メニュー








コンセプト

超音波で受け取るべきメッセージと伝えるべきメッセージ
超音波画像が検者に示しているメッセージ(所見)と、それを得た検者が臨床へもたらすメッセージ(超音波診断)について勉強してゆきます。

超音波画像から「何を読むか」を多く知ることは検査手法の上達に大きく関わっています。またそれは同時に、臨床に超音波診断として「何を伝えるか」に直結した知識であり、超音波の検査業務の最も重要な役割です。

この研修会のレベル

超音波の診断だけでなく、描出のしかた、画像の考え方、診断に必要な病態の知識、報告のしかたまでを各テーマで取り上げます。臨床、健診を問わず超音波検査に携わっている人を対象にした内容ですので、超音波検査が未経験の方にはちょっと難しいかも知れません。

まちがった研修会への参加のしかた

この研修会を企画し、講師を務める私からのメッセージはこちらをご覧ください。【オピニオン】

研修会・超音波からのメッセージ 


◆心エコーをどう理解すれば観察や計測に活かせるのか、検査技師の視点でお話しします。
◆シリーズ全3回を、一貫したプランニングで開催します。
9月29日 右心機能の心エコー検査
10月30日 心電図を読んで心エコーを究める
11月13日 心エコーから心機能を読む【シリーズ終了】
参加費各回2000円 パスポート持参者は当日無料
パスポート購入には事前申込が必要です。詳しくはこちらをご覧ください。
●≪案内チラシこちらを印刷して、お友達や同僚の方もお誘いください。
※予習資料ではありません。
第36話 右心機能の心エコー検査 9月29日(金) 【終了】 
開催日時2017年9月29日(金) 19:00から20:50 (18:30に受付開始)
会 場 オリンピック記念青少年総合センター センター棟 101
講 師 田中教雄(国立循環器病研究センター病院 臨床検査部副技師長)
共 催 超音波検査法フォーラム
第37話 心電図を読んで心エコーを究める  【終了】
開催日時2017年10月30日(月) 19:00から20:50 (18:30に受付開始)
会 場 オリンピック記念青少年総合センター センター棟 501
講 師 中島 哲(杏林大学 保健学部特任教授)
共 催 超音波検査法フォーラム
第38話 心エコーから心機能を読む  【終了】
開催日時2017年11月13日(月) 19:00から20:50 (18:30に受付開始)
会 場 オリンピック記念青少年総合センター センター棟 101・・・会場案内は
こちらをご覧ください
講 師 中島 哲(杏林大学 保健学部特任教授)
予習資料参加する方は予習資料をプリントしてご持参ください。
      会場での資料頒布はいたしません。
共 催 超音波検査法フォーラム

≪ 予習資料のダウンロード ≫

 【掲載終了】
●予習資料を予めダウンロードし、ご自分でプリントして会場に持参ください。この資料が講
義資料となります。
 この資料で予習されているのを前提に講義を進めます。

ご自宅にプリンターがない方は、全国のセブンイレブンでプリントできるネットプリントをご利
用ください。
ネットプリントには下記の予約番号が必要です。予約番号の有効期限にご注意ください。

予約番号  有効期限  月  日 【掲載終了】

今回はカラー部分がありますので、ネットプリントでプリントの際にカラーか白黒プリントかを
選択してください。7ページなので、カラーで420円、白黒で140円です。
ネットプリントの使い方はこちらをご覧ください(簡単です)

 
(ご注意)
当日会場では資料の頒布はいたしません。資料は持参してください。
資料の表示・プリントには Adobe Reader (無料ソフト)が必要です。うまく表示できない
場合にはダウンロードしてください。AdobeReaderは こちら からダウンロードできます。

超音波検査が上達したい は 『超音波からのメッセージ』のサポートページです。
  随時更新し、最新情報をどなたでもご覧いただけます。

facebookのアカウント(登録無料)を取って「いいね!」すると・・・
 ・ あなたの元に最新情報が配信されます。
 ・ 「超音波検査が上達したい」の全てのコンテンツがご覧いただけます。
 ・講演で使った動画の一部をご覧いただけます。
 ・ 「超音波検査が上達したい」でリクエストしたり質問することができます。
 facebookのアカウントを取って下さい。あなたの研修会がもっと充実すると思います。