございます。
的確に嚢胞性病変を判断できていたか反省しています。
嚢胞に目を奪われ癌を見逃していないか心して検査します。
どうしても嚢胞に目が行きがちでしたがその周囲をよく観察するというこ
とが大切とすごく印象深かった。

多くの画像を見せてくださり大変勉強になりました。

膵臓に見える腫瘍の症例を見ることができ勉強になりました。
腫瘤のみに気をとらわれず、全体を見る! 納得。
嚢胞のことが、自分の中で整理できました。
後腹膜リンパ管腫との鑑別。
嚢胞のまわりの膵実質をよく見ることが大事なことがよくわかりました。
MCN・SN・SPNの鑑別ができるか不安になりました。
▲それらは必ずしも超音波で鑑別できるわけではありません。病変に出会っ
たら、精査で鑑別するで大丈夫です。


嚢胞をみたら周囲もみる! 必ず行うようにしようと思いました。
毎回、症例の写真が豊富で分かりやすかった。

久々に参加させていただきました。良い刺激を頂きました。初心に戻りも
う一度やっていこうと思える内容でした。ありがとうございます。

膵臓は分かりにくくて嫌いな臓器ですが、少し仲良くなれそうな気がしま
した。

▲はじから苦手意識を待たずに、見える範囲だけでもちゃんと見ることで良
いと思います。


現在トレーニングをしていて、先輩からcystは見つけているが、その周囲
の観察がきちんと出来ていないと言われることがある。広い視点で観察をし
なくてはいけないと再実感しました。

嚢胞は、膵癌の危険因子という言葉が印象に残りました。
経過観察の嚢胞で嚢胞ばかり診ていましたが、膵全体の重要性を認識しま
した。

見たことがない症例などもあり、とても参考になりました。
とても勉強になりました。ありがとうございました。
ぼんやりとしか理解していなかった膵病変の整理がしっかりできました。
各疾患の振り返りができました。

いろいろな症例がみれてとてもよかったです。
分枝型・主膵管型のIPMNの違いがよく分かりました。
普段のエコー業務でも膵嚢胞をみることはあるが、その嚢胞がどの疾患か
をじっくり考える機会が少ないので、とても勉強になりました。今後の業務
に生かしていきたい。

復習になってよかった。
今日の検査で、高齢者で膵嚢胞所見がありました。膵管拡張なし、膵嚢胞
疑いでレポートしましたが、講義のお話からNETの可能性も高い所見だった
と思いました。

▲そうであるかは別にして、常にそういう見方もすることが大切ですね。

嚢胞を見つけるとそこばかり目がいっているということに気づけた。
今後、膵全体に目を向けることを意識したい。"
前回チャリティーで参加した「膵臓の嚢胞性病変」の復習になりました。
なかなか出会わない所見の画像を多く見せていただき、とても勉強になりま
した。

嚢胞のまわりをよく観察が大事なんだと思いました。時間がなくても体位は
変えないとダメなんだなと思いました。


レポートの書き方も参考になりました。
伊藤さんの講演が聞けて良かったです。会場で聞けなかったのですが、検
者も経験年数による違いは、同じ被験者に対して途中で交代して観察したの
でしょうか?最初から参加し

たかったです。膵全体を見ることが大切だと改めて感じました。
体位変換による描出部位はすごく勉強になりました。
体位による尾部の描出の違いについて実際の数値で表されるとその差に驚
きました。

膵嚢胞性病変は、教科書で勉強してもいつもごちゃごちゃしてしまい、よ
くわからず終わっていたのを今回は理解・整理したいと思い参加しました。
参加してよかったです。

膵臓には「苦手」のイメージしかなかったので、少し見る窓口のようなも
のが開けられた気がします。

いつも満足して帰ることができ、感謝しています!
第32話 脂肪肝・肝実質の所見
2016年11月11日(金)開催
アンケート配布数 120  回収数 107 (回収率 89 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.この勉強会を知ったのは・・・?

問3.あなたの腹部エコー検査の経験年数

問4.本日の講義の内容レベルは

問5.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、そ回答は復習ページの復習資料に掲載しております。

問6.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
「脂肪肝・肝実質の所見」について

脂肪肝の軽〜重度の判断に、いつも悩んでました。今回とても参考になり
ました。

まずは、正常〜重度の判別とその間のところを今回の内容から考えていこ
うと思います。

今まで肝腎コントラストがあれば脂肪肝と思っていましたが、脂肪肝と脂
肪浸潤とはイコールではなく脈管の不明瞭化、深部減衰も伴って初めて疾患
として脂肪肝といえるということが、大変勉強になりました。

ルーチンで何気なく脂肪肝と判断していたので、いろいろな側面から判断
しなければならないと痛感しました。

今まで脂肪肝を引っかけすぎていたのかもしれないと感じた。
脂肪肝だと腫瘤が見えづらいと思っていたが、転移性肝癌など逆に気づくき
っかけにもなることを知った。

今まで脈管の不明瞭化は見えてはいましたが、これからは脂肪肝の判断材
料として活かしていきたい。

脂肪肝、普段軽く見ていましたが今まで脂肪肝とりすぎていました。今回
の講義で聞いたことを明日からしっかり観察したいと思います。いつもわか
りやすい講義ありがとうございます。


簡単に脂肪肝と言ってはいけない。

脂肪肝かと軽く見ていた自分に反省しました。
脂肪肝の見方が変わりました。勉強になりました。
簡単に脂肪肝で片付けるわけにはいかない。
脂肪肝について再確認ができてよかった。
肝腎コントラスト、イコール脂肪肝ではない。
脂肪肝の定義を肝腎コントラストのみでしていた時もありました。ただの
脂肪肝とみて検査しないようにします。


脂肪肝は普段悩んでいることだったので、勉強になりました。
脂肪肝があるとげんなりしますが、心折れずに見ていこうと思いました。
区域性の脂肪欠損から腫瘍の門脈浸潤を推定したというお話は、非常に興
味深かったです。


一番知っていると思っていた脂肪肝の奥深さを思い知らされました。FSA
の怖さも思い知らされました。

なぜ、脂肪沈着をしないのか・・・。まともに考えたことがありませんで
した。

腫瘤の存在のサインとなっている脂肪のヌケ。今日しっかり覚えました
明日からは大丈夫です!
FSAの中にかくれた転移性腫瘤!FSAの成因をよく理解することが大切だと
感じました。

低脂肪化域があり腫瘤に見えないが、血流の走行異常により腫瘤を疑い、
造影エコーで腫瘤があった事例はとても参考になりました。

低脂肪沈着域の中に腫瘤性病変があることがある、という症例は改めて思
い込みなどない検査をしなければと思いました。

脂肪肝で隠れてわかりにくい腫瘤、血流障害による低脂肪化、生活習慣病
によるNASH、奥深い脂肪肝、所見の取りすぎに注意しようと思いました。

復習にもなり、新しい事を知ることができ良かったです。人間ドックでの
脂肪肝判定、改める必要があると思いました


静脈還流域以外の低エコー域は注意して観察する必要性を感じました。
sappeyの静脈還流領域を初めて知りました。今まで血管腫疑いで拾ってい
ました。

胆嚢床のfocal spared areaを決めつけるのは怖いと思いました。
sappey's vein は目から鱗で「これだったのか!!」という感じでした。

あまりエコー業務に携わっていない状態で講習に参加したが、実例をもっ
て脂肪肝の所見を学べて良かった。

普段つい「ただの」脂肪肝と軽くあつかいがちでした。注意しようと思い
ました。

深く考えずに「脂肪肝」と記載していました。奥が深いなぁと。知識を吸
収して検査に活かしていきたいと思います。とても理解しやすかったです。

簡単に脂肪肝を片付けてはいけない。線維化を読む。
時間に追われて検査をしているが、脂肪肝を見てももう一歩丁寧に観察し
ようと思う。

軽く脂肪肝を拾っていたなと思うので、もっとちゃんと見るようにしま
す。

脂肪肝について簡単に考えていました。
これからの検査に役立たせたいと思います。
血小板も参考にします。

「脂肪肝」の一言で終わらせてはいけない事が解りました。
脂肪肝(浸潤)と線維化は切り離せない関係なのだなと思いました。
脂肪肝だけでなく、線維化を評価することの大切さがわかりやすかったで
す。

実質の評価でずっと悩んでいたので、今日の内容を実践していきたい。
線維化の読み方、限局性低エコー域の見方を知ることができてよかった。
もう少し注意しなければならないと思いました。
NAFLDとNASHについて聞けてよかった。
線維化を読めるようになりたいと思いました。
原因によって、線維化のしかたが違うというのは大変勉強になった。
慢性肝疾患の場合には血小板数も確認する。
血小板の数値を見ることがなかったので、数値を含めしっかり検査したい
と思いました。

肝線維化は血小板数との関連があることを知らなかったので勉強になりま
した。

心臓の動きで線維化を推測することは知らなかったので、なるほどと思い
ました。


左葉と心臓をうつして肝臓の硬さをチェックできること。
わかりやすいスライド・説明で勉強になりました
血小板のデータをよく見るようにします。
線維化について、よく分かりました。ありがとうございました。
肝臓の線維化についてあまり意識がなかったのでとても勉強になりまし
た。

肝辺縁の鈍化の評価の仕方がよくわからなかったのでとても勉強になっ
た。

びまん性肝疾患、指標について整理できました。知らない事も多かったで
す。簡単に脂肪肝にしていた認識が変わりました。

肝臓の線維化は、今まで主観で判定していることが多かったのですが、改
めて総合的に考えることの大切さ、ポイントがよくわかりました。


非常にわかりやすかったです。脂肪肝として片付けていたことに恐怖を感
じました。

線維化と血小板との関係。
今まで簡単に脂肪肝と判断していたと思った。軽度でさえ、脈管不明瞭で
とるとなるなど、今まで軽度と判定していたのはまだ脂肪肝ではなかったん
だと反省しました。


線維化について大切だと思いました。今後、NAFLD、NASHについて更に勉
強したいと思った。

簡単に脂肪肝と所見を見てきたが、しっかり見ることを心掛けていこうと
思う。

線維化についても少しずつ理解しながら日々の検査をしたい。
脂肪肝を正直軽視しているところがあり、ドキッとさせられました。3日
前に受けたい講義でした。

脂肪肝・・・甘くみていた。されど脂肪肝!!明日から頑張ります。
肝表面や裏面などの情報が一連の線維化の流れに沿ったものだということ
と、線維化の進行の度合いがよく理解できました。また、血小板数もラボデ
ータとして確認できるものだと知りました。

線維化の所見は検査では見ていなかったことが多かった。反省。脂肪肝の
程度を判断する見方がよくわかった。

日常一番よく遭遇する疾患に対する考え方を改める良いきっかけとなりま
した。
第31話 胆嚢腺筋腫症・胆嚢壁の所見
2016年8月30日(火)開催
アンケート配布数 98  回収数 96 (回収率 98 %)

問1.「研修会・超音波からのメッセージ」に参加するのは何回目ですか?

問2.あなたの職場は?


問3.あなたの腹部エコー検査の経験年数

問4.本日の講義の内容レベルは

問5.講義の内容での質問
 ※ 受講者皆さまからの質問と、そ回答は復習ページの復習資料に掲載しております。

問6.今回の講義の感想・あなたの印象に残ったこと
「胆嚢腺筋腫症」について
壁構造をしっかり見なければならないという事を改めて考えさせられる内
容でした。レポートの書き方の講義を入れて頂けたのがとても良かったで
す。

胆嚢腺筋腫症を中心に、胆嚢の炎症や胆嚢癌との鑑別についてわかりやす
く説明していただき、大変参考になりました。

粘膜筋板がないので粘膜層の評価はとても重要だということ。
層の構造をしっかり覚えず検査していました。胆嚢腺筋腫症と胆嚢癌の区
別がつかないときもありましたが、少し理解できました。拡大して見ていま
したが、もっと拡大してもいいのだと思いました。

改めて、壁の評価の仕方を学びました。普段見ているつもりでも見ていな
いことが多いと思いました。ガスで見えないとあきらめず、もう少しよく見
ることが大切だと思い、明日から実践してみます。

胆嚢壁が二層構造に映るとは知らなかったので明日からしっかり見てみよ
うと思います。


胆嚢はいつも拡大していたが、ゲインの調整が不十分だったと思いまし
た。今回画像を比べてみることで、大切さがわかりました。詳しく見ていく
ことで、隆起性病変についての見方が変わりました。

胆嚢はもちろん拡大して見ていましたが、本当の意味で見ようとしていな
かったかもしれません。改めて壁に注意していきたいと思います。

今までは病変がある時だけ拡大して観察していましたが、胆嚢の病変は小
さいものなので最初から拡大して観察しないと見えないというお話になるほ
どなと思いました。明日からきちんと拡大して観察しようと思います。

胆嚢壁、ゲイン調整をせず描出していました。明日からすぐ役立てたいと
思います。

ルーチン検査で胆嚢は一応拡大して検査を行っていましたが、拡大かつゲ
イン調整をして内部構造をしっかりみることが大切だと痛感しました。


ドックの症例の話で、もし早期癌の隆起を見落とせば1年後にはその人は
生きていない…という言葉が衝撃的でした。必ず画像調整をして挑む大切さ
を知りました。

早期で見つけてあげなければならないと再認識しました。

今まで漿膜層、粘膜層の事を考えながら検査をしていませんでした。これ
からは拡大、カラーをしっかり使って、きちんと判断したいと思います。ゾ
ッとするほど勉強になりました。

粘膜を考えて画像を見るということは今までしていませんでした。とても
勉強になりました。

体位変換、拡大などで正しく判断したい。腺筋腫症をかなり精査にまわし
すぎていたように思うが、やはり難しい。

胆嚢は壁の層構造がよくわかるように拡大して見ること、底部と頚部は
別々に観察することなどとてもためになった。イメージしてから観察するこ
との重要性もよくわかった。

胆嚢腺筋腫症やポリープがなぜそう見えるのか、画像がそう見える根拠を
学んだ上で検査する事で、より伝わりやすい所見やレポートが作れるのでと
ても勉強になりました。

胆嚢腺筋腫症の場合、粘膜・筋層・漿膜いずれも肥厚するため、粘膜と筋
が分離可能となり高低高の3構造として描出できる。

ちょっと誤解をもたれましたね。「粘膜・筋層・漿膜いずれも肥厚」はそ
の通りですが「粘膜と筋が分離可能」なわけではなく、正しくは「粘膜表面
の反射が増強するので、「粘膜・筋層」の内側に連続性の高エコー層(高エ
コー帯)が描出されることがしばしばある」です。

胆嚢腺筋腫症に対してカラードプラをあててtwinkling artifactをひろう
事が有用ということ。コメットがはっきりしない場合、カラードプラを使っ
てみようと思います。

壁内結石からのtwinkling artifact(カラーコメット)が見られる頻度は
さほと多くありませんが、Bモードのコメットがはっきりしないときには、
試す価値があります。

疑問に思いながらも、胆嚢壁の嚢胞と書いてしまっていました。指摘いた
だいてスッキリしました。

壁内嚢胞という表現を使う技師がいたのでそれは果たして...と思ってい
たが、少し理解できた、RASも含め、胆嚢の観察時、ズームアップを心がけ
ようと思った。

RAS(憩室)も嚢胞性病変です。しかし胆嚢壁内に「嚢胞」ができること
はほぼないので、大きなRASを見ていると思った方が正しいと思います。あ
とはそれ(嚢胞性病変)を「嚢胞」というか「RAS」というかの表現の問題
です。


スキャニングのポイント、拡大はしていたがゲインを変えることはしてい
なかったので、明日から取り入れようと思います。


ポリープは大きいものでなければ形をあまり見ていなかったので、しっか
り見ようと思いました。

胆嚢をあまり拡大して見ていなかったので、拡大とリニアで見る事は大事
だと思いました。

胆嚢壁でこんなに考えることがあるとは思わなかった。

書物で得た知識に実際の症例を見ることで、明確なイメージをつかむこと
ができました。


「こんなレポートはいやだ!」のコーナーについて
良性病変と判断した時のレポートの書き方など今まで手を抜いていまし
た。第三者にメッセージを伝える為に明日から書こうと思います。

レポートの書き方、勉強になりました。もっと踏み込んで情報提供する必
要があると感じました。

レポートを書く際、もっとわかりやすく書くように気を付けようと思いま
した。

レポートの書き方(よりグレードを上げるための)ポイントも教えて頂き
ました。自分では「こんなもので良いだろう」程度のレポートでは、特に検
査士試験のレポートだとアウトだということがわかりショックでした。

レポートの書き方が雑だったので、もっときちんと書こうと思いました。
所見報告書の書き方を見直す必要があると感じた(現在のは雑)胆嚢で気
になることがなければ拡大することはなかったことを反省、かなり見落とし
があったかも。

レポートの書き方も講義に取り入れて頂けてよかったです。早期胆嚢癌を
見落とさない様に明日から気を付けたいと思います。

胆嚢ポリープのレポートの書き方のポイントなどはいままでの書いてきた
ものをもう一度見直してみたいと思います。壁構造からどのように変化して
いるのかをよく見る事が大事だと改めて思いました。ありがとうございまし
た。


その他
胆嚢腺筋腫症に出会ったことがなかったのでとても勉強になりました。見
落としているんじゃないかと不安になりました。ビームの角度やゲインで見
え方が違っていたので今後胆嚢を描出する際に見直します。胆嚢は拡大して
も11pくらいなのでもっと拡大してじっくり見ようと思いました。

もっとよく観ていかないとと思いました。胆嚢を軽く観ていたことを反省
しました。

しっかりと構造がわかっていないと正しく見ることができないということ
が良くわかりました。


胆嚢腺筋腫症から胆嚢壁について学び、そこから他の病変をどの様に観察
していくのかをとても面白く感じながら学びました。

カラーコメット。初めて知りました。なるほどなと思いました。イメージ
してから見るということがすごく大切だと思いました。とても勉強になりま
した。

健診なのであまり時間をかけられないと思いますが、コメットやpolypな
ど軽く処理していたなと反省しました。ありがとうございました。

明日からの検査で胆嚢壁をよく見ようと自分に言い聞かせました!ありが
とうございます!!


お話しが面白くて、全然眠くなりませんでした(笑)まだ始めたばかりで
画像がきれいに出せなくて所見を書くのも精いっぱいですが、画像を見てい
るのは楽しいので頑張りたいと思います。

胆嚢腺筋腫症は壁全層の肥厚。カラーコメットを見る。すごく分かりやす
かったです。鶴岡先生のお話はとてもわかりやすくて勉強になります。実践
向けの印象があり参考になります。


問7.「ご意見」、「ご要望」など
毎回この研修会を楽しみにしています。同じ内容かと思いきやまた新しい
ことを知ることができ非常にためになっています。

基本的なことだからこそしっかりやることで、他の症状についても理解し
やすくなり助かりました。ありがとうございました。

改めて組織学的な構造の理解することの大切さを認識した。
画像が多い方がわかりやすいので、これからも多用してください。
久しぶりの腹部編の勉強会、楽しかったです。これからも積極的に参加し
てレベルアップにつなげたいと思います。

見たつもりにならず、自身をもって観れたと結果を出せるように施行して
いきたい。


今回のようにレポートの書き方などの「伝え方」についての話があるとと
ても勉強になります。自己流な所もあると思うので。

宿題をやってきていることを前提とするのであれば、症例の時間をもう少
し多くして頂ければと思います(一か月あたりの検査件数が少ないため)

消化管が苦手です。手技のコツなども含めて教えていただけると嬉しいで
す。

救急外来で虫垂炎疑いの患者が多いが教科書のような症例を見たことがな
く、あまりエコーでの自身が持てない。

関節エコー、下肢動静脈エコーのハンズオンレクチャーをお願いします。
表在領域、唾液腺などの珍しい所見の講義をして頂きたいです。
腎の血流評価を用いた腎機能障害の超音波での評価方法。(腎〜区域〜葉
間))
第30話 心エコースキルアップ 心臓の腫瘤性病変を極める
2016年6月27日(月)開催
アンケート配布数 77  回収数 72 (回収率 94 %)

問1.今回のクイズのレベルはいかがでしたか?

問2.今回の講義で印象に残ったことをひとつお書きください
心尖部の大きな血栓でも描出の仕方で見つけられない。できやすい場所を頭いれて描
出しなければ見落としてしまう。描出断面によって見えないことがあることを肝に銘じてお
かなかれば・・。

ボール血栓がM弁にあたっているのを見てヒヤッとしました。すごい動画でした。
左房内に大きなボール状の浮遊血栓を見た時に、自分はまだ検査に携わっていない
ので、心臓内にこんなに大きな腫瘤があるのかと驚きました。これから検査に携わるの
で、たくさんの症例を見せていただいてよかってです。

知っていなければ太刀打ちできない症例だらけでした。心尖部血栓を内視鏡で撮影し
たもの見たのが衝撃を受けました。

ふだん見れない血栓の動画をたくさん見れて勉強になりました。
心尖部の血栓を見つけるには心尖2腔像をしっかり出すこと。
2chで血栓を見つけること。
2腔像と4腔像の位置が違うときいて目からウロコでした。
手術で血栓を抜き取る映像。初めて見ました。
動画を交えてたくさんの貴重なスライド、「なるほどー」の連続でした。血栓を内視鏡で
〜は面白かったです。

左耳心には血栓と思っていましたが、粘液腫もあることで注意して描出しなければと思
いました。

血栓とそうでないものの見分け方を聞けてよかったです。ただ、心筋とつながっている、
つながっていないが自分では判断できる自信がありません。

血栓の見極め難しいです。
血栓の実際の画像とエコーの両方をたくさんシャワーのように見せていただけただけで
とても面白かったです。左室内2cmの血栓の描出も意識しないと真の心尖部は難しいん
ですね。

初心者なので、血栓さえも実際に見たことがなく、動画が見られてよかった。
血栓様に見えるものでの様々な病変や正常構造物があること
腫瘤と血栓の違いを見るために血流をみると良いということ
腫瘍や血栓。鑑別の難しさ。
血栓と腫瘤の違いがわかりました。ボール血栓は緊急性のもの!!覚えました。
心臓の中にもいろいろな腫瘤や血栓など見分けないとならないものがたくさんあると感
じました。

症例がたくさん見れてよかった。どの症例も教科書にはあまり載っていないのでために
なりました。粘液腫と血栓の鑑別エピソード面白かったです。

粘液腫。心エコーで見つけられず経食で見つかるもの。恐ろしい
vagetationのいろいろな型
ベジテーションがTVとPVにも付着するということ。AVとMVばかり見ていました。反省
です。

IEの合併症、M弁の弁瘤、全く同じ症例を経験しました
Vegetationは左心系が多いということ
実際にはIEが一番多いけど、今日見た画像を覚えておきたいです
非感染性のVegetationがあること。
Lambl's excrescenceの存在を知らず、勉強不足を感じました。珍しい話を聴けてよか
ったです。

ランブルの写真。
今日たまたまAVR、MVRの患者さんの検査をしたばかりでした。
MAC、CATなどの石灰化病変の多いもの
MACとCalcified amorphous tumor
乾酪性僧帽弁石灰化
プローブの位置の違いだけで、あのように大きな腫瘤が描出できたりできなかったりす
る。見落としが怖いですね。

正常の構造物と腫瘍性病変をしっかり鑑別することの大変さと大切さを実感しました。
エコー検査をして、あれ?これはなんだろうと思うことも少なくないので、解剖をしっかり理
解しなくてはと思いました。

腫瘤と構造物を間違えないこと
リウマチ結節が心臓にもできること。
ちょうどLipman Sacks心内膜炎?という症例があったので画像がみれてよかったで
す。

脂肪腫の大きさにびっくりしました。
転移性腫瘍もありうるということがわかった。
いつもは白黒で見ている心臓の中や血栓・腫瘍などがどうなっているのかが肉眼で見
えて分かりやすかったです。

当たり前だけど、本物の心臓は平面ではないし白黒でもないのですね。
エコー画像+ope画像+病理画像などがつながってわかりやすかったです。
ルーチンで見た画像で疑問に思ってたものが確認できた。
とても難しかったですが、興味をもって学べました。9月も楽しみにしています。
腫瘤性病変の範囲が広い
腹部エコーの腫瘤とは感覚が違うなと思いました。
見たことのない症例をたくさん見させていただき、とても参考になりました。
珍しい腫瘍像を見ることができました。見逃すことが多いという説明に少々自信がなく
なりました。

多くの腫瘍性病変をまとめて見るチャンスがなかったので参考になりました。
珍しい症例、非常に興味深かったです。
心臓腫瘍についての話はあまり聞いたことがないので勉強になりました。
腫瘤性病変は今まで見たことがないので、色々なものを見ることができてよかった。
普段は見られない画像をたくさん見せていただきありがとうございました。とにかくたく
さんの画像は嬉しいです。

心臓の腫瘤性というのにピンとこなかったが、たくさんの症例を見て、「あ!あるある」と
感じました。

たくさんのスライドを見せていただき勉強になりました。
症例が画像で見られたので良い経験になりました。
腫瘤のみの講義はあまりないのでとても興味深かったです。

問3.「心エコーを極める」シリーズ6回のご講演をしていただいた野間先生へ、あ
なたからのメッセージをお書きください
まったくの初心者なのでとても難しかったけれど心エコーの奥深さを認識
しました。ありがとうございました。

何もわからない状態で参加しました。とても難しく感じなしたが、いろい
ろな情報を時間が許す限り教えてくださり、ありがとうございました。きっ
ともう少したってから「あの時先生はこのことをおっしゃっていたん
だ!!」と感じるのだと思います。でも参加して良かったです。

どの講演も興味深く聞くことができました。講義内容すべてが頭に入れば
完璧なのでしょうが、それはやはり難しい。1年後くらいにまたシリーズで
やってほしいです。6回の講義ありがとうございました。

とてもわかりやすかったです。正常構造物と腫瘤性病変の区別がわかりや
すかったです。

所見を見つけることができても臨床診断につながっていないことがよくわ
かり、勉強になりました。

基礎から話していただいたので、基本的な事で忘れていたことなど勉強に
なりました。画像も多くいろいろ見れてよかったです。

もう少し講義を増やしてほしいです。
先生の講義はいつも勉強になります。復讐ページをみてもいっぱい聞き逃
しているのでまた聞きたいです。

最終回にして初めて参加させてもらいました。もっと早く知っていればと
思いました。ぜひseason3期待しています。お疲れ様でした。

シリーズ6回に通っている方に本日の事を誘って頂きました。心エコーを
始めたばかりですが、興味をもって続けていきます。面白いというか、深い
分野と思いました。今日は面白かったので、好きな分野になりました。心エ
コー頑張っていきます。本当にありがとうございました。

教科書に載ってない事が多く、日常業務で疑問に思っていた事が少しわか
って良かったです。足りなかったです。6回と言わず、ぜひまた再公演をよ
ろしくお願いします。

初心者の自分からしたら、富士山を見上げている気分でした。頑張って進
んでいけば、今見えない景色が見えるようになるんだろうなと思いました。

心エコーの研修を始めたばかりですが、全6回参加できました。目指すべ
きレベルはとても高いので、たくさん勉強しなければと思いました。内容は
とても難しかったのですが、また経験を積んだときに先生の講義をまた聴き
たいです。たくさんの貴重な資料をありがとうございました。

数日前にこの講演について知り、今回初めて聴講させていただきました。
もっと早くから知れていればすべての講義を聴講させて頂きたいと、とても
悔しいです。とても役に立つ講演ありがとうございました。

レベルが高くて消化しきれていませんが、悩んだときには思い出していき
たいです。

終わってしまうのはとても残念です。本当にありがとうございました。
これから心エコーを始めるところなので。どのように勉強していったらよ
いのか、要点をつかむことができました。

つい一方向から見て決めつけてかかりそうになる視点を先生の少々ひねり
の効いた問題でじっくり取り込むくせがついたように感じます。まだ、十分
な描出が出来ず不安も多いですが、次回の実技のレクチャー楽しみにしてい
ます。約1年にわたり本当に素敵なご講演ありがとうございました。あとは
アウトプットで知識の引き出しを開きやすくしていきます。

毎回大変勉強になる内容で、今回で終了というのが名残惜しいです。少し
でも沢山のことを私達に伝えたいという先生の情熱になかなかついていけな
い部分もあり、力不足を感じまた、次への勉強の意欲となっているように思
います。またこのような機会に先生のお話をうかがえることを期待していま
す。

まだまだ勉強が必要だとつくづく感じました。また先生のお話が聞きたい
です。

毎回とても貴重なお話が聞けてすごく良かったです。すぐに全てが身につ
かないとは思いますが、自分でも野間先生に教わったことを思い出して更に
勉強していきたいと思います。また、講義をやってください。楽しみにして
います。

心エコーの奥を見せて頂きありがとうございました。
前回の所見記載を極めるの回と今回の心臓の腫瘍性病変の回に参加させて
いただきました。どちらもわかりやすい内容で、心エコー歴2年目の私でも
面白く聞かせていただきました。そして明日からの検査も頑張ろうと思えま
した。また、心エコーシリーズ受講したいです。ありがとうございました。

たくさんの貴重な症例を見せていただきありがとうございました。
私にはレベルが高かったですが、大変勉強になりました。クイズは難しか
ったですが、こうやって心エコーを見て結果を計測して出すだけではなく
て、病態とかとつなげてレポートを書かなくてはいけないということがわか
り、これからの検査のヒントになりました。

6回参加させていただきました。質問にも答えていただきすごく嬉しかっ
たです。ありがとうございました。

たくさんのスライドと内容の深い講義をしていただき、とても良い経験と
なりました。ありがとうございました。資料を講義の内容を取り込んだもの
にしていただくとありがたいです。難しいのでメモを取りきれず、間に合わ
ないことが多く大変でした。

たくさんの症例とともに講義をしてくださり大変勉強になります。これか
らもよろしくお願いします。

日常で検査する際に気づいていなかったことがたくさんあり、大変勉強さ
せていただきました。一つ一つ丁寧な仕事ができるようにきちんと説明でき
る画像を撮るように心掛けていこうと思います。

とてもためになる抗議でした。また講演いただけることを心待ちにしてい
ます。ありがとうございました。

先生を慕う技師などが多くいらっしゃると思いますが、先生自身の個人病
院を開く予定はないでしょうか。6回も貴重なお話ありがとうございまし
た。これからも勉学に励み、技術の向上を目指して頑張りたいと思います。

勉強会があることを知ったのは5回目の時だったので、1回目から聴きたか
ったです。速過ぎないお話で分かりやすかったです。ありがとうございまし
た。

とてもレベルの高い内容で大変勉強になりました。悔やまれるのは第3回
からしか参加できなかったころです。教えていただいたことを復習し、日々
の検査に役立てていきたいです。収縮性心膜炎の回の後に検査で出会いまし
た!勉強したことが役立ちました!先生のマグカップ欲しかったです。売っ
ていたら買いたいです。

ひとつひとつ丁寧に教えていただきありがとうございました。
お疲れ様でした。たくさんのスライドありがとうございました。
野間先生お疲れ様でした。問題とても難しく、内容も盛りだくさんでした
が、とても勉強になりました。ありがとうございました!

私達に心エコーを極めるための術を伝えようとする熱意を感じるシリーズ
でした。丁寧に細かくご教示いただきありがとうございました。

また講演が聴きたいです!
心エコー初心者で、難しい内容が多く苦戦しましたが、何度も復習して自
分の力にしたいと思います。ありがとうございました!(全6回参加しまし
た!)

教科書に載っていないような細かいところを教えてくださり大変ためにな
りました。日頃の検査でも、使える知識を身に付けていきたいと思います。

一回の内容が濃厚です。頑張って復習しても追い付けないことも多いで
す。

目からうろこの内容ばかりで勉強になりましたが、もっとじっくり聴きた
かったです。

とても勉強になり、ありがとうございました。今回で終わりではなく、今
後も「心エコーを極める」シーズン2をお願いします。

「心エコーを極める」という題目の通り、自分にはレベルが高すぎたが、
今後の検査へ生かせることもたくさんあったのでとても勉強になりました。
たくさんのことを教えていただいてありがとうございました。

先生の熱い想いが伝わってきます!ぜひ、またご講演をお願いいたしま
す!!

本当に有難うございました。仕事後で間に合わないので全て休みを取りま
した(当直明けなどで)とても勉強になりました。野間先生のお話は何回聞
いても自分の心エコーをスキルアップさせてくれるものです。また機会が有
りましたらお話を聞きにいきます。

難しかったですがいずれ講義で聞いた内容が理解できる様に頑張りたいと
思います。

毎回まだ一年足らずの自分にはただただ難しいとひたすら先生の講義を浴
びるだけでしたが半年経って毎回教わったことを少しでも噛み砕こうとする
たびに前進できているように思えてまいりました。何年たっても読み返した
い資料、思い返したい講義を有難うございました。

大学へいって勉強しているような懐かしい感覚でたくさん勉強させて頂き
ました。ただ数値を出すだけでなくそのデータを裏付けるような納得いく所
見をいかに理解して書くか今後も心がけていきたいと思います。ぜひまた定
期的にシリーズで何回かやっていただけると非常に嬉しいです。

心エコーを検査するときの考え方、見え方など考えされられました。
6回のご講演ありがとうございました。パスポート購入し1ヶ月おきに先
生の講演を聞き9月からはもう先生の講義が受けられないと思うと残念で
す。独学に近い勉強でしたが先生のひとつひとつわかりやすい説明で心エコ
ーが好きになりました。

いろいろな症例がみれたのでとても勉強になりました。もう一度やって欲
しいです。

聞き逃したことがたくさんあるのでまた講義してください。楽しいシリー
ズありがとうございました。

初心者で本を読んでもなかなか理解できなかったことが少しつながりまし
た。

初心者でついていくのが大変でしたが本にない話を聞けたりたくさんの画
像がみれて勉強になりました。

先生の講義はとてもわかりやすく考え方を導いてくれるものでした。だん
だん難しくなって消化しきれてないところもあるのでまたよろしくお願いし
ます。
第29話 心エコースキルアップ 所見記載を極める
2016年5月31日(火)開催
アンケート配布数 133  回収数 109 (回収率 81 %)

問1.今回のクイズのレベルはいかがでしたか?

問2.今回のクイズについてのご意見をご記入ください
解説を聞いて、「なるほど、そう考えるのか」と思いました。
教訓になった。今後がんばるゾと思った。
難しかった。症例の経験が少ないのでもっとたくさん経験したいです。
教科書的な値にあてはまらず難しかった。
番号を間違えてしましました。数字で書いてしまいました。
すごく難しかったです。
先輩や先生のおかげで...マグカップ大切にします(^^)v
だいぶ迷いました。結果、間違えてしまいました...
いろいろと悩む点がいっぱいあった。
難しかったですが、色々な事を考えながら総合的な問題で勉強になりまし
た。

先生がお話ししてくださったように数字から見てみると、これは入ってい
る、あれは当てはまらないというようにすごく迷いました。でも消去して残
ったものを記載しました。

いつも難しいですが、症例をみることが少ないので勉強になります。
心房中隔欠損までは分かった
総合的に変化を判断するのは難しいと思いましたが、読み取れるように勉
強を重ねたいと思います。

もう少し勉強してから挑みたいと思いました。
実際の業務時に考えなければいけない事と同じような問題たったので良か
ったです。

言葉の表現に迷ってしまいました。
HRから(計測値や画像所見ではないものから)推測するのは難しかったで
す。

難しかったが解説で納得できた。
とても迷ったが色々考えるいい機会となった。
どれも当てはまるような気がして難しかった。
脱水の有無を考えて検査したことがなかったので勉強になりました。
言葉の使い方が難しかったです。
色々考えなければいけないことがありどれをどう使っていいのか難しかっ
たです。

考え過ぎて分からなくなった。
勉強不足でした。

問3.本日の講義レベルはいかがでしたか?

問4.講義内容についての感想をご記入ください
適切な報告書のためには、知識の豊富さと情報の取捨選択が必要だと思い
ました。

スライド素晴らしい。説明がわかりやすいです。
誰が見ても伝わるよう、正しい計測、適切な表現方法で伝えることが大事
だと思いました。

わかりやすい説明でしたが、ついていけない部分もありました。何度も同
じ内容を聴きたいです。

盛りだくさんで時間が足りなかった。
数値がとても参考になります。
時間が足りない印象。
また引き続きお願いしたいです。
ふだん計測値を見た目の印象と矛盾がないよう検査しているが、講義を聴
いて改めて気を付けようと思いました。

これから心エコーをやるにあたり、どの点で注意して検査するべきなのか
がわかりました。検査のポイントがつかめた気がしました。

まさに総集編、といった内容で初めて見た時必死で聴いていた内容がすん
なり入ってきて...嬉しく感じました!

所見記載する際のpointが良く分かった。
また復習資料をよく見て勉強しようと思いました。
内容的には充実していたと思うので、後でゆっくり復習して理解したいと
思う。

所見の書き方はとても迷う事が多いので参考になりました。でも、言葉の
使い方が適切なのかよくわからないことも多いので、これからもっと勉強し
ていこうと思いました。

所見の記載について具体的なコメントを示してくださってわかりやすかっ
たです。

大きさと疾患を頭に画けるようになりました。
いつも気になっていたことがわかった。とても勉強になりました。
左室径の表現方法。収縮能の考え方など新たに知ることもあり、勉強にな
りました。

わかりやすかったですが、もう少し時間を長くとってゆっくりお話を聴き
たいです。

内容がたくさんでまた復讐ページで確認します。画像のみて話を書き留め
るには早すぎました。

表現の仕方について丁寧に教えていただいてよかったです。矛盾な報告と
はどのようなものかもっと勉強しておきたいと思いました。

お話しの内容が多すぎて、考えるヒマがありません。
とても勉強になりました。明日からの所見レポートに反映させていただき
ます。ありがとうございました。

スピードが早いのでついていくのが大変、復習するために早めに復習ペー
ジをみたい。

かけ足だったのでついていくのが大変でした。しっかり復習して身に着け
たいと思います。先生が口頭でおっしゃっていることが、かなり考える上で
参考になりました。

まだ勉強を始めたばかりで、課題として復習したいことが見えました。生
かしていきたいです。

所見について、ちょっと書き方に悩んでいたことが少しだけすっきりしま
した。

臨床が欲している+αの事が聞けて良かったです。
内容はとても勉強になる内容だった。進みが早かったのでメモする時間が
なかった。

復習もあったので理解しやすかった。実践的でよかった。
もう少しゆっくり講義を聞きたいです。
自分の知らない情報を得ることができて良かったです。明日からの報告書
に記載したいと思いました。

スライドに知りたい内容が多く、早くUPしてください。
理解を深めれば、いつも作成しているレポートをもっと深めて書けるので
はと思います。今のレポートにはもっと情報を提供できるはずでは、と考え
るきっかけとなりました。

たくさんの症例ありがとうございました。
今日も盛りだくさんの内容でとても勉強になりました。時間が短すぎても
ったいないです・・・。半日くらいはほしいです。

総合的に判断していくことは難しい。さまざまな知識の集積が必要だとつ
くづく思いました。

時々、計測と一致しない時もあり再度計測を確認すべきだと認識しまし
た。

とてもためになる内容でした。
あいまいにしていたことが明確になった。
知ってること知らないことが半々だったのでおさらいも含めて有意義な時
間でした。

動画でのご説明わかりやすく勉強になりました。
心疾患に遭遇することが少なく自分の表現にバリエ−ションが少ないので
何かに当たったときに困ることが多かった。「保たれているか否か」「5段
階評価」などこれからのレポート記載に役立ちそうなことを教えていただき
ためになりました。

エコー画像だけでなく心拍数や血圧も考慮することが大事であること拡張
期、収縮期で動きを判断することもとても必要であることなど色々教わりま
した。ありがとうございます。

明日から参考にできる内容でとても充実した2時間でした。
勉強になるお話でしたが早くてメモできず今回もついて行けなかったで
す。休憩しながらもっとゆっくりお聞きしたいです。

時間が足りずまた講義してほしいです。
正常といってしまっていいのかと迷うことがあったのですがうまい伝え方
を教えてもらいました。

所見を極める??と思っていましたが、これまでの集大成のような講義で
した。最初の1,2回に来れなかったのが悔やまれます。

いつも数値の報告のみであまり言葉を書かない所見用紙なので伝えるべき
ことを言葉にしないといけないなと反省しました。

脱水について始めて知った。
レポートに矛盾がないこと・・・初心者のため計測するだけでやっとです
が疾患や病態に関連づけて判断できるようになりたいと思いました。

これからの検査に活かしていけるよう復習ページをまた見直したいです。
レベルが高いと思います。しかし先生のお話を聞いていると何となく理解
できている気がします。

とても勉強になる内容でスライドが多くついて行けなかった。
今までのことがもう一度聞けてよかった。肺高血圧の評価とE/e'が何回聞
いても難しいです。

とても勉強になりました。
聞きたいことがいっぱいでついていくのが大変でした。

問5.講義内容について印象に残ったことを一つお書きください
「ありえない報告をしない」
レポートの表現力がちょっとupしたような気がします。明日からガンバり
ます。

最初の頃に学んだ「時相」、やはりすごく大切だと思いました。
あたりまえなのですが、ただ記録を撮るのではなく、理解して記録してい
かないと信頼できるものでないなと改めて感じました。

病態と計測値に相違があった時に考えること。
言葉の使い方。
MADの計測について。
画像もきれいでとてもわかりやすいと思いました。
拡張能には前負荷が影響する。
伝わるように所見を書くように心掛けていこうと思いました。
所見を書く際の表現の難しさ。
計測値と印象について補足すること。
年齢や体格を考えた所見を書くと、Dr.がわかりやすいという事が目から
うろこの気がしました。数値のみの所見を書いているので、これからは注意
して書きたいです。

奇異性運動がとてもわかりやすかったです。
TAPSEのようにMモードでM弁弁輪の動きを見てEFの指標のしてもよいとい
うこと。

4chの弁輪部で動きをみれること。EF自信がないとき使おうと思いまし
た。

鼻呼吸にして胸腔内圧を測るべし。
動画をいろいろ見せて頂くことができ、勉強になりました。(デプスを合
わせていく大切さや計測値と動きの判断の大切さを学ぶことができました)

心嚢液と胸水の見分け方(IVCのあるほう、つながるほうが胸水)
右心系の評価はまだ確立されていなかったので「TAPSE」
高度TRの時の心室中隔奇異運動は初めて聞きました。
pradoxical motionの見方。
スライドを復習ページではなく、せめて当日に欲しいです。ボリュームが
多いのでポイントを直接書き込んでいかないと、話だけだと全て覚えられま
せん。非効率でした(今回だけでなく全回) せっかく参加しましたがルー
チンに応用できるまでの収穫は得られませんでした。資料配布につていいま
いちど検討していただきたいです。

心室中隔のピクピクとした動きの画像。
正常と異常の中間的な場合の表現が参考になりました。
年齢相応という表現の仕方。
post systolicshortningの動画。
クイズの解説(結構素直でした・・・・考えすぎました。
post systolic shortniongの話。
post systilic shortningという始めて聞いた言葉。
内径、壁厚、駆出率のそれぞれどこから変化ありとこるかということ。
MモードでLVの動きが大事だと思ったのでやっていこうと思います。
聴診の確認をした方がいいと言われたこと。
収縮能はLVEFだけでなくLVDsをあわせて判断するというのを聞いて明日か
ら気をつけたいと思いました。

IVCが8mm以下の血液量が足りないが印象に残りました。IVCの径は必ず計
測しますが狭いことについてのコメントはしていませんでした。

TRPGは常に所見用紙に記入した方がいいですか?TRが目立つ時しか計測し
ていないので毎回必要だとしたら計測のこつはありますか?(TRがあるとき
でもうまく波形が出ません・・・)

post systolic shortningという虚血状態があることに勉強になりまし
た。

左室拡張能の分類が2016年に変更になったこと。
「年齢相応」どのくらいで記載したらいいか悩むところです。
時相をよくみる。
第28話 心エコースキルアップ 血流評価を極める
2016年3月7日(月)開催
アンケート配布数 134  回収数 119 (回収率 89 %)

問.今回のクイズ【通常問題】のレベルはいかがでしたか?

問.今回のクイズ【一発取り返し問題】のレベルはいかがでしたか?

問.今回の講義のレベルはいかがでしたか?

問..今回のクイズについての感想・意見
@クイズ全般について
●楽しかった。
●やはりやさしくありませんでした。
●いろいろ考えすぎてわからなくなった。
●自分のレベルより難しく、ほとんど当てずっぽうで解答しました。
●色々な判定の仕方を学ぶことができて、とてもありがたいです。でも判断
が難しくていつも悩みます。

●日本語に惑わされるので注意して読んでいます。
●解説で納得できました。
●通常問題は素直に考えたのがよかった。一発取り返し問題は疑問に思って
いたことが正解だった。

●まだ心エコーを始める手前の段階なので、これから頑張ります!
●珍しい症例で勉強になりました。
●いつかこんなエコーに出会ったとき楽しみです。
●日常遭遇するような症例でしたが、改めて考えると難しかったです。
●じっくり読んでいかないと難しかったです。
●通常問題も取り返し問題も難しいですが考えるきっかけを頂けておもしろ
いです。 時々FBなどで企画して欲しいです(心臓に限らず)

●深く考えすぎていた。
●色々勉強しながら回答しています。とても勉強になります。
●先生の本を購入したいと思いました。
●いろいろな面から考えるきっかけになりました。

A症例1について
●技師としてはLAの拡大がなくPML側の検索断裂が急速に起きた症例で慢性
的なprolapseを判断するのは難しいかと思いました。

●画像の拡大したものも見たかったです。(MV)

B症例3について
●E/A、e’ みるポイントよくわかりました。
●e'の問題が解けたのが嬉しかったです。
●e`の測定をする場所が間違えていたので、時相をしっかり見ていきたいと
思います。

●もっと勉強してきます。
●「e'」は目からうろこでした。e'がよく分かりました。
●時相がずれているとは思いましたが、ひっかかりました。
●時相を考えてe'がとれていなかったと気づけました。

C一発取り返し問題について
●心エコーは時相が重要であることを再認識した。一発取り返し問題の症例
は一度野間先生の勉強会で見た記憶がある。

●「腫瘍」は心臓腫瘍のイメージで否定しました。「全身」という視野を持
つことは難しいと思います。そのための勉強はどうすればよいか悩みます。

●カルチノイド腫瘍についての特徴を聞けて良かったです。
●心臓だけではなく他の疾患を考えなければいけない点で、視野の広さが大
事だと勉強になりました。



問..本日の講義内容についての感想
@感想
●PH,TR,MRの重症度をみるのに知らない指標もあって勉強になりました。明
日からいろいろ試してみようと思います。

●定量評価の甘さを感じた。決まった指標しか使っていないので、勉強し直
します。

●覚えることがたくさんあり過ぎて難しかった。
●先生のお話はいつもわかりやすく、大変興味深いです。2回延長されて嬉
しいです。

●血流評価の考え方は私にとってとても難しいです。逆流評価は大切だと思
うので、きちんと理解していけるようになりたいです。

●スピードが速かった。
●とても勉強になりました。正しく描出するための設定や、見えるポイント
がとてもわかりやすかった。

●血流を測る時に注意すべきポイントがわかったのでよかった。
●時相をしっかり理解していないので、難しく感じてしまう。
●内容盛りだくさんで勉強になりました。
●基本に戻って勉強できた。症例の解説がわかりやすかった。最後の症例
で、ASの流速を測る時、傍胸骨右側からのアプローチが大切だという事がつ
い最近身をもって知ったので、聞けてよかった。

●A弁が人工弁の時のLVOTの流出路径の計測のポイントが参考になりまし
た。。

●心エコーの知識のない自分にとっては勉強になりました。
●逆流波形の色合いに意味があることを知らなかったので勉強になりまし
た。

●難しかったですが、ルーチンで検査時迷っていたACT/ETの波形の測定のコ
ツがわかってよかった。

●前半はわかりましたが、後半が難しすぎました。
●もう少し、ゆっくりお聞きしたいところです。
●情報量が多くて頭に入りきりませんでした。復習して整理したいと思いま
す。

●心エコーを始めたばかりなので、難しいこともたくさんあったのですが早
く追いついていけるようになりたいです。継続的に勉強会があったら嬉しい
です。ありがとうございました。

●フローズンバルブが印象的でした。初めて聞いた症例ばかりだったので楽
しかったです。

●ちょっとしたヒント(ドプラ波形の色の濃さなど)を得られた。
●とてもわかりやすい講義なのですが、自分の勉強不足でついていくのが大
変です。

●連続波形の”濃さ”でも判断材料の1つになるのが、とても参考になっ
た。

●心エコーを初めて半年〜1年位だったのでとても勉強になりました。進行
がちょっと速かったです。

●やはり時相は大切だと改めて感じました。
●腹部エコーと勘違いして来てしまい、びっくりしました。心の準備がな
く、初めて聞くことばかりでした。まだまだわからない事だらけですが、い
い機会になりました。

●まだやり始めたばかりなので難しかったですが、何回も講義して頂きたい
と思いました。

●復習になることや勉強になることがあったのでとても良かった。
●心周期の圧変化のグラフはわかりにくいが、話を聞くと良く分かった。理
解するととてもおもしろいが、話が進むにつれやっぱりゴチャゴチャしてき
て、しっかり復習しようと思った。

●いつも、興味深い講義ありがとうございます。
●血流についてはあまり詳しくなかったので難しかったが、もっと理解して
また学びたいと思った。数値でより客観的なデータを出したいので、あらた
めてもっと勉強しようと思います。

●いままでe`を間違えて測っていたかもしれません。明日からは時相をしっ
かり確認しようと思います。ありがとうございました。

●心エコーを始めたばかりなので難しかったです。もう少し勉強してから復
習ページをみて勉強したいと思います。

●日程が合わず、初参加でした。初心者にはちょっと難しめでした。
●難しかったです。ありがとうございました。
●e’の取り方が参考になりました。 血流を極めるのはなかなか大変そうで
す。

●ポイントがおさえられていて聞きやすかったです。
●ドプラの使い方やPHTの測り方とかどうしようかと悩むことも多く、ポイ
ントで話して下さったのでためになりました。

●まだまだ勉強が足りないと感じました。難しいです。
●平均肺動脈圧はPRから求めるのですか?それともRVOTの流速から求めるの
でしょうか?(聞き逃してしまったのかもしれませんが分かりませんでし
た)

●少し速かった。
●ドプラについて頭の中で整理出来ました。 盛りだくさんで何回かシリー
ズで聞きたかったです。

●波形の解釈をとても大切だと分かったので復習したい。
●はじめて参加しましたが改めて分かりやすく説明していただいたので知っ
てはいたが納得できることが多く当直明けでしたが来て良かったです。

●知りたかったことが聞けたのでとても充実していました。 精度の高いド
プラ波形をとれるようにしていきたいです。

●MRの重症度評価はJet面積しか用いていなかったのでPISAも用いてみよう
と思いました。

●時相の大切さがよく分かりました。
●逆流は流速か圧較差ばかり気にしていましたが波形からも読み取る事が出
来ることなどためになりました。

●本だけでは理解しにくかったところが、分かってとても面白かったです。
●野間先生にもっとかみくだいて、このシリーズの回数を増やして欲しい。
●難しくてスピードについていけなかったです。毎回理解できずに終わって
います。心エコーは向いていないようです。

●弁は2回くらいに分けて講義をして欲しかったです。
●講義が速くて、資料になかったスライドの内容を読んでいる間に次へ進ん
でしまうので理解する時間が足りなかった。

●今日たまたまTRの流速(収縮期肺動脈圧)をはかったばかりでPRからのせ
つ入圧もはかったばかりで、きちんと描出できていなかったと反省しまし
た。

●いつ平均圧較差をはかるのかとか組織ドプラをするのかなど、いつ用いる
のか分からない。

●とても勉強になりました。ありがとうございました。
●M弁の逆流評価でカラー+Mモードで評価する。左室緻密化障害に組織ドプ
ラをのせるなど初めて知ったことが多く参加して良かったです。

●本には載っていない内容もあって面白かったです。復習が楽しみになりま
した。

●盛りだくさんの内容、ありがとうございました。

A意見、要望
●1回の講義で全ての血流を説明するのは難しいと思います。検査士の問題に接している人は
理解できるかと思いますが、初心者には心臓の動き自体に理解からなかなかつかめないので
は?
トップページの「オピニオン」も参照してください。自分が分からないということを知るのも研修会
から得ることだと思います。

●内容が濃く、もう少しゆっくり話して貰った方が良い。
●内容が濃くもう少し時間がほしいと思います。
●少し早かった。もう一度聞きたいです。
●興味深い内容なのですが、先生が講義してくださるスライド資料もほしいと思います。メモをと
りきれません。
当研修会に参加する前に、トップページの「オピニオン」をご覧になってください。毎回復習ペ
ージに主要なスライドを掲載しています。講師もそれを(スライドの公開を)前提に話をしていま
す。

●PPTの画像が予習の分で全部入っていた方が講義の時にメモがとれて良い。
当研修会に参加する前に、トップページの「オピニオン」をご覧になってください。毎回復習ペ
ージに主要なスライドを掲載しています。